アメリカで注目を浴びるトランスジェンダーの歴史と背景に迫る

社会

Transgender activist and TED Resident Samy Nour Younes shares the remarkable, centuries-old history of the trans community, filled with courageous stories, inspiring triumphs — and a fight for civil rights that’s been raging for a long time. “Imagine how the conversation would shift if we acknowledge just how long trans people have been demanding equality,” he says.

トランスジェンダーアクティビストであり、TEDレジデントのサミー・ヌール・ユネスは、驚くべき数世紀にわたるトランスコミュニティの歴史を共有し、勇敢な物語やインスピレーションに満ちた勝利、そして長年続いている市民権の闘いを紹介します。

「トランスジェンダーの人々が平等を求めてきた期間がどれほど長いかを認めると、会話がどのように変わるかを想像してみてください」と彼は言います。

タイトル A short history of trans people’s long fight for equality
トランスジェンダーの人々の平等を求める長い闘いの短い歴史
スピーカー サミー・ヌール・ユネス
アップロード 2019/04/30

「トランスジェンダーの人々の平等を求める長い闘いの短い歴史(A short history of trans people’s long fight for equality)」の文字起こし

Why are transgender people suddenly everywhere?

As a trans activist, I get this question a lot. Keep in mind, less than one percent of American adults openly identify as trans. According to a recent GLAAD survey, about 16 percent of non-trans Americans claim to know a trans person in real life. So for the other 84 percent, this may seem like a new topic. But trans people are not new. Gender variance is older than you think, and trans people are part of that legacy.

From central Africa to South America to the Pacific Islands and beyond, there have been populations who recognize multiple genders, and they go way back. The hijra of India and Pakistan, for example, have been cited as far back as 2,000 years ago in the Kama Sutra. Indigenous American nations each have their own terms, but most share the umbrella term “two-spirit.” They saw gender-variant people as shamans and healers in their communities, and it wasn’t until the spread of colonialism that they were taught to think otherwise.

Now, in researching trans history, we look for both trans people and trans practices. Take, for example, the women who presented as men so they could fight in the US Civil War. After the war, most resumed their lives as women, but some, like Albert Cashier, continued to live as men. Albert was eventually confined to an asylum and forced to wear a dress for the rest of his life.

Around 1895, a group of self-described androgynes formed the Cercle Hermaphroditos. Their mission was to unite for defense against the world’s bitter persecution. And in doing that, they became one of the earliest trans support groups. By the ’40s and ’50s, medical researchers were starting to study trans medicine, but they were aided by their trans patients, like Louise Lawrence, a trans woman who had corresponded extensively with people who had been arrested for public cross-dressing. She introduced sexual researchers like Alfred Kinsey to a massive trans network.

Other early figures would follow, like Virginia Prince, Reed Erickson and the famous Christine Jorgensen, who made headlines with her very public transition in 1952. But while white trans suburbanites were forming their own support networks, many trans people of color had to carve their own path. Some, like Miss Major Griffin-Gracy, walked in drag balls. Others were the so-called “street queens,” who were often targeted by police for their gender expression and found themselves on the forefront of seminal events in the LGBT rights movement.

This brings us to the riots at Cooper Do-nuts in 1959, Compton’s Cafeteria in 1966 and the famous Stonewall Inn in 1969. In 1970, Sylvia Rivera and Marsha P. Johnson, two veterans of Stonewall, established STAR: Street Transvestite Action Revolutionaries. Trans people continued to fight for equal treatment under the law, even as they faced higher rates of discrimination, unemployment, arrests, and the looming AIDS epidemic. For as long as we’ve been around, those in power have sought to disenfranchise trans people for daring to live lives that are ours.

This motion picture still, taken in Berlin in 1933, is sometimes used in history textbooks to illustrate how the Nazis burned works they considered un-German.

But what’s rarely mentioned is that included in this massive pile are works from the Institute for Sexual Research. See, I just recapped the trans movement in America, but Magnus Hirschfeld and his peers in Germany had us beat by a few decades. Magnus Hirschfeld was an early advocate for LGBT people. He wrote the first book-length account of trans individuals. He helped them obtain medical services and IDs. He worked with the Berlin Police Department to end discrimination of LGBT people, and he hired them at the Institute. So when the Nazi Party burned his library, it had devastating implications for trans research around the world. This was a deliberate attempt to erase trans people, and it was neither the first nor the last.

So whenever people ask me why trans people are suddenly everywhere, I just want to tell them that we’ve been here. These stories have to be told, along with the countless others that have been buried by time. Not only were our lives not celebrated, but our struggles have been forgotten and, yeah, to some people, that makes trans issues seem new.

Today, I meet a lot of people who think that our movement is just a phase that will pass, but I also hear well-intentioned allies telling us all to be patient, because our movement is “still new.” Imagine how the conversation would shift if we acknowledge just how long trans people have been demanding equality. Are we still overreacting? Should we continue to wait? Or should we, for example, do something about the trans women of color who are murdered and whose killers never see justice? Do our circumstances seem dire to you yet?

Finally, I want other trans people to realize they’re not alone. I grew up thinking my identity was an anomaly that would die with me. People drilled this idea of otherness into my mind, and I bought it because I didn’t know anyone else like me. Maybe if I had known my ancestors sooner, it wouldn’t have taken me so long to find a source of pride in my identity and in my community. Because I belong to an amazing, vibrant community of people that uplift each other even when others won’t, that take care of each other even when we are struggling, that somehow, despite it all, still find cause to celebrate each other, to love each other, to look one another in the eyes and say, “You are not alone. You have us. And we’re not going anywhere.” Thank you.

「トランスジェンダーの人々の平等を求める長い闘いの短い歴史(A short history of trans people’s long fight for equality)」の和訳

なぜトランスジェンダーの人々が突然どこにでもいるように見えるのでしょうか?

トランスアクティビストとして、私はこの質問をよく受けます。まず覚えておいてほしいのは、アメリカの成人のうちトランスジェンダーとして公に識別されているのは1パーセント未満だということです。最近のGLAADの調査によると、ノントランスのアメリカ人の約16パーセントが実生活でトランスの人を知っていると主張しています。ですから、他の84パーセントにとっては、新しい話題のように感じられるかもしれません。しかし、トランスの人々は新しい存在ではありません。性別の多様性は思っている以上に古く、トランスの人々もその遺産の一部なのです。

中央アフリカから南アメリカ、太平洋諸島に至るまで、複数の性別を認識する人口が存在し、その歴史は非常に古いものです。例えば、インドとパキスタンのヒジュラはカーマ・スートラに2,000年以上前から言及されています。アメリカ先住民の各国にもそれぞれの用語がありますが、多くは「ツースピリット」という総称を共有しています。彼らは性別に変異のある人々をシャーマンや治療者と見なしており、植民地主義の拡大までその見方が変わることはありませんでした。

トランスの歴史を調査する際には、トランスの人々とトランスの習慣の両方を探します。例えば、アメリカ南北戦争で戦うために男性として振る舞った女性たちを見てみましょう。戦争が終わると、ほとんどは女性としての生活に戻りましたが、アルバート・キャッシャーのように男性としての生活を続けた者もいました。アルバートは最終的に精神病院に収容され、一生ドレスを着せられることを強制されました。

1895年頃、自らをアンドロジン(両性具有者)と称するグループが「サークル・ヘルマフロディトス」を結成しました。彼らの使命は、世界の激しい迫害から身を守るために団結することでした。そしてその過程で、彼らは最も初期のトランスサポートグループの一つとなったのです。1940年代から50年代にかけて、医療研究者たちはトランス医療の研究を始めましたが、その際にトランス患者であるルイーズ・ローレンスのような人物が大いに貢献しました。トランス女性のローレンスは、公共の場でのクロスドレッシング(異性装)で逮捕された人々と広範に連絡を取り合っていました。彼女は、アルフレッド・キンゼイのような性研究者に広大なトランスネットワークを紹介しました。

その後、バージニア・プリンス、リード・エリクソン、有名なクリスティーン・ジョルゲンセンなどの初期の重要人物が続きました。ジョルゲンセンは1952年に非常に公にトランジションを行い、注目を浴びました。しかし、白人のトランス郊外住民が自分たちの支援ネットワークを形成する一方で、多くの有色人種のトランスの人々は自分たちの道を切り開かなければなりませんでした。ミス・メジャー・グリフィン=グレイシーのようにドラァグボールで活躍した者もいれば、しばしば警察に性表現のために標的にされ、LGBT権利運動の重要なイベントの最前線に立つ「ストリート・クイーン」と呼ばれる人々もいました。

これが1959年のクーパー・ドーナツでの暴動、1966年のコンプトンズ・カフェテリア、そして1969年の有名なストーンウォール・インの暴動へと繋がります。1970年には、ストーンウォールのベテランであるシルビア・リベラとマーシャ・P・ジョンソンが「STAR(ストリート・トランスヴェスタイト・アクション・レボリューショナリーズ)」を設立しました。トランスの人々は法の下で平等な扱いを求め続け、差別や失業、逮捕、そしてエイズの流行という困難に直面しました。私たちが存在してきた限り、権力者たちはトランスの人々が自分たちの人生を生きることに対して抑圧を試みてきました。

この映画の一コマは、1933年のベルリンで撮影されたもので、ナチスが「非ドイツ的」と見なした作品を焼き捨てた様子を示すために、歴史教科書でよく使われます。

しかし、あまり語られないのは、この巨大な積み上げられた本の中に、性研究所の作品も含まれていたことです。アメリカのトランス運動については先ほど概説しましたが、マグヌス・ヒルシュフェルトと彼の仲間たちは、それより数十年前に活動を始めていました。マグヌス・ヒルシュフェルトは、LGBTの人々の早期の擁護者でした。彼はトランス個人についての最初の本格的な記録を書きました。彼は彼らが医療サービスやIDを取得するのを支援し、ベルリン警察と協力してLGBTの人々への差別をなくすために働き、研究所ではLGBTの人々を雇用しました。ですから、ナチス党が彼の図書館を焼いたとき、それは世界中のトランス研究に壊滅的な影響を与えました。これはトランスの人々を抹消しようとする意図的な試みであり、それは最初でも最後でもありませんでした。

ですから、「なぜトランスの人々が突然どこにでもいるのか」と尋ねられるたびに、私はただ「私たちはずっとここにいた」と言いたくなります。これらの物語は、時に埋もれてしまった無数の他の物語と共に語られなければなりません。私たちの生活が祝福されなかっただけでなく、私たちの闘争は忘れ去られました。そして、そういった背景があるために、一部の人々にはトランス問題が新しいもののように見えるのです。

今日、私は私たちの運動が一時的なもので過ぎ去るだろうと思っている多くの人々に会いますが、同時に、「まだ新しい運動だから」と言って私たちに忍耐を求める善意の同盟者にも会います。トランスの人々がどれだけ長い間平等を求め続けてきたかを認識したら、この会話はどう変わるでしょうか?私たちはまだ過剰反応しているのでしょうか?待ち続けるべきなのでしょうか?それとも、例えば、殺されてもその殺人犯が裁かれない有色人種のトランス女性たちについて何か行動を起こすべきなのでしょうか?私たちの状況は、まだ深刻に見えませんか?

最後に、他のトランスの人たちに自分が孤独ではないことを知ってもらいたいと思います。私自身、成長する過程で、自分のアイデンティティが異常なものであり、自分が死ぬと共に消えてしまうものだと思い込んでいました。人々はこの「異質性」の考えを私の頭に叩き込み、私は他に自分と同じような人を知らなかったため、その考えを受け入れてしまいました。もし、もっと早く自分の先祖や同胞について知っていたら、自分のアイデンティティやコミュニティに誇りを見出すのに、そんなに時間がかからなかったかもしれません。

私は素晴らしく、活気に満ちたコミュニティに属しています。このコミュニティは、他人がそうしてくれなくてもお互いを励まし合い、困難な状況でもお互いを支え合い、どんなことがあってもお互いを祝福し、愛し合い、目を見て「あなたは一人ではない。私たちがいる。私たちはどこにも行かない。」と言い合うのです。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました