テクノロジーが生み出す魔法の瞬間

テクノロジー

Leading a swarm of small, buzzing flying machines, techno-magician Marco Tempest orchestrates a “cyber illusion” that will have you asking yourself: Was that science or magic?

小さなブンブンと音を立てる飛行機の群れを率いる、テクノマジシャンのマルコ・テンペストは、「サイバー・イリュージョン」と呼ばれる芸術を演出します。そのショーは、あなたに問いかけさせるでしょう:それは科学なのか、それとも魔法なのか?

タイトル
A swarm of mini drones makes … magic!
スモッグ掃除機とその他の魔法の都市のデザイン
スピーカー マルコ・テンペスト
アップロード 2020/01/30

「スモッグ掃除機とその他の魔法の都市のデザイン(A swarm of mini drones makes … magic!)」の文字起こし

So, I have a background in technology and magic. And magicians are interesting. Their illusions accomplish what technology cannot. But what happens when the technology of the day seems almost magical? What happens when you can do this?

Now, 100 years ago, that would have been the magic of levitation. Is it possible to create illusions in a world where technology makes anything possible? Jump! Now, if you know how the trick is done, where is the illusion? But still, our imagination is more powerful than our reasoning, and it’s easy to attribute personality to machines.

These are quadcopters. But they are more than mechanical flying machines. They analyze the environment around them and react to everything I do. At once, algorithms allow these autonomous machines to fly in close formation, aware of each other and aware of me — mathematics that can be mistaken for intelligence, and intelligence for personality. Anthropomorphism: that’s the illusion, an illusion created by technology and embroidered by our imagination to become an intelligent flying robot, a machine that appears to be alive.

I think they say, “Hello.” Hey guys! Come on. And time to land. And that’s it. Thank you.

OK, guys, time to go home. Everybody in here. Come on, everybody, quickly, quickly. No pushing, everybody can fit. There you go, a little bit to the left, a little bit to the right. Come on, everybody, everybody, and … good job!

Thank you.

Thank you.

「スモッグ掃除機とその他の魔法の都市のデザイン(A swarm of mini drones makes … magic!)」の和訳

私はテクノロジーとマジックのバックグラウンドを持っています。マジシャンは興味深い存在です。彼らのイリュージョンはテクノロジーでは実現できないことを成し遂げます。しかし、テクノロジーが魔法のように感じられる時代には何が起こるのでしょうか?例えば、これができるとしたらどうでしょうか?

100年前なら、これは浮遊の魔法と呼ばれていたかもしれません。では、テクノロジーが何でも可能にする世界で、イリュージョンを作り出すことはできるのでしょうか?ジャンプ!さて、トリックの仕組みが分かっているなら、そこにイリュージョンはあるのでしょうか?それでもなお、我々の想像力は論理よりも強力で、機械に人格を見いだすのは容易です。

これらはクアッドコプターです。しかし、単なる機械的な飛行機械以上のものです。これらは周囲の環境を分析し、私の行動に反応します。同時に、アルゴリズムがこれらの自律機械を緊密な編隊で飛ばせ、お互いを意識し、私を意識します。これは知性と見間違えられる数学であり、知性が人格と見間違えられるのです。擬人化、それがイリュージョンなのです。テクノロジーが作り出し、我々の想像力によって生きているように見える知能を持った飛行ロボット、つまり生命を持っているように見える機械です。

彼らは「こんにちは」と言っていると思います。やあ、みんな!さあ、降りる時間だ。それでは、ありがとうございました。

さて、みんな、帰る時間です。全員ここに入って。さあ、みんな、急いで、急いで。押さないで、みんな入れるから。よし、もう少し左、もう少し右。さあ、みんな、みんな、そして…よくやった!

ありがとうございました。

ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました