おむつ素材で脳の謎を解明:MITの最新研究が描く未来

医療・医学

Neuroengineer Ed Boyden wants to know how the tiny biomolecules in our brains generate emotions, thoughts and feelings — and he wants to find the molecular changes that lead to disorders like epilepsy and Alzheimer’s. Rather than magnify these invisible structures with a microscope, he wondered: What if we physically enlarge them and make them easier to see? Learn how the same polymers used to make baby diapers swell could be a key to better understanding our brains.

神経工学者のエド・ボイデンは、私たちの脳の中の微小な生体分子がどのようにして感情、思考、感情を生み出すかを知りたいと考えています。

また、てんかんやアルツハイマー病などの障害につながる分子変化を見つけたいとも考えています。彼は、これらの見えない構造を顕微鏡で拡大するのではなく、それらを物理的に拡大して見やすくすることはどうだろうかと考えました。赤ちゃん用おむつに使われる同じ重合体が、私たちの脳をよりよく理解するための鍵になる可能性があることを学んでください。

タイトル A new way to study the brain’s invisible secrets
(脳の目に見えない秘密を研究する新しい方法)
スピーカー エド・ボイデン
アップロード 2016/08/30

「脳の目に見えない秘密を研究する新しい方法(A new way to study the brain’s invisible secrets)」の文字起こし

Hello, everybody.
I brought with me today a baby diaper.
You’ll see why in a second.
Baby diapers have interesting properties.
They can swell enormously when you add water to them,
an experiment done by millions of kids every day.

But the reason why
is that they’re designed in a very clever way.
They’re made out of a thing called a swellable material.
It’s a special kind of material that, when you add water,
it will swell up enormously,
maybe a thousand times in volume.
And this is a very useful, industrial kind of polymer.
But what we’re trying to do in my group at MIT
is to figure out if we can do something similar to the brain.
Can we make it bigger,
big enough that you can peer inside
and see all the tiny building blocks, the biomolecules,
how they’re organized in three dimensions,
the structure, the ground truth structure of the brain, if you will?

If we could get that,
maybe we could have a better understanding of how the brain is organized
to yield thoughts and emotions and actions and sensations.
Maybe we could try to pinpoint the exact changes in the brain
that result in diseases,
diseases like Alzheimer’s and epilepsy and Parkinson’s,
for which there are few treatments, much less cures,
and for which, very often, we don’t know the cause or the origins
and what’s really causing them to occur.

Now, our group at MIT
is trying to take a different point of view
from the way neuroscience has been done over the last hundred years.
We’re designers. We’re inventors.
We’re trying to figure out how to build technologies
that let us look at and repair the brain.
And the reason is,
the brain is incredibly, incredibly complicated.

So what we’ve learned over the first century of neuroscience
is that the brain is a very complicated network,
made out of very specialized cells called neurons
with very complex geometries,
and electrical currents will flow through these complexly shaped neurons.
Furthermore, neurons are connected in networks.
They’re connected by little junctions called synapses that exchange chemicals
and allow the neurons to talk to each other.
The density of the brain is incredible.
In a cubic millimeter of your brain,
there are about 100,000 of these neurons
and maybe a billion of those connections.
But it’s worse.

So, if you could zoom in to a neuron,
and, of course, this is just our artist’s rendition of it.
What you would see are thousands and thousands of kinds of biomolecules,
little nanoscale machines organized in complex, 3D patterns,
and together they mediate those electrical pulses,
those chemical exchanges that allow neurons to work together
to generate things like thoughts and feelings and so forth.

Now, we don’t know how the neurons in the brain are organized
to form networks,
and we don’t know how the biomolecules are organized
within neurons
to form these complex, organized machines.
If we really want to understand this,
we’re going to need new technologies.

But if we could get such maps,
if we could look at the organization of molecules and neurons
and neurons and networks,
maybe we could really understand how the brain conducts information
from sensory regions,
mixes it with emotion and feeling,
and generates our decisions and actions.
Maybe we could pinpoint the exact set of molecular changes that occur
in a brain disorder.

And once we know how those molecules have changed,
whether they’ve increased in number or changed in pattern,
we could use those as targets for new drugs,
for new ways of delivering energy into the brain
in order to repair the brain computations that are afflicted
in patients who suffer from brain disorders.

We’ve all seen lots of different technologies over the last century
to try to confront this.
I think we’ve all seen brain scans
taken using MRI machines.
These, of course, have the great power that they are noninvasive,
they can be used on living human subjects.
But also, they’re spatially crude.
Each of these blobs that you see, or voxels, as they’re called,
can contain millions and millions of neurons.
So it’s not at the level of resolution
where it can pinpoint the molecular changes that occur
or the changes in the wiring of these networks
that contributes to our ability to be conscious and powerful beings.

At the other extreme, you have microscopes.
Microscopes, of course, will use light to look at little tiny things.
For centuries, they’ve been used to look at things like bacteria.
For neuroscience,
microscopes are actually how neurons were discovered in the first place,
about 130 years ago.
But light is fundamentally limited.
You can’t see individual molecules with a regular old microscope.
You can’t look at these tiny connections.
So if we want to make our ability to see the brain more powerful,
to get down to the ground truth structure,
we’re going to need to have even better technologies.

My group, a couple years ago, started thinking:
Why don’t we do the opposite?
If it’s so darn complicated to zoom in to the brain,
why can’t we make the brain bigger?
It initially started
with two grad students in my group, Fei Chen and Paul Tillberg.
Now many others in my group are helping with this process.
We decided to try to figure out if we could take polymers,
like the stuff in the baby diaper,
and install it physically within the brain.
If we could do it just right, and you add water,
you can potentially blow the brain up
to where you could distinguish those tiny biomolecules from each other.
You would see those connections and get maps of the brain.
This could potentially be quite dramatic.

We brought a little demo here.
We got some purified baby diaper material.
It’s much easier just to buy it off the Internet
than to extract the few grains that actually occur in these diapers.
I’m going to put just one teaspoon here
of this purified polymer.
And here we have some water.
What we’re going to do
is see if this teaspoon of the baby diaper material
can increase in size.
You’re going to see it increase in volume by about a thousandfold
before your very eyes.
I could pour much more of this in there,
but I think you’ve got the idea
that this is a very, very interesting molecule,
and if can use it in the right way,
we might be able to really zoom in on the brain
in a way that you can’t do with past technologies.

OK. So a little bit of chemistry now.
What’s going on in the baby diaper polymer?
If you could zoom in,
it might look something like what you see on the screen.
Polymers are chains of atoms arranged in long, thin lines.
The chains are very tiny,
about the width of a biomolecule,
and these polymers are really dense.
They’re separated by distances
that are around the size of a biomolecule.
This is very good
because we could potentially move everything apart in the brain.
If we add water, what will happen is,
this swellable material is going to absorb the water,
the polymer chains will move apart from each other,
and the entire material is going to become bigger.

And because these chains are so tiny
and spaced by biomolecular distances,
we could potentially blow up the brain
and make it big enough to see.
Here’s the mystery, then:
How do we actually make these polymer chains inside the brain
so we can move all the biomolecules apart?
If we could do that,
maybe we could get ground truth maps of the brain.
We could look at the wiring.
We can peer inside and see the molecules within.
To explain this, we made some animations
where we actually look at, in these artist renderings,
what biomolecules might look like and how we might separate them.

Step one: what we’d have to do, first of all,
is attach every biomolecule, shown in brown here,
to a little anchor, a little handle.
We need to pull the molecules of the brain apart from each other,
and to do that, we need to have a little handle
that allows those polymers to bind to them
and to exert their force.
Now, if you just take baby diaper polymer and dump it on the brain,
obviously, it’s going to sit there on top.
So we need to find a way to make the polymers inside.
And this is where we’re really lucky.
It turns out, you can get the building blocks,
monomers, as they’re called,
and if you let them go into the brain
and then trigger the chemical reactions,
you can get them to form those long chains,
right there inside the brain tissue.
They’re going to wind their way around biomolecules
and between biomolecules,
forming those complex webs
that will allow you, eventually, to pull apart the molecules
from each other.
And every time one of those little handles is around,
the polymer will bind to the handle, and that’s exactly what we need
in order to pull the molecules apart from each other.

All right, the moment of truth.
We have to treat this specimen
with a chemical to kind of loosen up all the molecules from each other,
and then, when we add water,
that swellable material is going to start absorbing the water,
the polymer chains will move apart,
but now, the biomolecules will come along for the ride.
And much like drawing a picture on a balloon,
and then you blow up the balloon,
the image is the same,
but the ink particles have moved away from each other.
And that’s what we’ve been able to do now, but in three dimensions.

There’s one last trick.
As you can see here,
we’ve color-coded all the biomolecules brown.
That’s because they all kind of look the same.
Biomolecules are made out of the same atoms,
but just in different orders.
So we need one last thing
in order to make them visible.
We have to bring in little tags,
with glowing dyes that will distinguish them.
So one kind of biomolecule might get a blue color.
Another kind of biomolecule might get a red color.
And so forth.
And that’s the final step.
Now we can look at something like a brain
and look at the individual molecules,
because we’ve moved them far apart enough from each other
that we can tell them apart.
So the hope here is that we can make the invisible visible.
We can turn things that might seem small and obscure
and blow them up
until they’re like constellations of information about life.

Here’s an actual video of what it might look like.
We have here a little brain in a dish —
a little piece of a brain, actually.
We’ve infused the polymer in,
and now we’re adding water.
What you’ll see is that, right before your eyes —
this video is sped up about sixtyfold —
this little piece of brain tissue is going to grow.
It can increase by a hundredfold or even more in volume.
And the cool part is, because those polymers are so tiny,
we’re separating biomolecules evenly from each other.
It’s a smooth expansion.

We’re not losing the configuration of the information.
We’re just making it easier to see.
So now we can take actual brain circuitry —
here’s a piece of the brain involved with, for example, memory —
and we can zoom in.
We can start to actually look at how circuits are configured.
Maybe someday we could read out a memory.
Maybe we could actually look at how circuits are configured
to process emotions,
how the actual wiring of our brain is organized
in order to make us who we are.
And of course, we can pinpoint, hopefully,
the actual problems in the brain at a molecular level.
What if we could actually look into cells in the brain
and figure out, wow, here are the 17 molecules that have altered
in this brain tissue that has been undergoing epilepsy
or changing in Parkinson’s disease
or otherwise being altered?
If we get that systematic list of things that are going wrong,
those become our therapeutic targets.
We can build drugs that bind those.
We can maybe aim energy at different parts of the brain
in order to help people with Parkinson’s or epilepsy
or other conditions that affect over a billion people
around the world.

Now, something interesting has been happening.
It turns out that throughout biomedicine,
there are other problems that expansion might help with.
This is an actual biopsy from a human breast cancer patient.
It turns out that if you look at cancers,
if you look at the immune system,
if you look at aging, if you look at development —
all these processes are involving large-scale biological systems.
But of course, the problems begin with those little nanoscale molecules,
the machines that make the cells and the organs in our body tick.
So what we’re trying to do now is to figure out
if we can actually use this technology to map the building blocks of life
in a wide variety of diseases.
Can we actually pinpoint the molecular changes in a tumor
so that we can actually go after it in a smart way
and deliver drugs that might wipe out exactly the cells that we want to?
You know, a lot of medicine is very high risk.
Sometimes, it’s even guesswork.
My hope is we can actually turn what might be a high-risk moon shot
into something that’s more reliable.
If you think about the original moon shot,
where they actually landed on the moon,
it was based on solid science.
We understood gravity;
we understood aerodynamics.
We knew how to build rockets.
The science risk was under control.
It was still a great, great feat of engineering.
But in medicine, we don’t necessarily have all the laws.
Do we have all the laws that are analogous to gravity,
that are analogous to aerodynamics?
I would argue that with technologies
like the kinds I’m talking about today,
maybe we can actually derive those.
We can map the patterns that occur in living systems,
and figure out how to overcome the diseases that plague us.
You know, my wife and I have two young kids,
and one of my hopes as a bioengineer is to make life better for them
than it currently is for us.
And my hope is, if we can turn biology and medicine
from these high-risk endeavors that are governed by chance and luck,
and make them things that we win by skill and hard work,
then that would be a great advance.
Thank you very much.

「脳の目に見えない秘密を研究する新しい方法(A new way to study the brain’s invisible secrets)」の和訳

みなさん、こんにちは。

今日は赤ちゃん用のおむつを持ってきました。
すぐに理由がわかると思います。
赤ちゃんのおむつには興味深い性質があります。
水を加えると、膨張することができます。
これは、毎日何百万人もの子供たちが行う実験です。

しかし、その理由は
非常に賢い方法で設計されているからです。
それは膨張性材料と呼ばれるものでできています。
水を加えると、非常に膨張します。
体積が1000倍になるかもしれません。
これは、非常に有用な産業用の重合体です。
しかし、私たちのMITのグループでやろうとしていることは
脳に類似したことをできるかどうかを理解することです。
それを大きくできるか、
中にのぞいてみることができるくらい大きくできるか
全ての小さな構成要素、生体分子が、
どのように三次元に配置されているか、
構造、脳の本当の構造を見ることができるか。

もしそれができれば、
脳がどのように組織されているかをより良く理解できるかもしれません
思考や感情、行動や感覚をもたらす。
脳の中で起こる正確な変化を特定しようとすることができるかもしれません。
アルツハイマーやてんかん、パーキンソン病などの疾患、
治療法がほとんどない、治癒法がほとんどない病気、
そしてしばしば原因や起源を知らない病気。
それらが起こる原因、本当の原因は何なのかを知ることができるかもしれません。

さて、私たちのMITのグループは、
過去100年間の神経科学のやり方とは異なる視点を取ろうとしています。
私たちは設計者です。私たちは発明家です。
私たちは、脳を観察し、修復するための技術を構築する方法を見つけようとしています。
その理由は、
脳が信じられないほど、信じられないほど複雑だからです。

ですので、神経科学の最初の100年で学んだことは、
脳が非常に複雑なネットワークで構成されていることです。
非常に特殊化された細胞であるニューロンから成り立っており、
非常に複雑な幾何学を持っています。
そして、これらの複雑な形状のニューロンを通って電流が流れます。
さらに、ニューロンはネットワークで接続されています。
これらはシナプスと呼ばれる小さな接合部で接続されており、化学物質を交換して
ニューロン同士がコミュニケーションを取ることができます。
脳の密度は驚異的です。
脳の立方ミリメートルには、約10万のニューロンがあり、
おそらくその接続は10億個ほどです。
しかし、もっとひどいことになります。

では、ニューロンにズームインできたら、
もちろん、これはただのアーティストによる描写ですが。
見るものは何千もの種類の生体分子です。
複雑な3Dパターンに組織された、小さなナノスケールの機械があり、
それらが一緒になって、ニューロンが一緒に動作し、
思考や感情などを生み出すために必要な電気パルスや化学物質の交換を仲介しています。

現在、脳内のニューロンがどのように組織されてネットワークを形成するか、
また、ニューロン内の生体分子がどのように組織されて
これらの複雑で組織された機械を形成するかはわかりません。
これを本当に理解したいと思うなら、
新しい技術が必要になります。

しかし、もし私たちがそのような地図を手に入れることができたら、
もし分子とニューロン、ニューロンとネットワークの組織を見ることができたら、
おそらく脳が情報を伝える方法を本当に理解できるかもしれません。
感覚領域からの情報を混ぜ合わせて感情や感覚とともに、
私たちの意思決定や行動を生み出すのかもしれません。
脳障害において起こる分子変化の正確なセットを特定できるかもしれません。

そして、これらの分子がどのように変化したかを一度知ってしまえば、
それらを新しい薬の標的として使うことができます。
脳内の計算を修復するために、新しいエネルギーの供給方法を使うことができます。
これは、脳障害を抱える患者に影響を受ける脳内計算を修復するためのものです。

このために、過去100年間にさまざまな技術が開発されてきました。
MRIマシンを使った脳のスキャンを見たことがあると思います。
これらは、非侵襲的であり、生きた人間の被験者に使用できるという大きな利点があります。
しかし、空間的には粗いです。
見ることができる各ブロブ、またはボクセルと呼ばれるものは、
何百万ものニューロンを含むことがあります。
そのため、分子変化やこれらのネットワークの配線の変化を特定する
解像度のレベルにはありません。
これが、我々が意識的で強力な存在である能力に貢献しているのです。

もう一方の極端な例として、顕微鏡があります。
顕微鏡は、小さなものを見るために光を使用します。
何世紀にもわたって、細菌などの観察に使用されてきました。
神経科学では、実際には約130年前にニューロンが発見されたのも顕微鏡です。
しかし、光には根本的な制限があります。
普通の古い顕微鏡では個々の分子を見ることはできません。
これらの小さな接続を見ることもできません。
ですので、脳を見る能力をより強力にするためには、
本当の構造を把握するためには、さらに優れた技術が必要になります。

私のグループは数年前に考え始めました:
なぜ逆のアプローチを取らないのか?
脳にズームインするのがとても複雑なら、脳を大きくできないだろうか?
最初は私のグループの修士課程の学生であるFei ChenとPaul Tillbergが考えました。
今、私のグループの多くの他のメンバーがこのプロセスを手伝っています。
私たちは、ポリマーを使ってみることにしました。
赤ちゃんのおむつに入っている材料のようなものです。
そして、それを脳内に物理的に配置することができないか試してみることにしました。
それをうまくやれば、水を加えるだけで、
脳を膨張させることができるかもしれません。
そうすれば、これらの微細な生体分子を区別できるようになるでしょう。
つまり、接続を見ることができ、脳の地図を作成することができるかもしれません。
これは、非常に劇的な変化をもたらす可能性があります。

ここにちょっとしたデモを持ってきました。
純粋な赤ちゃんのおむつの材料を用意しました。
これらのおむつに実際に含まれるわずかな粒を取り出すよりも、
インターネットで購入する方が簡単です。
ここにこの純粋なポリマーの小さじ1杯を置きます。
そして、ここに水があります。
私たちが行うことは、
この小さじ1杯の赤ちゃんのおむつの材料が
どれだけ大きくなるかを見ることです。
目の前で約1000倍の体積に増加するのを見ることができます。
もっと多くのものを注ぎ込むことができますが、
これは非常に、非常に興味深い分子であることがわかると思います。
そして、それを正しく使うことができれば、
過去の技術ではできなかった方法で脳にズームインできるかもしれません。

では、少し化学の話をしましょう。
赤ちゃんのおむつのポリマー内で何が起こっているのでしょうか?
もしもズームインできたら、画面に表示されているようなものになるかもしれません。
ポリマーは、長くて細い線で配置された原子の鎖です。
これらの鎖は非常に小さく、
生体分子の幅ほどの幅があり、
これらのポリマーは本当に密です。
それらは生体分子の大きさほどの距離で分離されています。
これは非常に良いことです
なぜなら、潜在的に脳内のすべてのものを分離できるかもしれないからです。
水を加えると、膨潤性材料が水を吸収し、
ポリマー鎖が互いに離れ、
全体の材料が大きくなります。

そして、これらの鎖が非常に小さく、
生体分子の距離で分かれているため、
脳を膨らませて見ることができるかもしれません。
では、謎は次のようです。
実際に脳内でこれらのポリマー鎖をどのようにして作るのでしょうか?
そうすれば、おそらく脳の正確な地図を手に入れることができるかもしれません。
配線を見ることができます。
内部に覗き込んで、分子を見ることができます。
これを説明するために、アニメーションを作成しました。
これらのアーティストのレンダリングで、
生体分子がどのように見え、それらをどのように分離するかを実際に見てみましょう。

第一ステップ:まず最初に行うことは、
ここで茶色で表示されている各生体分子を、
小さなアンカー、小さなハンドルに取り付けることです。
脳内の分子を互いに引き離す必要があります。
そしてそれを行うためには、それらのポリマーがそれらに結合し、
その力を発揮できるような小さなハンドルが必要です。
今、赤ちゃんのおむつのポリマーを脳にただ捨てると、
明らかに上にそこに座っているだけです。
ですので、ポリマーを内部に作る方法を見つける必要があります。
そしてここで私たちは本当に幸運です。
それらの構成要素、モノマーと呼ばれるものを取得できるのです。
そして、それらを脳に入れて
化学反応を引き起こすことができれば、
それらが長い鎖を形成することができます。
それらは生体分子の周りや間に、
それらの複雑なウェブを形成し、
最終的には分子を互いに引き離すことができるようになります。
そして、その小さなハンドルの周りにあるたびに、
ポリマーはハンドルに結合し、それが私たちが必要とするものです
分子を互いに引き離すために。

さて、真実の瞬間です。
この標本を処理する必要があります。
すべての分子をお互いから解きほぐすための化学物質を使って、
そして、水を加えると、
この膨潤性材料が水を吸収し始めます。
ポリマー鎖が互いに離れ、
しかし、今度は生体分子も一緒に移動してきます。
まるで風船に絵を描き、
それから風船を膨らませるようなものです。
イメージは同じですが、
インクの粒子はお互いから離れて移動しています。
これまで、私たちはこれを実現することができましたが、三次元で。

最後のトリックがあります。
ここで見ているように、
すべての生体分子を茶色で色分けしています。
それは、それらがすべて同じように見えるからです。
生体分子は同じ原子からできていますが、異なる順序で並んでいます。
ですので、それらを見えるようにするためには最後の一つのことが必要です。
蛍光を放つ色付けされたタグを持ち込む必要があります。
それによってそれらを区別します。
ある種の生体分子は青色を取るかもしれません。
別の種類の生体分子は赤色を取るかもしれません。
そしてそのように続きます。
これが最後のステップです。
今、私たちは脳のようなものを見ることができます。
個々の分子を見ることができます。
なぜなら、私たちはそれらを十分にお互いから離れて移動させたからです。
ここでの希望は、見えないものを見えるようにすることです。
小さくてわかりにくいように思えるものを、
星座のような情報に膨らませることができるかもしれません。

こちらは実際のビデオです。
ここには、皿の中の小さな脳があります。
実際には脳の小片です。
ポリマーを注入し、水を加えています。
目の前で、
この脳組織の小片が成長していくのを見ることができます。
このビデオは約60倍速く進んでいます。
この小さな脳組織は体積が100倍以上になることがあります。
そしてクールな部分は、それらのポリマーが非常に小さいため、
生体分子を均等にお互いから分離していることです。
滑らかな拡大です。

情報の構成を失うことなく、見やすくしているだけです。
したがって、実際の脳回路を取り上げることができます。
たとえば、記憶に関連する脳の一部です。
そして、ズームインして、
回路がどのように構成されているか実際に見ることができます。
いつか記憶を読み取ることができるかもしれません。
実際には、感情を処理するために回路がどのように構成されているかを見ることができるかもしれません。
私たちが誰であるかを作り出すために、
脳の実際の配線がどのように組織されているか。
そしてもちろん、私たちは、うまくいけば、
分子レベルで脳の実際の問題を特定できます。
もし私たちが実際に脳内の細胞を覗き込んで、
てんかんを患っている脳組織やパーキンソン病で変化している
またはそれ以外で変化している部分に、変化した17種類の分子があることを発見できたらどうでしょうか?
それらが何がうまくいかないかをシステマティックにリストアップすれば、
それらは私たちの治療のターゲットになります。
私たちはそれらに結合する薬を開発することができます。
おそらく、脳の異なる部位にエネルギーを送ることができます。
これにより、パーキンソン病やてんかんなどの人々を助けることができるかもしれません。
世界中で10億人以上の人々に影響を与えるその他の状態。

今、興味深いことが起こっています。
バイオメディシン全体で、膨張が役立つかもしれない他の問題があることがわかりました。
これは、実際の乳がん患者の生検組織です。
がんを見ると、
免疫系を見ると、老化を見ると、発達を見ると–
これらすべてのプロセスは、大規模な生物学的システムを関与しています。
しかしもちろん、問題はそれらの小さなナノスケールの分子から始まります。
私たちの体の細胞や器官を作る機械。
ですので、今私たちがやろうとしていることは、
実際にこの技術を使って生命の構成要素をマッピングできるかどうかを理解することです。
さまざまな疾患で分子レベルの変化を実際に特定できるかどうか。
それによって、賢明な方法でそれを追跡し、
正確に私たちが望む細胞を排除する可能性のある薬を投与することができるかもしれません。
医学は非常に高いリスクが伴うことがよくあります。
時には、推測すらもあります。
私の希望は、私たちが高いリスクの月面着陸から、
より信頼性の高いものに変えられるかもしれないことです。
オリジナルの月面着陸を考えてみてください。
実際に月面に着陸したところから始まりますが、
それは確固とした科学に基づいていました。
私たちは重力を理解していました。
空力を理解していました。
ロケットを建てる方法を知っていました。
科学のリスクは管理されていました。
それでも、それは偉大な、偉大なエンジニアリングの業績でした。
しかし医学では、すべての法則を持っているわけではありません。
重力に類似した法則、空力に類似した法則を持っていますか?
私は、今日話しているような種類の技術を使って、
おそらくそれらを導出することができるかもしれないと主張します。
生きたシステムで発生するパターンをマッピングし、
私たちを苦しめる疾患を克服する方法を見つけ出すことができるかもしれません。
私と妻は2人の幼い子供がいます。
私としてのバイオエンジニアの希望の一つは、彼らの人生を
現在の私たちよりも良くすることです。
そして、私の希望は、生物学と医学を
偶然や運に支配された高いリスクの努力から
技能と努力によって勝利するものに変えることです。
それが大きな進歩となるでしょう。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました