新発見のブルキン銀河が示す宇宙の未解明の謎とは?

宇宙

What’s it like to discover a galaxy — and have it named after you? Astrophysicist and TED Fellow Burçin Mutlu-Pakdil lets us know in this quick talk about her team’s surprising discovery of a mysterious new galaxy type.

宇宙物理学者であるTEDフェローのブルチン・ムトル・パクディルが、彼女のチームが驚くべき新しい銀河型の発見について語るこの短いトークで、銀河を発見し、それに自分の名前が付けられることはどのようなものかを教えてくれます。

タイトル
A rare galaxy that’s challenging our understanding of the universe
私たちの宇宙への理解に挑戦している珍しい銀河
スピーカー ブルチン・ムトル・パクディル
アップロード 2018/09/19

「私たちの宇宙への理解に挑戦している珍しい銀河(A rare galaxy that’s challenging our understanding of the universe)」の文字起こし

There are more than a trillion galaxies in the universe.
And my team discovered an extremely rare one,
a galaxy that doesn’t look quite like anything observed before.
This galaxy is so peculiar,
that it challenges our theories and our assumptions
about how the universe works.

The majority of the galaxies are spiral,
similar to our own Milky Way.
We have strong theories about how these common galaxies form and evolve.
But we don’t understand how rare galaxies form and evolve.
An especially puzzling rare case is Hoag’s Object.
It has a very symmetric central body surrounded by a circular outer ring,
with nothing visible connecting them.
Hoag-type galaxies are among the rarest types of galaxies currently known.
There are fewer than one in 1,000 galaxies.
It’s a mystery how the stars in the outer ring are just floating there
in such an orderly manner.
That’s interesting, right?

Hold on.
Things are about to get more mysterious.
The galaxy that my team discovered is even rarer
and much more complex than that.
You know, sometimes, you search and search for these objects,
and you find nothing.
But sometimes, it just appears in the background,
when you are not even looking for it.
This system looks very similar to Hoag’s Object,
with its central body and circular outer ring.
We got very excited and thought we discovered another Hoag’s Object.
But my research showed this is an entirely new galaxy type,
now commonly referred to as “Burcin’s Galaxy.”

We will not be visiting this galaxy anytime soon.
It is approximately 359 million light years away from Earth.
You may think this is far.
Well, actually, this is one of the nearby galaxies.

I study this object in different light —
in ultraviolet, optical and near-infrared.
Small details on our body, like a scar or wrinkles,
tell the story of our lives.
Similarly, a galaxy’s structure in different light
can help us trace back their origin and evolution.
How do I look for these details?
I model the bright central body
and remove my model from the image
to check for any hidden features,
because a bright structure in a galaxy may blind our views of faint features,
just like using sunglasses when you are blinded by the intense light.

The result was a big surprise.
This galaxy doesn’t just have an outer ring,
it has an additional, diffused inner ring.
We were having a hard time explaining the origin of the outer ring
in Hoag-type galaxies.
Now we also need to explain this mysterious second ring.
There is currently no known mechanism
that can explain the existence of an inner ring in such a peculiar galaxy.

So the discovery of Burcin’s Galaxy clearly highlights the gap
in our knowledge of galaxy evolution.
Further research into how this extremely rare galaxy was formed
can provide us with new clues on how the universe works.
This discovery tells us that we still have a lot to learn,
and we should keep looking deeper and deeper in space
and keep searching for the unknown.

Thank you.

「私たちの宇宙への理解に挑戦している珍しい銀河(A rare galaxy that’s challenging our understanding of the universe)」の和訳

宇宙には1兆以上の銀河があります。
そして、私たちのチームは非常に珍しい銀河を発見しました。
これは今まで観測されたものとは少し異なる銀河です。
この銀河は非常に特異であり、
それは私たちの宇宙がどのように機能するかについての
理論や仮定に挑戦します。

銀河の大部分は渦巻き状で、
私たち自身の天の川銀河に似ています。
これらの一般的な銀河がどのように形成され進化するかについては、
私たちは強力な理論を持っています。
しかし、珍しい銀河がどのように形成され進化するかは理解されていません。
特に困惑する珍しいケースの1つがホーグ天体です。
それは非常に対称的な中心体を持ち、その周囲を円形の外側の環が囲んでいます。
中心体と外側の環とをつなぐものは何も見当たりません。
ホーグ型銀河は現在知られている中でも最も稀な種類の銀河の一つです。
1,000個に1個以下しかありません。
外側の環の星がどのようにしてそこにちょうど浮いているのかは謎です。
おもしろいですよね?

ちょっと待ってください。
事態はさらに謎めいてきます。
私たちのチームが発見した銀河はさらに珍しく、
はるかに複雑です。
時々、これらの天体を探し求めて探し求めても、
何も見つからないことがあります。
でも時には、見つからないはずのところに、
突然現れることがあります。
この系は、ホーグ天体に非常に似ています。
その中心体と円形の外側の環を持っています。
私たちはとても興奮し、別のホーグ天体を発見したと思いました。
しかし私の研究によれば、これは全く新しい銀河のタイプであり、
今では一般的に「バーシンの銀河」と呼ばれています。

我々は近いうちにこの銀河を訪れることはありません。
地球から約3億5900万光年離れています。
これは遠いと思うかもしれませんが、
実際にはこれは近くの銀河の1つです。

私はこの天体を異なる光で研究しています –
紫外線、光学、近赤外線で。
私たちの体にあるような小さな詳細、傷やしわは、
私たちの人生の物語を語っています。
同様に、銀河の構造は異なる光で見ることで、
その起源と進化をたどるのに役立ちます。
これらの詳細をどのように探すのか?
明るい中心体をモデル化し、
画像から私のモデルを取り除いて、
隠れた特徴をチェックします。
なぜなら、銀河の明るい構造は、
微弱な特徴の視野を遮る場合があるからです。
まるで、強烈な光に眩まされたときに
サングラスを使うのと同じです。

結果は大きな驚きでした。
この銀河は外側の環だけでなく、さらに拡散した内側の環も持っています。
私たちはホーグ型銀河の外側の環の起源を説明するのに苦労していました。
今、私たちはこの謎の第二の環も説明する必要があります。
現在、このような特異な銀河に内環が存在することを説明する
メカニズムは知られていません。

したがって、バーシンの銀河の発見は、銀河の進化に関する私たちの知識の隙間を明確に示しています。
この非常に珍しい銀河がどのようにして形成されたのかについてのさらなる研究は、
宇宙がどのように機能するかについての新しい手掛かりを提供する可能性があります。
この発見は、私たちにまだ多くのことを学ぶ必要があることを示しています。
そして、宇宙の奥深くに深く探求し、未知のものを探し続けるべきです。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました