サドルバック教会設立からベストセラー作家になるまでの道のり

Pastor, philanthropist and author Rick Warren reflects on how the success of his book The Purpose-Driven Life triggered his own crisis of purpose. What should he do with this unanticipated wealth and attention? Warren uses his own story to explain the central tenet of his teaching: that the antidote to spiritual emptiness is recognizing what we have been given — wealth, creativity, talent — and using those gifts to make the world a better place.

牧師、慈善家、著者のリック・ウォーレンが、彼の著書『The Purpose-Driven Life』の成功が彼自身の目的の危機を引き起こした経験について考察します。この予期せぬ富や注目をどうすべきか?ウォーレンは自身の物語を通じて、彼の教えの中心的な教義を説明します。それは、精神的な空虚に対する解毒剤は、与えられたもの、富、創造性、才能を認識し、それらの贈り物を使って世界をより良い場所にすることであるというものです。

タイトル
スピーカー リック・ウォーレン
アップロード 2008/04/16

「目的のある人生(A life of purpose)」の文字起こし

I’m often asked, “What surprised you about the book?” And I say, “That I got to write it.” I would have never imagined that. Not in my wildest dreams did I think — I don’t even consider myself to be an author.

And I’m often asked, “Why do you think so many people have read this? This thing’s selling still about a million copies a month.” And I think it’s because spiritual emptiness is a universal disease. I think inside at some point, we put our heads down on the pillow and we go, “There’s got to be more to life than this.” Get up in the morning, go to work, come home and watch TV, go to bed, get up in the morning, go to work, come home, watch TV, go to bed, go to parties on weekends. A lot of people say, “I’m living.” No, you’re not living — that’s just existing. Just existing.

I really think that there’s this inner desire. I do believe what Chris said; I believe that you’re not an accident. Your parents may not have planned you, but I believe God did. I think there are accidental parents; there’s no doubt about that. I don’t think there are accidental kids. And I think you matter. I think you matter to God; I think you matter to history; I think you matter to this universe. And I think that the difference between what I call the survival level of living, the success level of living, and the significance level of living is: Do you figure out, “What on Earth am I here for?”

I meet a lot of people who are very smart, and say, “But why can’t I figure out my problems?” And I meet a lot of people who are very successful, who say, “Why don’t I feel more fulfilled? Why do I feel like a fake? Why do I feel like I’ve got to pretend that I’m more than I really am?” I think that comes down to this issue of meaning, of significance, of purpose. I think it comes down to this issue of: “Why am I here? What am I here for? Where am I going?” These are not religious issues. They’re human issues.

I wanted to tell Michael before he spoke that I really appreciate what he does, because it makes my life work a whole lot easier. As a pastor, I do see a lot of kooks. And I have learned that there are kooks in every area of life. Religion doesn’t have a monopoly on that, but there are plenty of religious kooks. There are secular kooks; there are smart kooks, dumb kooks. There are people — a lady came up to me the other day, and she had a white piece of paper — Michael, you’ll like this one — and she said, “What do you see in it?” And I looked at it and I said, “Oh, I don’t see anything.” And she goes, “Well, I see Jesus,” and started crying and left. I’m going, “OK,” you know? “Fine.”

Good for you. When the book became the best-selling book in the world for the last three years, I kind of had my little crisis. And that was: What is the purpose of this? Because it brought in enormous amounts of money. When you write the best-selling book in the world, it’s tons and tons of money. And it brought in a lot of attention, neither of which I wanted.

When I started Saddleback Church, I was 25 years old. I started it with one other family in 1980. And I decided that I was never going to go on TV, because I didn’t want to be a celebrity. I didn’t want to be a, quote, “evangelist, televangelist” — that’s not my thing. And all of the sudden, it brought a lot of money and a lot of attention.

I don’t think — now, this is a worldview, and I will tell you, everybody’s got a worldview. Everybody’s betting their life on something. You’re betting your life on something, you just better know why you’re betting what you’re betting on. So, everybody’s betting their life on something. And when I, you know, made a bet, I happened to believe that Jesus was who he said he was. And I believe in a pluralistic society, everybody’s betting on something. And when I started the church, you know, I had no plans to do what it’s doing now. And then when I wrote this book, and all of a sudden, it just took off, and I started saying, now, what’s the purpose of this? Because as I started to say, I don’t think you’re given money or fame for your own ego, ever. I just don’t believe that. And when you write a book that the first sentence of the book is, “It’s not about you,” then, when all of a sudden it becomes the best-selling book in history, you’ve got to figure, well, I guess it’s not about me. That’s kind of a no-brainer. So, what is it for? And I began to think about what I call the “stewardship of affluence” and the “stewardship of influence.”

So I believe, essentially, leadership is stewardship. That if you are a leader in any area — in business, in politics, in sports, in art, in academics, in any area — you don’t own it. You are a steward of it. For instance, that’s why I believe in protecting the environment. This is not my planet. It wasn’t mine before I was born, it’s not going to be mine after I die, I’m just here for 80 years and then that’s it. I was debating the other day on a talk show, and the guy was challenging me and he’d go, “What’s a pastor doing on protecting the environment?” And I asked this guy, I said, “Well, do you believe that human beings are responsible to make the world a little bit better place for the next generation? Do you think we have a stewardship here, to take the environment seriously?” And he said, “No.” I said, “Oh, you don’t?” I said, “Let me make this clear again: Do you believe that as human beings — I’m not talking about religion — do you believe that as human beings, it is our responsibility to take care of this planet, and make it just a little bit better for the next generation?” And he said, “No. Not any more than any other species.” When he said the word “species,” he was revealing his worldview. And he was saying, “I’m no more responsible to take care of this environment than a duck is.” Well now, I know a lot of times we act like ducks, but you’re not a duck. You’re not a duck.

And you are responsible — that’s my worldview. And so, you need to understand what your worldview is. The problem is most people never really think it through. They never really codify it or qualify it or quantify it, and say, “This is what I believe in. This is why I believe what I believe.” I don’t personally have enough faith to be an atheist. But you may, you may. Your worldview, though, does determine everything else in your life, because it determines your decisions; it determines your relationships; it determines your level of confidence. It determines, really, everything in your life. What we believe, obviously — and you know this — determines our behavior, and our behavior determines what we become in life.

So all of this money started pouring in, and all of this fame started pouring in. And I’m going, what do I do with this? My wife and I first made five decisions on what to do with the money. We said, “First, we’re not going to use it on ourselves.” I didn’t go out and buy a bigger house. I don’t own a guesthouse. I still drive the same four year-old Ford that I’ve driven. We just said, we’re not going to use it on us. The second thing was, I stopped taking a salary from the church that I pastor. Third thing is, I added up all that the church had paid me over the last 25 years, and I gave it back. And I gave it back because I didn’t want anybody thinking that I do what I do for money — I don’t. In fact, personally, I’ve never met a priest or a pastor or a minister who does it for money. I know that’s the stereotype; I’ve never met one of them. Believe me, there’s a whole lot easier ways to make money. Pastors are like on 24 hours-a-day call, they’re like doctors. I left late today — I’d hoped to be here yesterday — because my father-in-law is in his last, probably, 48 hours before he dies of cancer. And I’m watching a guy who’s lived his life — he’s now in his mid-80s — and he’s dying with peace. You know, the test of your worldview is not how you act in the good times. The test of your worldview is how you act at the funeral. And having been through literally hundreds if not thousands of funerals, it makes a difference. It makes a difference what you believe.

So, we gave it all back, and then we set up three foundations, working on some of the major problems of the world: illiteracy, poverty, pandemic diseases — particularly HIV/AIDS — and set up these three foundations, and put the money into that. The last thing we did is we became what I call “reverse tithers.” And that is, when my wife and I got married 30 years ago, we started tithing. Now, that’s a principle in the Bible that says give 10 percent of what you get back to charity, give it away to help other people. So, we started doing that, and each year we would raise our tithe one percent. So, our first year of marriage we went to 11 percent, second year we went to 12 percent, and the third year we went to 13 percent, and on and on and on. Why did I do that? Because every time I give, it breaks the grip of materialism in my life. Materialism is all about getting — get, get, get, get all you can, can all you get, sit on the can and spoil the rest. It’s all about more, having more. And we think that the good life is actually looking good — that’s most important of all — looking good, feeling good and having the goods. But that’s not the good life. I meet people all the time who have those, and they’re not necessarily happy. If money actually made you happy, then the wealthiest people in the world would be the happiest. And that I know, personally, I know, is not true. It’s just not true. So, the good life is not about looking good, feeling good or having the goods, it’s about being good and doing good.

Giving your life away. Significance in life doesn’t come from status, because you can always find somebody who’s got more than you. It doesn’t come from sex. It doesn’t come from salary. It comes from serving. It is in giving our lives away that we find meaning, we find significance. That’s the way we were wired, I believe, by God. And so we began to give away, and now after 30 years, my wife and I are reverse tithers — we give away 90 percent and live on 10. That, actually, was the easy part. The hard part is, what do I do with all this attention? Because I started getting all kinds of invitations. I just came off a nearly month-long speaking tour on three different continents, and I won’t go into that, but it was an amazing thing. And I’m going, what do I do with this notoriety that the book has brought?

And, being a pastor, I started reading the Bible. There’s a chapter in the Bible called Psalm 72, and it’s Solomon’s prayer for more influence. When you read this prayer, it sounds incredibly selfish, self-centered. He says, “God, I want you to make me famous.” That’s what he prays. He said, “I want you to make me famous. I want you to spread the fame of my name through every land, I want you to give me power. I want you to make me famous, I want you to give me influence.” And it just sounds like the most egotistical request you could make, if you were going to pray. Until you read the whole psalm, the whole chapter. And then he says, “So that the king …” — he was the king of Israel at that time, at its apex in power — “… so that the king may care for the widow and orphan, support the oppressed, defend the defenseless, care for the sick, assist the poor, speak up for the foreigner, those in prison.” Basically, he’s talking about all the marginalized in society. And as I read that, I looked at it, and I thought, you know, what this is saying is that the purpose of influence is to speak up for those who have no influence. The purpose of influence is not to build your ego. Or your net worth. And, by the way, your net worth is not the same thing as your self-worth. Your value is not based on your valuables. It’s based on a whole different set of things. And so the purpose of influence is to speak up for those who have no influence.

And I had to admit: I can’t think of the last time I thought of widows and orphans. They’re not on my radar. I pastor a church in one of the most affluent areas of America — a bunch of gated communities. I have a church full of CEOs and scientists. And I could go five years and never, ever see a homeless person. They’re just not in my pathway. Now, they’re 13 miles up the road in Santa Ana. So I had to say, ok, I would use whatever affluence and whatever influence I’ve got to help those who don’t have either of those.

You know, there’s a story in the Bible about Moses, whether you believe it’s true or not, it really doesn’t matter to me. But Moses, if you saw the movie, “The Ten Commandments,” Moses goes out, and there’s this burning bush, and God talks to him, and God says, “Moses, what’s in your hand?” I think that’s one of the most important questions you’ll ever be asked: What’s in your hand? Moses says, “It’s a staff. It’s a shepherd’s staff.” And God says, “Throw it down.” And if you saw the movie, you know, he throws it down and it becomes a snake.

And then God says, “Pick it up.”
And he picks it back up again,
and it becomes a staff again.

Now, I’m reading this thing, and I’m going, what is that all about?
OK. What’s that all about? Well, I do know a couple of things.
Number one, God never does a miracle to show off.
It’s not just, “Wow, isn’t that cool?”
And, by the way, my God doesn’t have to show up on cheese bread.
You know, if God’s going to show up, he’s not going to show up on cheese bread.

Ok? I just, this is why I love what Michael does,
because it’s like, if he’s debunking it, then I don’t have to.
But God — my God — doesn’t show up on sprinkler images.
He’s got a few more powerful ways than that to do whatever he wants to do.
But he doesn’t do miracles just to show off.

Second thing is, if God ever asks you a question,
he already knows the answer.
Obviously, if he’s God, then that would mean
that when he asks the question, it’s for your benefit, not his.
So he’s going, “What’s in your hand?”

Now, what was in Moses’ hand?
Well, it was a shepherd’s staff. Now, follow me on this.
This staff represented three things about Moses’ life.
First, it represented his identity; he was a shepherd.
It’s the symbol of his own occupation:
I am a shepherd.
It’s a symbol of his identity, his career, his job.

Second, it’s a symbol of not only his identity,
it’s a symbol of his income, because all of his assets are tied up in sheep.
In those days, nobody had bank accounts, or American Express cards, or hedge funds.
Your assets are tied up in your flocks.
So it’s a symbol of his identity, and it’s a symbol of his income.

And the third thing: it’s a symbol of his influence.
What do you do with a shepherd’s staff?
Well, you know, you move sheep from point A to point B with it,
by hook or by crook.
You pull them or you poke them. One or the other.

So, he’s saying,
“You’re going to lay down your identity.
What’s in your hand?
You’ve got identity, you’ve got income, you’ve got influence.
What’s in your hand?”
And he’s saying, “If you lay it down, I’ll make it come alive.
I’ll do some things you could never imagine possible.”

And if you’ve watched that movie, “Ten Commandments,”
all of those big miracles that happen in Egypt are done through this staff.

Last year, I was invited to speak at the NBA All-Stars game.
And so, I’m talking to the players,
because most of the NBA teams, NFL teams and all the other teams
have done this 40 Days of Purpose, based on the book.

And I asked them, I said, “What’s in your hand?
So, what’s in your hand?” I said, “It’s a basketball.
And that basketball represents your identity, who you are:
you’re an NBA player.
It represents your income:
you’re making a lot of money off that little ball.
And it represents your influence.
And even though you’re only going to be in the NBA for a few years,
you’re going to be an NBA player for the rest of your life.
And that gives you enormous influence.

So, what are you going to do with what you’ve been given?”

And I guess that’s the main reason I came up here today,
to all of you very bright people at TED —
it is to say, “What’s in your hand?”
What do you have that you’ve been given?
Talent, background, education,
freedom, networks, opportunities,
wealth, ideas, creativity.
What are you doing with what you’ve been given?

That, to me, is the primary question about life.
That, to me, is what being purpose-driven is all about.

In the book, I talk about how you’re wired to do certain things,
you’re “SHAPED” with — a little acrostic: Spiritual gifts, Heart,
Ability, Personality and Experiences.
These things shape you.

If you want to know what you ought to be doing with your life,
you need to look at your shape — “What am I wired to do?”
Why would God wire you to do something and then not have you do it?
If you’re wired to be an anthropologist, you’ll be an anthropologist.
If you’re wired to be an undersea explorer,
you’ll be an undersea explorer.
If you’re wired to make deals, you make deals.
If you’re wired to paint, you paint.

Did you know that God smiles when you be you?
When my little kids — when my kids were little —
they’re all grown now, I have grandkids —
I used to go in and sit on the side of their bed,
and I used to watch my kids sleep.
And I just watched their little bodies rise and lower, rise and lower.
And I would look at them: “This is not an accident.”
Rise and lower.
And I got joy out of just watching them sleep.

Some people have the misguided idea that God only gets excited
when you’re doing, quote, “spiritual things,”
like going to church or helping the poor,
or, you know, confessing or doing something like that.
The bottom line is, God gets pleasure watching you be you.
Why? He made you.
And when you do what you were made to do,
he goes, “That’s my boy! That’s my girl!
You’re using the talent and ability that I gave you.”

So my advice to you is:
look at what’s in your hand —
your identity, your influence, your income —
and say, “It’s not about me.
It’s about making the world a better place.”

Thank you.

「目的のある人生(A life of purpose)」の和訳

よく、「その本で何が驚いたか?」と聞かれます。そして、私は「書く機会を得たことです」と答えます。まさか自分が本を書くなんて、夢にも思いませんでした。自分を作家だなんて考えたこともありません。

また、「どうしてこんなに多くの人がこの本を読んでいると思いますか?今でも毎月100万部も売れているんですよ」ともよく聞かれます。それは、精神的な空虚感が普遍的な病だからだと思います。ある時点で、みんな枕に頭をつけて、「人生にはもっと意味があるはずだ」と感じるんです。朝起きて仕事に行って、帰宅してテレビを見て、寝る。それを繰り返し、週末にはパーティーに行く。多くの人は「これが生きることだ」と言います。でも、それは生きることじゃなくて、ただの存在に過ぎません。ほんの存在。

本当に内側にはこの欲望があると思います。クリスが言ったことは本当だと思います。あなたは偶然の産物ではないのです。あなたの親が計画していなかったかもしれませんが、私は神が計画していたと信じています。偶然の親はいるかもしれませんが、偶然の子供はいないと思います。そして、あなたは重要です。神にとって重要ですし、歴史にとっても、宇宙にとっても重要だと思います。生存レベル、成功レベル、そして意義レベルの生活の違いは、「なぜ地球上に存在しているのか」を理解することだと思います。

多くの非常に賢い人々に会いますが、彼らは「なぜ自分の問題を解決できないのか」と言います。また、多くの非常に成功している人々にも会いますが、「なぜもっと満たされないのか?なぜ自分が偽物のように感じるのか?なぜ自分が実際よりも優れているふりをしなければならないのか?」と言います。これらは意義や目的の問題に帰着すると思います。「なぜここにいるのか?何のためにここにいるのか?どこに向かっているのか?」これは宗教的な問題ではなく、人間的な問題です。

マイケルが話をする前に、彼がやっていることに本当に感謝していると伝えたかったのです。彼のおかげで私の仕事がずっと楽になります。牧師として、多くの奇妙な人々に出会います。そして、どの分野にも奇妙な人々がいることを学びました。宗教だけがそれを独占しているわけではありませんが、確かに宗教にも多くの奇妙な人々がいます。世俗的な奇妙な人々、賢い奇妙な人々、愚かな奇妙な人々もいます。この間、一人の女性が白い紙を持ってきて、「これに何が見えますか?」と尋ねました。マイケル、これが気に入ると思いますよ。私はそれを見て、「何も見えませんね」と答えました。すると彼女は、「私はイエスを見ます」と言って泣き始め、そのまま去ってしまいました。私は「まあ、いいでしょう」と思いました。

皆さんのために良かったです。本が過去3年間で世界中で最も売れている本になったとき、私はちょっとした危機を感じました。それは、「この本の目的は何か?」ということでした。なぜなら、それは莫大な金額のお金をもたらしました。世界中で最も売れている本を書くと、膨大なお金が入ってきます。そして、それは多くの注目を集めましたが、どちらも私が望んでいたものではありませんでした。

私がサドルバック教会を始めたのは25歳の時で、1980年に他の家族と一緒に始めました。そして、私は決してテレビには出ないと決めました。なぜなら、有名人になりたくなかったからです。いわゆる「福音伝道者、テレビ伝道者」にはなりたくなかったのです。それは私のやりたいことではありませんでした。しかし突然、多くのお金と注目が集まってきました。

これは一つの世界観ですが、皆さんにはそれぞれの世界観があります。誰もが何かに自分の人生を賭けています。あなたも何かに人生を賭けていますが、なぜその賭けをしているのかを理解しているべきです。私が賭けをした時、私はイエスが言った通りの人物であると信じていました。そして、私は多文化社会において、誰もが何かに賭けていると信じています。教会を始めた時、今のようなことをする計画は全くありませんでした。そしてこの本を書いて突然それが大成功を収めたとき、私は「この目的は何か?」と考え始めました。なぜなら、私はお金や名声が自分のエゴのために与えられるとは思わないからです。そんなことは信じられません。そして、最初の一文が「これはあなたのためではない」という本を書いた時、突然それが歴史上最も売れた本になった時、それは自分のためではないことを理解しなければなりませんでした。これは簡単なことです。では、何のためか?そして私は、「富の管理」と「影響力の管理」について考え始めました。

ですから、私は基本的にリーダーシップは管理だと信じています。ビジネス、政治、スポーツ、芸術、学問、どの分野であっても、リーダーであるなら、それを所有しているのではなく、それを管理しているのです。例えば、私は環境保護を信じています。これは私の惑星ではありません。生まれる前も、死んだ後も私のものではなく、私はただ80年間ここにいるだけです。この間、トークショーで議論しているときに、ある人が私に挑戦してきて、「牧師が環境保護に関わるのはなぜか?」と尋ねました。私はその人にこう尋ねました。「人間は次の世代のために世界を少しでも良くする責任があると思いますか?環境を真剣に考えるべきだと思いますか?」彼は「いいえ」と答えました。私は「本当にそう思わないのですか?」と再度確認しました。「人間として――宗教の話をしているのではありません――この惑星を世話し、次の世代のために少しでも良くする責任があると思いますか?」彼は「いいえ。他の種と同じくらいの責任しかない」と答えました。彼が「種」という言葉を使ったとき、彼の世界観が明らかになりました。そして彼は「私はアヒルと同じくらいの責任しかない」と言っていたのです。確かに私たちは時々アヒルのように振る舞うことがありますが、あなたはアヒルではありません。あなたはアヒルではないのです。

そしてあなたには責任があります――これは私の世界観です。だから、自分の世界観を理解する必要があります。問題は、多くの人がそれを本当に考え抜くことがないことです。彼らはそれを本当に整理したり、定義したり、量化したりして、「これが私の信念だ。これが私が信じる理由だ」と言うことがありません。私は個人的に無神論者であるための信仰が足りません。しかし、あなたはそうかもしれません。あなたの世界観は、あなたの人生のすべてを決定します。なぜなら、それはあなたの決断を決定し、それはあなたの関係を決定し、それはあなたの自信のレベルを決定します。本当に、あなたの人生のすべてを決定します。私たちが信じることは――これはあなたも知っていることですが――私たちの行動を決定し、そして私たちの行動は私たちが人生で何になるかを決定します。

それで、お金がどんどん入ってくるようになり、名声もどんどん増していきました。そして私は、「これをどうするか?」と考えました。私と妻は、まずこのお金をどうするかについて5つの決断をしました。まず第一に、「自分たちのためには使わない」と決めました。私は大きな家を買いませんでしたし、ゲストハウスも持っていません。私は今も4年前に買ったフォードを運転しています。私たちは、これを自分たちのために使わないと決めたのです。次に、私が牧師を務めている教会からの給料を受け取るのをやめました。三つ目は、教会が過去25年間に私に支払った金額を全て合計して、それを返しました。それは、私が金のためにこの仕事をしていると思われたくなかったからです。実際、私は金のために働いている司祭や牧師、牧師に一度も会ったことがありません。そういうステレオタイプがあるのは知っていますが、実際には一度も会ったことがありません。信じてください、金を稼ぐためには他にもっと簡単な方法があります。牧師は24時間体制で呼び出しに応じるようなもので、医者のようなものです。今日遅れて出発したのは、昨日ここに来たかったのですが、義父が多分、あと48時間以内に癌で亡くなるだろうという状況だったからです。そして、人生を生き抜いてきた彼が今80代半ばで、平和に死を迎えようとしている姿を見ています。あなたの世界観の試金石は、良い時にどのように行動するかではありません。世界観の試金石は、葬儀のときにどのように行動するかです。そして、私は文字通り何百回、いや何千回もの葬儀を経験してきましたが、信じることが違いを生むのです。

そこで、私たちはすべてのお金を返し、そして世界の主要な問題、つまり識字率の低さ、貧困、パンデミック疾病(特にHIV/AIDS)に取り組むための三つの基金を設立しました。そしてそのお金をこれらの基金に投入しました。最後に行ったのは、「逆タイター」と呼ぶことです。つまり、私と妻が30年前に結婚したときから、タイム(十分の一献金)を始めました。これは聖書の原則で、収入の10%を慈善活動に使い、他の人々を助けるために寄付するというものです。それを始めてから、毎年1%ずつタイムの割合を増やしてきました。結婚の最初の年は11%、次の年は12%、その次の年は13%というふうに。そして続けてきました。なぜそれをしたのか?それは、寄付をするたびに物質主義の束縛を解くことができるからです。

物質主義は全て手に入れることについてです。もっと手に入れる、手に入れたものを缶詰にして、その上に座り、残りを台無しにする。要するに、もっと持つことが重要だと考えることです。しかし、それが良い生活ではありません。良い生活とは、見栄えが良いこと、気分が良いこと、そして物を持つことだと私たちは思いがちですが、それが本当の意味での良い生活ではありません。私はいつもこれらのものを持っている人々に会いますが、必ずしも幸せであるとは限りません。もしお金が本当に幸せをもたらすのであれば、世界で最も裕福な人々が最も幸せであるはずです。しかし、それが真実ではないことを、私は個人的に知っています。それは真実ではありません。良い生活とは、見栄えが良いこと、気分が良いこと、物を持つことではなく、良い人間であること、そして良い行いをすることなのです。

人生の意義は、地位からは得られません。なぜなら、常に自分よりも高い地位を持っている人がいるからです。セックスからも、給料からも得られません。それは奉仕から得られるのです。私たちが人生に意義や意味を見つけるのは、自分の人生を他人のために捧げることからです。それが私たちの内に組み込まれたものだと私は信じています。だからこそ、私たちは与えることを始めました。そして30年後、私と妻は逆タイターになりました。私たちは収入の90%を寄付し、10%で生活しています。それが実際には簡単な部分でした。難しいのは、この注目をどう扱うかです。本の影響で、様々な招待を受けるようになりました。最近では、3つの大陸を回るほぼ1か月の講演ツアーを終えたばかりです。それは驚くべき経験でした。そして、私はこの有名になることをどうするかを考えました。

牧師として、私は聖書を読み始めました。聖書には「詩篇72篇」という章があります。これはソロモンの影響力を求める祈りです。この祈りを読むと、信じられないほど自己中心的に思えます。彼は「神様、私を有名にしてください」と祈っています。「私の名声を全ての地に広げてください。力をください。私を有名にしてください。影響力を与えてください」と。しかし、この祈りはとても利己的な要求のように思えますが、章全体を読むと、その真意が分かります。彼は続けてこう言います。「それは、王が未亡人や孤児をケアし、虐げられた人々を支援し、無力な人々を守り、病気の人々をケアし、貧しい人々を助け、外国人や囚人のために声を上げるためです。」基本的に、彼は社会の中で疎外された全ての人々について話しています。そしてそれを読んだとき、私は気付きました。これは、影響力の目的は影響力を持たない人々のために声を上げることだと言っています。影響力の目的は、自分のエゴや純資産を築くためではありません。ちなみに、純資産と自分の価値は同じではありません。あなたの価値は、あなたの持ち物によって決まるものではありません。それは全く別のもので決まります。ですから、影響力の目的は影響力を持たない人々のために声を上げることなのです。

そして、私は認めざるを得ませんでした。未亡人や孤児のことを最後に考えたのはいつだったか、思い出せないのです。彼らは私のレーダーには引っかかりません。私はアメリカでもっとも裕福な地域の一つで教会の牧師をしています。周囲にはゲート付きのコミュニティがあり、私の教会にはCEOや科学者がたくさんいます。私はホームレスの人々に何年も会うことがありません。彼らは私の道にはいないのです。でも、13マイル先のサンタアナにはホームレスの人々がいます。だから私は言わなければなりませんでした。私は自分が持っているあらゆる富や影響力を使って、それを持たない人々を助けると。

聖書にはモーセについての話があります。これが真実かどうかは私にとって重要ではありません。でも、「十戒」という映画を見たことがあるなら、モーセが燃える茂みに出会い、神が彼に話しかけ、「モーセ、お前の手には何がある?」と尋ねる場面を知っているでしょう。私はこれが人生で最も重要な質問の一つだと思います。モーセは「杖です。羊飼いの杖です」と答えます。すると神は「それを投げ捨てよ」と言います。映画を見たことがあるなら、モーセが杖を投げ捨て、それが蛇に変わる場面を知っているでしょう。

そして神は「それを拾え」と言います。
モーセが拾うと、再びそれは杖に戻ります。

私はこれを読みながら、これは一体何を意味するのかと考えました。
分かっていることがいくつかあります。
まず第一に、神は決して見せびらかすために奇跡を起こさないということです。
ただ「わあ、すごいでしょう?」というためではありません。
それと、私の神はチーズパンに現れる必要はありません。
神が現れるなら、チーズパンではなくもっと意味のある形で現れるでしょう。

分かりますか?だからこそ、私はマイケルがやっていることが大好きなんです。彼がそれを論破してくれるなら、私がやる必要はありません。でも神――私の神――はスプリンクラーのイメージには現れません。彼は何をするにしても、もっと強力な方法を持っています。しかし、ただ見せびらかすために奇跡を行うことはありません。

第二に、もし神があなたに質問をするとしたら、彼はすでに答えを知っています。明らかに、彼が神であるなら、質問をするのはあなたのためであって、彼のためではありません。だから、彼はこう言います。「あなたの手には何がありますか?」

さて、モーセの手には何がありましたか?それは羊飼いの杖でした。これをよく考えてみてください。この杖はモーセの人生について三つのことを象徴していました。まず第一に、これは彼の身元を表していました。彼は羊飼いでした。これは彼の職業の象徴であり、彼のアイデンティティを示すものでした。私は羊飼いだ、というわけです。

第二に、これは彼のアイデンティティだけでなく、彼の収入の象徴でもありました。すべての資産は羊に結びついていました。その時代には銀行口座やアメリカン・エキスプレスカード、ヘッジファンドなどはありませんでした。資産は羊の群れに結びついていました。ですから、これは彼のアイデンティティの象徴であり、彼の収入の象徴でもありました。

そして、第三に:これは彼の影響力の象徴です。羊飼いの杖で何をしますか?そうですね、羊をA地点からB地点に動かします。引っ張ったり、突いたりして動かします。

つまり、神はこう言っているのです。「あなたのアイデンティティを捨てなさい。あなたの手には何がありますか?あなたはアイデンティティ、収入、影響力を持っています。あなたの手には何がありますか?」そして彼は言うのです。「それを捨てれば、それを生かしてやる。あなたが想像もつかないことをするでしょう。」

映画「十戒」を見たことがあるなら、エジプトで起こるすべての大きな奇跡はこの杖を通じて行われます。

昨年、私はNBAオールスターゲームでスピーチをするように招かれました。そこで、私はプレイヤーたちに話しかけました。ほとんどのNBAチーム、NFLチーム、その他のチームがこの「40日の目的」を実践していて、この本に基づいているからです。

私は彼らに尋ねました。「あなたの手には何がありますか?」と。私は言いました、「バスケットボールです。そしてそのバスケットボールはあなたのアイデンティティ、つまりあなたが誰であるかを表しています:あなたはNBAの選手です。それはあなたの収入を表しています:その小さなボールから多くのお金を稼いでいます。そしてそれはあなたの影響力を表しています。そして、たとえNBAに数年しかいなくても、あなたは一生NBAの選手であり続けるでしょう。それはあなたに莫大な影響力を与えます。」

「では、与えられたものをどう使うつもりですか?」

それが私が今日ここに来た主な理由だと思います。TEDに集まっている皆さん、非常に賢い皆さんに言いたいことは、「あなたの手には何がありますか?」ということです。あなたが与えられたものは何ですか?才能、バックグラウンド、教育、自由、ネットワーク、機会、富、アイデア、創造性。与えられたものをどう活用していますか?

私にとって、それが人生における最も重要な質問です。それが私にとって、目的に導かれた生き方の全てです。

本の中で、私は「あなたが何をするために生まれてきたのか」を話しています。これは「SHAPE」というアクロニムで表されます。霊的な賜物(Spiritual gifts)、心(Heart)、能力(Ability)、個性(Personality)、経験(Experiences)です。これらの要素があなたを形作ります。

あなたが人生で何をすべきか知りたいなら、まず自分の形を見る必要があります。「私は何をするために作られたのか?」なぜ神があなたを何かをするために作り、それをしないでいるのか?もしあなたが人類学者として生まれてきたのなら、人類学者になるべきです。もし海底探検家として生まれてきたのなら、海底探検家になるべきです。もし取引をするために生まれてきたのなら、取引をするべきです。もし絵を描くために生まれてきたのなら、絵を描くべきです。

神は、あなたがあなたらしくあるときに微笑みます。
私の小さな子供たち──今はみんな成長して、孫もいますが──
彼らが小さいとき、彼らのベッドの横に座って
彼らが眠るのを見ていました。
私は彼らの小さな体が上下し、上下しするのを見ていました。
そして私は彼らを見つめました。「これは偶然ではない。」
上下する。そして私は、彼らが眠っているだけで喜びを感じました。

一部の人々は、神があなたが「霊的なこと」をしているときにだけ興奮すると誤解しています。
教会に行ったり、貧しい人を助けたり、告白したり、そんなことをするとき。
結局のところ、神はあなたがあなたらしくあるのを見て喜びます。
なぜなら、神があなたを造ったからです。
そして、あなたが造られたことをするとき、
神は「それが僕の息子だ! それが僕の娘だ!
私があなたに与えた才能と能力を使っている!」と言います。

だから私からのアドバイスは:
あなたの手にあるもの──あなたのアイデンティティ、あなたの影響力、あなたの収入──を見て、「私のことではない。
世界をより良い場所にすることだ。」

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました