プラスチック問題の解決策:経済的価値と環境保護の融合

環境

Plastic is an incredible substance for the economy — and the worst substance possible for the environment, says entrepreneur Andrew Forrest. In a conversation meant to spark debate, Forrest and head of TED Chris Anderson discuss an ambitious plan to get the world’s biggest companies to fund an environmental revolution — and transition industry towards getting all of its plastic from recycled materials, not from fossil fuels.

起業家のアンドリュー・フォレストは、プラスチックは経済にとっては驚くほど素晴らしい物質であり、環境にとっては最悪の物質だと述べています。

議論を引き起こすための会話で、フォレストとTEDのトップであるクリス・アンダーソンは、世界最大の企業に環境革命を資金提供させ、産業をすべてのプラスチックを再利用素材からではなく化石燃料から取得するように移行させる野心的な計画について議論しています。

タイトル A radical plan to end plastic waste
プラスチック廃棄物をなくすための抜本的な計画
スピーカー アンドリュー・フォレスト
アップロード 2019/11/02

「プラスチック廃棄物をなくすための抜本的な計画(A radical plan to end plastic waste)」の文字起こし

Chris Anderson: So, you’ve been obsessed with this problem for the last few years. What is the problem, in your own words?

Andrew Forrest: Plastic. Simple as that. Our inability to use it for the tremendous energetic commodity that it is, and just throw it away.

CA: And so we see waste everywhere. At its extreme, it looks a bit like this. I mean, where was this picture taken?

AF: That’s in the Philippines, and you know, there’s a lot of rivers, ladies and gentlemen, which look exactly like that. And that’s the Philippines. So it’s all over Southeast Asia.

CA: So plastic is thrown into the rivers, and from there, of course, it ends up in the ocean. I mean, we obviously see it on the beaches, but that’s not even your main concern. It’s what’s actually happening to it in the oceans. Talk about that.

AF: OK, so look. Thank you, Chris. About four years ago, I thought I’d do something really barking crazy, and I committed to do a PhD in marine ecology. And the scary part about that was, sure, I learned a lot about marine life, but it taught me more about marine death and the extreme mass ecological fatality of fish, of marine life, marine mammals, very close biology to us, which are dying in the millions if not trillions that we can’t count at the hands of plastic.

CA: But people think of plastic as ugly but stable. Right? You throw something in the ocean, “Hey, it’ll just sit there forever. Can’t do any damage, right?”

AF: See, Chris, it’s an incredible substance designed for the economy. It is the worst substance possible for the environment. The worst thing about plastics, as soon as it hits the environment, is that it fragments. It never stops being plastic. It breaks down smaller and smaller and smaller, and the breaking science on this, Chris, which we’ve known in marine ecology for a few years now, but it’s going to hit humans. We are aware now that nanoplastic, the very, very small particles of plastic, carrying their negative charge, can go straight through the pores of your skin. That’s not the bad news. The bad news is that it goes straight through the blood-brain barrier, that protective coating which is there to protect your brain. Your brain’s a little amorphous, wet mass full of little electrical charges. You put a negative particle into that, particularly a negative particle which can carry pathogens — so you have a negative charge, it attracts positive-charge elements, like pathogens, toxins, mercury, lead. That’s the breaking science we’re going to see in the next 12 months.

CA: So already I think you told me that there’s like 600 plastic bags or so for every fish that size in the ocean, something like that. And they’re breaking down, and there’s going to be ever more of them, and we haven’t even seen the start of the consequences of that.

AF: No, we really haven’t. The Ellen MacArthur Foundation, they’re a bunch of good scientists, we’ve been working with them for a while. I’ve completely verified their work. They say there will be one ton of plastic, Chris, for every three tons of fish by, not 2050 — and I really get impatient with people who talk about 2050 — by 2025. That’s around the corner.

That’s just the here and now. You don’t need one ton of plastic to completely wipe out marine life. Less than that is going to do a fine job at it. So we have to end it straightaway.

CA: OK, so you have an idea for ending it, and you’re coming at this not as a typical environmental campaigner, I would say, but as a businessman, as an entrepreneur, who has lived — you’ve spent your whole life thinking about global economic systems and how they work. And if I understand it right, your idea depends on heroes who look something like this. What’s her profession?

AF: She, Chris, is a ragpicker, and there were 15, 20 million ragpickers like her, until China stopped taking everyone’s waste. And the price of plastic, minuscule that it was, collapsed. That led to people like her, which, now — she is a child who is a schoolchild. She should be at school. That’s probably very akin to slavery. My daughter Grace and I have met hundreds of people like her.

CA: And there are many adults as well, literally millions around the world, and in some industries, they actually account for the fact that, for example, we don’t see a lot of metal waste in the world.

AF: That’s exactly right. That little girl is, in fact, the hero of the environment. She’s in competition with a great big petrochemical plant which is just down the road, the three-and-a-half-billion-dollar petrochemical plant. That’s the problem. We’ve got more oil and gas in plastic and landfill than we have in the entire oil and gas resources of the United States. So she is the hero. And that’s what that landfill looks like, ladies and gentlemen, and it’s solid oil and gas.

CA: So there’s huge value potentially locked up in there that the world’s ragpickers would, if they could, make a living from. But why can’t they?

AF: Because we have ingrained in us a price of plastic from fossil fuels, which sits just under what it takes to economically and profitably recycle plastic from plastic. See, all plastic is is building blocks from oil and gas. Plastic’s 100 percent polymer, which is 100 percent oil and gas. And you know we’ve got enough plastic in the world for all our needs. And when we recycle plastic, if we can’t recycle it cheaper than fossil fuel plastic, then, of course, the world just sticks to fossil fuel plastic.

CA: So that’s the fundamental problem, the price of recycled plastic is usually more than the price of just buying it made fresh from more oil. That’s the fundamental problem.

AF: A slight tweak of the rules here, Chris. I’m a commodity person. I understand that we used to have scrap metal and rubbish iron and bits of copper lying all round the villages, particularly in the developing world. And people worked out it’s got a value. It’s actually an article of value, not of waste. Now the villages and the cities and the streets are clean, you don’t trip over scrap copper or scrap iron now, because it’s an article of value, it gets recycled.

CA: So what’s your idea, then, to try to change that in plastics?

AF: OK, so Chris, for most part of that PhD, I’ve been doing research. And the good thing about being a businessperson who’s done OK at it is that people want to see you. Other businesspeople, even if you’re kind of a bit of a zoo animal species they’d like to check out, they’ll say, yeah, OK, we’ll all meet Twiggy Forrest. And so once you’re in there, you can interrogate them. And I’ve been to most of the oil and gas and fast-moving consumer good companies in the world, and there is a real will to change. I mean, there’s a couple of dinosaurs who are going to hope for the best and do nothing, but there’s a real will to change.

So what I’ve been discussing is, the seven and a half billion people in the world don’t actually deserve to have their environment smashed by plastic, their oceans rendered depauperate or barren of sea life because of plastic. So you come down that chain, and there’s tens of thousands of brands which we all buy heaps of products from, but then there’s only a hundred major resin producers, big petrochemical plants, that spew out all the plastic which is single use.

CA: So one hundred companies are right at the base of this food chain, as it were.

AF: Yeah.

CA: And so what do you need those one hundred companies to do?

AF: OK, so we need them to simply raise the value of the building blocks of plastic from oil and gas, which I call “bad plastic,” raise the value of that, so that when it spreads through the brands and onto us, the customers, we won’t barely even notice an increase in our coffee cup or Coke or Pepsi, or anything.

CA: Like, what, like a cent extra?

AF: Less. Quarter of a cent, half a cent. It’ll be absolutely minimal. But what it does, it makes every bit of plastic all over the world an article of value. Where you have the waste worst, say Southeast Asia, India, that’s where the wealth is most.

CA: OK, so it feels like there’s two parts to this. One is, if they will charge more money but carve out that excess and pay it — into what? — a fund operated by someone to tackle this problem of — what? What would that money be used for, that they charge the extra for?

AF: So when I speak to really big businesses, I say, “Look, I need you to change, and I need you to change really fast,” their eyes are going to peel over in boredom, unless I say, “And it’s good business.” “OK, now you’ve got my attention, Andrew.” So I say, “Right, I need you to make a contribution to an environmental and industry transition fund. Over two or three years, the entire global plastics industry can transition from getting its building blocks from fossil fuel to getting its building blocks from plastic. The technology is out there. It’s proven.” I’ve taken two multibillion-dollar operations from nothing, recognizing that the technology can be scaled. I see at least a dozen technologies in plastic to handle all types of plastic. So once those technologies have an economic margin, which this gives them, that’s where the global public will get all their plastic from, from existing plastic.

CA: So every sale of virgin plastic contributes money to a fund that is used to basically transition the industry and start to pay for things like cleanup and other pieces.

AF: Absolutely. Absolutely.

CA: And it has the incredible side benefit, which is maybe even the main benefit, of creating a market. It suddenly makes recyclable plastic a giant business that can unlock millions of people around the world to find a new living collecting it.

AF: Yeah, exactly. So all you do is, you’ve got fossil fuel plastics at this value and recycled plastic at this value. You change it. So recycled plastic is cheaper. What I love about this most, Chris, is that, you know, we waste into the environment 300, 350 million tons of plastic. On the oil and gas companies own accounts, it’s going to grow to 500 million tons. This is an accelerating problem. But every ton of that is polymer. Polymer is 1,000 dollars, 1,500 dollars a ton. That’s half a trillion dollars which could go into business and could create jobs and opportunities and wealth right across the world, particularly in the most impoverished. Yet we throw it away.

CA: So this would allow the big companies to invest in recycling plants literally all over the world —

AF: All over the world. Because the technology is low-capital cost, you can put it in at rubbish dumps, at the bottom of big hotels, garbage depots, everywhere, turn that waste into resin.

CA: Now, you’re a philanthropist, and you’re ready to commit some of your own wealth to this. What is the role of philanthropy in this project?

AF: I think what we have to do is kick in the 40 to 50 million US dollars to get it going, and then we have to create absolute transparency so everyone can see exactly what’s going on. From the resin producers to the brands to the consumers, everyone gets to see who is playing the game, who is protecting the Earth, and who doesn’t care. And that’ll cost about a million dollars a week, and we’re going to underwrite that for five years. Total contribution is circa 300 million US dollars.

CA: Wow. Now — You’ve talked to other companies, like to the Coca-Colas of this world, who are willing to do this, they’re willing to pay a higher price, they would like to pay a higher price, so long as it’s fair.

AF: Yeah, it’s fair. So, Coca-Cola wouldn’t like Pepsi to play ball unless the whole world knew that Pepsi wasn’t playing ball. Then they don’t care. So it’s that transparency of the market where, if people try and cheat the system, the market can see it, the consumers can see it. The consumers want a role to play in this. Seven and a half billion of us. We don’t want our world smashed by a hundred companies.

CA: Well, so tell us, you’ve said what the companies can do and what you’re willing to do. What can people listening do?

AF: OK, so I would like all of us, all around the world, to go a website called noplasticwaste.org. You contact your hundred resin producers which are in your region. You will have at least one within an email or Twitter or a telephone contact from you, and let them know that you would like them to make a contribution to a fund which industry can manage or the World Bank can manage. It raises tens of billions of dollars per year so you can transition the industry to getting all its plastic from plastic, not from fossil fuel. We don’t need that. That’s bad. This is good. And it can clean up the environment. We’ve got enough capital there, we’ve got tens of billions of dollars, Chris, per annum to clean up the environment.

CA: You’re in the recycling business. Isn’t this a conflict of interest for you, or rather, a huge business opportunity for you?

AF: Yeah, look, I’m in the iron ore business, and I compete against the scrap metal business, and that’s why you don’t have any scrap lying around to trip over, and cut your toe on, because it gets collected.

CA: This isn’t your excuse to go into the plastic recycling business.

AF: No, I am going to cheer for this boom. This will be the internet of plastic waste. This will be a boom industry which will spread all over the world, and particularly where poverty is worst because that’s where the rubbish is most, and that’s the resource. So I’m going to cheer for it and stand back.

CA: Twiggy, we’re in an era where so many people around the world are craving a new, regenerative economy, these big supply chains, these big industries, to fundamentally transform. It strikes me as a giant idea, and you’re going to need a lot of people cheering you on your way to make it happen. Thank you for sharing this with us.

AF: Thank you very much. Thank you, Chris.

「プラスチック廃棄物をなくすための抜本的な計画(A radical plan to end plastic waste)」の和訳

クリス・アンダーソン:だから、ここ数年、あなたはこの問題に取り憑かれていましたね。あなた自身の言葉で、その問題は何ですか?

アンドリュー・フォレスト:プラスチックです。それだけです。私たちがそれを、それが持つ驚異的なエネルギー資源として使うことができないこと、そしてただ捨ててしまうことができないことです。

CA:そして私たちはどこにでも廃棄物があります。その極端な例として、これはどこで撮影された写真ですか?

AF:それはフィリピンです。そして、たくさんの川があります、皆さん、まさにそのような光景を見せてくれる。それがフィリピンです。だから東南アジア中にあるんですよ。

CA:プラスチックは川に投げ捨てられ、そこからもちろん海に流れ着きます。ビーチでそれを見ることはもちろんありますが、それが本当に心配なのは海で何が起こっているかです。それについて話してください。

AF:わかりました、じゃあ見てください。約4年前、私は本当にバーキング・クレイジーなことをしようと思い、海洋生態学の博士号を取ることを決めました。その怖い部分は、もちろん、海洋生物についてたくさん学びましたが、それ以上に、私たちにとても近い生物、魚、海洋生物、海洋哺乳類がプラスチックのせいで何百万、何兆という数えきれない数で死んでいるという極端な大量生態的死について教えてくれました。

CA:しかし、人々はプラスチックを醜いが安定していると考えていますよね。そうでしょう?海に何かを捨てても、「まあ、それは永遠にそこに座っているだけだ。何の被害もないでしょう?」

AF: クリス、見てください。それは経済のために設計された信じられないほどの物質なんです。それは環境にとって最悪の物質です。プラスチックの最悪な点は、環境に入るとすぐに破片になることです。それは決してプラスチックでなくなりません。それはますます小さく、小さく、小さくなり、この分解の科学、クリス、私たちは海洋生態学で数年前から知っていますが、人間にも影響が及びます。私たちは今、ナノプラスチック、非常に小さなプラスチックの粒子が、その負の電荷を運んで、皮膚の毛穴を通り抜けることができることを認識しています。それが悪いニュースではありません。悪いニュースは、それが直接血液脳関門を通り抜けることです。それはあなたの脳を守るために存在する保護コーティングです。あなたの脳は小さな電気的な充電でいっぱいのちょっとした不定形の湿った塊です。その中に負の粒子を入れると、特に病原体を運べる負の粒子を入れると、それは正の充電の元素、つまり病原体、毒素、水銀、鉛などを引き寄せます。これが次の12か月で見られる最新の科学です。

CA: すでに、海のあの大きさの魚に対して、600枚以上のプラスチック袋があるとか何とか言っていたと思います。それらは崩壊していて、ますます多くなっていくことでしょう。そして、その結果の始まりさえまだ見ていないのです。

AF: いいえ、本当に見ていません。エレン・マッカーサー財団、彼らは一群の優れた科学者です、私たちはしばらく彼らと一緒に仕事をしています。彼らの仕事を完全に検証しました。彼らによると、3トンの魚に対して、1トンのプラスチックがあると言っています、クリス、2050年ではなく―そして私は本当に2050年について話す人々には辛抱がなりません―2025年までに。それはすぐそこです。

それはただの現在の状況です。海洋生物を完全に消滅させるためには1トンのプラスチックは必要ありません。それより少ない量でも十分にやり遂げられます。だからすぐにそれを終わらせなければなりません。

CA: わかりました、それであなたはそれを終わらせるアイデアを持っていて、私が理解している限りでは、あなたのアイデアはこのような人物に依存しています。彼女の職業は何ですか?

AF: 彼女はラグピッカーです、クリス。以前は彼女のような1500万、2000万人のラグピッカーがいました、それは中国が皆の廃棄物を受け入れるのをやめるまででした。そして、プラスチックの価格は微々たるものでしたが、それが崩壊しました。それによって彼女のような人々が生じ、今では彼女は学童である子供です。彼女は学校に行くべきです。それはおそらく奴隷制度に非常に近いでしょう。私の娘グレースと私は、彼女のような数百人の人々に会ってきました。

CA: そして、世界中には大人も数多くいますね、文字通り数百万人、そして一部の産業では、実際に、例えば世界中で金属の廃棄物を見ない理由として彼らが関与していることがあります。

AF: まさにその通りです。その少女は実際には環境のヒーローなんです。彼女は道路のすぐ近くにある、35億ドルの石油化学プラントと競合しています。それが問題です。私たちはアメリカ合衆国の石油やガスの資源全体よりも、プラスチックや埋立地にはもっと多くの石油やガスがあります。だから彼女がヒーローなんです。そして、それが埋立地の様子です、皆さん、それは固形の石油やガスです。

CA: つまり、そこには巨額の価値が潜んでおり、もし世界のラグピッカーがそれを生計にできるなら、それから利益を得ることができるかもしれません。しかし、なぜできないのですか?

AF: それは、私たちが化石燃料からのプラスチックの価格を身につけているからです。それは、プラスチックを経済的かつ利益を得るために再利用するのに必要な価格のちょうど下に位置しています。プラスチックはただの石油やガスからの構築ブロックにすぎません。プラスチックは100%ポリマーであり、それは100%石油とガスです。そして、私たちのすべてのニーズには世界中に十分なプラスチックがあります。そして、プラスチックをリサイクルするとき、もし化石燃料プラスチックよりも安くリサイクルできないなら、もちろん世界は化石燃料プラスチックに固執することになります。

CA: それが基本的な問題であり、再生プラスチックの価格は通常、新たに作られたものをより安く買う価格よりも高くなります。それが基本的な問題です。

AF: ここでルールを少し調整します、クリス。私は商品取引人です。かつては村の周りや特に途上国では廃鉄や廃銅や銅のかけらが散らかっていました。そして、人々はそれに価値があることを理解しました。それは実際に価値のある物品であり、廃棄物ではありません。今や村や都市、通りはきれいになりました、もはや廃銅や廃鉄につまずくことはありません、なぜならそれは価値のある物品であり、リサイクルされているからです。

CA: では、プラスチックに関してそれを変えるためのあなたのアイデアは何ですか?

AF: だから、クリス、そのPhDの大部分では、私は研究をしてきました。そして、それをちょっとやり遂げたビジネスパーソンという立場のいいところは、人々があなたに会いたがることです。他のビジネスパーソンたちは、あなたがちょっと変わった種類の動物のように見えても、あなたに会ってみたいと思うでしょう。彼らは「うん、OK、私たちはみんなTwiggy Forrestに会いましょう」と言います。だから一度そこに入れば、彼らを尋問できます。私は世界中のほとんどの石油・ガス・高速消費財企業を訪れていますが、変化する意思があります。つまり、最善を期待し何もしないいくつかの恐竜がいますが、変わろうとする本物の意志があります。

だから私が議論しているのは、世界には70億人の人々が実際にはプラスチックによって環境が破壊され、プラスチックによって彼らの海洋が貧弱にされるか、海の生物がいなくなることを受け入れるに値しないということです。だからその連鎖を下っていくと、我々が多くの製品を買う何万ものブランドがありますが、その後には、単一使用のプラスチックを吐き出す大規模な石油化学プラントである主要な樹脂メーカーがわずか100社しかありません。

CA: その100社がこの食物連鎖の基盤に位置していますね。

AF: そうです。

CA: では、それらの100社に何をしてほしいのですか?

AF: だから、彼らには単にプラスチックの建設ブロック、私が「悪いプラスチック」と呼ぶ石油やガスからの価値を上げることが必要です。それがブランドや私たち顧客に広がるとき、私たちはコーヒーカップやコカコーラやペプシ、あるいは何かの値上げをほとんど気づかないでしょう。

CA: たとえば、1セントくらい追加されるとか?

AF: いいえ。四分の一セント、半セント以下です。それは本当に最小限です。しかし、それがすることは、世界中のすべてのプラスチックを価値のある物品にします。あなたが最悪の廃棄物を持っているところ、例えば東南アジア、インド、そこが最も富裕な場所です。

CA: わかりました、これには2つの部分があるようですね。1つは、彼らがお金をもっと請求するが、その余剰分を切り取って支払うこと ? 何に? ? 誰かがこの問題に対処するための基金に。それによって追加料金がどのように使用されるのですか?

AF: だから、私が本当に大きなビジネスに話すとき、私は言います、「見てください、あなたは変わる必要があります、そして本当に速く変わる必要があります」と、彼らの目は退屈で眠くなるでしょうが、「それは良いビジネスだ」と言うまで、彼らの目は退屈で眠くなるでしょう。 “OK、今、あなたの注意を引いた、アンドリュー。” だから私は言います、「よし、私は環境および産業転換基金に貢献してもらう必要があります。2、3年で、世界のプラスチック産業全体が、その建設ブロックを石油からではなくプラスチックから得ることができるようになります。技術は既に存在し、証明されています。」私はその技術がスケールアップ可能であることを認識して、何もないところから数十億ドルのオペレーションを2つ持ってきました。私はすべての種類のプラスチックを処理するための少なくとも12の技術を見ています。したがって、これがそれらに提供される経済的余裕があると、グローバルな市民は、既存のプラスチックからすべてのプラスチックを得る場所となります。

CA: ですから、バージンプラスチックのすべての販売は、業界の転換を促進し、清掃などの費用を支払うために使用される基金に寄付されるということですね。

AF: まさに。完全に。

CA: そして、それには信じられないほどの副次的な利点があります。おそらく、それが主な利点であるかもしれませんが、市場を創造します。再利用可能なプラスチックを突然巨大なビジネスにし、世界中の何百万人もの人々が新しい生計を立てるのに役立つ可能性があります。

AF: そうですね、まさにその通りです。あなたがすることは、石油由来のプラスチックがこの価値であり、再生プラスチックがこの価値であるというものです。それを変えるだけです。再生プラスチックの方が安くなります。私が最も好きなのは、クリス、これを最も好きなのは、環境に300から350百万トンのプラスチックを廃棄していますが、石油・ガス企業の勘定では、それは500百万トンに増えるでしょう。これは加速する問題です。しかし、その1トンごとにポリマーがあります。ポリマーは1,000ドル、1,500ドルの1トンです。それは5千億ドル、世界中でビジネスを作り、雇用と機会と富を生み出すことができる可能性がある半分の兆ドルです、特に最も貧困な地域において。しかし、私たちはそれを捨ててしまいます。

CA: これにより、大手企業は世界中にリサイクル工場に投資できるようになりますか?

AF: 世界中です。技術は低資本コストであり、ごみ処理場、大型ホテルの下、ごみ置き場など、あらゆるところに設置できます。その廃棄物を樹脂に変えます。

CA: あなたはフィランソロピストであり、自身の財産の一部をこのプロジェクトに投資する用意があります。フィランソロピーの役割は何ですか?

AF: 私たちがやらなければならないのは、始めるために4000万から5000万ドルを投入することであり、そして我々は完全な透明性を作り出さなければなりません、誰もが実際に何が起こっているのかを正確に見ることができるように。樹脂メーカーからブランド、消費者まで、誰もが誰がゲームをしているのか、誰が地球を守っているのか、誰が気にかけていないのかを見ることができます。それには週に約100万ドルかかりますが、それを5年間保証します。総貢献額は約3億ドルです。

CA: すごいですね。さてー。あなたは、コカ・コーラなどの企業と話をしてきましたね。彼らはこの取り組みに参加したいと考えていて、公正な価格で支払うことは構わないと言っているそうですね。

AF: そう、公正な価格です。コカ・コーラは、ペプシが協力しないのを望まないでしょう。しかし、もしペプシが協力しないことが世界中に知れ渡っていれば、コカ・コーラは気にしません。だから、それが市場の透明性なんです。もし誰かがシステムをごまかそうとしたら、市場も消費者もそれを見ることができます。消費者はこれに関与したいと思っています。世界中に75億人います。私たちは100社の企業によって世界が荒廃させられるのは望んでいません。

CA: では、企業ができること、そしてあなたがすることを話しましたが、聞いている人々は何ができるのでしょうか?

AF: では、私たち全員、世界中で、noplasticwaste.org というウェブサイトに行ってみてください。あなたの地域にある100の樹脂メーカーに連絡してみてください。少なくとも1社は、あなたからのメールやツイッター、電話で連絡が取れるはずです。そして、彼らに、産業が管理するか、世界銀行が管理するかのいずれかの基金に貢献してほしいと伝えてください。産業がすべてのプラスチックを化石燃料ではなくプラスチックから得るように移行できるように、これには年間数十億ドルが必要です。私たちはそれを必要としています。それは良いことです。それは環境を浄化できます。資本は十分にあります、Chris、年間数十億ドル、環境を浄化するために。

CA: あなたはリサイクルビジネスに関わっていますね。これはあなたにとって利益相反ではないですか、いや、むしろ、巨大なビジネスチャンスではないですか?

AF: そうですね、見てください。私は鉄鉱石ビジネスに関わっていますが、スクラップ金属ビジネスと競合しています。だから、あなたがつまづいてつま先を切らないようなスクラップはどこにもありません。それらは回収されます。

CA: これはあなたがプラスチックリサイクルビジネスに参入するための言い訳ではありません。

AF: いいえ、私はこのブームを応援するつもりです。これはプラスチック廃棄物のインターネットになります。これは世界中に広がるブーム産業になります、特に貧困が最悪な地域、それがゴミが最も多い場所、そしてそれがリソースなので、私はこれを応援し、後ろに立ちます。

CA: ツィギー、世界中の多くの人々が新しい再生可能な経済を切望している時代です。これらの大きな供給チェーン、これらの大きな産業は、根本的に変革される必要があります。これは巨大なアイデアのように思えますし、それを実現するために進むあなたに多くの人々が応援してくれる必要があるでしょう。これを私たちと共有してくれてありがとう。

AF: ありがとうございます。ありがとう、クリス。

コメント

タイトルとURLをコピーしました