永遠の命から永遠の愛へ:時を超えた発見

人生

Science fiction writer Monica Byrne imagines rich worlds populated with characters who defy our racial, social and gender stereotypes. In this performance, Byrne appears as a hologram named Pilar, transmitting a story of love and loss back to us from a near future when humans have colonized the universe. “It’s always funny what you think the future is going to be like versus what it turns out to be,” she says.

サイエンス・フィクション作家のモニカ・バーンは、私たちの人種、社会、性別の固定観念に挑むキャラクターで溢れた豊かな世界を想像します。

このパフォーマンスでは、バーンはピラールという名前のホログラムとして登場し、人類が宇宙を植民地化した近未来から、愛と喪失の物語を私たちに送り返します。「未来がどのようになるかを考えるときと、実際になるときの違いはいつも面白いものです」と彼女は言います。

タイトル A sci-fi vision of love from a 318-year-old hologram
318 年前のホログラムから得られる愛のSFビジョン
スピーカー モニカ・バーン
アップロード 2016/06/01
スポンサーリンク

「318 年前のホログラムから得られる愛のSFビジョン(A sci-fi vision of love from a 318-year-old hologram)」の文字起こし

Do I look real to you? Hope so. I have no idea if you’re seeing this, but I’m just going to look ahead and trust that you’re there. I’ve drawn a semicircle in the sand in front of me so I don’t walk past it and look like I’m floating in midair. Right now I’m standing in the open air, on a beach under a palm tree, in the exact spot where your stage used to be.

I have 12 minutes with you. I set a limit. My wife Navid once said that infinite possibility is a creator’s worst enemy. For example, this dress: I’d asked her to design something that a priest might have worn in 23rd-century Cairo. But we only had three days to make it, and the only fabric we had was an old duvet cover that another resident left behind. But she did it, and it’s perfect. And she looked at it and said, “Proof of concept — creation needs constraint.”

So with these 12 minutes, I’m going to tell you about my greatest discovery. For my whole life, my obsession has been eternal life, as I know it is so many of yours. You may be happy to know that your research will pay off. I am 318 years old. The average human lifespan is now 432 years, and my work has been to extend the human lifespan indefinitely. And I’ve never questioned that someday, we’ll reach a point where we’ll be content. But the opposite keeps happening: the longer we live, the longer we want to live, the less we want to die. Who can blame us? The universe is so big. There won’t ever not be more to see.

Just yesterday, I was reading about how you can take out a boat on Europa and sail from island to island all over the planet, and some of the islands have villages that you can stay and visit and sleep under the shadow of Jupiter. And then there’s this other island where there’s just one songwriter who sits and plays mandolin for the ocean. And then there are others where there’s no one and there never has been, and so you go just for the pleasure of touching your foot to sand that no foot has ever touched before. You could spend 400 years doing just that.

Right now the Moon is rising in the Northeast. I can see the cities on it with my naked eye. They’re connected like nerve clusters: Mariapolis on the South Pole, and Ramachandran on the Equator. And New Tehran in the Sea of Tranquility. That’s where Navid and I met. We were both artists downtown. The day we met, we were passing each other in Azadi Square, and we bumped shoulders. And I turned to apologize and she, without saying hello or introducing herself or anything, said, “Well, why do you think we didn’t just pass through each other?” And first of all, I thought, “Who the hell are you?” But second, the question annoyed me, because the answer is so simple. I said, “We didn’t pass through each other because elementary particles have mass and because the space between elementary particles is filled with the binding energy that also has the properties of mass, and we’ve known that for 800 years.” She must have been in one of those moods where she likes to mess with strangers.

Or maybe she was just flirting with me, because she looked at me and said, “I thought you’d say that. Think deeper.” And then she took off her belt, this belt that I’m wearing now, and she said, “Our universe is built so that particles have mass. Without that basic constraint, we’d have just passed right through each other at the speed of light and never even known.” And that’s how our romance began.

Navid and I never ran out of things to talk about. Never. It was incredible. It was like we were both heroes climbing up into a mountain range together and we kept arriving at new vistas, and these new, perfect constellations of words would come out of us to describe them. And we’d forget them as soon as we made them, and throw them over our shoulder and go on to the next thing, on and up. Or one time, Navid said that our talk was like we were always making bread, and that we were always adding in a little more flour and a little more water, and folding it in and turning it over and never getting around to baking it.

If my obsession was eternal life, Navid’s obsession was touch. She had a genius for it. All of her work revolved around it. My body was like a canvas for her, and she would draw her fingertip down over my face so slowly that I couldn’t feel it moving. And she was obsessed with the exact moment when I would stop being able to tell the difference between her body and mine. Or she would just lie across me and dig her shoulder into mine and say, “Pilar, why does this feel so good?” I’d say, “I don’t know!” And she always had a facetious answer for her facetious question, but the answer I remember today is, “It feels good because the universe chose its constraints, and we are its art.”

It’s always funny what you think the future is going to be like versus what it turns out to be. In your time, scientists thought humans could freeze themselves and wake up in the future. And they did — but then they died. In your time, scientists thought humans could replace organs and extend life for hundreds of years. And they did, but eventually, they died anyway. In your time, Earth is the only place people live. In my time, Earth is the place people come to die.

So when Navid started to show the signs, our friends assumed I would do what everyone does, which is say goodbye and send her to Earth, so that none of us would have to look at her or be around her or think about her and her … failure to keep living. More than anything, they didn’t want to be around her actual physical body. They kept referring to it as “declining,” even though she herself was fascinated by it, the changes it was going through, following the rules of its nature day by day, independent of her will.

I did send Navid to Earth. But I came with her. I remember a friend of ours, just before we left, said, “I just think it’s arrogant, like the rules don’t apply to you, like you think your love is that special.” But I did. So, even here on Earth, I kept working on how to extend life.

It didn’t occur to me that there could be any other response. I kept going back to that thing that Navid said to me that day in Azadi Square, that without that basic constraint — a universe that granted mass to matter — we would not exist. That’s one rule. Another rule is that all mass is subject to entropy. And there is no way to be in this universe without mass. I know. I tried everything. I tried creating a photon box where the Higgs field was altered. I tried recording all subatomic movements in my body and replaying them on closed loop. Nothing worked.

But my final innovation was to create a coil dimension with the boundaries of a body in which time moved infinitely slower, but whose projection would appear to move in normal time. That body would then appear in our universe as a hologram — here but not here. When I realized I’d done it, I ran to her room, so happy to tell her I’d done it, moving through space almost normally to all eyes, even to my own, and went to lie down next to her, and forgot, and fell right through her. I’d found a way to eternal life, at the expense of the one thing Navid loved most, which was to touch and be touched. And she threw me out. I still got to watch, though. Humans live 400 years now, and we still die. And when death comes, the dying still pick at their bedsheets, and their arms break out in blue and violet blooms on the insides, and their breaths get further and further apart, like they’re falling asleep.

I’ve always thought that what gives a life meaning is adventure. And death is just a problem we haven’t discovered the solution to yet. But maybe a life has meaning only because it ends. Maybe that’s the paradox: constraints don’t constrain, they allow perfect freedom.

There was a thunderstorm here this morning. There is another forecast for tonight, but for now the sky is clear. I can’t feel the wind here, but I just asked one of the caretakers who passed by what it felt like, and she said it felt warm, like melted butter. An answer worthy of my wife. I have to find my way back to the flesh. Until then, I take up no space but the space you give me.

「318 年前のホログラムから得られる愛のSFビジョン(A sci-fi vision of love from a 318-year-old hologram)」の和訳

私がリアルに見えますか?見えているといいのですが。皆さんがこれを見ているかどうか分かりませんが、私はただ前を見て、あなたがそこにいると信じます。私は自分の前の砂浜に半円を描きました。これを越えないようにして、空中に浮かんでいるようには見えないようにしました。今、私は屋外で、ヤシの木の下のビーチに立っています。ちょうどあなたのステージがあった場所です。

私はあなたと12分間話します。制限を設けました。私の妻、ナビドは「無限の可能性は創造者の最大の敵だ」と言っていました。例えばこのドレス:私は彼女に23世紀のカイロで神父が着るようなものをデザインしてほしいと頼みました。しかし、私たちはそれを作るのにたった3日しかなく、他の住人が置いていった古い掛け布団のカバーしか材料がありませんでした。でも彼女はそれをやり遂げ、完璧なものになりました。そして彼女は「概念の証明だわ。創造には制約が必要なのよ」と言いました。

だからこの12分間で、私の最大の発見についてお話しします。私の人生の全てを通じて、私の執念は永遠の命でした。それは多くの人々の執念であることも知っています。あなたの研究が実を結ぶことを知れば、喜ぶでしょう。私は318歳です。現在の人間の平均寿命は432歳であり、私の仕事は人間の寿命を無限に延ばすことでした。そしていつか、私たちは満足するポイントに達するだろうと思っていました。しかし、逆のことが起き続けています。長生きするほど、もっと長く生きたい、死にたくないと感じるのです。誰が責められるでしょうか?宇宙はとても大きいのです。見るべきものは決して尽きません。

昨日、私はエウロパのボートに乗り、惑星中の島々を巡り、いくつかの島には村があり、そこで木星の影の下で眠ることができるという話を読んでいました。そして、他の島にはただ1人のソングライターがいて、海に向かってマンドリンを弾いているだけの場所もあります。さらに、誰も住んだことのない島もあり、初めてその砂浜に足を踏み入れる喜びのためだけに行くことができます。400年をそれだけで過ごすこともできます。

今、北東の空に月が昇っています。裸眼で都市を見ることができます。神経クラスターのように繋がっています:南極にマリアポリス、赤道にラマチャンドラン。そして静かの海にはニューテヘランがあります。そこでナビドと私は出会いました。私たちはダウンタウンのアーティストでした。出会った日、私たちはアザディ広場ですれ違い、肩をぶつけました。謝ろうと振り向いたとき、彼女は「なぜ私たちがすれ違わなかったのか分かる?」と挨拶もせずに言いました。最初に思ったのは「あなたは誰?」でしたが、同時にその質問にイライラしました。答えは簡単だからです。「私たちがすれ違わなかったのは、基本粒子が質量を持ち、基本粒子の間の空間は質量の性質を持つ結合エネルギーで満たされているからです。これは800年前から知っています。」と答えました。彼女はおそらく知らない人をからかうのが好きな気分だったのでしょう。

あるいは、私にちょっかいを出していただけかもしれません。彼女は私を見て「その答えだと思ったわ。もっと深く考えてみて。」と言い、このベルト、今私が身に着けているベルトを外しました。「私たちの宇宙は粒子が質量を持つように作られているの。基本的な制約がなければ、私たちは光速ですれ違ってお互いを認識することすらできなかったわ。」それが私たちのロマンスの始まりでした。

ナビドと私は話が尽きることはありませんでした。本当に素晴らしいことでした。まるで一緒に山岳地帯を登って新しい景色を見つけ、言葉の新しい完璧な星座を作り出し、それをすぐに忘れて次のことに進むような感じでした。ある時、ナビドは私たちの話をパン作りに例えました。いつも少しずつ粉や水を足して混ぜ込んで、決して焼くことはないと言いました。

私の執念が永遠の命であったのに対し、ナビドの執念は触れることでした。彼女はそれに天才的な才能を持っていました。彼女のすべての作品はそれに関わっていました。私の体は彼女にとってキャンバスのようで、彼女は私の顔に指先をゆっくりと動かし、その瞬間に私が彼女の体と自分の体の区別がつかなくなる瞬間に夢中でした。彼女はただ私の上に横たわり、肩を私の肩に押し付けて「ピラール、なぜこれがこんなに気持ちいいの?」と言いました。私は「わからない!」と言いました。そして彼女はいつも冗談めかした答えを持っていましたが、今日覚えている答えは「宇宙がその制約を選んだから、私たちはその芸術なのよ。」というものでした。

未来がどうなるかということについて予測するのはいつも面白いことです。あなたたちの時代では、科学者たちは人間が自分を冷凍保存し、未来で目覚めることができると考えていました。そしてそれは実現しましたが、彼らはその後死んでしまいました。あなたたちの時代では、科学者たちは人間が臓器を取り替えて何百年も生きることができると考えていました。そしてそれも実現しましたが、結局彼らは死んでしまいました。あなたたちの時代では、地球は人々が住む唯一の場所です。私たちの時代では、地球は人々が死ぬために来る場所です。

だからナビドが兆候を見せ始めたとき、友人たちは私が他の人々と同じように彼女にさよならを言って地球に送り出すだろうと思っていました。私たちの誰も彼女を見たり、周りにいたり、彼女のことを考えたりしたくなかったのです。そして彼女の身体を「衰える」と表現し続けましたが、彼女自身はその変化に魅了されていました。彼女の身体が日々その自然の法則に従って変化していくのを見つめていました。

私はナビドを地球に送りました。でも私は一緒に来ました。出発前に友人が「それが特別な愛だと思っているように見えるけど、ルールは適用されると思う」と言いました。でも私はそう思いました。だから地球にいても私は命を延ばす方法を探し続けました。

他の反応があるとは思いもしませんでした。私はアザディ広場でナビドが言ったことを思い出し続けました。基本的な制約がなければ、つまり質量を持つ宇宙がなければ、私たちは存在しないということです。それが一つのルールです。もう一つのルールは、すべての質量はエントロピーに従うということです。そして質量を持たないでこの宇宙に存在することはできません。私はすべて試しました。光子ボックスを作成し、ヒッグス場を変更しました。私の体内のすべての亜原子運動を記録し、閉ループで再生しました。何も効果がありませんでした。

しかし、私の最終的な革新は、時間が無限に遅く動くが、投影は通常の時間で動くように見える体

の境界を持つコイル次元を作成することでした。その体はホログラムとして私たちの宇宙に現れるでしょう。存在しているが存在していない。私がそれを実現したとき、私は彼女の部屋に走り、成功したことを伝えに行きました。通常の目には、私の目にも、ほぼ正常に空間を移動し、彼女の隣に横たわり、忘れて、彼女をすり抜けてしまいました。私は永遠の命の方法を見つけましたが、それはナビドが最も愛したもの、つまり触れることと触れられることを犠牲にしました。そして彼女は私を追い出しました。しかし、私はまだ見守ることができました。人間は今400年生きていますが、まだ死にます。そして死が訪れると、死にゆく人々はシーツをいじり、腕の内側に青と紫の花が咲き、息がどんどん遠のいていきます。まるで眠りに落ちるように。

私は常に冒険が人生に意味を与えると思っていました。そして死はまだ解決されていない問題だと思っていました。しかし、もしかしたら人生に意味があるのはそれが終わるからかもしれません。もしかしたら制約は制約するのではなく、完全な自由を許すものかもしれません。

今朝ここで雷雨がありました。今夜もまた予報されていますが、今のところ空は晴れています。ここでは風を感じることはできませんが、通りかかった世話人にそれがどんな感じか尋ねたところ、「溶けたバターのように暖かい感じ」と言いました。まるで私の妻にふさわしい答えです。肉体に戻る方法を見つけなければなりません。その時まで、私はあなたが与えるスペースにしか存在しません。

タイトルとURLをコピーしました