アルバカーキ市の『There’s a Better Way』プログラムがホームレス支援に革命をもたらす

社会

When Richard J. Berry, the mayor of Albuquerque, saw a man on a street corner holding a cardboard sign that read “Want a job,” he decided to take him (and others in his situation) up on it. He and his staff started a citywide initiative to help the homeless by giving them day jobs and a place to sleep — and the results were incredible. Find out how your city can replicate Albuquerque’s model with this frank and optimistic talk.

アルバカーキ市長のリチャード・J・ベリーは、道路脇で「仕事が欲しい」と書かれた段ボールのサインを持つ男性を見かけたとき、彼(および同じ状況にある他の人々)に協力することに決めました。

彼と彼のスタッフは、ホームレスの人々を日雇いの仕事と宿泊場所で支援する市全体の取り組みを始めました。その結果、驚くべき変化が生まれました。この率直で楽観的なトークで、あなたの街がアルバカーキのモデルを複製する方法を知ることができます。

タイトル A practical way to help the homeless find work and safety
(ホームレスが仕事と安全を見つけるのを助ける実際的な方法)
スピーカー リチャード・J・ベリー
アップロード 2017/09/02

「ホームレスが仕事と安全を見つけるのを助ける実際的な方法(A practical way to help the homeless find work and safety)」の文字起こし

So, raise your hand if you’ve seen somebody in your city
standing on a corner, holding a sign like this.
I think we all have.
If you’re being honest,
at least one time, have you wondered if they mean it?
If we offered them a job, would they really take it?
And what would that job mean to them in their lives?

Well, this is a story about what happened in my city
when we decided to find out,
when we decided to think differently about panhandling,
and lift people up through the dignity of work.
We call it, “There’s a Better Way.”
We call it There’s a Better Way
because I believe there’s a better way to get the money you need
than panhandling on the corner.
I believe there’s a better way to help your brothers and sisters in need
than handing a few dollars out the car window.

We know there’s dignity in work.
We also know that people are much more likely to invest in themselves
if they believe that their community is willing to invest in them first.
And because we’re all wired to be kind and compassionate,
it always feels good to hand a couple of dollars to someone
that is in need.
But if you talk to panhandlers, many of them will tell you
that your few dollars don’t necessarily go towards feeding the body,
they go towards feeding an addiction.
There’s a better way.

My name is Richard Berry,
and I have one of the best jobs in the world.
I get to be the mayor of a great American city,
Albuquerque, New Mexico.
I was at lunch on July 17, 2015, in my great American city,
and on my way back to city hall,
I saw this gentleman standing on a corner.
As you can see, he’s holding a sign,
and his sign says he wants a job.
But if you look closer at the picture,
you’ll see he’s standing underneath a blue sign,
and that sign says, if you need help, if you need food or shelter
or you’d like to donate,
please call 311, our community service number.
So why is this guy standing underneath my sign with his sign?
Well, we wondered if anybody would call that 311 sign,
and as it turns out, they did —
11,000 times people called.
I put those up in about 30 intersections.
And we did connect them with food and shelter and services.
But yet he’s still standing under my sign
with a sign that says he wants a job.
It’s simple: he wants a job.

So I decided to do something rare in government.
I decided to make the solution simpler rather than more complicated.
I went back to my office, I gathered my staff around
and I said, “We’re going to take this man at his word,
and others like him.
The man says he wants a job, we’re going to give him a job,
and we’re going to make our city an even better place in the meantime.”

You see, Albuquerque is a beautiful place.
We’re a mile high,
the Sandia Mountains on the east,
the Rio Grande runs through the center of the city;
we’re the home of the Albuquerque International Balloon Fiesta.
On a day like today,
you could literally ski this morning and golf this afternoon.
But there’s always something to do —
always weeds to pull, litter to pick up.
If you’re going to have an initiative like this in your city,
you have to ask yourself two questions.
First one is: Is there anything left to do in your city?
And if the answer is no,
would you please give me your mayor’s phone number,
because I need some advice.

But the second question you have to ask is this:
Are your solutions to panhandling working?
If you’re like Albuquerque,
and you’re taking the punitive approach like we used to,
handing out tickets to panhandlers or those who give them money,
I’m going to suggest that your solutions aren’t working,
and I know you’re not getting to the root of your problem in your city.

So if you have something to do
and you need people that need something to do,
there’s a better way.
And the good news is, it’s not that complicated.

This a 2006 Dodge van.
It was in my motor pool not doing anything.
We put some new tires on it, wrapped it with a logo.
This van now goes out to street corners where our panhandlers are —
we go to them.
We stop the van, we get out,
we ask them if they would like a day’s work
rather than panhandling for the day.
And if you wondered if they really mean it —
it takes us about an hour to fill this van up in the morning,
because almost everybody we ask takes a job for the day.

But you need more than just a van.
You need a super-fantastic human being to drive that van.
And my super-fantastic human being, his name is Will.
This is him in the yellow vest.
Will works at our local nonprofit partner.
He works with the homeless every day.
The panhandlers trust him,
he believes in them,
he hustles.
I like to say, “Where there’s a Will, there’s a way.”

So if you’re going to do the Better Way campaign in your city,
you need to find yourself a Will,
because he’s really one of the keys to making this successful
in the city of Albuquerque.

You also need a great nonprofit partner.
Ours is St. Martin’s Hospitality Center.
They’ve been in our community for over 30 years.
They provide counseling, food, shelter,
and if they don’t provide it,
they know somebody in our city that does.
But they do something much more for me as the mayor.
They provide agility.
You see, it takes me two weeks,
maybe two months sometimes,
to onboard an employee with the city of Albuquerque.
So you could imagine —
my old Dodge van,
my super-fantastic human being, Will,
a great local nonprofit partner —
they drive to the corner, there’s a panhandler,
they say, “Would you like to work for the day?”
The panhandler says, “Yes,”
and Will says, “Great! I’ll be back in six weeks to pick you up.”

It wouldn’t work.
It’s really important that we have that agility in our program.
And they do the paperwork,
they do the insurance,
they do all of the other forms that I can’t do quickly.

We pay our panhandlers nine dollars an hour.
We feed them once at the jobsite.
At the end of the day,
our old Dodge van takes them right back to St. Martin’s,
and they get connected with counseling services.

So far,
with the pilot program and a couple days a week,
and a fantastic human being and a Dodge van,
we’ve cleaned up 400 city blocks in the city of Albuquerque.
We’ve picked up over 117,000 pounds of trash, weeds and litter.
I don’t know if you’ve ever weighed a tumbleweed,
but they don’t weigh much,
so you can imagine the volume of material that we’ve picked up.

My city has 6,000 employees,
and none better than my solid waste department.
We send our trucks out at the end of the day,
they help the panhandlers put into the truck
the material they’ve picked up during the day,
and we take it to the landfill.

I’m lucky that I have city employees
that are willing to work side by side with our panhandlers.
They’re lifting up our city while lifting up their lives.
And like anything else — listen, it takes resources.
But the good news is it doesn’t take much.
We started with an old van,
a super-fantastic human being,
a great local nonprofit
and $50,000.
But we also had to have community trust.
And fortunately, we had built that up in years prior to Better Way.
We have a program called “Albuquerque Heading Home,”
a Housing First model where we house the chronically homeless,
and when I told my community we wanted to do that differently,
I said there’s a smart way to do the right thing.
We have now housed 650 chronically homeless, medically vulnerable —
frankly, most likely to die on the streets in our city.
We commissioned our university, they studied it.
We could tell the taxpayers, we can save you 31.6 percent
over the cost of leaving someone to struggle for survival on the streets.
We’ve now saved over five million dollars while housing 650 people.

So we had that community trust,
but we had to have a little bit more of an honest conversation also
as a community,
because we had to get people to understand
that when they hand those five dollars out the window,
they might actually be minimizing their opportunity
to help the person in need, and here’s why:
that five dollars might go to buying some fast food today —
a lot of times it goes to buying drugs and alcohol.
That same five dollars,
if you gave it to one of our shelters,
could feed seven people today.
And if you gave it to one of our local food banks or food pantries,
we could actually feed 20 people with that money.

People ask,”Well, Albuquerque is 600,000 people — million, metro —
this wouldn’t work in our city, we’re too big, we’re too small.”
I disagree; if you have one panhandler on one city block,
you can do this.
If you live in a city of eight-and-half million people,
you can do this.
It doesn’t matter what you do.
It’s not the work that you do, it’s the dignity of the work.
You could do anything.
So I think any city could do this.

And people say to me,
“Mayor, that’s just a little too simple.
It can’t work that way.”
But I tell you what, friends:
when you go to a street corner
and you engage with a panhandler with dignity and respect,
maybe for the first time in years, maybe in their life,
and you tell them that you believe in them
and that this is their city as much as it’s your city,
and that you actually need their help to make our place better,
and you understand that this isn’t the answer to all their problems,
but at least it’s a start,
an amazing thing happens.
When they get out on the jobsite and they start working together,
you start seeing amazing things happen.
They see teamwork; they see the fact that they can make a difference.
And at the end of the day,
when they get back to St. Martin’s in that old Dodge van,
they’re much more likely to sign up for whatever services they need —
substance abuse, mental health counseling, you name it.

So far with our pilot program,
we’ve offered about 1,700 days of day work.
We’ve connected 216 people to permanent employment opportunities.
Twenty people actually qualified for our Housing First model,
Heading Home,
and they’ve been housed.
And over 150 people have been connected
to mental health substance abuse services
through There’s a Better Way.
This is me just two weeks ago,
at St. Martin’s,
doing our point-in-time survey
that we do every two years.
I’m interviewing a gentleman who’s homeless, like we do,
getting his information, figuring out where he’s from,
how he got there,
what we can do to help him.
And you notice he’s holding the same sign that the guy was holding in 2015,
same sign I walked out with here today.
So you have to ask yourself: Is it really making a difference?
Absolutely it’s making a difference.
Albuquerque is now one of the national leaders
in combating some of the most stubborn and persistent social issues
that we have.
Combined with Albuquerque Heading Home,
the Better Way program,
Albuquerque has reduced unsheltered homelessness in our city
by 80 percent last year.
Since I took over as mayor,
we’ve been able to reduce the chronic homeless population in our city
by 40 percent.
And by HUD’s definition,
we’ve gotten to functional zero,
which means we’ve literally ended veteran homelessness
in the city of Albuquerque,
by being intentional.

So I’m happy to report that other cities are hearing about this,
other mayors are calling us —
Chicago, Seattle, Denver, Dallas —
and are now starting to implement programs
where they bring the dignity of work to the equation.
And I can’t wait to learn from them.
I can’t wait to see what their experiment looks like,
what their pilot project looks like,
so we can start taking a collective approach nationally
through the dignity of work.
And I want to commend them —
the mayors, their communities, their nonprofits —
for the work that they’re doing.
So who’s next?
Are you and your city ready to step up?
Are you ready to think differently about these persistent social issues?
Are you ready to lift people up in your community
through the dignity of work,
and make your city profoundly better in many ways?
Well, if you are, my friends, I promise you there is a better way.
Thank you.

「ホームレスが仕事と安全を見つけるのを助ける実際的な方法(A practical way to help the homeless find work and safety)」の和訳

では、手を挙げてください。このような看板を持って街角に立っている人を見たことがある方。
おそらく皆さん全員が見たことがあるでしょう。
正直に言って、一度でも「本当に彼らは本気なのだろうか?」と考えたことがありませんか?
仕事を提供したら、本当に受け取るのでしょうか?
その仕事は彼らの生活にどのような意味を持つのでしょうか?

これは私の街で、物乞いについて異なる視点で考え、人々を仕事の尊厳を通じて支援しようと決心したときに起こった出来事の物語です。
私たちはこれを「より良い方法がある」と呼びます。
「より良い方法がある」と呼ぶ理由は、街角で物乞いをするよりも、必要な資金を得るためのより良い方法があると信じているからです。
車の窓から数ドルを渡すよりも、困っている兄弟姉妹を助けるためのより良い方法があると信じています。

私たちは、仕事には尊厳があることを知っています。
また、人々が自分たちのコミュニティがまず自分たちに投資する意志があると信じている場合、自分たちに投資する可能性が高くなることも知っています。
そして、私たちは皆親切で思いやりのある心を持っているので、困っている人に数ドルを渡すと良い気分になります。
しかし、物乞いをする人々に話を聞くと、彼らの多くは、その数ドルが必ずしも食料に使われるわけではなく、依存症のために使われることを教えてくれます。
より良い方法があるのです。

私の名前はリチャード・ベリーといいます。
そして、私は世界で最高の仕事の一つを持っています。
それは、アメリカの素晴らしい都市、ニューメキシコ州アルバカーキの市長を務めることです。
2015年7月17日、私はこの素晴らしいアメリカの都市で昼食をとっていました。
市庁舎に戻る途中、この男性が街角に立っているのを見かけました。
ご覧のとおり、彼は看板を持っており、「仕事が欲しい」と書かれています。
しかし、写真をよく見ると、彼は青い看板の下に立っていることがわかります。
その看板には、「助けが必要な場合、食料や住居が必要な場合、または寄付を希望する場合は、コミュニティサービス番号311に電話してください」と書かれています。
では、なぜこの男性は私の看板の下で自分の看板を持っているのでしょうか?
私たちは311の看板に誰かが電話をかけるかどうかを疑問に思いましたが、実際には11,000回も電話がかかってきました。
私はそれらを約30の交差点に設置しました。
そして、私たちは人々に食料や住居、サービスを提供することができました。
しかし、それでも彼は私の看板の下に立ち、「仕事が欲しい」と書かれた看板を持っています。
簡単です。彼は仕事が欲しいのです。

そこで私は政府では珍しいことをすることにしました。
解決策を複雑にするのではなく、よりシンプルにすることにしました。
オフィスに戻り、スタッフを集めて言いました。「この男性の言葉を信じ、彼と同じような人々に仕事を提供しよう。そしてその間に私たちの街をさらに良くしよう。」

ご存知のように、アルバカーキは美しい場所です。
標高は約1マイル、東にはサンディア山脈があり、リオグランデ川が市の中心を流れています。
アルバカーキ国際バルーンフェスタの本拠地でもあります。
今日のような日には、午前中にスキーをし、午後にはゴルフをすることができるでしょう。
しかし、常にやるべきことがあります。
雑草を引き、ゴミを拾うことです。
このような取り組みを自分の街で行う場合、2つの質問を自問する必要があります。
まず、街にやるべきことはまだありますか?
もし答えが「いいえ」なら、ぜひあなたの市長の電話番号を教えてください。アドバイスが必要です。

でも、もう一つの質問があります。それは、あなたの物乞い対策が効果的かどうかです。
もしあなたの街がアルバカーキのように、かつての私たちがそうだったように、罰的なアプローチを取っていて、物乞いをする人々や彼らにお金を渡す人々に違反切符を渡しているならば、私はあなたの解決策が効果的ではないと言えるでしょう。そして、あなたの街の問題の根本には到達していないと分かっています。

もしあなたがやるべきことがあり、それを必要としている人々がいるなら、より良い方法があります。
そして良いニュースは、それがそれほど複雑ではないことです。

これは2006年製のダッジのバンです。私の車両部にあったもので、特に使われていませんでした。新しいタイヤを取り付け、ロゴを付けました。このバンは今、物乞いをしている人々がいる街角に向かいます。私たちは彼らの元に行きます。バンを止め、外に出て、その日一日物乞いをする代わりに仕事をしたいかどうかを尋ねます。
もし彼らが本当に意味しているのか疑問に思うならば、朝、バンを満員にするのに約1時間しかかかりません。なぜなら、ほとんどの人が一日の仕事を引き受けるからです。

しかし、バンだけでは十分ではありません。バンを運転するためには、素晴らしい人間が必要です。私の素晴らしい人間の名前はウィルです。彼が黄色いベストを着ている姿です。ウィルは私たちの地元の非営利団体のパートナーで働いています。彼は毎日ホームレスの人々と働いており、物乞いをする人々から信頼されています。彼は彼らを信じており、一生懸命に働いています。「ウィルがいれば道がある」と言いたいくらいです。

ですから、あなたの街で「より良い方法」キャンペーンを行うなら、ウィルのような人を見つける必要があります。彼はアルバカーキ市でこのプログラムを成功させるための鍵の一つです。

また、素晴らしい非営利団体のパートナーが必要です。私たちのパートナーはセント・マーティンズ・ホスピタリティ・センターです。彼らは30年以上にわたり私たちのコミュニティに貢献してきました。彼らはカウンセリング、食事、住居を提供しており、もし提供していない場合でも、私たちの街でそれを提供している人を知っています。しかし、彼らは市長である私にとってもっと重要なことを提供してくれます。それは敏捷性です。アルバカーキ市では、新しい従業員を採用するのに2週間、時には2ヶ月かかります。

ですから、想像してみてください。私の古いダッジのバン、素晴らしい人間のウィル、素晴らしい地元の非営利団体のパートナー。彼らは街角に行き、物乞いをしている人に「今日一日働きたいですか?」と尋ねます。物乞いをしている人が「はい」と言い、ウィルが「素晴らしい!6週間後に迎えに来ます」と言ったらどうでしょうか?それではうまくいきません。このプログラムには敏捷性が非常に重要です。そして彼らは書類作成や保険、私がすぐにできない他のすべてのフォームを処理します。

私たちは物乞いをしている人々に時給9ドルを支払い、仕事現場で一度食事を提供します。一日の終わりに、古いダッジのバンは彼らを再びセント・マーティンズに連れて行き、彼らはカウンセリングサービスとつながります。

これまでのところ、パイロットプログラムとして週に数日、素晴らしい人間とダッジのバンで、アルバカーキ市の400ブロックをきれいにしました。117,000ポンド以上のゴミ、雑草、ゴミを回収しました。タンブルウィード(回転草)の重さを測ったことがありますか?それほど重くないので、私たちが回収した材料の量を想像してみてください。

私の街には6,000人の従業員がいますが、固形廃棄物部門の従業員に勝る者はいません。彼らは一日の終わりにトラックを送り出し、物乞いをしている人々がその日に拾った材料をトラックに入れるのを手伝い、私たちはそれを埋立地に運びます。

私は幸運にも、市の従業員が物乞いをしている人々と肩を並べて働くことを厭わない人々です。彼らは自分たちの生活を向上させながら、私たちの街をも向上させています。そして、他のことと同じように、この取り組みには資源が必要です。しかし、良いニュースはそれほど多くの資源を必要としないことです。私たちは古いバン、素晴らしい人間、素晴らしい地元の非営利団体、そして50,000ドルで始めました。しかし、私たちはコミュニティの信頼も必要でした。幸運なことに、「より良い方法」の前にその信頼を築いていました。

私たちには「アルバカーキ・ヘディング・ホーム」というプログラムがあります。これはハウジング・ファーストモデルで、慢性的なホームレスの人々に住居を提供するものです。私がコミュニティにこれを異なる方法で行いたいと言ったとき、私は「正しいことを賢く行う方法がある」と言いました。私たちは今、650人の慢性的なホームレスで医療的に脆弱な人々を住まわせており、正直なところ、街頭で最も死ぬ可能性が高い人々です。私たちは大学に委託し、彼らはそれを研究しました。納税者に対して、街頭で生き残ろうと苦しむ人々を放置するよりも31.6%のコストを節約できると伝えることができました。私たちは今、650人を住まわせながら、500万ドル以上を節約しました。

私たちはそのコミュニティの信頼を持っていましたが、コミュニティとしてももう少し正直な対話をする必要がありました。なぜなら、人々に理解してもらう必要があったからです。窓から5ドルを渡すと、実際にはその人を助ける機会を減らしているかもしれないこと、その理由は、5ドルが今日のファーストフードを買うために使われることが多いからです。多くの場合、それはドラッグやアルコールの購入に使われます。同じ5ドルをシェルターに寄付すれば、今日7人に食事を提供できます。そして、地元のフードバンクや食料品パントリーに寄付すれば、そのお金で20人に食事を提供できるのです。

人々は、「アルバカーキは60万人の都市で、メトロエリアでは100万人です。この方法は私たちの街ではうまくいかないでしょう。私たちの街は大きすぎる、小さすぎる」と言いますが、私は違うと思います。もし街角に1人でも物乞いをしている人がいるなら、これを実行できます。850万人が住む都市でも、これを実行できます。何をするかではなく、仕事の尊厳が重要なのです。何をするかは関係ありません。どんな都市でもこれを実行できると思います。

人々は私に、「市長、それはあまりに簡単すぎます。そんな方法ではうまくいかないでしょう」と言います。しかし、友人たちに伝えたいのは、街角に行き、物乞いをしている人に尊厳と敬意を持って接するとき、もしかしたら彼らの人生で初めてそうするかもしれませんが、彼らにあなたを信じていると伝え、この街はあなたの街でもあり、私たちの場所をより良くするために彼らの助けが必要だと伝えると、驚くべきことが起こります。彼らが現場に出て一緒に働き始めると、素晴らしいことが起こり始めます。彼らはチームワークを見ます。自分たちが違いを生むことができると感じます。そして一日の終わりに、古いダッジのバンでセント・マーティンズに戻ると、必要なサービスにサインアップする可能性が非常に高くなります。薬物依存症、精神的健康のカウンセリング、何であれ。

これまでのパイロットプログラムで、私たちは約1,700日の一日雇用を提供しました。そして、216人の人々を正規雇用の機会に繋げました。20人は実際に「ハウジング・ファースト」モデルに適用され、「ヘディング・ホーム」で住まいを得ました。また、150人以上が「より良い方法」を通じて精神健康や薬物依存のサービスに繋がりました。

これは2週間前の私の姿です。セント・マーティンズで、2年ごとに行う実態調査をしていました。ホームレスの男性にインタビューをし、彼の情報を収集し、どこから来たのか、どうやってここに至ったのか、どうやって助けることができるのかを調べていました。ご覧のとおり、彼は2015年に私が見た男性と同じ看板を持っています。そして今日、私がここに持ってきた看板と同じです。ですから、自問する必要があります。本当に効果があるのでしょうか?絶対に効果があります。

アルバカーキは、現在、最も頑固で持続的な社会問題と戦う全国的なリーダーの一つです。「アルバカーキ・ヘディング・ホーム」と「より良い方法」プログラムを組み合わせて、昨年、私たちは街のホームレス人口を80%減少させました。私が市長に就任して以来、慢性的なホームレス人口を40%減少させることができました。そしてHUDの定義によれば、私たちは機能的なゼロに達し、アルバカーキ市内で退役軍人のホームレスを実質的に終わらせることができました。

他の都市もこの取り組みについて聞きつけています。他の市長たちから電話がかかってきます。シカゴ、シアトル、デンバー、ダラスなどです。彼らも今、仕事の尊厳を取り入れたプログラムを開始しています。私は彼らから学ぶのが待ちきれません。彼らの実験がどのようなものか、彼らのパイロットプロジェクトがどのようなものかを見るのが楽しみです。そして、仕事の尊厳を通じて全国的な共同アプローチを始めることができるでしょう。私は彼ら、市長たち、彼らのコミュニティ、彼らの非営利団体の努力を称賛したいと思います。

次は誰でしょうか?あなたとあなたの街はこの挑戦に立ち上がる準備ができていますか?これらの持続的な社会問題について異なる視点で考える準備ができていますか?仕事の尊厳を通じてコミュニティの人々を支援し、あなたの街を多くの面で劇的に改善する準備ができていますか?もしそうであれば、私の友人たち、私は約束します。「より良い方法」があります。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました