アデオラ・ファイェフンが語る アフリカの腐敗と未来への提言

社会

“Africa is like a sleeping giant,” says journalist and satirist Adeola Fayehun at the beginning of this hilarious, incisive talk. “The truth is I am trying to wake up this giant. That’s why I air the dirty laundry of those in charge.” Follow along as she roasts corrupt African officials and shows why the continent already has all it needs to take its rightful place on the world stage — if only leaders would start taking responsibility.

「アフリカは眠る巨人のようなものです」と、ジャーナリスト兼風刺家のアデオラ・ファイユンがこの笑えるほど鋭いトークの冒頭で言います。

「実のところ、私はこの巨人を目覚めさせようとしています。それが私が指導者たちの汚い衣類を公にする理由です。」腐敗したアフリカの公務員を風刺しながら、アフリカが世界の舞台で正当な地位を取るために必要なものはすでに揃っていることを示す彼女のトークについてご一緒に見ていきましょう。

タイトル Africa is a sleeping giant — I’m trying to wake it up
アフリカは眠れる巨人、私はそれを目覚めさせようとしています
スピーカー アデオラ・ファイユン
アップロード 2020/07/28
スポンサーリンク

「アフリカは眠れる巨人 — 私はそれを目覚めさせようとしています(Africa is a sleeping giant — I’m trying to wake it up)」

要約

私の名前はアデオラ・ファイェフン、ナイジェリア出身で現在アメリカに住んでいます。私はジャーナリスト、コメディアン、風刺作家として、「Keeping It Real with Adeola」というYouTube番組をホストしています。今回は、私がTEDトークに立った経験とその内容についてお話ししたいと思います。

 番組の目的

私の番組「Keeping It Real with Adeola」では、アフリカの腐敗した指導者たちをやんわりと、しかし率直に批判しています。例えば、ナイジェリアのブハリ大統領が「妻は私のキッチンに属している」と発言した時のことを取り上げました。このような指導者たちの失敗を指摘し、彼らの偽善を暴き出すことが目的です。

アフリカの潜在力

アフリカは巨大な大陸であり、スキル、知識、自然資源が豊富です。実際、アフリカは世界の金、マンガン、ウランの31%、ダイヤモンドの57%、石油の13%を供給しています。これだけの資源があるにもかかわらず、私たちはしばしば援助や借金に依存しています。優れた指導者がいなければ、私たちは飛べることさえ知らないワシのようなものです。私はこの眠れる巨人を目覚めさせたいと思っています。

指導者への批判

私は尊敬を持って指導者たちを批判していますが、偽善と偽りの約束にはうんざりです。例えば、ナイジェリアの大統領は病院を修理すると約束しましたが、自身はロンドンで治療を受けました。ナイジェリアの医師たちは十分な給与を受け取れず、多くが他国で働いています。これは多くのアフリカ諸国で見られる現実です。

アフリカの成功例

アフリカには多くの成功した人物がいます。例えば、ケニアのワンガリ・マータイは100万本の木を植え、人権のために立ち上がり、ノーベル平和賞を受賞しました。ジンバブエのドクター・テレライ・トレントは14歳で結婚させられましたが、独学で読み書きを学び、後にジンバブエで数千人の子供たちのために学校を建てました。さらに、英国の建築家デイビッド・アジャイもガーナ出身で、世界中で素晴らしい建物を設計しています。

アフリカの正しい理解

アフリカは国ではなく大陸であり、54か国あります。アフリカの人々の話を聞き、アフリカの本や映画に触れることで、もっと現実を理解してほしいです。アフリカには豊かな文化と多様性があり、それを知ることが重要です。

文字起こし

What’s up, people? First of all, I cannot believe I’m on TED Talk. This is a big deal. Because right now, everybody in my village is watching this. And so, of course, my bride price just went up.

My name is Adeola Fayehun. I’m from Nigeria. I live in the US, I’m a journalist, or a comedian, or a satirist, anything you want me to be, really. I’m every woman, it’s all in me. I host a YouTube show called “Keeping It Real with Adeola.”

Now this show is a gentle, respectful, and very blunt way of calling out corrupt African leaders.

President Buhari: I don’t know which party my wife belongs to, but she belongs to my kitchen.

Adeola Fayehun: Oh, my God! I need some water — I said I need some water! See? I basically keep it real with them, ha! Especially when they mess up, which is a lot of times. If any African official is watching me, by the way, I’m not talking about you, sir. I’m talking about your colleagues, yes.

I do this because Africa has everything in it to be great. You know, I grew up believing that Africa as a continent is a giant. We’ve got skills, intellectuals, natural resources more than any other continent. Africa supplies 31 percent of the world’s gold, manganese, and uranium, 57 percent of the world’s diamonds, and 13 percent of the world’s oil. We have no reason to depend on aid or borrowing money from China or the World Bank. But without good leaders, we’re like an eagle that has no idea it could fly, let alone soar. Africa is like a sleeping giant.

Now the truth is, I’m trying to wake up this giant, and that’s why I air the dirty laundry of those in charge of the giant. Our politicians, our religious leaders, with huge respect, of course, because more than anything else, African leaders love to be respected. So I give it to them in doses. On my show, I kneel for them — ha! — I call them my uncles, my aunties, my fathers in the lord, and then — I insult them for insulting our intelligence.

And it’s because we are tired of the hypocrisy and false promises. For example, the Nigerian president vowed to end medical tourism by fixing our dilapidated hospitals and building us new ones. But what did he do? He spent three months receiving treatment in London in 2017. We were without a president for three months. We were president-less for three months. So then it becomes my job to call out the President, with respect, of course.

I said, “Ha, Mr. President, it’s your girl, Adeola. You know how I do, how you doing? You have no shame.” I forgot to add “sir.” “Sir, you have no shame.

You have no fear of God. Thirty-five thousand Nigerian doctors are presently working in the US, the UK, and Canada, doing amazing things, because in Nigeria, they are not well-paid, neither do they have the necessary equipment to do the job of being a doctor. And this is happening in many African countries. We have the capacity to fly. But sadly, a lot of African talent is flying straight out of Africa to other continents.

For example, this Nigerian doctor operated on an unborn baby in Texas. Also, this Nigerian doctor discovered the neurological effects of concussion on athletes. And many countries have African athletes winning the gold medal for them. The interesting thing is, we’re waiting for God to fix Africa. Like, for real, it’s not a joke, we are, we’re waiting for God.

I mean, just look at the president of Burundi. He’s jailing journalists and opposition members, but he declared a national day of prayer so that people could pray for God to fix the country. And I’m like, shouldn’t he be fixing the country? Oh, no, no, no, no, no, no. We want God to fix it. Do you see what I have to deal with? I’m telling you, thunder is getting ready to hit these politicians someday.

We are better than this. I want our leaders to start taking responsibility and stop putting everything on God. God has given us everything we need. It’s right here, let’s use it. But here’s the thing, my favorite part of what I do is featuring Africans doing amazing work, ordinary people touching lives. Like this Kenyan woman, Wangari Maathai, the first African woman to receive the Nobel Peace prize, for standing up for human rights and planting a million trees.

Also, this Zimbabwean woman, Dr. Tererai Trent, who was married off at the age of 14 in exchange for a cow. Yet, this woman taught herself to read and write, and she ended up on Oprah’s show. Oh, Father, I want to be on Oprah someday. Today, this woman has built schools for thousands of children in Zimbabwe. Also, popular British architect David Adjaye has designed spectacular buildings around the world. And he’s both Ghanian and Tanzanian, so we know that it has to be the Ghanian Jollof rice, which he ate, that gave him the inspiration to design. Ah, maybe it’s the Nigerian Jollof rice, because the Nigerian one is better.

Anyway, but that is what gave him the inspiration to become the great man that he is today. And while I have your attention, I have one more thing to say, so please move closer. OK, that’s good, don’t get too close, that’s good. I don’t like the way some of you portray Africa. Not all of you, just some of you. You especially. First of all, it’s not a country, it’s a continent. I do not know Paul from Uganda, I don’t know Rebecca from Zimbabwe. Nigeria is as far from Zimbabwe as New York is from France. And it’s not a bunch of naked people in need of Western charity. You have it all wrong. Lions are not roaming our streets, OK? And I could go on, but you already know what I’m talking about.

So while I try to do my job, trying to wake up the sleeping giant, Africa, so she could take her rightful place on the world’s arena, you can do your bit, too. Please listen more. Listen to your African friends without a preconceived notion of what you think that they’re going to say. Read African books. Oh, my God, watch African movies. Or at the very least, learn some of the names of our 54 beautiful countries. That’s right, 54, baby, five-four.

Alright, y’all, it’s been real, and I’m keeping it real right up in here. Until next time, I’m going to see you all later.

和訳

どうも、みなさん!まず、私がTEDトークに出ているなんて信じられません。これは大事なことです。今、私の村のみんながこれを見ているからです。だから当然、私の花嫁価格も上がったでしょう。

私の名前はアデオラ・ファイェフンです。ナイジェリア出身で、現在アメリカに住んでいます。私はジャーナリスト、コメディアン、風刺作家など、何でもこなします。「Keeping It Real with Adeola」というYouTube番組をホストしています。

この番組は、アフリカの腐敗した指導者たちを、やんわりと、しかし非常に率直に批判するものです。

例えば、ブハリ大統領が「私の妻がどの党に属しているかは知らないが、彼女は私のキッチンに属している」と言った時のことを話しましょう。

おっと、水が必要だ――水をくれ!そう、こんな風に彼らを批判します。特に彼らが失敗した時は多いですね。ちなみに、もしアフリカの役人がこれを見ているなら、あなたのことではありませんよ。あなたの同僚のことです。

私がこれをやるのは、アフリカには偉大になるためのすべてがあるからです。私はアフリカが巨大な大陸であると信じて育ちました。スキル、知識、自然資源は他の大陸よりも多いのです。アフリカは世界の金、マンガン、ウランの31%、ダイヤモンドの57%、石油の13%を供給しています。私たちは援助や中国や世界銀行からの借金に依存する必要はありません。しかし、優れた指導者がいなければ、私たちは飛べることさえ知らないワシのようなものです。アフリカは眠れる巨人のようなものです。

私はこの巨人を目覚めさせようとしているのです。それが、私が指導者たちの汚れた洗濯物を空に晒す理由です。私たちの政治家や宗教指導者に対しては、もちろん大いなる敬意を持って行います。何よりもアフリカの指導者たちは尊敬を愛するので、私はそれを少しずつ与えます。私の番組では、彼らに膝をつき、彼らを叔父や叔母、主に仕える父と呼び、そして――彼らが私たちの知性を侮辱するならば、私は彼らを侮辱します。

なぜなら、私たちは偽善と偽りの約束に疲れているからです。例えば、ナイジェリアの大統領は、私たちのボロボロの病院を修理し、新しい病院を建てることで医療観光を終わらせると誓いました。しかし、彼が何をしたかというと、2017年にロンドンで3か月間治療を受けました。私たちは3か月間、大統領なしで過ごしました。そこで、私は尊敬の意を持って大統領を批判することになります。

「ハ、大統領、私です、アデオラ。どうですか?恥を知りませんね。」私は「様」を付け忘れました。「様、恥を知りませんね。神を恐れませんね。現在、35,000人のナイジェリアの医師が米国、英国、カナダで素晴らしい仕事をしています。なぜなら、ナイジェリアでは十分な給与を受け取れず、医師として必要な設備もないからです。これは多くのアフリカ諸国で起きています。私たちは飛ぶ能力を持っていますが、残念ながら多くのアフリカの才能は他の大陸へと飛び去っています。

例えば、テキサスで未出生児の手術を行ったナイジェリアの医師もいます。また、スポーツ選手の脳震盪の神経学的影響を発見したナイジェリアの医師もいます。多くの国でアフリカのアスリートが金メダルを獲得しています。興味深いことに、私たちはアフリカを神が修復してくれるのを待っています。本気です。冗談ではありません、私たちは本当に待っています。

ブルンジの大統領を見てください。彼はジャーナリストや反対派を投獄していますが、国を修復するために祈るための国家的な祈りの日を宣言しました。そして、私は思うのです。彼自身が国を修復するべきではないのかと。しかし、そうではありません。私たちは神がそれを修復してくれるのを待っています。見てください、私が対処しなければならないことを。雷がいつかこれらの政治家を打つことでしょう。

私たちはこれ以上の存在です。指導者たちが責任を取り、すべてを神に押し付けるのをやめてほしいのです。神は私たちに必要なものすべてを与えてくれました。それはここにあります。それを使いましょう。しかし、私が最も好きなことは、素晴らしい仕事をしているアフリカの人々を紹介することです。普通の人々が人生に触れる瞬間です。例えば、ケニアの女性ワンガリ・マータイは人権のために立ち上がり、100万本の木を植えた最初のアフリカ女性としてノーベル平和賞を受賞しました。

また、ジンバブエの女性ドクター・テレライ・トレントは14歳で牛と引き換えに結婚させられましたが、読み書きを独学し、オプラ・ウィンフリーの番組に出演しました。今日、この女性はジンバブエで数千人の子供たちのために学校を建てました。さらに、有名な英国の建築家デイビッド・アジャイは、世界中で素晴らしい建物を設計しました。彼はガーナとタンザニアの出身で、ガーナのジョロフライスが彼にインスピレーションを与えたのです。ああ、もしかしたらナイジェリアのジョロフライスかもしれません。なぜならナイジェリアのジョロフライスの方が美味しいですから。

さて、皆さんにもう一つ伝えたいことがありますので、少し近づいてください。そう、そのくらいでいいです、あまり近づきすぎないでくださいね。一部の人々がアフリカをどのように描写しているのか好きではありません。全員ではありませんが、一部の人々です。特にあなたです。まず、アフリカは国ではなく、大陸です。私はウガンダのポールを知りませんし、ジンバブエのレベッカも知りません。ナイジェリアはジンバブエからニューヨークがフランスから遠いのと同じくらい遠いのです。そして、裸で西洋の慈善を必要としている人々の集まりではありません。ライオンが私たちの通りを歩いているわけではありません。皆さんはすでに何のことを言っているかわかっていますね。

私がアフリカを目覚めさせようとしている間に、あなたもできることがあります。もっと耳を傾けてください。アフリカの友人たちが何を言うか予想せずに話を聞いてください。アフリカの本を読み、アフリカの映画を見てください。少なくとも、私たちの美しい54か国の名前をいくつか覚えてください。そうです、54か国です。

みなさん、今日はここまでです。次回までお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました