モノトニーとの戦い:人類の革新が築く新たな宇宙

宇宙

Theoretical physicist David Deutsch delivers a mind-bending meditation on the “great monotony” — the idea that nothing novel has appeared in the universe for billions of years — and shows how humanity’s capacity to create explanatory knowledge could be the thing that bucks this trend. “Humans are not playthings of cosmic forces,” he says. “We are users of cosmic forces.”

理論物理学者のデイヴィッド・ドイチュは、「偉大な単調さ」という考えについて、それが何十億年もの間、宇宙に新しいものが現れないというアイデアについて、心を揺さぶる瞑想を行い、人類の説明的知識を創造する能力がこの傾向を打破するものであることを示します。

「人間は宇宙の力の道具ではない」と彼は言います。「私たちは宇宙の力の使用者です。」

タイトル
After billions of years of monotony, the universe is waking up
何十億年もの単調さを経て宇宙は目覚めつつあります
スピーカー デイヴィッド・ドイチュ
アップロード 2019/11/06

「何十億年もの単調さを経て宇宙は目覚めつつあります(After billions of years of monotony, the universe is waking up)」の文字起こし

I’m thrilled to be talking to you by this high-tech method.

Of all humans who have ever lived, the overwhelming majority would have found what we are doing here incomprehensible, unbelievable.

Because, for thousands of centuries, in the dark time before the scientific revolution and the Enlightenment, people had low expectations. For their lives, for their descendants’ lives.

Typically, they expected nothing significantly new or better to be achieved, ever. This pessimism famously appears in the Bible, in one of the few biblical passages with a named author.

He’s called Qohelet, he’s an enigmatic chap. He wrote, “What has been is what will be, and what has been done is what will be done; there is nothing new under the sun. Is there something of which it is said, ‘Look, this is new.’ No, that thing was already done in the ages that came before us.”

Qohelet was describing a world without novelty.

By novelty I mean something new in Qohelet’s sense, not merely something that’s changed, but a significant change with lasting effects, where people really would say, “Look, this is new,” and, preferably, “good.”

So, purely random changes aren’t novelty. OK, Heraclitus did say a man can’t step in the same river twice, because it’s not the same river, he’s not the same man.

But if the river is changing randomly, it really is the same river. In contrast, if an idea in a mind spreads to other minds, and changes lives for generations, that is novelty.

Human life without novelty is life without creativity, without progress. It’s a static society, a zero-sum game.

That was the living hell in which Qohelet lived. Like everyone, until a few centuries ago.

It was hell, because for humans, suffering is intimately related to staticity. Because staticity isn’t just frustrating.

All sources of suffering — famine, pandemics, incoming asteroids, and things like war and slavery, hurt people only until we have created the knowledge to prevent them.

There’s a story in Somerset Maugham’s novel “Of Human Bondage” about an ancient sage who summarizes the entire history of mankind as, “He was born, he suffered and he died.” And it goes on: “Life was insignificant and death without consequence.”

And indeed, the overwhelming majority of humans who have ever lived had lives of suffering and grueling labor, before dying young and in agony.

And yes, in most generations nothing had any novel consequence for subsequent generations.

Nevertheless, when ancient people tried to explain their condition, they typically did so in grandiose cosmic terms.

Which was the right thing to do, as it turns out. Even though their actual explanations, their myths, were largely false.

Some tried to explain the grimness and monotony of their world in terms of an endless cosmic war between good and evil, in which humans were the battleground.

Which neatly explained why their own experience was full of suffering, and why progress never happened.

But it wasn’t true. Amazingly enough, all their conflict and suffering were just due to the way they processed ideas. Being satisfied with dogma, and just-so stories, rather than criticizing them and trying to guess better explanations of the world and of their own condition. Twentieth-century physics did create better explanations, but still in terms of a cosmic war. This time, the combatants were order and chaos, or entropy. That story does allow for hope for the future. But in another way, it’s even bleaker than the ancient myths, because the villain, entropy, is preordained to have the final victory, when the inexorable laws of thermodynamics shut down all novelty with the so-called heat death of the universe.

Currently, there’s a story of a local battle in that war, between sustainability, which is order, and wastefulness, which is chaos — that’s the contemporary take on good and evil, often with the added twist that humans are the evil, so we shouldn’t even try to win. And recently, there have been tales of another cosmic war, between gravity, which collapses the universe, and dark energy, which finally shreds it. So this time, whichever of those cosmic forces wins, we lose.

All those pessimistic accounts of the human condition contain some truth, but as prophecies, they’re all misleading, and all for the same reason. None of them portrays humans as what we really are. As Jacob Bronowski said, “Man is not a figure in the landscape — he is the shaper of the landscape.” In other words, humans are not playthings of cosmic forces, we are users of cosmic forces. I’ll say more about that in a moment, but first, what sorts of thing create novelty?

Well, the beginning of the universe surely did. The big bang, nearly 14 billion years ago, created space, time and energy, everything physical. And then, immediately, what I call the first era of novelty, with the first atom, the first star, the first black hole, the first galaxy. But then, at some point, novelty vanished from the universe. Perhaps from as early as 12 or 13 billion years ago, right up to the present day, there’s never been any new kind of astronomical object. There’s only been what I call the great monotony.

So, Qohelet was accidentally even more right about the universe beyond the Sun than he was about under the Sun. So long as the great monotony lasts, what has been out there really is what will be. And there is nothing out there of which it can truly be said, “Look, this is new.” Nevertheless, at some point during the great monotony, there was an event — inconsequential at the time, and even billions of years later, it had affected nothing beyond its home planet — yet eventually, it could cause cosmically momentous novelty.

That event was the origin of life: creating the first genetic knowledge, coding for biological adaptations, coding for novelty. On Earth, it utterly transformed the surface. Genes in the DNA of single-celled organisms put oxygen in the air, extracted CO2, put chalk and iron ore into the ground, hardly a cubic inch of the surface to some depth has remained unaffected by those genes.

The Earth became, if not a novel place on the cosmic scale, certainly a weird one. Just as an example, beyond Earth, only a few hundred different chemical substances have been detected. Presumably, there are some more in lifeless locations, but on Earth, evolution created billions of different chemicals. And then the first plants, animals, and then, in some ancestor species of ours, explanatory knowledge. For the first time in the universe, for all we know. Explanatory knowledge is the defining adaptation of our species. It differs from the nonexplanatory knowledge in DNA, for instance, by being universal. That is to say, whatever can be understood, can be understood through explanatory knowledge. And more, any physical process can be controlled by such knowledge, limited only by the laws of physics. And so, explanatory knowledge, too, has begun to transform the Earth’s surface. And soon, the Earth will become the only known object in the universe that turns aside incoming asteroids instead of attracting them.

Qohelet was understandably misled by the painful slowness of progress in his day. Novelty in human life was still too rare, too gradual, to be noticed in one generation. And in the biosphere, the evolution of novel species was even slower. But both things were happening. Now, why is there a great monotony in the universe at large, and what makes our planet buck that trend? Well, the universe at large is relatively simple. Stars are so simple that we can predict their behavior billions of years into the future, and retrodict how they formed billions of years ago. So why is the universe simple? Basically, it’s because big, massive, powerful things strongly affect lesser things, and not vice versa. I call that the hierarchy rule. For example, when a comet hits the Sun, the Sun carries on just as before, but the comet is vaporized. For the same reason, big things are not much affected by small parts of themselves, i.e., by details. Which means that their overall behavior is simple. And since nothing very new can happen to things that remain simple, the hierarchy rule, by causing large-scale simplicity, has caused the great monotony.

But, the saving grace is the hierarchy rule is not a law of nature. It just happens to have held so far in the universe, except here. In our biosphere, molecule-sized objects, genes, control vastly disproportionate resources. The first genes for photosynthesis, by causing their own proliferation, and then transforming the surface of the planet, have violated or reversed the hierarchy rule by the mind-blowing factor of 10 to the power 40. Explanatory knowledge is potentially far more powerful because of universality, and more rapidly created. When human knowledge has achieved a factor 10 to the 40, it will pretty much control the entire galaxy, and will be looking beyond. So humans, and any other explanation creators who may exist out there, are the ultimate agents of novelty for the universe.

We are the reason and the means by which novelty and creativity, knowledge, progress, can have objective, large-scale physical effects. From the human perspective, the only alternative to that living hell of static societies is continual creation of new ideas, behaviors, new kinds of objects.

This robot will soon be obsolete, because of new explanatory knowledge, progress. But from the cosmic perspective, explanatory knowledge is the nemesis of the hierarchy rule. It’s the destroyer of the great monotony.

So it’s the creator of the next cosmological era, the Anthropocene. If one can speak of a cosmic war, it’s not the one portrayed in those pessimistic stories. It’s a war between monotony and novelty, between stasis and creativity.

And in this war, our side is not destined to lose. If we choose to apply our unique capacity to create explanatory knowledge, we could win. Thanks.

「何十億年もの単調さを経て宇宙は目覚めつつあります(After billions of years of monotony, the universe is waking up)」の和訳

このハイテク手法で皆さんとお話しできることをとても嬉しく思います。

人類の歴史上、ここで私たちがしていることを理解できると感じる人はほとんどいないでしょう。信じられないと思う人がほとんどでしょう。

何千世紀もの間、科学革命や啓蒙時代の前の暗黒の時代に、人々は期待を抱いていませんでした。彼らの生活や子孫の生活に対して。

一般的に、彼らは何も新しいことや良いことが実現されることを期待していませんでした。これまでにないものが、いつか生まれるとは思われていませんでした。この悲観主義は、聖書において有名なほど顕著に現れています。

その中で名前のある著者がいる数少ない聖書の箇所の1つで表れています。彼の名前は「コヘレト」といいます。彼は謎めいた人物です。彼は次のように書いています。「これからも過去のように。過去にされたことはこれからもされる。何も新しいものは太陽の下にはない。『見よ、これが新しいものだ』と言われるものがあるか。いや、そのようなものはすでに私たちの前に来た時代において行われた。」

コヘレトは新しさのない世界を描写していました。

ここでの新しさとは、単なる変化ではなく、持続的な影響を与える重要な変化のことです。人々が本当に「見よ、これが新しいものだ」と言うような、できれば「良い」変化です。

したがって、単なる偶然の変化は新しさではありません。ヘラクレイトスは、同じ川に二度踏み入ることはできないと言いました。それは同じ川ではなく、彼も同じ人間ではないからです。

しかし、もし川が無作為に変化しているのであれば、それは実際に同じ川です。一方、ある考えが一つの心から他の心に広がり、何世代にもわたって人々の生活を変える場合、それこそが新しさです。

新しさのない人生は、創造性も進歩もない人生です。それは静的な社会であり、ゼロサムのゲームです。

それは、コヘレトが生きた生き地獄でした。そして、それは数世紀前までの誰もがそうでした。

それは地獄だったのです。なぜなら、人間にとって苦しみは静的性と密接に関連しているからです。静的性は単なるイライラだけではありません。

すべての苦しみの源、飢餓、パンデミック、落下する小惑星、そして戦争や奴隷制などのものは、それらを防ぐための知識を作成するまでの間、人々を傷つけるだけです。

サマセット・モームの小説「人間の絆」には、全ての人類の歴史を要約した古代の賢人に関する物語があります。「彼は生まれ、彼は苦しみ、彼は死んだ。」と続きます。「人生は取るに足りなく、死は何の結果ももたらさなかった。」

実際、人類の圧倒的な大多数は、苦しみと骨の折れる労働の中で生き、若くて苦しんで死にました。

そして、ほとんどの世代では、何も新しい結果を次の世代にもたらしませんでした。

それにもかかわらず、古代の人々が自分たちの状況を説明しようとするとき、彼らは一般的に壮大な宇宙的な用語で行いました。

それが正しいことでした。実際、彼らの実際の説明、彼らの神話はほとんど間違っていました。

彼らの世界の冷酷さと単調さを、善と悪の無限の宇宙的な戦いの中で、人間が戦場であるという形で説明しようとした人もいました。

それは彼ら自身の経験が苦しみに満ちている理由、そしてなぜ進歩が起こらないのかをきちんと説明していました。

しかし、それは真実ではありませんでした。驚くべきことに、彼らのすべての紛争と苦しみは、アイデアを処理する方法に起因していました。ドグマや説明不足の物語に満足するのではなく、それらを批判し、世界や自らの状況についてより良い説明を推測しようとすることがありませんでした。20世紀の物理学はより良い説明を生み出しましたが、それでも宇宙的な戦いの観点からです。この場合、戦闘員は秩序と混沌、またはエントロピーでした。この物語は将来に希望を持たせることができます。しかし、別の観点から見ると、古代の神話よりもさらに暗いです。なぜなら、悪役であるエントロピーが最終的な勝利を手にすることが予定されており、熱力学の法則が宇宙の熱死と呼ばれるもので新しさをすべて停止させるからです。

現在、その戦争の現地の戦いの物語があります。秩序である持続可能性と、混沌である無駄遣いの間の戦いです。これが善と悪の現代の見方であり、しばしば人間が悪であるという付加的なひねりが加えられます。そして最近、宇宙的な別の戦いの物語があります。宇宙を収束させる重力と、最終的にそれを引き裂く暗黒エネルギーの間の戦いです。したがって、今回はどちらの宇宙的な力が勝っても、私たちは負けます。

人間の状態に関するこれらの悲観的な説明にはいくつかの真実が含まれていますが、予言としてはすべて誤解を招くものであり、その理由はすべて同じです。どれも、人間を本当の姿として描写していません。ジェイコブ・ブロノウスキーが言ったように、「人間は風景の中の一部ではない – 彼は風景を形作る者なのです」。言い換えれば、人間は宇宙の力の遊び道具ではなく、宇宙の力の使用者なのです。それについてもう少し説明しますが、まず、どのようなことが新しさを生み出すのでしょうか。

まず、宇宙の始まりは確かにそうでした。約140億年前のビッグバンは、空間、時間、エネルギー、すべての物理的なものを創造しました。そして、すぐに、私が最初の新奇さの時代と呼ぶものが始まりました。最初の原子、最初の星、最初のブラックホール、最初の銀河が生まれました。しかし、ある時点で、宇宙から新奇さが消えてしまいました。おそらく120億または130億年前から、現在に至るまで、新しい種類の天体は一つもありませんでした。それは私が偉大な単調さと呼ぶものしかありませんでした。

したがって、クヘレは太陽の下だけでなく、太陽の向こうにある宇宙に関しても誤ってより正確でした。偉大な単調さが続く限り、そこにあるものは本当に何ものも新しいとは言えません。それにもかかわらず、偉大な単調さの中で、ある時点で出来事が起きました。当時は些細なことであり、数十億年後にもその出来事がその母惑星を超えて何も変化をもたらさなかったかもしれませんでしたが、最終的には宇宙的に重要な新しさをもたらす可能性がありました。

その出来事が生命の起源でした:最初の遺伝子情報の創造、生物学的適応のためのコード化、新奇さのためのコード化。地球上では、それが地表を完全に変えました。単細胞生物のDNAの遺伝子が空気中に酸素を供給し、二酸化炭素を抽出し、地中にチョークや鉄鉱石を置いたため、表面の一立方インチでもいくらかの深さまで、その遺伝子によって影響を受けない場所はほとんどありませんでした。

地球は、宇宙の規模では新しい場所になったわけではありませんが、確かに奇妙な場所になりました。例えば、地球の外では、数百種類の化学物質しか検出されていません。おそらく、無生物の場所にはそれ以上の化学物質が存在するでしょうが、地球上では進化が何十億もの異なる化学物質を創造しました。そして最初の植物、動物、そして、私たちのいくつかの祖先種の中で説明的知識が生まれました。宇宙の中で初めてです。説明的知識は、私たちの種の特性適応です。たとえば、DNA内の非説明的知識とは異なり、普遍的であるという点で異なります。つまり、理解できるものはすべて、説明的知識を介して理解できます。さらに、どんな物理的なプロセスでも、物理法則に制限される限り、その知識によって制御できます。そして、説明的知識もまた、地球の表面を変え始めました。そして間もなく、地球は入ってくる小惑星を引き寄せるのではなく、そらしてしまう宇宙で唯一の知られた物体になるでしょう。

コヘレトは、彼の時代における進歩の痛みの遅さから、当然誤解されました。人生における新奇さはまだあまりにも稀であり、また、一世代で気付かれるほど急速ではありませんでした。また、生物圏では、新種の進化もさらに遅いものでした。しかし、両方のことが起こっていました。では、なぜ宇宙全体には大きな単調さがあり、それに対して私たちの惑星はなぜその傾向に反するのでしょうか?まず、宇宙全体が比較的単純なのはなぜでしょうか。星は非常に単純であり、何十億年先の彼らの挙動を予測し、何十億年前にどのように形成されたかを逆算できます。ではなぜ宇宙は単純なのでしょうか?基本的には、大きく、重く、強力な物体がより小さな物体に強く影響を与え、その逆ではないためです。それを私は階層規則と呼んでいます。たとえば、彗星が太陽に衝突すると、太陽は以前と同じように進みますが、彗星は蒸発します。同じ理由で、大きなものは自分自身の小さな部分、つまり詳細にあまり影響を受けません。これは、彼らの全体的な振る舞いが単純であることを意味します。そして、単純なものにはほとんど新しいことが起こらないので、階層規則は、大規模な単純性を引き起こすことで、大きな単調さを引き起こしました。

しかし、救いは階層規則が自然法則ではないことです。それは、ここまで宇宙で続いてきただけのことですが、ここではそうではありません。私たちの生物圏では、分子サイズの物体である遺伝子が非常に不釣り合いなリソースを制御しています。光合成の最初の遺伝子は、その自己増殖を引き起こし、そして惑星の表面を変容させることによって、10の40乗の心を揺さぶる因子で階層規則を破ったり逆転させたりしました。説明的知識は、普遍性のために遥かに強力であり、より迅速に作成されます。人間の知識が10の40乗の因子を達成すると、それはほぼ全銀河を制御し、さらに先を見ているでしょう。したがって、人間や宇宙に存在する他の説明的創造者は、宇宙の究極の新奇さの主体です。

私たちは新奇さや創造性、知識、進歩が客観的で大規模な物理的影響を持つ理由であり手段です。人間の観点から見れば、静的な社会のそのような生活地獄に対する唯一の選択肢は、新しい考え方、行動、新しい種類の物体の継続的な創造です。

このロボットは新しい説明的知識、進歩によってすぐに時代遅れになります。しかし、宇宙の観点から見れば、説明的知識は階層規則の天敵です。それは大単調さの破壊者です。

したがって、これは次の宇宙時代、人類時代の創造者です。もし宇宙戦争について語ることができるなら、それは悲観的な物語で描かれるものではありません。それは単調さと新奇さ、停滞と創造性の間の戦いです。

そして、この戦争で、私たちの側は敗北する運命にはありません。私たちの唯一の能力、説明的知識を創造することを選択すれば、私たちは勝つことができます。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました