JDヴァンスが語るアメリカン・ドリームの現実と希望の物語

社会

J.D. Vance grew up in a small, poor city in the Rust Belt of southern Ohio, where he had a front-row seat to many of the social ills plaguing America: a heroin epidemic, failing schools, families torn apart by divorce and sometimes violence. In a searching talk that will echo throughout the country’s working-class towns, the author details what the loss of the American Dream feels like and raises an important question that everyone from community leaders to policy makers needs to ask: How can we help kids from America’s forgotten places break free from hopelessness and live better lives?

J.D. ヴァンスは、オハイオ州南部のラストベルトにある小さな貧しい町で育ちました。彼はアメリカを襲う多くの社会問題に直面しました:ヘロインの蔓延、失敗した学校、離婚や暴力によって引き裂かれた家族。

彼はアメリカの労働階級の町々に響くであろう思索的な話で、アメリカン・ドリームの喪失がどのように感じられるかを詳細に説明し、地域の指導者から政策立案者まで、誰もが問うべき重要な問いを提起します:アメリカの忘れられた場所からの子供たちをどのように助けて、絶望から抜け出し、より良い生活を送れるようにすることができるのか。

タイトル America’s forgotten working class
アメリカの忘れられた労働者階級
スピーカー J.D. ヴァンス
アップロード 2016/10/18

「アメリカの忘れられた労働者階級(America’s forgotten working class)」の文字起こし

I remember the very first time I went to a nice restaurant, a really nice restaurant. It was for a law firm recruitment dinner, and I remember beforehand the waitress walked around and asked whether we wanted some wine, so I said, “Sure, I’ll take some white wine.” And she immediately said, “Would you like sauvignon blanc or chardonnay?” And I remember thinking, “Come on, lady, stop with the fancy French words and just give me some white wine.” But I used my powers of deduction and recognized that chardonnay and sauvignon blanc were two separate types of white wine, and so I told her that I would take the chardonnay, because frankly that was the easiest one to pronounce for me. So I had a lot of experiences like that during my first couple of years as a law student at Yale, because, despite all outward appearances, I’m a cultural outsider. I didn’t come from the elites. I didn’t come from the Northeast or from San Francisco. I came from a southern Ohio steel town, and it’s a town that’s really struggling in a lot of ways, ways that are indicative of the broader struggles of America’s working class.

Heroin has moved in, killing a lot of people, people I know. Family violence, domestic violence, and divorce have torn apart families. And there’s a very unique sense of pessimism that’s moved in. Think about rising mortality rates in these communities and recognize that for a lot of these folks, the problems that they’re seeing are actually causing rising death rates in their own communities, so there’s a very real sense of struggle. I had a very front-row seat to that struggle. My family has been part of that struggle for a very long time.

I come from a family that doesn’t have a whole lot of money. The addiction that plagued my community also plagued my family, and even, sadly, my own mom. There were a lot of problems that I saw in my own family, problems caused sometimes by a lack of money, problems caused sometimes by a lack of access to resources and social capital that really affected my life. If you had looked at my life when I was 14 years old and said, “Well, what’s going to happen to this kid?” you would have concluded that I would have struggled with what academics call upward mobility.

So upward mobility is an abstract term, but it strikes at something that’s very core at the heart of the American Dream. It’s the sense, and it measures whether kids like me who grow up in poor communities are going to live a better life, whether they’re going to have a chance to live a materially better existence, or whether they’re going to stay in the circumstances where they came from. And one of the things we’ve learned, unfortunately, is that upward mobility isn’t as high as we’d like it to be in this country, and interestingly, it’s very geographically distributed.

So take Utah, for instance. In Utah a poor kid is actually doing OK, very likely to live their share and their part in the American Dream. But if you think of where I’m from, in the South, in Appalachia, in southern Ohio, it’s very unlikely that kids like that will rise. The American Dream in those parts of the country is in a very real sense just a dream.

So why is that happening? So one reason is obviously economic or structural. So you think of these areas.

They’re beset by these terrible economic trends, built around industries like coal and steel that make it harder for folks to get ahead. That’s certainly one problem. There’s also the problem of brain drain, where the really talented people, because they can’t find high-skilled work at home, end up moving elsewhere, so they don’t build a business or non-profit where they’re from, they end up going elsewhere and taking their talents with them. There are failing schools in a lot of these communities, failing to give kids the educational leg up that really makes it possible for kids to have opportunities later in life. These things are all important. I don’t mean to discount these structural barriers. But when I look back at my life and my community, something else was going on, something else mattered. It’s difficult to quantify, but it was no less real.

So for starters, there was a very real sense of hopelessness in the community that I grew up in. There was a sense that kids had that their choices didn’t matter. No matter what happened, no matter how hard they worked, no matter how hard they tried to get ahead, nothing good would happen. So that’s a tough feeling to grow up around. That’s a tough mindset to penetrate, and it leads sometimes to very conspiratorial places.

So let’s just take one political issue that’s pretty hot, affirmative action. So depending on your politics, you might think that affirmative action is either a wise or an unwise way to promote diversity in the workplace or the classroom. But if you grow up in an area like this, you see affirmative action as a tool to hold people like you back. That’s especially true if you’re a member of the white working class. You see it as something that isn’t just about good or bad policy. You see it as something that’s actively conspiring, where people with political and financial power are working against you. And there are a lot of ways that you see that conspiracy against you — perceived, real, but it’s there, and it warps expectations.

So if you think about what do you do when you grow up in that world, you can respond in a couple of ways. One, you can say, “I’m not going to work hard, because no matter how hard I work, it’s not going to matter.” Another thing you might do is say, “Well, I’m not going to go after the traditional markers of success, like a university education or a prestigious job, because the people who care about those things are unlike me. They’re never going to let me in.” When I got admitted to Yale, a family member asked me if I had pretended to be a liberal to get by the admissions committee. Seriously. And it’s obviously not the case that there was a liberal box to check on the application, but it speaks to a very real insecurity in these places that you have to pretend to be somebody you’re not to get past these various social barriers. It’s a very significant problem.

Even if you don’t give in to that hopelessness, even if you think, let’s say, that your choices matter and you want to make the good choices, you want to do better for yourself and for your family, it’s sometimes hard to even know what those choices are when you grow up in a community like I did. I didn’t know, for example, that you had to go to law school to be a lawyer. I didn’t know that elite universities, as research consistently tells us, are cheaper for low-income kids because these universities have bigger endowments, can offer more generous financial aid.

I remember I learned this when I got the financial aid letter from Yale for myself, tens of thousands of dollars in need-based aid, which is a term I had never heard before. But I turned to my aunt when I got that letter and said, “You know, I think this just means that for the first time in my life, being poor has paid really well.” So I didn’t have access to that information because the social networks around me didn’t have access to that information. I learned from my community how to shoot a gun, how to shoot it well. I learned how to make a damn good biscuit recipe. The trick, by the way, is frozen butter, not warm butter. But I didn’t learn how to get ahead. I didn’t learn how to make the good decisions about education and opportunity that you need to make to actually have a chance in this 21st century knowledge economy.

Economists call the value that we gain from our informal networks, from our friends and colleagues and family “social capital.” The social capital that I had wasn’t built for 21st century America, and it showed.

There’s something else that’s really important that’s going on that our community doesn’t like to talk about, but it’s very real. Working-class kids are much more likely to face what’s called adverse childhood experiences, which is just a fancy word for childhood trauma: getting hit or yelled at, put down by a parent repeatedly, watching someone hit or beat your parent, watching someone do drugs or abuse alcohol. These are all instances of childhood trauma, and they’re pretty commonplace in my family. Importantly, they’re not just commonplace in my family right now. They’re also multigenerational.

So my grandparents, the very first time that they had kids, they expected that they were going to raise them in a way that was uniquely good. They were middle class, they were able to earn a good wage in a steel mill. But what ended up happening is that they exposed their kids to a lot of the childhood trauma that had gone back many generations. My mom was 12 when she saw my grandma set my grandfather on fire. His crime was that he came home drunk after she told him, “If you come home drunk, I’m gonna kill you.” And she tried to do it. Think about the way that that affects a child’s mind.

And we think of these things as especially rare, but a study by the Wisconsin Children’s Trust Fund found that 40 percent of low-income kids face multiple instances of childhood trauma, compared to only 29 percent for upper-income kids. And think about what that really means. If you’re a low-income kid, almost half of you face multiple instances of childhood trauma. This is not an isolated problem. This is a very significant issue. We know what happens to the kids who experience that life. They’re more likely to do drugs, more likely to go to jail, more likely to drop out of high school, and most importantly, they’re more likely to do to their children what their parents did to them. This trauma, this chaos in the home, is our culture’s very worst gift to our children, and it’s a gift that keeps on giving.

So you combine all that, the hopelessness, the despair, the cynicism about the future, the childhood trauma, the low social capital, and you begin to understand why me, at the age of 14, was ready to become just another statistic, another kid who failed to beat the odds.

But something unexpected happened. I did beat the odds. Things turned up for me. I graduated from high school, from college, I went to law school, and I have a pretty good job now. So what happened?

Well, one thing that happened is that my grandparents, the same grandparents of setting someone on fire fame, they really shaped up by the time I came around. They provided me a stable home, a stable family. They made sure that when my parents weren’t able to do the things that kids need, they stepped in and filled that role. My grandma especially did two things that really matter. One, she provided that peaceful home that allowed me to focus on homework and the things that kids should be focused on. But she was also this incredibly perceptive woman, despite not even having a middle school education. She recognized the message that my community had for me, that my choices didn’t matter, that the deck was stacked against me. She once told me, “JD, never be like those losers who think the deck is stacked against them. You can do anything you want to.” And yet she recognized that life wasn’t fair. It’s hard to strike that balance, to tell a kid that life isn’t fair, but also recognize and enforce in them the reality that their choices matter. But mamaw was able to strike that balance.

The other thing that really helped was the United States Marine Corps. So we think of the Marine Corps as a military outfit, and of course it is, but for me, the US Marine Corps was a four-year crash course in character education. It taught me how to make a bed, how to do laundry, how to wake up early, how to manage my finances. These are things my community didn’t teach me.

I remember when I went to go buy a car for the very first time, I was offered a dealer’s low, low interest rate of 21.9 percent, and I was ready to sign on the dotted line. But I didn’t take that deal, because I went and took it to my officer who told me, “Stop being an idiot, go to the local credit union, and get a better deal.” And so that’s what I did. But without the Marine Corps, I would have never had access to that knowledge. I would have had a financial calamity, frankly.

The last thing I want to say is that I had a lot of good fortune in the mentors and people who have played an important role in my life. From the Marines, from Ohio State, from Yale, from other places, people have really stepped in and ensured that they filled that social capital gap that it was pretty obvious, apparently, that I had.

That comes from good fortune, but a lot of children aren’t going to have that good fortune, and I think that raises really important questions for all of us about how we’re going to change that. We need to ask questions about how we’re going to give low-income kids who come from a broken home access to a loving home. We need to ask questions about how we’re going to teach low-income parents how to better interact with their children, with their partners. We need to ask questions about how we give social capital, mentorship to low-income kids who don’t have it. We need to think about how we teach working class children about not just hard skills, like reading, mathematics, but also soft skills, like conflict resolution and financial management.

Now, I don’t have all of the answers. I don’t know all of the solutions to this problem, but I do know this: in southern Ohio right now, there’s a kid who is anxiously awaiting their dad, wondering whether, when he comes through the door, he’ll walk calmly or stumble drunkly. There’s a kid whose mom sticks a needle in her arm and passes out, and he doesn’t know why she doesn’t cook him dinner, and he goes to bed hungry that night. There’s a kid who has no hope for the future but desperately wants to live a better life. They just want somebody to show it to them.

I don’t have all the answers, but I know that unless our society starts asking better questions about why I was so lucky and about how to get that luck to more of our communities and our country’s children, we’re going to continue to have a very significant problem. Thank you.

「アメリカの忘れられた労働者階級(America’s forgotten working class)」の和訳

初めて本当に素敵なレストランに行った時のことを覚えています。それは法律事務所のリクルートディナーのためでした。ディナーの前にウェイトレスが来て、ワインをどうしますかと聞かれたので、「白ワインをお願いします」と答えました。すると彼女はすかさず「ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネ、どちらになさいますか?」と言いました。私は心の中で「おいおい、そんなおしゃれなフランス語はやめて、ただ白ワインをくれよ」と思ったものです。でも、推理力を働かせて、ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネが二種類の白ワインであることを理解し、発音しやすいシャルドネを選びました。そういった経験を、イェール大学の法学生としての最初の数年間にたくさんしました。外見からはわからないかもしれませんが、私は文化的にアウトサイダーなのです。エリート層出身でもなく、東北部やサンフランシスコ出身でもありません。南オハイオの製鉄の町出身で、その町は多くの面で苦しんでおり、これはアメリカの労働者階級全体が抱える問題を象徴しています。

ヘロインが蔓延し、多くの人々が亡くなっています。その中には私の知っている人もいます。家庭内暴力や離婚が家族を引き裂きました。そして独特の悲観主義が根付いています。これらのコミュニティで上昇する死亡率を考えれば、多くの人々が目にする問題が実際に彼らのコミュニティでの死亡率上昇を引き起こしていることがわかります。非常に現実的な苦しみの感覚があるのです。私はその苦しみを間近で見てきました。私の家族は長い間その苦しみの一部でした。

私は裕福な家庭の出身ではありません。私のコミュニティを悩ませていた依存症は、私の家族にも影響を及ぼし、悲しいことに、母親にも影響を与えました。お金の不足や、資源や社会資本へのアクセスの欠如から生じる問題があり、これらは私の人生にも大きな影響を与えました。14歳の時の私を見て、「この子はどうなるだろう?」と考えたなら、学者が言う「上昇移動」の困難さに直面するだろうと結論付けたでしょう。

上昇移動というのは抽象的な言葉ですが、アメリカンドリームの核心に迫るものです。それは、貧しいコミュニティで育った子供たちが、より良い生活を送るチャンスがあるのか、物質的により豊かな生活を送るチャンスがあるのか、それとも出身地の状況に留まるのかを測る指標です。残念なことに、この国では上昇移動の可能性は期待するほど高くなく、さらに興味深いことに、地域によって大きく異なります。

例えば、ユタ州では、貧しい子供でも比較的順調にアメリカンドリームを実現する可能性があります。しかし、私の出身地である南部、アパラチア、南オハイオでは、そのような子供が上昇する可能性は非常に低いのです。これらの地域では、アメリカンドリームは現実的にはただの夢に過ぎません。

では、なぜそのようなことが起こっているのでしょうか?一つの理由は明らかに経済的、あるいは構造的なものです。これらの地域を考えてみてください。

それらの地域は、石炭や鉄鋼などの産業に依存しているため、人々が前進するのが難しくなるという恐ろしい経済動向に悩まされています。これは確かに一つの問題です。また、「頭脳流出」の問題もあります。優秀な人々が地元で高スキルの仕事を見つけられないため、他の場所に移動してしまい、地元でビジネスや非営利団体を立ち上げることがないのです。彼らは他の場所に移り、その才能を持ち去ってしまいます。多くのコミュニティでは学校が機能しておらず、子供たちに将来的な機会を提供するための教育を受けさせることができていません。これらはすべて重要な問題です。これらの構造的な障壁を軽視するつもりはありません。しかし、私の人生とコミュニティを振り返ると、他にも何かが起こっていたのです。それは数値化するのが難しいものですが、決して現実的ではないとは言えませんでした。

まず第一に、私が育ったコミュニティには非常に現実的な絶望感がありました。子供たちは、自分たちの選択が何の意味もないと感じていました。何が起こっても、どんなに一生懸命働いても、どんなに努力しても、良いことは何も起こらないという感覚です。これは成長する上で非常に厳しい感覚です。このような考え方を打ち破るのは難しく、時には非常に陰謀論的な方向に進んでしまいます。

例えば、アファーマティブ・アクションというホットな政治問題を取り上げてみましょう。政治的な立場によって、アファーマティブ・アクションが職場や教室での多様性を促進するための賢明な方法か、そうでないかと考えるかもしれません。しかし、私が育った地域では、アファーマティブ・アクションは自分たちを抑え込むための道具だと見なされています。特に、白人労働者階級の一員であればなおさらです。これは単なる良し悪しの政策ではなく、政治的および経済的権力を持つ人々が自分たちに対して働いている積極的な陰謀として見られています。この陰謀は、現実かどうかに関わらず、多くの方法で感じられ、その期待を歪めてしまいます。

では、そんな環境で育った時にどうするかを考えてみましょう。反応の仕方はいくつかあります。一つは、「どんなに努力しても意味がないから頑張らない」という選択肢。もう一つは、「伝統的な成功の指標、例えば大学教育や名声のある仕事を目指さない」という選択肢です。なぜなら、そういったものに価値を置く人々は自分とは違う存在で、決して自分を受け入れてくれないと思うからです。

例えば、私がイェール大学に合格したとき、家族の一人が「入学審査委員会を騙すためにリベラルだと装ったのか?」と真剣に尋ねてきました。当然ながら、出願書類にはリベラルかどうかを示すチェックボックスなど存在しませんが、これはこういった地域で感じる非常に現実的な不安を示しています。つまり、様々な社会的な障壁を乗り越えるためには、自分を偽らなければならないという不安です。これは非常に重大な問題です。

たとえその絶望に屈せず、選択が重要であり、自分や家族のために良い選択をしたいと思ったとしても、私が育ったコミュニティではその選択が何であるかさえ知るのは難しいのです。例えば、弁護士になるためには法科大学院に行かなければならないことを知りませんでした。また、研究によると、エリート大学は低所得者層の子供にとっては実際には安く、これらの大学は大きな基金を持ち、より寛大な奨学金を提供できることも知りませんでした。

これは、イェール大学から受け取った財政援助の手紙で初めて知りました。その手紙には、何万ドルもの需要ベースの援助が記載されていました。これまで聞いたことのない用語でしたが、その手紙を見たとき、叔母に「これまでの人生で初めて、貧乏が本当に報われるんだと思う」と言ったことを覚えています。私の周囲の社会的ネットワークがその情報にアクセスできなかったため、私もその情報にアクセスできなかったのです。

コミュニティから学んだことといえば、銃の撃ち方や、美味しいビスケットの作り方です。ちなみに、その秘訣は冷えたバターであって、暖かいバターではありません。しかし、成功する方法、つまり21世紀の知識経済で実際にチャンスを掴むために必要な教育や機会に関する良い選択の仕方を学ぶことはできませんでした。

経済学者たちは、私たちの非公式なネットワーク、友人や同僚、家族から得る価値を「社会的資本」と呼んでいます。私が持っていた社会的資本は、21世紀のアメリカ向けに作られたものではなく、それが現れていました。

もう一つ、私たちのコミュニティが話すのを避けるものの、非常に現実的な重要なことがあります。労働階級の子供たちは、非常に多くの場合、「逆境の幼年期経験」と呼ばれるものに直面します。これは単なる幼年期のトラウマの派手な言葉であり、親に叩かれたり怒鳴られたり、何度も貶められたり、親が殴られたり叩かれたりするのを見ることです。これらはすべて幼年期のトラウマの例であり、私の家族ではかなり普通のことでした。重要なのは、これらがただ私の家族だけで普通のことではないということです。これらはまた、多世代的なものです。

祖父母が最初に子供を持ったとき、彼らは独自に良い方法で子供を育てると期待していました。彼らは中流階級であり、鋼鉄工場で良い賃金を得ることができました。しかし、実際に起こったことは、彼らが何世代にもわたる幼年期のトラウマに子供たちをさらしてしまったことです。私の母は12歳のときに、祖母が祖父を火にかけたのを見ました。彼の罪は、彼女が「酔っ払って帰ってきたら殺すわよ」と言った後、酔って帰ってきたことでした。そして彼女はそれを試みました。これが子供の心に与える影響を考えてみてください。

これらのことを特にまれなものと考えがちですが、ウィスコンシン州子ども信託基金の調査によれば、低所得の子供の40%が幼少期のトラウマを複数回経験しています。これに対して、高所得の子供の29%だけが同様の経験をしています。これが実際に何を意味するか考えてみてください。低所得の子供であれば、ほぼ半数が幼少期のトラウマを複数回経験しています。これは孤立した問題ではありません。これは非常に重要な問題です。私たちは、そのような生活を経験した子供たちに何が起こるかを知っています。彼らは薬をする可能性が高く、刑務所に行く可能性が高く、高校を中退する可能性が高くなります。そして何よりも重要なことは、彼らが自分の子供に行う可能性が高いということです。このトラウマ、この家庭内の混乱は、私たちの文化が子供たちに与える最悪の贈り物であり、それは継続的に影響を与えます。

ですから、絶望感、絶望、将来への懐疑、幼少期のトラウマ、低い社会的資本などをすべて組み合わせると、私が14歳のときに、ただの統計になり、運命に勝てなかった別の子供になる準備ができていた理由がわかります。

しかし、予想外のことが起こりました。私は運命に勝ちました。私の人生が好転しました。私は高校を卒業し、大学を卒業し、法律学校に行き、今ではかなり良い仕事を持っています。では、何が起こったのでしょうか?

そう、起こったことの1つは、私の祖父母、あの火をつけた有名な祖父母が、私が生まれた頃には本当に立派になったことです。彼らは私に安定した家庭、安定した家族を提供してくれました。私の両親が子供が必要なことをすることができないとき、代わりに入ってその役割を果たしてくれました。特に私の祖母は本当に重要な2つのことをしました。一つは、私が宿題や子供が焦点を合わせるべきことに集中できる平和な家を提供してくれたことです。しかし、彼女は中学校を卒業していないにもかかわらず、驚くほど洞察力のある女性でもありました。彼女は、私のコミュニティが私に伝えたメッセージ、つまり私の選択が重要ではなく、運命が私に不利な状況にあるというメッセージを認識しました。彼女はかつて私に、「JD、運命が自分に不利だと思う敗者のようになるな。君には何でもできる」と言いました。それでも彼女は人生が公平でないことも認識していました。子供に人生が公平でないと伝えるのは難しいですが、同時に彼らに自分の選択が重要であるという現実を認識し、徹底させることはさらに難しいです。しかし、祖母はそのバランスをとることができました。

もう一つの大きな助けになったのは、アメリカ海兵隊でした。私たちは海兵隊を軍隊の組織と考えますが、もちろんそれはそうですが、私にとってアメリカ海兵隊は4年間のキャラクター教育の集中コースでした。ベッドの作り方、洗濯の方法、早起きの方法、財務管理の方法を教えてくれました。これらは私のコミュニティが私に教えてくれなかったことです。初めて車を買いに行ったとき、ディーラーが21.9%の低金利を提示してくれましたが、私はすぐに署名しようとしました。しかし、その取引をしなかったのは、その後私の上官に相談したからでした。「愚か者になるのをやめて、地元の信用組合に行って、より良い取引をしろ」と言われたのです。そして、それが私がしたことです。しかし、海兵隊がなければ、その知識にアクセスすることができませんでした。正直に言って、私は財政的な災難に見舞われていたでしょう。

最後に言いたいことは、私は人生で重要な役割を果たしてくれたメンターと人々に本当に幸運に恵まれました。海兵隊、オハイオ州立大学、イェール大学、他の場所から、人々は本当に立ち上がって、私が明らかに持っていた社会的資本のギャップを埋めることを確実にしてくれました。それは幸運から来るものですが、多くの子供たちはその幸運を得ることができません。そして、それは私たち全員に、それをどのように変えるかについて非常に重要な問題を提起していると思います。私たちは、破綻した家庭から来る低所得の子供たちに愛情あふれる家庭へのアクセスをどのように提供するかについての質問をする必要があります。私たちは、低所得の親が子供やパートナーとより良い関係を築く方法について質問する必要があります。私たちは、社会的資本やメンターシップを持たない低所得の子供たちにそれをどのように提供するかについて考える必要があります。私たちは、労働者階級の子供たちに読解や数学のようなハードスキルだけでなく、対人関係や財務管理などのソフトスキルも教える方法について考える必要があります。

私にはすべての答えがあるわけではありません。この問題のすべての解決策を知りませんが、私はこれを知っています。今、オハイオ州南部には、父親を待ちわびている子供がいます。彼は、父親がドアを開けるときに、静かに歩くのか、酔っぱらってつまずくのかを不安げに思っています。母親が腕に注射を打ち、気絶し、彼女がなぜ彼に夕食を作ってくれないのかわからず、その夜は空腹のままで寝る子供もいます。未来に希望を持たない子供がいますが、必死にもっと良い人生を送りたいと願っています。彼らはただ、誰かがそれを示してくれるのを望んでいます。私にはすべての答えはありませんが、私は、私がなぜそんなに幸運だったのか、そしてその幸運をもっと多くのコミュニティや国の子供たちに届ける方法について、私たちの社会がより良い質問を始めない限り、私たちは非常に重大な問題を抱え続けることになるだろうと知っています。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました