アイ・ウェイウェイの芸術と社会批判が描く中国の未来

The news that Chinese artist Ai Weiwei has been detained by authorities has prompted significant concern here at TED-HQ. We had shown a film of him at last month’s conference, an unexpected and courageous statement about his treatment by the government, social change, the power of the web, and his hope for the future of China. The film, which was shown as Ai Weiwei himself watched live over the web in the middle of the night, prompted a huge standing ovation from the TED audience.

TED本部では、中国のアーティスト、アイ・ウェイウェイ氏が当局に拘束されたというニュースについて、大きな懸念があります。

先月のカンファレンスで彼の映画を上映しましたが、それは政府による彼の扱い、社会の変化、ウェブの力、そして彼が中国の未来に対する希望についての意外で勇敢な声明でした。アイ・ウェイウェイ氏自身が夜中に生中継で映画を見ている最中に、TEDの観客からは大きなスタンディングオベーションが送られました。

タイトル Ai Weiwei detained. Here is his TED film
アイ・ウェイウェイ氏が拘束された。こちらが彼のTEDフィルムです
スピーカー アイ・ウェイウェイ
アップロード 2011/04/05

「アイ・ウェイウェイ氏が拘束された。こちらが彼のTEDフィルムです(Ai Weiwei detained. Here is his TED film)」の文字起こし

Ai Weiwei is recognized broadly as one of the world’s great artists. I’m going to show some of his works of art.

This is the Sunflower Exhibition currently at the Tate. There are more than 100 million seeds there, each of them actually its own work of art created by hundreds of artisans over many months.

And there’s the beautiful Bird’s Nest Stadium, the centerpiece of the Beijing Olympics.

In recent years, Ai Weiwei has become increasingly critical of the Chinese government and has faced consequences for that. He’s had exhibitions canceled, faced beatings, and his beautiful new studio in Shanghai was bulldozed on January 11th.

We’d invited him to come and speak here, but because of his current circumstances, he couldn’t come. However, he was able to get to us a secretly recorded talk on video.

TED is a nonpartisan organization. We have no formal stance for and against the Chinese government, and we’ve had plenty of talks here in the past that have celebrated the astonishing things happening in China, including the largest escape from poverty of more people than any other time in human history.

But we are proud to present the personal statement of a courageous artist.

“My name is Ai Weiwei. I’m based in Beijing. I’m an artist. My work relates to art shows, communications through internet, architecture, design, and documentary films.

In China, most internationally one on internet site being blocked such as Facebook, Twitter, Google, or YouTube. In general condition, my name cannot even be tapped in China. In the domestic internet sites, the line will come out like illegal words being used or the article will just disappear.

And because of the kind of nature of my work which encourages a new generation of people who use Internet to be aware of the real situation, also we are very much in digging of truth facts which mostly are covered by the government medias.

So my blog has been censored and also I’m constantly under surveillance. In front of my studio, there are surveillance cameras. Sometimes I’m even being tailed, and my phone is being monitored, and my internet account is always being checked by the unknowns.

I’m living in a society where freedom of speech is not allowed, and also it’s very hard to find individual expressions through media or through any public territories.

So to help the change, to help China to become a more democratic society, you need people who can act, who can give out their opinions and talk to the young people and trying to find a way to encourage people to be involved.

So only when you’re doing that, you can have a civil society. So what I’m doing is more on involve my art with the reality, and beaut a possible possibility and to connect art under the social change.

Since 2005, I started working on Internet. I write blogs and Twitter’s and organize activities through the internet. We did the 2007 fairy tale which is art show in castle they organized 1001 Chinese to go over to Germany under the whole organization and work is through the internet which became a very success and a lot of young people first time earn.”

They realized the power of this kind of social media and social communication. Later, in 2008, China had a huge earthquake which was devastating. After the earthquake, the government refused to give out the truth of who is dead and how many of them. There were a lot of students who were crushed by mishandling of the construction work and were victimized by corruption.

So through the internet, we organized an investigation and asked volunteers to join us under 200 to go to Sutra in the local area at the backdoor of illegitimate villages. After a year of research, we found out over 5000 to 119 students’ names, their schools, and their families’ contacts. By doing that, we encouraged a lot of young people to be involved and we are always trying to remind people of individual efforts and making an impact.

I think the internet is the most valuable thing that happened because that’s the only way people can freely associate with others and freely give out information. But internally, China has a Great Firewall that forbids any sensitive information. So the struggle is always very strong because the government basically censors everything they don’t like.

I think in the next few years, China is faced with a moment for social and political change. Even though over the past thirty years, China made a great difference economically and became much more connected and recognized by the international community, we are still a communist society. Some basic values such as freedom of speech and human rights are still in poor condition. Many people, only because they speak out their mind, can be put in jail or in a very difficult situation.

By not letting people have the freedom to get information and to freely associate with other people, and to have a free election, the whole political situation is still very corrupted, and the society sacrifices its environment, education, and moral standards just to try to become rich. And that cannot last long. So far, we don’t see any real consciousness and willingness to make a difference through the party itself.

So we can see through the internet, people are very aware of that. But in reality, even internationally, all the Western nations are trying to tolerate what’s happening in China today. I think this is very short-sighted and this will not help China to become a modern society. So I think what we can do as individuals is really to use the internet and using the new technology to communicate with young people and to have much broader discussions and to make the change more smoothly. And the change will come and nobody can really avoid that. So I think this is a time for people to be more conscious about that.

It’s the middle of the night in China, but I believe Ai Weiwei is watching live with us now. Do we see him there

Ai Weiwei

「アイ・ウェイウェイ氏が拘束された。こちらが彼のTEDフィルムです(Ai Weiwei detained. Here is his TED film)」の和訳

アイ・ウェイウェイは世界でも有数の偉大なアーティストとして広く認知されています。彼の作品のいくつかを紹介します。

これは現在テートで開催されているひまわり展です。ここには1億以上の種があり、それぞれが実際には何百もの職人によって数ヶ月かけて作られた個々の作品です。

そして美しい鳥の巣スタジアム、北京オリンピックの中心的存在です。

近年、アイ・ウェイウェイは中国政府に対してますます批判的になっており、そのために様々な影響を受けています。彼の展示会が中止されたり、暴行を受けたり、上海の美しい新しいスタジオが1月11日に取り壊されたこともありました。

彼にここに来てスピーチをしてもらうよう招待しましたが、彼の現在の状況から、来ることができませんでした。しかし、彼はこっそりと録画されたビデオで私たちにメッセージを送ることができました。

TEDは非党派の組織です。私たちは中国政府に対する公式の立場を持っていませんし、過去には中国で起きている驚異的な出来事を祝うトークもたくさんありました。人類史上最大の貧困脱出を実現しました。

しかし、私たちは勇敢なアーティストの個人的な声明を紹介することを誇りに思っています。

私の名前はアイ・ウェイウェイです。北京を拠点としています。私はアーティストです。私の仕事は、アート展示、インターネットを通したコミュニケーション、建築、デザイン、ドキュメンタリー映画に関連しています。

中国では、国際的に最も有名なインターネットサイトであるFacebook、Twitter、Google、YouTubeなどがブロックされています。一般的な状況では、私の名前さえ中国では検索できません。国内のインターネットサイトでは、違法な単語が使用されたとして文章が削除されるか、記事が消えてしまいます。

また、私の仕事の性質上、インターネットを利用する新世代の人々に実際の状況を認識させることを奨励しており、政府のメディアでほとんどカバーされていない真実の事実を探求しています。

そのため、私のブログは検閲され、常に監視されています。私のスタジオの前には監視カメラがあります。時々尾行されることもあり、私の電話は監視され、私のインターネットアカウントも常に不明な者によってチェックされています。

私は表現の自由が許されていない社会で生活しており、また、メディアや公共の領域を通じて個々の表現を見つけることが非常に困難です。

ですので、変化を助け、中国がより民主的な社会になる手助けをするには、行動できる人、意見を述べることができる人、若者と話をすることができる人が必要です。

だからこそ、市民社会が実現するのです。私が行っていることは、現実とアートを結びつけ、可能な限りの可能性を示し、アートを社会変革の一環として位置付けることです。

2005年から、私はインターネットでの活動を始めました。ブログやTwitterを書き、インターネットを通じて活動を組織しています。2007年には「童話のようなアート展」として、ドイツに1001人の中国人を招待する活動をインターネットを通じて行いました。この活動は非常に成功し、多くの若者が初めて経験しました。

彼らはこの種のソーシャルメディアと社会的コミュニケーションの力を認識しました。その後、2008年に中国で大地震がありました。地震後、政府は死者やその数について真実を明らかにしませんでした。多くの学生が建設現場の取り扱いミスによって犠牲になり、汚職の被害者になりました。

そこで、私たちはインターネットを通じて調査を組織し、200人以上のボランティアを集め、不正な村の裏口にあるスートラに向かいました。1年間の調査の結果、5000人以上から119人の学生の名前、学校、家族の連絡先を特定しました。これにより、多くの若者が参加することを奨励し、個々の努力と影響を強調し続けています。

インターネットは、人々が自由に他者と交流し、情報を自由に提供する唯一の手段であるため、最も貴重なものだと考えています。しかし、中国国内では、機密情報を禁止する「偉大な防火壁」が存在します。したがって、政府は基本的に好ましくないすべての情報を検閲しています。

次の数年間で、中国は社会と政治の変革の時期を迎えています。過去30年間、中国は経済的に大きな進歩を遂げ、国際社会からより多くのつながりを持ち、認識されるようになりましたが、依然として共産主義社会です。言論の自由や人権といった基本的な価値観は依然として良好な状態にありません。多くの人々が、自分の考えを述べただけで、刑務所に入れられたり、非常に困難な状況に置かれたりすることがあります。

情報を得る自由や他の人々と自由に交流する機会を与えず、自由な選挙を行わないことで、政治の状況は依然として非常に腐敗しており、社会は環境、教育、道徳基準を犠牲にして富を追求しています。しかし、それは長くは続かないでしょう。今のところ、政府自体が本当の意識と変革の意思を示している様子は見られません。

インターネットを通じて、人々がそれに非常に気づいています。しかし、現実では、国際的にも、西側諸国は現在の中国で起こっていることを許容しようとしています。私はこれが非常に短絡的であり、これが中国を現代社会にするのに役立たないと考えています。したがって、私たち個人ができることは、実際にはインターネットや新技術を使って若者とコミュニケーションを取り、より広範な議論を行い、変革をよりスムーズに進めることです。変化は訪れ、誰もそれを避けることはできません。したがって、これは人々がより意識的になる時期だと思います。

中国では真夜中ですが、私はアイ・ウェイウェイが今私たちと一緒にライブで視聴していると信じています。彼はそこにいますか

アイ・ウェイウェイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました