実体験に基づく心霊現象の真相一酸化炭素中毒の恐怖

エンターテインメント

What’s haunting Carrie Poppy? Is it ghosts or something worse? In this talk, the investigative journalist narrates her encounter with a spooky feeling you’ll want to warn your friends about and explains why we need science to deal with paranormal activity.

キャリー・ポッピーを悩ませているのは何でしょうか?

幽霊なのか、それともより悪い何かでしょうか?このトークでは、取材ジャーナリストのポッピーが、友人に警告したくなる不気味な感覚との遭遇を語り、超常現象に対処するために科学が必要な理由を説明しています。

タイトル A scientific approach to the paranormal
超常現象への科学的アプローチ
スピーカー キャリー・ポッピー
アップロード 2017/03/28
スポンサーリンク

「超常現象への科学的アプローチ(A scientific approach to the paranormal)」の文字起こし

Eight years ago, I was haunted by an evil spirit.
I was 25 at the time,
and I was living in a tiny house behind someone else’s house
in Los Angeles.
It was this guest house, it had kind of been dilapidated,
not taken care of for a long time.
And one night, I was sitting there
and I got this really spooky feeling,
kind of the feeling like you’re being watched.
But no one was there except my two dogs,
and they were just chewing their feet.
And I looked around. No one was there.
And I thought, OK, it’s just my imagination.
But the feeling just kept getting worse,
and I started to feel this pressure in my chest,
sort of like the feeling when you get bad news.
But it started to sink lower and lower
and almost hurt.

And over the course of that week, this feeling got worse and worse,
and I started to become convinced that something was there
in my little guest house, haunting me.
And I started to hear these sounds,
this “whoosh,” kind of whisper, like something passing through me.
I called my best friend, Claire, and said,
“I know this is going to sound crazy,
but, um …
I think there’s a ghost in my house, and I need to get rid of it.”
And she said — she’s very open-minded — and she said,
“I don’t think you’re crazy.
I think you just need to do a cleansing ritual.”

“So get some sage and burn it,
and tell it to go away.”
So I said, “OK,” and I went and I bought sage.
I had never done this before, so I set the sage on fire,
waved it about, and said, “Go away! This is my house! I live here.
You don’t live here!”
But the feeling stayed. Nothing got better.
And then I started to think,
OK, well now this thing is probably just laughing at me,
because it hasn’t left,
and I probably just look like this impotent, powerless thing
that couldn’t get it to go away.

So every day I’d come home
and you guys, this feeling got so bad that — I mean, I’m laughing at it now —
but I would sit there in bed and cry every night.
And the feeling on my chest got worse and worse.
It was physically painful.
And I even went to a psychiatrist
and tried to get her to prescribe me medicine,
and she wouldn’t just because I don’t have schizophrenia, OK.

So finally I got on the internet, and I Googled “hauntings.”
And I came upon this forum of ghost hunters.
But these were a special kind of ghost hunters —
they were skeptics.
They believed that every case of ghosts that they had investigated so far
had been explained away by science.
And I was like, “OK, smart guys, this is what’s happening to me,
and if you have an explanation for me, I would love to hear it.”
And one of them said, “OK.
Um, have you heard of carbon monoxide poisoning?”
And I said, “Yeah.
Like, gas poisoning?”

Carbon monoxide poisoning is when you have a gas leak
leaking into your home.
I looked it up, and the symptoms of carbon monoxide poisoning
include a pressure on your chest,
auditory hallucinations — whoosh —
and an unexplained feeling of dread.
So that night, I called the gas company.
I said, “I have an emergency. I need you to come out.
I don’t want to get into the story now, but I need you to come out.”

They came out. I said, “I suspect a gas leak.”
They brought their carbon monoxide detector,
and the man said,
“It’s a really good thing that you called us tonight,
because you could have been dead very soon.”
Thirty-seven percent of Americans believe in haunted houses,
and I wonder how many of them have been in one
and how many of them have been in danger.
So that haunting story has led me to my job.
I’m an investigator, and I’m an investigator in two senses:
I’m an investigative journalist,
and I’m also an investigator of the claims of the paranormal
and claims of the spiritual.
And that means a few things.

Sometimes that means that I’m pretending to need an exorcism
so I can get — yes, that’s right! — so I can go to an exorcist
and see if he’s using gimmicks or psychological tricks
to try to convince someone that they’re possessed.
Sometimes that means I’m going undercover in a fringe group
which I report on for a podcast that I co-host.
And I’ve done over 70 investigations like this with my co-host, Ross.

I would love to tell you that nine times out of 10, science wins,
saves the day, it’s all explained.
That’s not true.
The truth is, 10 times out of 10, science wins, it saves the day.
And that doesn’t mean there’s no such thing as a mystery.
Of course there are mysteries, but a mystery is a mystery.
It is not a ghost.

Now, I believe there are two kinds of truth,
and it’s taken me a while to get to this place, but I think this is right,
so hear me out.
I think there is outer truth and there’s inner truth.
So if you say to me,
“There was a man named Jesus and he once existed,”
that’s outer truth, right?
And we can go and look at the historical record.
We can determine whether that seems to be true.
And I would argue, it does seem to be true.

If you say, “Jesus rose from the dead,” — ooh, trickier.
I would say that’s an outer-truth claim,
because he physically rose or he didn’t.
I’m not going to get into whether he rose or he didn’t,
but I would say that’s an outer-truth claim.
It happened or it didn’t happen.

But if you say, “I don’t care whether he rose from the dead.
It’s symbolically important to me,
and that metaphor is so meaningful, so purposeful to me,
and I’m not going to try to persuade you of it,”
now you’ve moved it from outer truth to inner truth,
from science to art.

And I think we have a tendency to not be clear about this,
to try to move our inner truths to outer truths,
or to not be fair about it to each other,
and when people are telling us their inner truths,
to try to make them defend them by outer-truth standards.
So I’m talking here about outer truth, about objective things.

And there was an objective reality in my haunted house, right?
Now that I’ve told you about the gas leak,
I doubt a single person here would be like,
“I still think there was a ghost, too” —

because as soon as we have these scientific explanations,
we know to give up the ghost.
We use these things as stopgaps for things that we can’t explain.
We don’t believe them because of evidence;
we believe them because of a lack of evidence.

So there is a group in Los Angeles
called the Independent Investigations Group, or the IIG,
and they do great work.
They’ll give a $10,000 prize
to anyone who can show, under scientific conditions,
that they have a paranormal ability.
No one’s done it yet,
but they’ve had a couple people who claim that they were clairaudients,
which means that they can hear voices either from the great beyond
or they can read minds.

And they had one person who was very sincere,
who believed that he could read minds.
So they set up a test with him, and this is the way it always works.
The group says, “OK, we have a protocol,
we have a way to scientifically test this.
Do you agree with it?”
The person says yes. Then they test it.
It’s very important that both sides agree.
They did that, they tested him.
They said, “OK, you know what?
You weren’t able to predict what Lisa was thinking.
It matched up about the same as chance.
Looks like you don’t have the power.”
And that gave them the opportunity
to compassionately sit down with him and have a very difficult discussion,
which basically amounted to,
“Hey, we know you’re sincere, and what that means is,
you do hear something in your head.”
And that guy got to make the very difficult decision,
but really the life-changing decision about whether to go get help.

We’re actually helping people to make these connections
that maybe before seemed like otherworldly explanations,
help draw us into reality and maybe change our lives for the better.

Now, on the other hand, maybe one time it’ll turn out to be true.
Maybe we’ll find out there are ghosts,
and holy shit, it will be the best thing!
And every time I do one of these investigations,
I still get so excited,
and I’m like 75 into them,
and still I swear on number 76, I’m going to be like, “This is the one!”

Maybe I’m just eternally optimistic, but I hope I never lose this hope,
and I invite you to take this same attitude
when people share their outer beliefs with you.

When talking about testable claims,
respect them enough to ask these good questions.
Challenge and see how you can examine them together,
because there’s this idea that you can’t respect a belief
and still challenge it, but that’s not true.
When we jiggle the lock, when we test the claim,
we’re saying, OK, I respect you, I’m listening to what you’re saying,
I’m going to test it out with you.
We’ve all had that experience where you’re telling someone something,
and they’re like, “Oh, that’s really interesting, yeah,”
you know you’re being had.
But when someone says, “Really? Huh.
Sounds a little sketchy to me, but I’m listening,”
you at least know you’re being engaged and respected.
And that’s the kind of attitude we should have with these claims.
That’s showing someone that you care what they’re saying.
That’s respect.

Now, yes, most of these searches will come up empty,
but that’s how all of science works.
Every cure for cancer so far has not panned out,
but we don’t stop looking,
for two reasons.
Because number one, the answer matters.
Whether it’s looking at the afterlife or the paranormal or the cure for cancer,
it all amounts to the same question:
How long will we be here?
And two, because looking for the truth,
being open-minded,
and being willing to be wrong and to change your whole worldview
is awe-inspiring.
I still get excited at ghost stories every single time.
I still consider that every group I join might be right,
and I hope I never lose that hope.
Let’s all never lose that hope,
because searching for what’s out there
helps us understand what’s in here.
And also, please have a carbon monoxide detector in your home.
Thank you.

「超常現象への科学的アプローチ(A scientific approach to the paranormal)」の和訳

8年前、私は悪霊に取り憑かれていると感じました。
その時私は25歳で、ロサンゼルスの他人の家の裏にある小さな家に住んでいました。
その家はゲストハウスで、長い間手入れされていませんでした。
ある夜、私は座っていて、とても不気味な感じがしました。
まるで誰かに見られているような感じです。
でも、そこには私の2匹の犬しかおらず、彼らはただ足を噛んでいました。
私は周りを見回しましたが、誰もいませんでした。
ただの想像だと思ったのですが、その感じはどんどん悪化していきました。
胸に圧迫感を感じ始め、まるで悪い知らせを受けたときのような感じがしました。
その感覚はどんどん下がってきて、痛みを感じるほどでした。

その週の間に、その感覚はどんどん悪化し、私の小さなゲストハウスに何かが取り憑いていると確信し始めました。
そして、私は「シューッ」という音を聞き始めました。
まるで何かが私を通り過ぎるような囁き声です。
私は親友のクレアに電話して、「これが変に聞こえるのはわかってるけど、家に幽霊がいると思うんだ。それを追い出す必要があるんだ」と言いました。
彼女はとてもオープンな人で、「君が狂ってるとは思わないよ。ただ浄化の儀式が必要だと思う」と言いました。

「だからセージを買って燃やして、それに出て行くように言えばいい」と言われました。
そこで、私はセージを買いに行きました。これをやったことは一度もなかったので、セージを火で炙り、「出て行け!これは私の家だ!お前の家じゃない!」と言いました。
でも、感覚はそのままで、何も良くなりませんでした。
そして、私は考え始めました。たぶん、今やその何かが私を笑っているに違いない、と。
それは出て行かなかったし、私はそれを追い出せなかった無力な存在に見えたのでしょう。

毎日家に帰ってくると、その感覚はどんどん悪化していきました。今では笑って話せますが、毎晩ベッドで泣いていました。
胸の痛みはどんどんひどくなり、物理的に痛みを感じるほどでした。
私は精神科医のところに行って薬を処方してもらおうとしましたが、統合失調症ではないので処方してくれませんでした。

それで、ついにインターネットで「幽霊」を検索しました。
そして、幽霊ハンターのフォーラムに辿り着きました。
しかし、これらの幽霊ハンターは特別な種類のものでした。彼らは懐疑主義者でした。
彼らはこれまで調査したすべての幽霊のケースが科学によって説明されたと信じていました。
そこで私は、「OK、賢い人たち、これが私に起こっていることです。もし説明があるなら、ぜひ聞かせてください」と言いました。
すると、ある人が「OK、君は一酸化炭素中毒を知っているか?」と言いました。
私は「うん、ガス中毒のこと?」と言いました。

一酸化炭素中毒は、家にガス漏れがある場合に起こるものです。
私はそれを調べてみましたが、一酸化炭素中毒の症状には、胸の圧迫感、聴覚の幻覚(シューッという音)、説明のつかない恐怖感が含まれていました。
その夜、私はガス会社に電話して、「緊急です。今すぐ来てほしい。詳しい話は今はしたくないけど、来てほしい」と言いました。

彼らが来て、「ガス漏れの疑いがあります」と言いました。
彼らは一酸化炭素検出器を持ってきて、「今夜呼んでくれて本当に良かった。すぐに死ぬかもしれなかったから」と言いました。
アメリカ人の37%が幽霊のいる家を信じていますが、実際にそのような家に住んだことがある人や、危険にさらされたことがある人がどれくらいいるのでしょうか。
この幽霊の話が私を今の仕事に導きました。
私は調査員であり、2つの意味での調査員です。
私は調査ジャーナリストであり、超常現象や霊的な主張の調査員でもあります。
それはいくつかの意味を持ちます。

時には、悪霊払いが必要だと装って、エクソシストのところに行きます。そうです、そうです!彼がトリックや心理的な手法を使って誰かが取り憑かれていると思わせているかどうかを確認するためです。
時には、私が共同ホストを務めるポッドキャストのために、特殊なグループに潜入調査を行います。
私は共同ホストのロスと共に、70以上のこのような調査を行いました。

9回中10回は科学が勝利し、すべてが説明されると言いたいところですが、実際には10回中10回、科学が勝利し、すべてが説明されます。
もちろん、謎は存在しますが、謎は幽霊ではありません。

私は二つの種類の真実があると考えています。これに到達するまでには時間がかかりましたが、これが正しいと思いますので聞いてください。
外的真実と内的真実があると思います。
例えば、「イエスという名の男が存在した」と言うなら、それは外的真実です。歴史的記録を調べて、それが真実かどうかを判断できます。私はそれが真実だと思います。

「イエスが死から蘇った」と言うなら、それはもっと難しいです。それは外的真実の主張です。彼が物理的に蘇ったかどうかの問題です。私は彼が蘇ったかどうかについては触れませんが、それは外的真実の主張だと思います。それが起こったかどうかの問題です。

でも、「イエスが死から蘇ったかどうかは気にしない。それは私にとって象徴的に重要であり、そのメタファーが私にとって非常に意味があり、目的がある。そしてそれを他の人に納得させるつもりはない」と言うなら、それは外的真実から内的真実、科学から芸術へと移動します。

私たちはこれについて明確にする傾向があり、内的真実を外的真実に移動させようとしたり、公平に扱わずに他人の内的真実を外的真実の基準で守らせようとしたりします。
私はここで外的真実、客観的なことについて話しています。

私の幽霊の家には客観的な現実がありましたね。ガス漏れについて話した今では、誰もが「幽霊もいたと思う」とは思わないでしょう。

科学的な説明があるとすぐに、それを信じます。
私たちは説明できないものに対してこれらのことを使います。
証拠のためではなく、証拠の欠如のためにそれらを信じます。

ロサンゼルスには「独立調査グループ(IIG)」というグループがあります。
彼らは素晴らしい仕事をしています。彼らは、科学的条件下で超常的な能力を証明できる人に1万ドルの賞金を提供します。
まだ誰も成功していませんが、何人かの人々が彼らは超感覚的であると主張しました。超感覚的とは、あの世の声を聞くか、心を読むことができるという意味です。

あるとても誠実な人が、自分は心を読むことができると信じていました。
彼らは彼とテストを行い、こう言いました。「OK、私たちにはプロトコルがあります。これを科学的にテストする方法があります。あなたはそれに同意しますか?」その人は同意しました。そして彼らはテストを行いました。
それは非常に重要

です。両方の側が同意することが重要です。
彼らはそれを行い、その人に言いました。「あなたがリサが考えていたことを予測できなかった。確率的に一致しました。あなたにはその力がないようです。」
これにより、彼らはその人と座って非常に難しい話をする機会を得ました。
「私たちはあなたが誠実であることを知っています。それはあなたの頭の中で何かを聞いているということです。」
その人は助けを求めるかどうかの難しい決断を下す機会を得ました。

私たちは実際に人々がこのようなつながりを持つのを助けています。
それはもともと他の世界の説明のように見えたかもしれませんが、それが現実に引き込まれ、私たちの生活をより良くするのを助けることができます。

一方で、一度は本当に正しいことがあるかもしれません。
いつか幽霊がいるとわかるかもしれません。そしてそれは最高のことになるでしょう!
そして、私はこれらの調査を行うたびに、まだとても興奮しています。
そして、75回目でも、私は「これがその時だ!」と思うでしょう。

もしかしたら、私は永遠に楽観的なのかもしれませんが、この希望を失いたくありません。
そして、他の人が外的信念を共有するときにこの同じ態度を取ることをお勧めします。

検証可能な主張について話すとき、良い質問をすることでそれを尊重しましょう。
挑戦して一緒に検証する方法を見つけましょう。
信念を尊重しながらも挑戦することができないという考えがありますが、それは真実ではありません。
私たちが鍵を揺さぶり、主張をテストするとき、私たちは「OK、あなたを尊重し、あなたの言っていることを聞いています。一緒にそれをテストしてみましょう」と言っているのです。
私たちは皆、誰かに何かを話しているとき、「ああ、それは本当に興味深いね」と言われる経験をしたことがありますが、あなたは騙されていると感じるでしょう。
しかし、誰かが「本当に?ちょっと怪しいけど、聞いているよ」と言ってくれると、少なくともあなたは関与され、尊重されていることがわかります。
これがこれらの主張に対する態度であるべきです。
それは誰かが言っていることを尊重していることを示しています。
それが尊重です。

確かに、ほとんどの探索は空振りに終わるでしょうが、これはすべての科学がそうであるようにです。
これまでのすべてのがんの治療法はうまくいっていませんが、私たちは探し続けます。
二つの理由があります。
一つは、その答えが重要だからです。
それが死後の世界や超常現象、がんの治療法を見ることに関するものであっても、すべては同じ質問に帰着します。
「私たちはどれくらいここにいるのか?」
そして二つ目の理由は、真実を追求し、オープンマインドであり、間違っていることを認め、全体の世界観を変える準備があることが畏敬の念を引き起こすからです。
私はまだ幽霊の話に毎回興奮します。
私はまだ参加するすべてのグループが正しいかもしれないと考えていますし、その希望を失いたくありません。
その希望を失わないようにしましょう。
外の世界を探求することで、内側の世界を理解するのに役立ちます。
また、自宅に一酸化炭素検出器を持っていることをお忘れなく。
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました