カンブリッジ大学の研究チームが挑むアルツハイマー病治療の最前線

健康

More than 40 million people worldwide suffer from Alzheimer’s disease, and that number is expected to increase drastically in the coming years. But no real progress has been made in the fight against the disease since its classification more than 100 years ago. Scientist Samuel Cohen shares a new breakthrough in Alzheimer’s research from his lab as well as a message of hope. “Alzheimer’s is a disease,” Cohen says, “and we can cure it.”

世界中で4,000万人以上の人々がアルツハイマー病に苦しんでおり、その数は今後急激に増加すると予想されています。しかし、この病気に対する実質的な進展は、100年以上前にその分類が行われて以来ほとんどありません。

科学者のサミュエル・コーエンは、彼の研究室からのアルツハイマー病の新たな研究の突破口と希望のメッセージを共有しています。「アルツハイマー病は病気です」とコーエンは述べています。「そして私たちはそれを治すことができます。」

タイトル Alzheimer’s Is Not Normal Aging.And We Can Cure It
アルツハイマー病は正常な老化ではない。そして私たちはそれを治すことができます
スピーカー サミュエル・コーエン
アップロード 2015/10/17

「アルツハイマー病は正常な老化ではない。そして私たちはそれを治すことができます(Alzheimer’s Is Not Normal Aging ? And We Can Cure It)」の文字起こし

In the year 1901, a woman called Auguste was taken to a medical asylum in Frankfurt. Auguste was delusional and couldn’t remember even the most basic details of her life. Her doctor was called Alois. Alois didn’t know how to help Auguste, but he watched over her until, sadly, she passed away in 1906. After she died, Alois performed an autopsy and found strange plaques and tangles in Auguste’s brain — the likes of which he’d never seen before.

Now here’s the even more striking thing. If Auguste had instead been alive today, we could offer her no more help than Alois was able to 114 years ago. Alois was Dr. Alois Alzheimer. And Auguste Deter was the first patient to be diagnosed with what we now call Alzheimer’s disease.

Since 1901, medicine has advanced greatly. We’ve discovered antibiotics and vaccines to protect us from infections, many treatments for cancer, antiretrovirals for HIV, statins for heart disease and much more. But we’ve made essentially no progress at all in treating Alzheimer’s disease.

I’m part of a team of scientists who has been working to find a cure for Alzheimer’s for over a decade. So I think about this all the time. Alzheimer’s now affects 40 million people worldwide. But by 2050, it will affect 150 million people — which, by the way, will include many of you. If you’re hoping to live to be 85 or older, your chance of getting Alzheimer’s will be almost one in two. In other words, odds are you’ll spend your golden years either suffering from Alzheimer’s or helping to look after a friend or loved one with Alzheimer’s.

Already in the United States alone, Alzheimer’s care costs 200 billion dollars every year. One out of every five Medicare dollars get spent on Alzheimer’s. It is today the most expensive disease, and costs are projected to increase fivefold by 2050, as the baby boomer generation ages.

It may surprise you that, put simply, Alzheimer’s is one of the biggest medical and social challenges of our generation. But we’ve done relatively little to address it. Today, of the top 10 causes of death worldwide, Alzheimer’s is the only one we cannot prevent, cure or even slow down. We understand less about the science of Alzheimer’s than other diseases because we’ve invested less time and money into researching it.

The US government spends 10 times more every year on cancer research than on Alzheimer’s despite the fact that Alzheimer’s costs us more and causes a similar number of deaths each year as cancer. The lack of resources stems from a more fundamental cause: Because here’s what few people know but everyone should: Alzheimer’s is a disease, and we can cure it.

For most of the past 114 years, everyone, including scientists, mistakenly confused Alzheimer’s with aging. We thought that becoming senile was a normal and inevitable part of getting old. But we only have to look at a picture of a healthy aged brain compared to the brain of an Alzheimer’s patient to see the real physical damage caused by this disease.

As well as triggering severe loss of memory and mental abilities, the damage to the brain caused by Alzheimer’s significantly reduces life expectancy and is always fatal. Remember Dr. Alzheimer found strange plaques and tangles in Auguste’s brain a century ago. For almost a century, we didn’t know much about these. Today we know they’re made from protein molecules. You can imagine a protein molecule as a piece of paper that normally folds into an elaborate piece of origami.

There are spots on the paper that are sticky. And when it folds correctly, these sticky bits end up on the inside. But sometimes things go wrong, and some sticky bits are on the outside. This causes the protein molecules to stick to each other, forming clumps that eventually become large plaques and tangles. That’s what we see in the brains of Alzheimer’s patients. We’ve spent the past 10 years at the University of Cambridge trying to understand how this malfunction works. There are many steps, and identifying which step to try to block is complex — like defusing a bomb. Cutting one wire might do nothing. Cutting others might make the bomb explore. We have to find the right step to block, and then create a drug that does it.

We’ve been cutting wires and hoping for the best. But now we’ve got together a diverse group of people — medics, biologists, geneticists, chemists, physicists, engineers and mathematicians. And together, we’ve managed to identify a critical step in the process and are now testing a new class of drugs which would specifically block this step and stop the disease.

Now let me show you some of our latest results. No one outside of our lab has seen these yet. Let’s look at some videos of what happened when we tested these new drugs in worms. So these are healthy worms, and you can see they’re moving around normally. These worms, on the other hand, have protein molecules sticking together inside them — like humans with Alzheimer’s. And you can see they’re clearly sick. But if we give our new drugs to these worms at an early stage, then we see that they’re healthy, and they live a normal lifespan.

This is just an initial positive result, but research like this shows us that Alzheimer’s is a disease that we can understand and we can cure. After 114 years of waiting, there’s finally real hope for what can be achieved in the next 10 or 20 years. But to grow that hope, to finally beat Alzheimer’s, we need help. This isn’t about scientists like me — it’s about you. We need you to raise awareness that Alzheimer’s is a disease and that if we try, we can beat it.

In the case of other diseases, patients and their families have led the charge for more research and put pressure on governments, the pharmaceutical industry, scientists and regulators. That was essential for advancing treatment for HIV in the late 1980s. Today, we see that same drive to beat cancer. But Alzheimer’s patients are often unable to speak up for themselves. And their families, the hidden victims, caring for their loved ones night and day, are often too worn out to go out and advocate for change. So, it really is down to you.

Alzheimer’s isn’t, for the most part, a genetic disease. Everyone with a brain is at risk. Today, there are 40 million patients like Auguste, who can’t create the change they need for themselves. Help speak up for them, and help demand a cure.

「アルツハイマー病は正常な老化ではない。そして私たちはそれを治すことができます(Alzheimer’s Is Not Normal Aging ? And We Can Cure It)」の和訳

1901年、フランクフルトの精神病院に、オーガステという女性が収容されました。オーガステは妄想的で、自分の人生の基本的な詳細さえ覚えられませんでした。彼女の医者の名前はアロイスでした。アロイスはオーガステを助ける方法を知らなかったが、彼女が1906年に亡くなるまで彼女のそばにいました。彼女が亡くなった後、アロイスは検死を行い、オーガステの脳に奇妙なプラークや絡状線維を見つけました – それまでに見たことがないものでした。

さらに驚くべきことはこちらです。もしオーガステが今生きていたら、彼女に提供できる助けは、114年前のアロイスが提供できたものと同じだけしかありませんでした。アロイスはアロイス・アルツハイマー医師でした。そして、オーガステ・データーは、私たちが今アルツハイマー病と呼んでいるものの最初の患者でした。

1901年以来、医学は大きく進歩しました。感染症から守る抗生物質やワクチン、がんの多くの治療法、HIVに対する抗レトロウイルス薬、心臓病に対するスタチンなどを発見しました。しかし、アルツハイマー病の治療についてはほとんど進歩していません。

私はアルツハイマー病の治療法を見つけるために10年以上取り組んできた科学者チームの一員です。だから私はいつもこれを考えています。現在、アルツハイマー病は世界中で4000万人の人々に影響を与えています。しかし、2050年までに、1億5000万人の人々に影響を与えるでしょう – それには、おそらくあなたたちの多くも含まれます。もし85歳以上まで生きることを望んでいるなら、アルツハイマー病にかかる可能性はほぼ2人に1人です。言い換えると、黄金の年をアルツハイマー病で苦しむか、アルツハイマー病の友人や家族を見守ることになるでしょう。

アメリカだけでも、アルツハイマー病の介護費用は年間2000億ドルに上ります。メディケアのドルの5分の1がアルツハイマー病に費やされています。現在、これが最も高額な疾病であり、費用はベビーブーマー世代が年を取るにつれて、2050年までに5倍に増加すると予想されています。

単純に言えば、アルツハイマー病は現代の最大の医学的および社会的課題の1つです。しかし、私たちはそれに対処するためには比較的少ないことしかしていません。現在、世界で最も死亡原因の上位10位のうち、アルツハイマー病は唯一、予防、治療、さらには進行を遅らせることができない疾患です。アルツハイマー病の科学については他の疾患よりも理解が少ないのは、それに対する研究への時間と資金を少なく投資してきたからです。

アメリカ政府は、アルツハイマー病の研究に毎年がん研究の10倍の資金を投じています。それにもかかわらず、アルツハイマー病は私たちにより多くの費用をかけ、年間の死亡数もがんと同じくらいです。資源の不足はより根本的な原因から来ています。だって皆が知るべきことは、アルツハイマー病は病気であり、治療できるということです。

過去114年間のほとんどの期間、科学者を含めて、誰もが間違ってアルツハイマー病を老化と混同していました。老人性の痴呆が老化の正常かつ避けられない部分であると考えていました。しかし、健康な高齢者の脳とアルツハイマー病患者の脳を比較すれば、この病気が引き起こす実際の脳の損傷が見えてきます。

アルツハイマー病によって脳への損傷が引き起こされるだけでなく、記憶と精神能力の重大な喪失を引き起こすだけでなく、寿命を著しく短縮し、必ず致命的です。覚えていてください、ドクター・アロイス・アルツハイマーは100年前にアウグステの脳で奇妙な斑点と絡み合いを見つけました。ほとんど100年間、私たちはこれについてほとんど知識を持っていませんでした。今日、それらがタンパク質分子からできていることを知っています。タンパク質分子を紙の一枚と考えることができますが、通常は精巧な折り紙に折りたたまれます。

紙の上には粘着性のあるスポットがあります。そして、正しく折りたたまれると、これらの粘着性のある部分は内側になります。しかし、時には何かがうまくいかず、一部の粘着性のある部分が外側になります。これにより、タンパク質分子が互いにくっついて、やがて大きな斑点や絡み合いを形成します。それがアルツハイマー病患者の脳で見られるものです。私たちは、この機能不全がどのように機能するかを理解しようと、過去10年間、ケンブリッジ大学で取り組んできました。多くのステップがあり、どのステップをブロックするかを特定するのは複雑です。これは爆弾を解除するのと同様です。あるワイヤーを切っても何も起こらないかもしれません。他のものを切ると、爆弾が爆発するかもしれません。私たちは、ブロックする正しいステップを見つけて、それを行う薬を作成しなければなりません。

私たちはワイヤーを切り、最善を望んできました。しかし今、我々は多様な人々のグループを集めました – 医師、生物学者、遺伝学者、化学者、物理学者、エンジニア、数学者。そして一緒に、私たちはプロセスの重要なステップを特定し、このステップを特にブロックし、病気を停止させる新しいクラスの薬を試験しています。

さて、私たちの最新の結果を見てみましょう。私たちの研究室の外では、これらの結果をまだ誰も見たことがありません。これらは新しい薬をミミズでテストしたときのビデオです。これらは健康なミミズで、通常通りに動いているのがわかります。一方、これらのミミズにはタンパク質分子が内部で結合しています – アルツハイマー病の患者のように。そして、明らかに病気であることがわかります。しかし、我々の新しい薬をこれらのミミズに早い段階で与えると、彼らが健康であり、通常の寿命を生きることができることがわかります。

これはただの初期のポジティブな結果ですが、こうした研究はアルツハイマー病は我々が理解し、我々が治すことができる病気であることを示しています。114年間待っていた後、今や次の10年または20年で達成できる希望がついに現実のものになっています。しかし、この希望を育て、アルツハイマー病を最終的に打ち負かすためには、助けが必要です。これは私のような科学者に関することではありません – あなた方に関することです。アルツハイマー病は病気であること、そして私たちが試みれば打ち負かすことができることを広めるための啓発を行っていただく必要があります。

他の病気の場合、患者やその家族が研究のさらなる進展を促進し、政府、製薬業界、科学者、規制機関に圧力をかけました。これは1980年代後半のHIV治療の進展に不可欠でした。今日、がんを打ち負かす同じ情熱が見られます。しかし、アルツハイマー病の患者はしばしば自ら声を上げることができません。そして、彼らの家族、隠れた被害者、日夜自分たちの愛する人を看護している人々は、しばしば疲れ果てて変化を求めて外に出ることができません。だから、本当にあなた方次第なのです。

アルツハイマー病は、大部分では遺伝性の疾患ではありません。脳がある人々は誰でも危険にさらされています。今日、アウグステのような4000万人の患者が、自分たちに必要な変化を生み出すことができません。彼らのために声を上げ、治療法を求めて手助けしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました