脳科学とユーモアの狭間で見つけた笑いの本質

Philosopher-comedian Emily Levine talks (hilariously) about science, math, society and the way everything connects. She’s a brilliant trickster, poking holes in our fixed ideas and bringing hidden truths to light. Settle in and let her ping your brain.

哲学者でコメディアンのエミリー・レヴィーンが科学、数学、社会、そしてすべてがつながる方法について(笑いながら)語ります。彼女は優れたトリックスターであり、私たちの固定観念に穴を開け、隠れた真実を明らかにします。落ち着いて、彼女があなたの脳を刺激するのを許してください。

タイトル A theory of everything
すべての理論
スピーカー エミリー・レヴィーン
アップロード 2009/04/10

「すべての理論(A theory of everything)」の文字起こし

which I rarely do, because I — well for one thing, I prefer to talk about things I know nothing about. And secondly, I’m a recovering narcissist.

I didn’t know I was a narcissist actually. I thought narcissism meant you loved yourself. And then someone told me there is a flip side to it. So it’s actually drearier than self-love; it’s unrequited self-love.

I don’t feel I can afford a relapse. But I want to, though, explain how I came to design my own particular brand of comedy because I’ve been through so many different forms of it. I started with improvisation, in a particular form of improvisation called theater games, which had one rule, which I always thought was a great rule for an ethic for a society. And the rule was, you couldn’t deny the other person’s reality, you could only build on it. And of course we live in a society that’s all about contradicting other peoples’ reality. It’s all about contradiction, which I think is why I’m so sensitive to contradiction in general. I see it everywhere.

Like polls. You know, it’s always curious to me that in public opinion polls the percentage of Americans who don’t know the answer to any given question is always two percent. 75 percent of Americans think Alaska is part of Canada. But only two percent don’t know the effect that the debacle in Argentina will have on the IMF’s monetary policy — seems a contradiction.

Or this ad that I read in the New York Times: “Wearing a fine watch speaks loudly of your rank in society. Buying it from us screams good taste.”

Or this that I found in a magazine called California Lawyer, in an article that is surely meant for the lawyers at Enron. “Surviving the Slammer: Do’s and Don’ts.” “Don’t use big words.” “Learn the lingua franca.” Yeah. “Lingua this, Frankie.”

And I suppose it’s a contradiction that I talk about science when I don’t know math. You know, because — and by the way to I was so grateful to Dean Kamen for pointing out that one of the reasons, that there are cultural reasons that women and minorities don’t enter the fields of science and technology — because for instance, the reason I don’t do math is, I was taught to do math and read at the same time. So you’re six years old, you’re reading Snow White and the Seven Dwarves, and it becomes rapidly obvious that there are only two kinds of men in the world: dwarves and Prince Charmings. And the odds are seven to one against your finding the prince.

That’s why little girls don’t do math. It’s too depressing.

Of course, by talking about science I also may, as I did the other night, incur the violent wrath of some scientists who were very upset with me. I used the word postmodern as if it were OK. And they got very upset. One of them, to his credit, I think really just wanted to engage me in a serious argument. But I don’t engage in serious arguments. I don’t approve of them because arguments, of course, are all about contradiction, and they’re shaped by the values that I have questions with.

I have questions with the values of Newtonian science, like rationality. You’re supposed to be rational in an argument. Well rationality is constructed by what Christie Hefner was talking about today, that mind-body split, you know? The head is good, body bad. Head is ego, body id. When we say “I,” — as when Rene Descartes said, “I think therefore I am,” — we mean the head. And as David Lee Roth sang in “Just a Gigolo,” “I ain’t got no body.” That’s how you get rationality. And that’s why so much of humor is the body asserting itself against the head. That’s why you have toilet humor and sexual humor. That’s why you have the Raspyni Brothers whacking Richard in the genital area. And we’re laughing doubly then because he’s the body, but it’s also —

Voice offstage: Richard.
Emily Levine: Richard. What did I say?

Richard. Yes but it’s also the head, the head of the conference. That’s the other way that humor — like Art Buchwald takes shots at the heads of state. It doesn’t make quite as much money as body humor I’m sure — but nevertheless, what makes us treasure you and adore you.

There’s also a contradiction in rationality in this country though, which is, as much as we revere the head, we are very anti-intellectual. I know this because I read in the New York Times, the Ayn Rand foundation took out a full-page ad after September 11, in which they said, “The problem is not Iraq or Iran, the problem in this country, facing this country is the university professors and their spawn.”

I don’t know how many of you have read it. And I’m not an expert on sadomasochism.

But let me just read you a couple of random passages from page 217. “The act of a master taking painful contemptuous possession of her, was the kind of rapture she wanted. When they lay together in bed it was, as it had to be, as the nature of the act demanded, an act of violence. It was an act of clenched teeth and hatred. It was the unendurable. Not a caress, but a wave of pain. The agony as an act of passion.” So you can imagine my surprise on reading in The New Yorker that Alan Greenspan, Chairman of the Federal Reserve, claims Ayn Rand as his intellectual mentor.

It’s like finding out your nanny is a dominatrix.

Bad enough we had to see J. Edgar Hoover in a dress. Now we have to picture Alan Greenspan in a black leather corset, with a butt tattoo that says, “Whip inflation now.”

is famous for a philosophy called Objectivism, which reflects another value of Newtonian physics, which is objectivity. Objectivity basically is constructed in that same S&M way. It’s the subject subjugating the object. That’s how you assert yourself. You make yourself the active voice. And the object is the passive no-voice. I was so fascinated by that Oxygen commercial. I don’t know if you know this but — maybe it’s different now, or maybe you were making a statement — but in many hospital nurseries across the country, until very recently anyway, according to a book by Jessica Benjamin, the signs over the little boys cribs read, “I’m a boy,” and the signs over the little girls cribs read, “It’s a girl.” Yeah. So the passivity was culturally projected onto the little girls. And this still goes on as I think I told you last year. There’s a poll that proves — there was a poll that was given by Time magazine, in which only men were asked, “Have you ever had sex with a woman you actively disliked?” And well, yeah. Well, 58 percent said yes, which I think is overinflated though because so many men if you just say, “Have you ever had sex … ” “Yes!” They don’t even wait for the rest of it. And of course two percent did not know whether they’d had — That’s the first callback, of my attempted quadruple.

So this subject-object thing, is part of something I’m very interested in because this is why, frankly, I believe in political correctness. I do. I think it can go too far. I think Ringling Brothers may have gone too far with an ad they took out in the New York Times Magazine. “We have a lifelong emotional and financial commitment to our Asian Elephant partners.” Maybe too far. But you know — I don’t think that a person of color making fun of white people is the same thing as a white person making fun of people of color. Or women making fun of men is the same as men making fun of women. Or poor people making fun of rich people, the same as rich people. I think you can make fun of the have but not the have-nots, which is why you don’t see me making fun of Kenneth Lay and his charming wife. What’s funny about being down to four houses?

And I really learned this lesson during the sex scandals of the Clinton administration or, Or as I call them, the good ol’ days. When people I knew, you know, people who considered themselves liberal, and everything else, were making fun of Jennifer Flowers and Paula Jones. Basically, they were making fun of them for being trailer trash or white trash. It seems, I suppose, a harmless prejudice and that you’re not really hurting anybody. Until you read, as I did, an ad in the Los Angeles Times. “For sale: White trash compactor.”

has relevance to humor in this way. I read a book by a woman named Amy Richlin, who is the chair of the Classics department at USC. And the book is called “The Garden of Priapus.” And she says that Roman humor mirrors the construction of Roman society. So that Roman society was very top/bottom, as ours is to some degree. And so was humor. There always had to be the butt of a joke. So it was always the satirist, like Juvenal or Martial, represented the audience, and he was going to make fun of the outsider, the person who didn’t share that subject status. And in stand-up of course, the stand-up comedian is supposed to dominate the audience. A lot of heckling is the tension of trying to make sure that the comedian is going to be able to dominate, and overcome the heckler. And I got good at that when I was in stand up. But I always hated it because they were dictating the terms of the interaction, in the same way that engaging in a serious argument determines the content, to some degree, of what you’re talking about. And I was looking for a form that didn’t have that. And so I wanted something that was more interactive. I know that word is so debased now by the use of it by Internet marketers. I really miss the old telemarketers now, I’ll tell you that. I do, because at least there you stood a chance. You know? I used to actually hang up on them. But then I read in “Dear Abby” that that was rude. So the next time that one called I let him get halfway through his spiel and then I said, “You sound sexy.” He hung up on me!

to shape what you’re going to do as much as you shape their experience of the world. And that’s really what I’m looking for. And I was sort of, as I was starting to analyze what exactly it is that I do, I read a book called “Trickster Makes This World,” by Lewis Hyde. And it was like being psychoanalyzed. I mean he had laid it all out. And then coming to this conference, I realized that most everybody here shared those same qualities because really what trickster is is an agent of change. Trickster is a change agent. And the qualities that I’m about to describe are the qualities that make it possible to make change happen. And one of these is boundary crossing. I think this is what so, in fact, infuriated the scientists. But I like to cross boundaries. I like to, as I said, talk about things I know nothing about.

I hope that’s my agent,

And I think it’s good to talk about things I know nothing about because I bring a fresh viewpoint to it, you know? I’m able to see the contradiction that you may not be able to see. Like for instance a mime once — or a meme as he called himself. He was a very selfish meme. And he said that I had to show more respect because it took up to 18 years to learn how to do mime properly. And I said, “Well, that’s how you know only stupid people go into it.”

It only takes two years to learn how to talk.

And you know people, this is the problem with quote, objectivity, unquote. When you’re only surrounded by people who speak the same vocabulary as you, or share the same set of assumptions as you, you start to think that that’s reality. Like economists, you know, their definition of rational, that we all act out of our own economic self-interest. Well, look at Michael Hawley, or look at Dean Kamen, or look at my grandmother. My grandmother always acted in other people’s interests, whether they wanted her to or not.

If they had had an Olympics in martyrdom, my grandmother would have lost on purpose.

“No, you take the prize. You’re young. I’m old. Who’s going to see it? Where am I going? I’m going to die soon.”

So that’s one — this boundary crossing, this go-between which — Fritz Lanting, is that his name, actually said that he was a go-between. That’s an actual quality of the trickster. And another is, non-oppositional strategies. And this is instead of contradiction. Where you deny the other person’s reality, you have paradox where you allow more than one reality to coexist, I think there’s another philosophical construction. I’m not sure what it’s called. But my example of it is a sign that I saw in a jewelry store. It said, “Ears pierced while you wait.”

There the alternative just boggles the imagination.

“Oh no. Thanks though, I’ll leave them here. Thanks very much. I have some errands to run. So I’ll be back to pick them up around five, if that’s OK with you. Huh? Huh? What? Can’t hear you.”

is smart luck. That accidents, that Louis Kahn, who talked about accidents, this is another quality of the trickster. The trickster has a mind that is prepared for the unprepared. That, and I will say this to the scientists, that the trickster has the ability to hold his ideas lightly so that he can let room in for new ideas or to see the contradictions or the hidden problems with his ideas. I had no joke for that. I just wanted to put the scientists in their place.

But here’s how I think I like to make change, and that is in making connections. This is what I tend to see almost more than contradictions. Like the, what do you call those toes of the gecko? You know, the toes of the gecko, curling and uncurling like the fingers of Michael Moschen. I love connections. Like I’ll read that one of the two attributes of matter in the Newtonian universe — there are two attributes of matter in the Newtonian universe — one is space occupancy. Matter takes up space. I guess the more you matter the more space you take up, which explains the whole SUV phenomenon.

And the other one though is impenetrability. Well, in ancient Rome, impenetrability was the criterion of masculinity. Masculinity depended on you being the active penetrator. And then, in economics, there’s an active producer and a passive consumer, which explains why business always has to penetrate new markets. Well yeah, I mean why we forced China to open her markets. And didn’t that feel good?

And now we’re being penetrated. You know the biotech companies are actually going inside us and planting their little flags on our genes. You know we’re being penetrated. And I suspect, by someone who actively dislikes us.

That’s the second of the quadruple. Yes of course you got that. Thank you very much. I still have a way to go.

And what I hope to do, when I make these connections, is short circuit people’s thinking. You know, make you not follow your usual train of association, but make you rewire. It literally — when people say about the shock of recognition, it’s literally re-cognition, rewiring how you think — I’m so sorry. I’m getting like the woman in that joke about — have you heard this joke about the woman driving with her mother? And the mother is elderly. And the mother goes right through a red light. And the daughter doesn’t want to say anything. She doesn’t want to be like, “You’re too old to drive.” And the mother goes through a second red light. And the daughter says, as tactfully as possible, “Mom, are you aware that you just went through two red lights?” And the mother says, “Oh! Am I driving?”

And that’s the shock of recognition at the shock of recognition. That completes the quadruple.

I just want to say two more things. One is, another characteristic of trickster is that the trickster has to walk this fine line. He has to have poise. And you know the biggest hurdle for me, in doing what I do, is constructing my performance so that it’s prepared and unprepared. Finding the balance between those things is always dangerous because you might tip off too much in the direction of unprepared. But being too prepared doesn’t leave room for the accidents to happen. I was thinking about what Moshe Safdie said yesterday about beauty because in his book, Hyde says that sometimes trickster can tip over into beauty. But to do that you have to lose all the other qualities because once you’re into beauty you’re into a finished thing. You’re into something that occupies space and inhabits time. It’s an actual thing. And it is always extraordinary to see a thing of beauty. But if you don’t do that, if you allow for the accident to keep on happening, you have the possibility of getting on a wavelength. I like to think of what I do as a probability wave. When you go into beauty the probability wave collapses into one possibility. And I like to explore all the possibilities in the hope that you’ll be on the wavelength of your audience. And the one final quality I want to say about trickster is that he doesn’t have a home. He’s always on the road. I want to say to you Richard, in closing, that in TED you’ve created a home. And thank you for inviting me into it. Thank you very much.

「すべての理論(A theory of everything)」の和訳

普段はめったにしないんですが、私は基本的に自分が何も知らないことについて話すのが好きなんです。そしてもう一つ、私は回復中のナルシストなんです。

実は自分がナルシストだとは気づいていませんでした。ナルシシズムって自分を愛することだと思っていたんですが、ある人が教えてくれました。それには裏側があるんです。自己愛よりも憂鬱なもの、それは報われない自己愛なんです。

私は再発を防ぐ必要があります。でも、自分の独自のコメディのスタイルをどうやってデザインしたかを説明したいと思います。いろいろな形のコメディを試してきたので。最初は即興から始めました。特定の形式の即興、シアターゲームというものです。そのルールは一つだけで、私はそれが社会の倫理として素晴らしいルールだと思っていました。そのルールは、他人の現実を否定することはできず、ただそれに基づいて築くことしかできないというものでした。もちろん、私たちの社会は他人の現実を否定することに満ちています。それはすべて矛盾に関するものであり、だからこそ私は矛盾に非常に敏感なのだと思います。どこにでも矛盾を見ます。

たとえば世論調査です。世論調査で興味深いのは、どの質問に対しても答えがわからないアメリカ人の割合が常に2パーセントであることです。75パーセントのアメリカ人はアラスカがカナダの一部だと思っている。でもアルゼンチンの惨事がIMFの金融政策にどんな影響を与えるかを知らない人はわずか2パーセントです――これは矛盾していますよね。

あるいは、ニューヨークタイムズで読んだ広告。「高級時計を身につけることは、社会におけるあなたの地位を大声で示します。当店で購入することは、良い趣味を大声で叫ぶことです。」

こんなものも見つけました。カリフォルニア・ロイヤーという雑誌に載っていた記事で、きっとエンロンの弁護士向けでしょうね。「刑務所で生き延びるための心得:やってはいけないこと、やるべきこと」なんてね。「難しい言葉は使わない」「リンガフランカを学ぶ」なんて。「リンガ何だ、フランキー」って感じですよね。

そして、数学を知らないのに科学について話すのも矛盾しているかもしれませんね。ちなみに、ディーン・ケーメンが女性やマイノリティが科学や技術の分野に入らない理由に文化的なものがあると指摘してくれて、とても感謝しています。たとえば、私が数学をしない理由は、同時に数学と読み書きを教えられたからです。6歳の時、白雪姫と七人の小人を読んでいると、世界には小人と王子様の二種類の男しかいないことがすぐにわかるんです。そして、王子様を見つける確率は7対1なんですよ。

だから、女の子は数学をやらないんです。あまりにも憂鬱ですから。

もちろん、科学について話すことで、先日もそうでしたが、一部の科学者の激しい怒りを買うかもしれません。ポストモダンという言葉を使ったら、彼らがとても怒ったんです。そのうちの一人は、真剣な議論をしたかったんだと思います。でも、私は真剣な議論には加わりません。議論は全て矛盾に関するものであり、私が疑問を持っている価値観に基づいているからです。

私はニュートン的科学の価値観、つまり合理性に疑問を抱いています。議論では合理的であるべきだとされていますが、合理性はクリスティ・ヘフナーが話していた心と体の分離によって構築されているんです。頭は良いもので、体は悪いものとされる。頭はエゴで、体はイドです。ルネ・デカルトが「我思う、ゆえに我あり」と言ったときの「我」は頭を指します。そして、デビッド・リー・ロスが「Just a Gigolo」で歌った「I ain’t got no body」も同じです。これが合理性を得る方法です。だからこそ、ユーモアの多くは体が頭に対抗するものになっています。トイレユーモアや性的なユーモアがあるのはそのためです。ラズピニ兄弟がリチャードの生殖器を叩くのもその一環です。私たちはその瞬間に笑うんです。なぜなら彼は体そのものだからです。しかし、同時に彼は会議の頭、つまりリーダーでもあるからです。

声(舞台裏):リチャード。
エミリー・レビン:リチャード、私が言ったのは?

リチャード。そうです、しかし彼は会議の頭でもあります。ユーモアのもう一つの方法は、アート・バックワルドのように国家元首に対して風刺を行うことです。体のユーモアほどお金にならないかもしれませんが、それでも私たちがあなたたちを大切にし、愛する理由です。

この国には合理性においても矛盾があります。頭を崇拝する一方で、非常に反知性的です。これは、9月11日の後にニューヨーク・タイムズにアイン・ランド財団が掲載した全面広告を読んで知りました。そこでは、「問題はイラクでもイランでもなく、この国が直面している問題は大学教授とその弟子たちだ」と言っていました。

どれだけの人がそれを読んだかわかりませんが、私はサドマゾヒズムの専門家ではありません。

では、217ページの一部を読んでみましょう。「主人が彼女を痛みを伴って侮蔑的に所有する行為こそ、彼女が望んでいた狂喜だった。ベッドで一緒になるとき、それは当然のこととして、行為の本質が求める通り、暴力の行為だった。それは歯を食いしばり、憎しみに満ちた行為だった。耐えがたいものだった。優しい愛撫ではなく、痛みの波。苦痛が情熱の行為として現れた。」 だからこそ、アラン・グリーンスパン、連邦準備制度理事会議長が、アイン・ランドを自分の知的指導者として挙げているとニューヨーカー誌で読んだときの驚きを想像してみてください。

それはまるで、乳母が実はドミナトリックスだと知るようなものです。

J・エドガー・フーバーがドレスを着ているのを見たのも十分衝撃的でしたが、今度はアラン・グリーンスパンが黒いレザーのコルセットを着ていて、お尻には「インフレを鞭打て」というタトゥーがある姿を想像しなければならないのです。

アイン・ランドは客観主義という哲学で有名です。これはニュートン物理学のもう一つの価値である客観性を反映しています。客観性は基本的に同じS&Mの方法で構築されています。主体が客体を従属させることで自己を主張するのです。自分を能動的な声にし、客体を受動的な無声にします。そのオキシゲンのコマーシャルに興味をそそられました。ご存知かもしれませんが、最近まで多くの病院の新生児室では、男の子のベビーベッドの上には「僕は男の子」、女の子のベビーベッドの上には「これは女の子」と書かれた看板がありました。そうです、受動性が文化的に女の子に投影されていたのです。

そしてこれがまだ続いていることもお話ししましたよね。昨年、Time誌のアンケートでは、男性だけに「嫌いな女性と性行為をしたことがありますか?」と質問されました。ええ、そうです。58%の男性が「はい」と答えました。ただし、これは誇張されていると思います。多くの男性は「セックスしたことありますか?」と聞かれると、「はい!」と答えます。残りの質問を待たずにです。そして、2%は性行為をしたかどうか知らないと答えました。これが私の四重の試みの最初のリフレインです。

さて、この主客の関係というものには非常に興味があります。正直に言って、だからこそ私は政治的正しさを信じています。ええ、時には行き過ぎることもあります。例えば、リングリング・ブラザーズがニューヨーク・タイムズ・マガジンに出した広告、「私たちはアジア象のパートナーに対して生涯にわたる感情的および財政的なコミットメントを持っています。」これはちょっと行き過ぎかもしれません。でも、人種の違いがある場合、色の違う人が白人をからかうのと、白人が色の違う人をからかうのは同じではないと思います。同様に、女性が男性をからかうのと、男性が女性をからかうのも同じではないし、貧しい人が金持ちをからかうのと、金持ちが貧しい人をからかうのも同じではないと思います。持つ者をからかうのは良いけれど、持たざる者をからかうのは違うということです。だから、ケネス・レイとその魅力的な妻をからかうことはしません。家が4軒しかないことが何が面白いんですか?

この教訓を本当に学んだのは、クリントン政権のセックススキャンダルの時です。私はそれを「懐かしき日々」と呼んでいますが、リベラルだと思っている知人たちがジェニファー・フラワーズやポーラ・ジョーンズをからかっていた時です。基本的に、彼らはトレーラートラッシュやホワイトトラッシュをからかっていたのです。それは無害な偏見のように思えるかもしれませんが、実際には誰も傷つけていないと思うかもしれません。しかし、私はロサンゼルス・タイムズの広告を読んで驚きました。「販売中:ホワイトトラッシュコンパクター」

ユーモアとの関連性があります。私はエイミー・リッチリンという女性が書いた本を読みました。彼女は南カリフォルニア大学の古典学科の主任で、その本は『プリアプスの庭』というタイトルです。彼女は、ローマのユーモアがローマ社会の構造を反映していると言っています。ローマ社会は非常に階層的であり、ある意味では私たちの社会もそうです。そしてユーモアもそうでした。常にジョークの対象となる「尻」が必要でした。風刺作家のユウェナリスやマルティアリスのように、風刺作家は観客を代表していて、外部の者、つまりその社会的地位を共有しない人々を笑いものにしていました。そして、スタンドアップコメディにおいても、コメディアンは観客を支配することが求められます。多くの野次は、コメディアンが野次を飛ばす者に打ち勝ち、支配できるかどうかの緊張感の中で行われます。私はスタンドアップをやっていた時にそれが得意になりましたが、いつもそれが嫌いでした。なぜなら、それはやり取りの条件を彼らが決めているのと同じで、真剣な議論に巻き込まれると、議論の内容がある程度決まってしまうからです。そして私は、それがない形を探していました。もっとインタラクティブなものが欲しかったのです。この言葉は今やインターネットマーケティングによって使い古されていますが。本当に昔のテレマーケターが懐かしいです。少なくとも昔は勝つ可能性がありました。彼らに電話を切ったこともありますが、『ディア・アビー』でそれが無礼だと読んだので、次に電話がかかってきた時には途中まで聞いてから「あなた、セクシーに聞こえるよ」と言いました。すると、彼が電話を切りました!

私がやりたいことは、相手がどう反応するかを形作りつつ、こちらもその経験を形作ることです。そして、それが本当に私が探しているものでした。自分が何をしているのかを分析し始めたとき、ルイス・ハイドの『トリックスターがこの世界を作る』という本を読みました。それはまるで心理分析を受けているようでした。彼はすべてを説明してくれました。そしてこの会議に来たとき、ここにいるほとんどの人が同じ特質を共有していることに気づきました。トリックスターとは、変化を起こすエージェントなのです。これから説明する特質が、変化を可能にするものです。その一つが境界を越えることです。これが科学者たちを激怒させた理由だと思いますが、私は境界を越えるのが好きです。知らないことについて話すのが好きです。

希望が私のエージェントであることを。

そして、私は何も知らないことについて話すのが良いと思います。なぜなら、新しい視点を提供できるからです。例えば、あるときマイム(彼自身はミームと呼んでいましたが、非常に利己的なミームでした)が、「マイムを正しく学ぶには最大で18年かかるんだ。もっと敬意を払うべきだ」と言いました。そして私は、「それはバカな人しかやらない証拠だ」と言いました。

話すことを学ぶのにはたった2年しかかからないのです。

このことが、いわゆる「客観性」の問題点です。同じ語彙を話し、同じ前提を共有する人たちに囲まれていると、それが現実だと思い始めます。例えば、経済学者たちの「合理的」という定義。彼らは皆が経済的な自己利益のために行動すると考えます。では、マイケル・ホーリーやディーン・ケーメン、あるいは私の祖母を見てみましょう。私の祖母は、他人の利益のためにいつも行動していました。彼らが望んでいようといまいと。

もし自己犠牲のオリンピックがあったら、私の祖母はわざと負けるでしょう。

「いや、あなたが賞を取って。あなたは若い。私は年老いている。誰がそれを見るのか?どこに行くのか?私はもうすぐ死ぬのだから。」

これが一つの例です。この境界を越えること、つまり仲介者の役割です。フリッツ・ランティング、彼の名前がそうですか?彼自身が仲介者であると言いました。これはトリックスターの特性の一つです。そしてもう一つは、非対立的な戦略です。矛盾ではなく、他人の現実を否定せずに複数の現実を共存させるパラドックスです。これはもう一つの哲学的な構築法だと思います。正確な名称はわかりませんが、その例として、宝石店で見かけた看板があります。それには「耳を開けるまで待ちなさい」と書かれていました。

その代替案は想像を絶するものです。

「ああ、いや、大丈夫です。ここに置いておきますね。どうもありがとう。いくつか用事があるので、5時頃に取りに戻ります。それで大丈夫ですか?え?何?聞こえないよ。」

これは「スマートな幸運」です。ルイ・カーンが語ったように、偶然というものです。これもトリックスターの特性の一つです。トリックスターは予期しないことに備える頭を持っています。そして、科学者の皆さんに言いたいのですが、トリックスターは自分のアイデアを軽く持つ能力を持っていて、新しいアイデアを受け入れたり、自分のアイデアに潜む矛盾や問題点を見つけることができるのです。この点については冗談はありません。ただ、科学者をその場に置きたかっただけです。

でも、私が変化を起こすのが好きな方法は、つながりを作ることです。これは私が矛盾よりもよく見るものです。例えば、ゲッコーの指のようなもの。ゲッコーの指がマイケル・モーシェンの指のようにカールして解ける。私はつながりが大好きです。例えば、ニュートンの宇宙における物質の二つの属性の一つを読むとします。ニュートンの宇宙における物質の二つの属性の一つは、空間占有です。物質は空間を占有します。つまり、あなたが重要であればあるほど、あなたが占有する空間は大きくなるということです。これがSUV現象の全体を説明しています。

もう一つの属性は、貫通不可能性です。古代ローマでは、貫通不可能性が男性性の基準でした。男性性は、アクティブな貫通者であることに依存していました。そして、経済学では、アクティブな生産者とパッシブな消費者が存在します。これが、ビジネスが常に新しい市場を開拓しなければならない理由を説明しています。そう、つまり、私たちが中国に市場を開かせた理由です。そして、それは良い気分でしたよね?

そして今や我々は侵入されているのです。バイオテクノロジー企業が実際に私たちの体内に入り込み、私たちの遺伝子に小さな旗を立てているのです。私たちは侵入されているのです。そして、おそらく私たちを嫌っている誰かによって。

これは四重奏の第二楽章です。はい、もちろん皆さんは理解していますね。ありがとうございます。まだ先は長いです。

私がこれらのつながりを作るときに望んでいるのは、人々の思考をショートさせることです。通常の連想の列車を追わずに、再配線させることです。それは文字通り、人々が「認識の衝撃」について言うとき、それは文字通り再認識、思考の再配線です。申し訳ありません。あのジョークに出てくる女性のようになってしまいました。母親と一緒に運転している女性のジョークを聞いたことがありますか?母親は年老いていて、赤信号をそのまま通り過ぎてしまいます。娘は何も言いたくありません。「あなたは運転するには年を取りすぎている」と言いたくないのです。母親は二つ目の赤信号も通り過ぎます。娘はできるだけ丁寧に、「お母さん、今赤信号を二つ通り過ぎたのに気づいている?」と言います。すると母親は「え?私が運転しているの?」と言うのです。

そして、それが認識の衝撃の認識の衝撃です。それで四重奏が完了です。

あと二つだけ言いたいことがあります。一つは、トリックスターのもう一つの特性は、細い線を歩かなければならないということです。彼はバランスを保たなければなりません。私がやっていることの最大の障害は、パフォーマンスを準備と未準備のバランスを見つけることです。これらのバランスを取ることは常に危険です。なぜなら、未準備の方向に傾きすぎる可能性があるからです。しかし、準備しすぎると事故が起こる余地がなくなります。昨日、モーシェ・サフディが美について話していたことを考えていました。ハイドの本では、時々トリックスターが美に傾くことができると言っています。しかし、それをするには他の特性をすべて失わなければなりません。なぜなら、美に入るとそれは完成されたものになるからです。それは空間を占め、時間を持つ実体となります。そして、美しいものを見ることは常に素晴らしいことです。しかし、それをしないと、事故が続く可能性があり、あなたの観客と同じ波長に乗る可能性があるのです。私がやっていることを確率の波として考えるのが好きです。美に入ると、確率の波は一つの可能性に収束します。そして、私はすべての可能性を探求し、観客の波長に合うことを望んでいます。そして、トリックスターの最後の特性として、彼には家がないということです。彼は常に旅に出ています。リチャードさん、最後に言いたいのは、TEDであなたは家を作り上げました。そして、私をその家に招待してくれてありがとう。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました