ストレス耐性を高める新薬の発見でうつ病とPTSD予防が現実に

健康

Current treatments for depression and PTSD only suppress symptoms, if they work at all. What if we could prevent these diseases from developing altogether? Neuroscientist and TED Fellow Rebecca Brachman shares the story of her team’s accidental discovery of a new class of drug that, for the first time ever, could prevent the negative effects of stress — and boost a person’s ability to recover and grow. Learn how these resilience-enhancing drugs could change the way we treat mental illness.

うつ病やPTSDの現在の治療法は、ほとんど効果がない場合でも、症状を抑制するだけです。

では、これらの疾患がまったく発症しないようにできたらどうでしょうか?

ニューロサイエンティストであり、TEDフェローであるレベッカ・ブラックマンは、彼女のチームが偶然発見した新しい薬のクラスの物語を共有します。これらの薬は、ストレスの負の影響を初めて防ぐことができ、回復と成長の能力を高めることができます。 これらのレジリエンス向上薬が精神疾患の治療方法を変える方法を学んでください。

タイトル A new class of drug that could prevent depression and PTSD
うつ病とPTSDを予防できる新しいクラスの薬
スピーカー レベッカ・ブラックマン
アップロード 2019/04/18

「うつ病とPTSDを予防できる新しいクラスの薬(A new class of drug that could prevent depression and PTSD)」の文字起こし

So the first antidepressants were made from, of all things, rocket fuel left over after World War II.

Which is fitting, seeing as today, one in five soldiers develop depression, or post-traumatic stress disorder, or both.

But it’s not just soldiers that are at high risk for these diseases. It’s firefighters, ER doctors, cancer patients, aid workers, refugees?anyone exposed to trauma or major life stress.

And yet, despite how commonplace these disorders are, our current treatments, if they work at all, only suppress symptoms.

In 1798, when Edward Jenner discovered the first vaccine?it happened to be for smallpox?he didn’t just discover a prophylactic for a disease, but a whole new way of thinking: that medicine could prevent disease.

However, for over 200 years, this prevention was not believed to extend to psychiatric diseases.

Until 2014, when my colleague and I accidentally discovered the first drugs that might prevent depression and PTSD.

We discovered the drugs in mice, and we’re currently studying whether they work in humans.

And these preventative psychopharmaceuticals are not antidepressants. They are a whole new class of drug.

And they work by increasing stress resilience, so let’s call them resilience enhancers.

So think back to a stressful time that you’ve since recovered from. Maybe a breakup or an exam, you missed a flight.

Stress resilience is the active biological process that allows us to bounce back after stress, similar to if you have a cold and your immune system fights it off.

And insufficient resilience in the face of a significant enough stressor can result in a psychiatric disorder, such as depression.

In fact, most cases of major depressive disorder are initially triggered by stress.

And from what we’ve seen so far in mice, resilience enhancers can protect against purely biological stressors, like stress hormones, and social and psychological stressors, like bullying and isolation.

So here is an example where we gave mice three weeks of high levels of stress hormones.

So, in other words, a biological stressor without a psychological component.

And this causes depressive behavior.

And if we give three weeks of antidepressant treatment beforehand, it has no beneficial effects.

But a single dose of a resilience enhancer given a week before completely prevents the depressive behavior, even after three weeks of stress.

This is the first time a drug has ever been shown to prevent the negative effects of stress.

Depression and PTSD are chronic, often lifelong, clinical diseases.

They also increase the risk of substance abuse, homelessness, heart disease, Alzheimer’s, and suicide.

The global cost of depression alone is over three trillion dollars per year.

But now, imagine a scenario where we know someone is predictively at high risk for exposure to extreme stress.

Say, a Red Cross volunteer going into an earthquake zone.

In addition to the typhoid vaccine, we could give her a pill or an injection of a resilience enhancer before she leaves.

So when she is held at gunpoint by looters or worse, she would at least be protected against developing depression or PTSD after the fact.

It won’t prevent her from experiencing the stress, but it will allow her to recover from it.

And that’s what’s revolutionary here.

By increasing resiliency, we can dramatically reduce her susceptibility to depression and PTSD, possibly saving her from losing her job, her home, her family, or even her life.

After Jenner discovered the smallpox vaccine, a lot of other vaccines rapidly followed.

But it was over 150 years before a tuberculosis vaccine was widely available.

Why?

In part because society believed that tuberculosis made people more sensitive and creative and empathetic.

And that it was caused by constitution and not biology.

And similar things are still said today about depression.

And just as Jenner’s discovery opened the door for all of the vaccines that followed after, the drugs we’ve discovered open the possibility of a whole new field: preventative psychopharmacology.

But whether that’s 15 years away, or 150 years away, depends not just on the science, but on what we as a society choose to do with it.

Thank you.

「うつ病とPTSDを予防できる新しいクラスの薬(A new class of drug that could prevent depression and PTSD)」の和訳

最初の抗うつ薬は、第二次世界大戦後に残ったロケット燃料から作られました。

これは非常に適していると言えます。今日では、5人に1人の兵士がうつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)、またはその両方を発症しているからです。

しかし、これらの病気の高リスク群は兵士だけではありません。消防士、救急医師、がん患者、援助活動者、難民、すべてがトラウマや重大な人生のストレスにさらされています。

それにもかかわらず、これらの障害がどれほど一般的であるにもかかわらず、現在の治療法は、たとえ効果があっても、症状を抑えるだけです。

1798年にエドワード・ジェンナーが最初のワクチン、つまり天然痘のワクチンを発見したとき、彼は単に病気の予防薬を発見しただけでなく、医療が病気を予防できるという新しい考え方を生み出しました。

しかし、200年以上もの間、この予防という概念は精神病には当てはまらないと信じられていました。

2014年まで、私と同僚が偶然にうつ病とPTSDを予防するかもしれない最初の薬を発見するまでは。

私たちはこの薬をマウスで発見し、現在はそれが人間にも効果があるかどうかを研究しています。

これらの予防的な精神薬は抗うつ薬ではありません。それは全く新しいクラスの薬です。

そして、それはストレス耐性を高めることで機能するので、私たちはそれを「レジリエンス向上剤」と呼びましょう。

思い返してみてください、あなたが経験したストレスの多い時期を。例えば、恋人との別れや試験、飛行機に乗り遅れたことなど。

ストレス耐性とは、ストレスから回復することを可能にする活発な生物学的プロセスのことです。これは、風邪をひいたときに免疫システムがそれを撃退するのに似ています。

そして、十分なストレス耐性がない状態で重大なストレス要因に直面すると、うつ病などの精神障害を引き起こす可能性があります。

実際、大うつ病性障害のほとんどのケースは、最初にストレスによって引き起こされます。

これまでにマウスで見られた結果から、レジリエンス向上剤は、ストレスホルモンのような純粋に生物学的なストレス要因や、いじめや孤立のような社会的・心理的ストレス要因から保護することができると示唆されています。

ここに一例を示します。私たちはマウスに対して3週間、高レベルのストレスホルモンを与えました。

つまり、心理的な要素を含まない生物学的ストレス要因を与えたわけです。

すると、うつ病的な行動が引き起こされました。

しかし、3週間の抗うつ薬治療を事前に行っても、効果はありませんでした。

しかし、レジリエンス向上剤を1回だけ投与したところ、3週間のストレスを受けても、うつ病的な行動を完全に防ぐことができました。

これまでにストレスの悪影響を予防できる薬が発見されたことは一度もありませんでした。

うつ病やPTSDは、慢性的でしばしば生涯続く臨床的な病気です。

これらはまた、物質乱用、ホームレス、心臓病、アルツハイマー病、自殺のリスクを増加させます。

うつ病だけでも、世界全体で年間3兆ドル以上のコストがかかっています。

しかし今、極度のストレスにさらされる高リスクが予測される状況を想像してみてください。

例えば、地震被災地に向かう赤十字のボランティア。

チフスワクチンに加えて、出発前にレジリエンス向上剤のピルや注射を彼女に提供することができます。

彼女が略奪者に銃口を向けられた場合でも、その後にうつ病やPTSDを発症するのを防ぐことができるのです。

ストレスを経験するのを防ぐことはできませんが、それから回復する力を与えることができます。

これが革命的なところです。

レジリエンスを高めることで、彼女がうつ病やPTSDにかかる可能性を劇的に減らし、仕事、家族、家庭、さらには命を失うことから救うことができるかもしれません。

ジェンナーが天然痘ワクチンを発見した後、多くの他のワクチンが急速に開発されました。

しかし、結核ワクチンが広く利用可能になるまでには150年以上かかりました。

なぜでしょうか?

一因として、結核が人々をより感受性豊かで創造的かつ共感的にするという信念や、それが体質によるもので生物学的な原因ではないと信じられていたからです。

そして今日でも、うつ病について同様のことが言われています。

ジェンナーの発見がその後のすべてのワクチンの扉を開いたように、私たちが発見した薬は、新しい分野、つまり予防的精神薬理学の可能性を開くものです。

しかし、それが15年後なのか、150年後なのかは、科学だけでなく、社会がそれに対して何を選択するかにかかっています。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました