モバイルデータで信用スコアを構築し、新たな経済的機会を創出

IT

Trust: How do you earn it? Banks use credit scores to determine if you’re trustworthy, but there are about 2.5 billion people around the world who don’t have one to begin with — and who can’t get a loan to start a business, buy a home or otherwise improve their lives. Hear how TED Fellow Shivani Siroya is unlocking untapped purchasing power in the developing world with InVenture, a start-up that uses mobile data to create a financial identity. “With something as simple as a credit score,” says Siroya, “we’re giving people the power to build their own futures.”

信頼:どうやって得るのか?銀行は信頼性を判断するために信用スコアを使用していますが、世界にはそれを持たない約25億人もいます。

そして、彼らはビジネスを始めたり、家を買ったり、生活を改善したりするためのローンを得ることができません。TEDフェローのシヴァニ・シロヤが、InVentureというスタートアップを通じて、途上国で未開発の購買力を開放している方法を聞いてください。このスタートアップは、モバイルデータを使用して金融的なアイデンティティを作成します。「信用スコアなどという簡単なもので、人々に自分たちの未来を築く力を与えています」とSiroyaは述べています。

タイトル A smart new business loan for people with no credit
信用のない人のための賢い新規ビジネスローン
スピーカー シヴァニ・シロヤ
アップロード 2016/05/18

「信用のない人のための賢い新規ビジネスローン(A smart new business loan for people with no credit)」の文字起こし

How much do you need to know about a person before you’d feel comfortable making a loan? Suppose you wanted to lend 1,000 dollars to the person sitting two rows behind you. What would you need to know about that person before you’d feel comfortable?

My mom came to the US from India in her late thirties. She’s a doctor in Brooklyn, and she often lets friends and neighbors come to see her for health services, whether they can pay right away or not. I remember running into her patients with her at the grocery store or on the sidewalk, and sometimes they would come and pay her right on the spot for previous appointments. She would thank them, and ask them about their families and their health. She gave them credit because she trusted them. Most of us are like my mom. We would give credit to someone we know or that we live next to. But most of us are probably not going to lend to a stranger unless we know a little something about them.

Banks, credit card companies and other financial institutions don’t know us on a personal level, but they do have a way of trusting us, and that’s through our credit scores. Our credit scores have been created through an aggregation and analysis of our public consumer credit data. And because of them, we have pretty much easy access to all of the goods and services that we need, from getting electricity to buying a home, or taking a risk and starting a business.

But … there are 2.5 billion people around the world that don’t have a credit score. That’s a third of the world’s population. They don’t have a score because there are no formal public records on them — no bank accounts, no credit histories and no social security numbers. And because they don’t have a score, they don’t have access to the credit or financial products that can improve their lives. They are not trusted.

So we wanted to find a way to build trust and to open up financial access for these 2.5 billion. So we created a mobile application that builds credit scores for them using mobile data. There are currently over one billion smartphones in emerging markets. And people are using them the same way that we do. They’re texting their friends, they’re looking up directions, they’re browsing the Internet and they’re even making financial transactions. Over time, this data is getting captured on our phones, and it provides a really rich picture of a person’s life.

Our customers give us access to this data and we capture it through our mobile application. It helps us understand the creditworthiness of people like Jenipher, a small-business owner in Nairobi, Kenya. Jenipher is 65 years old, and for decades has been running a food stall in the central business district. She has three sons who she put through vocational school, and she’s also the leader of her local chama, or savings group. Jenipher’s food stall does well. She makes just enough every day to cover her expenses. But she’s not financially secure. Any emergency could force her into debt. And she has no discretionary income to improve her family’s way of living, for emergencies, or for investing into growing her business.

If Jenipher wants credit, her options are limited. She could get a microloan, but she’d have to form a group that could help vouch for her credibility. And even then, the loan sizes would be way too small to really have an impact on her business, averaging around 150 dollars. Loan sharks are always an option, but with interest rates that are well above 300 percent, they’re financially risky. And because Jenipher doesn’t have collateral or a credit history, she can’t walk into a bank and ask for a business loan.

But one day, Jenipher’s son convinced her to download our application and apply for a loan. Jenipher answered a few questions on her phone and she gave us access to a few key data points on her device. And here’s what we saw.

So, bad news first. Jenipher had a low savings balance and no previous loan history. These are factors that would have thrown up a red flag to a traditional bank. But there were other points in her history that showed us a much richer picture of her potential.

So for one, we saw that she made regular phone calls to her family in Uganda. Well, it turns out that the data shows a four percent increase in repayment among people who consistently communicate with a few close contacts. We could also see that though she traveled around a lot throughout the day, she actually had pretty regular travel patterns, and she was either at home or at her food stall. And the data shows a six percent increase in repayment among customers who are consistent with where they spend most of their time. We could also see that she communicated a lot with many different people throughout the day and that she had a strong support network. Our data shows that people who communicate with more than 58 different contacts tend to be more likely to be good borrowers. In Jenipher’s case, she communicated with 89 different individuals, which showed a nine percent increase in her repayment.

These are just some of the thousands of different data points that we look at to understand a person’s creditworthiness. And after analyzing all of these different data points, we took the first risk and gave Jenipher a loan. This is data that would not be found on a paper trail or in any formal financial record. But it proves trust. By looking beyond income, we can see that people in emerging markets that may seem risky and unpredictable on the surface are actually willing and have the capacity to repay.

Our credit scores have helped us deliver over 200,000 loans in Kenya in just the past year. And our repayment rates are above 90 percent — which, by the way, is in line with traditional bank repayment rates. With something as simple as a credit score, we’re giving people the power to build their own futures. Our customers have used their loans for family expenses, emergencies, travel, and for investing back into growing their businesses. They’re now building better economies and communities where more people can succeed.

Over the past two years of using our product, Jenipher has increased her savings by 60 percent. She’s also started two additional food stalls and is now making plans for her own restaurant. She’s applying for a small-business loan from a commercial bank, because she now has the credit history to prove she deserves it.

I saw Jenipher in Nairobi just last week, and she told me how excited she was to get started. She said, “Only my son believed I could do this. I didn’t think this was for me.” She’s lived her whole life believing that there was a part of the world that was closed off to her. Our job now is to open the world to Jenipher and the billions like her that deserve to be trusted. Thank you.

「信用のない人のための賢い新規ビジネスローン(A smart new business loan for people with no credit)」の和訳

他人にお金を貸すとき、どれだけの情報があれば安心しますか?例えば、2列後ろに座っている人に1,000ドルを貸すとしたら、どんな情報が必要ですか?

私の母はインドからアメリカに来たとき30代後半でした。ブルックリンで医者をしており、友人や隣人がすぐに支払えなくても診察していました。彼女の患者に会うと、その場で診察料を支払うこともあり、母は感謝し、家族や健康のことを尋ねました。母は彼らを信頼していたからです。私たちも、多くの場合、知っている人や近所の人には信用を与えますが、知らない人にはなかなか信用を与えません。

銀行やクレジットカード会社などの金融機関は、私たちを個人的に知りませんが、信用スコアを通じて私たちを信用します。信用スコアは私たちの公的な消費者信用データを集計し、分析することで作られます。これにより、電気を引くことから家を買うこと、ビジネスを始めることまで、必要な商品やサービスに簡単にアクセスできます。

しかし、世界には25億人もの人々が信用スコアを持っていません。世界の3分の1の人口です。彼らは銀行口座もクレジット履歴も社会保障番号も持っていないため、信用スコアがありません。そのため、生活を改善するための信用や金融商品にアクセスできません。彼らは信用されていないのです。

そこで、私たちはこれら25億人のために信頼を築き、金融アクセスを開く方法を考えました。モバイルデータを使用して信用スコアを構築するモバイルアプリケーションを作成しました。新興市場には現在10億台以上のスマートフォンがあり、人々は私たちと同じように使用しています。友人とメッセージを交換したり、道順を調べたり、インターネットを閲覧したり、金融取引を行ったりしています。このデータは時間とともに携帯電話に蓄積され、人々の生活の豊かな絵を提供します。

私たちの顧客はこのデータへのアクセスを許可し、私たちはモバイルアプリケーションを通じてそれを収集します。これにより、ナイロビの小規模事業主であるジェニファーのような人々の信用度を理解できます。ジェニファーは65歳で、何十年も中央ビジネス地区で食品スタンドを運営しています。彼女には職業学校に通った3人の息子がおり、地元の貯蓄グループのリーダーでもあります。彼女の食品スタンドは順調ですが、経済的には不安定です。どんな緊急事態でも借金を負う可能性があり、家族の生活改善やビジネス拡大のための自由裁量所得はありません。

ジェニファーが信用を求める場合、選択肢は限られています。マイクロローンを利用することもできますが、信頼性を保証するためのグループを形成する必要があります。それでも、ローンの額は150ドル程度で、ビジネスに大きな影響を与えるには小さすぎます。高利貸しも選択肢ですが、金利が300%以上のため、経済的にリスクがあります。また、担保やクレジット履歴がないため、銀行に行ってビジネスローンを申請することもできません。

ある日、ジェニファーの息子が彼女に私たちのアプリケーションをダウンロードしてローンを申請するよう説得しました。ジェニファーは携帯電話でいくつかの質問に答え、デバイスの主要なデータポイントへのアクセスを許可しました。これが私たちが見たものです。

まず悪いニュースから。ジェニファーの貯蓄残高は低く、以前のローン履歴もありません。これらは従来の銀行にとっては赤信号となる要素です。しかし、彼女の潜在能力を示す他のポイントもありました。

例えば、彼女がウガンダの家族と定期的に電話をしていることがわかりました。データによれば、数人の親しい連絡先と一貫してコミュニケーションを取っている人々の返済率が4%向上することが示されています。また、彼女は一日中多くの場所を移動していましたが、実際には自宅か食品スタンドにいることがほとんどでした。データによると、時間の使い方が一貫している顧客の返済率が6%向上します。さらに、彼女は一日に多くの異なる人々とコミュニケーションを取り、強力な支援ネットワークを持っていることがわかりました。データによると、58人以上の連絡先とコミュニケーションを取っている人々は、良好な借り手である可能性が高いです。ジェニファーの場合、89人の異なる個人とコミュニケーションを取っており、返済率が9%向上することが示されました。

これらは人々の信用度を理解するために私たちが見る何千ものデータポイントの一部に過ぎません。そして、これらのデータポイントをすべて分析した結果、私たちは最初のリスクを取り、ジェニファーにローンを提供しました。これらは紙の記録や正式な金融記録には見られないデータですが、信頼を証明します。収入を超えて見ることで、新興市場の人々が表面的にはリスキーで予測不可能に見えるかもしれませんが、実際には返済能力と意欲があることがわかります。

私たちの信用スコアは、過去1年間でケニアで20万件以上のローンを提供するのに役立ちました。返済率は90%以上で、これは従来の銀行の返済率と一致しています。信用スコアのような単純なもののおかげで、人々は自分の未来を築く力を持つことができます。顧客は家族の経費、緊急事態、旅行、ビジネスの成長に投資するためにローンを利用しています。彼らは今、より多くの人々が成功できる経済とコミュニティを構築しています。

私たちの製品を使用して過去2年間で、ジェニファーは貯蓄を60%増加させました。また、彼女は追加の2つの食品スタンドを始め、現在は自分のレストランを計画しています。彼女は今や信用履歴があるため、商業銀行から小規模ビジネスローンを申請しています。

私は先週ナイロビでジェニファーに会い、彼女がどれだけ楽しみにしているかを聞きました。彼女は、「私の息子だけが私がこれをできると信じていました。私はこれが自分のためだとは思っていませんでした」と言いました。彼女は自分の人生全体を通じて、世界の一部が自分には閉ざされていると信じて生きてきました。私たちの仕事は今、信頼されるべき何十億人ものジェニファーのような人々に世界を開くことです。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました