“忙しすぎる”から脱却!緊急モードで乗り切る3つのステップ

人生

How do doctors in the emergency room stay calm and focused amidst the chaos? Drawing on years of experience, ER doctor Darria Long shares a straightforward framework to help you take back control and feel less overwhelmed when life starts to get “crazy busy.”

緊急治療室の医師たちは、混乱の中でどのようにして落ち着いて集中力を保っているのでしょうか?

ER の医師ダリア・ロングは、長年の経験に基づいて、人生が「めちゃくちゃ忙しく」なり始めたときに、コントロールを取り戻し、圧倒されにくくするのに役立つ簡単なフレームワークを紹介します。

タイトル
An ER doctor on triaging your “crazy busy” life
ERの医師があなたの「めちゃくちゃ忙しい」生活のトリアージを語る
スピーカー ダリア・ロング
アップロード 2020/06/11

「ERの医師があなたの「めちゃくちゃ忙しい」生活のトリアージを語る(An ER doctor on triaging your “crazy busy” life)」の文字起こし

Raise your hand, and be honest, if you’ve used the phrase “crazy busy” to describe your day, your week, your month. I’m an emergency-room doctor, and “crazy busy” is a phrase you will never hear me use. And after today, I hope you’ll stop using it, too. Here’s why you cannot afford to use “crazy” to describe your busy. Because when we are in what I refer to as Crazy Busy Mode, we are simply less capable of handling the busy.

Here’s what happens. Your stress hormones rise and stay there, your executive function in the prefrontal cortex declines. That means your memory, your judgment, your impulse control deteriorate, and the brain areas for anger and anxiety are activated. Do you feel that? Here’s the thing. You can be as busy as an emergency department without feeling like you’re crazy busy. How? By using the same tactics that we use. Our brains all process stress in similar fundamental ways. But how we react to it has been shown by research to be modifiable, whether it’s emergencies or just daily, day-in, day-out stress.

Now contrast Crazy Busy Mode with how I think of us in the ER — Ready Mode. Ready Mode means whatever comes in through those doors, whether it’s a multiple-car pileup, or a patient having chest pain while stuck in an elevator, or another patient with an item stuck where it shouldn’t be. When you’re know you’re dying to ask. Even on those days when you would swear you were being punked, we’re not afraid of it. Because we know that whatever comes in through those ER double doors, that we can handle it. That we’re ready. That’s Ready Mode. We’ve trained for it, and you can, too.

Here’s how. Step one to go from Crazy Mode to Ready Mode is to relentlessly triage. In Crazy Mode, you’re always busy, always stressed, because you’re reacting to every challenge with the same response. Contrast that with Ready Mode, where we triage, which means we prioritize by degree of urgency. This isn’t just a nice way to get your to-do list done. Work by Dr. Robert Sapolsky shows that individuals who cannot differentiate threat from non-threat and react to everything with the same response have double the level of stress hormones. Which is why this is the first skill to learn.

You can’t take care of them all at once, but you don’t have to. Because we triage. Red — immediately life-threatening. Yellow — serious, but not immediately life-threatening. Green — minor. And we focus our efforts first on the reds. Now hear this. Part of the problem in Crazy Mode is that you are reacting to everything as if it is red. So start by triaging correctly. Know your reds. They’re what is most important and where you can most move the needle. Now it’s easy to be confused by noise, but what it noisiest is not always what is most red. In fact, my severe asthmatic patient is most at risk when he’s quiet.

But my patient over here, demanding that I bring her flavored coffee creamer, she’s noisy, but she’s not red. I’ll give you an example from my own life. Last spring, my house flooded, my one-year-old was in the ER, I was supposed to do a fundraiser for my four-year-old’s school and the final chapter of my book was beyond late. Maybe not ironically, that was the chapter on stress. My red tasks were getting my one-year-old better and finishing my book. That was it. Remember, relentlessly triage. The house flood repair? Well, once we had stopped and stabilized the damage, it was no longer a red. It felt red, but it was in fact just noise. No, no really, it was quite noisy, this picture on the far right is me wearing earplugs to focus on my book, while the floor is being mechanically dried around me. Know your reds, and do not let your non-reds distract you from them. By the way, it is liberating with a green task to, every once in a while, be able to remind yourself, “That’s a green task. No one’s going to die.” It’s OK if it’s not perfect.

Now there’s one last triage level that we use in the worst scenarios. And that is black. Those patients for whom there is nothing we can do. Where we must move on. And although it is gut-wrenching, I mention it, because you each have your own equivalent black tasks in your life. These are items that you must take off your list. And I think many of you know what I’m talking about. For me, this was the fundraiser. I had to step down. Because as we in the ER know, if you try to do everything, you have no hope of saving your reds.

Step two to go from Crazy Mode into Ready Mode is to expect and design for crazy. Half of handling crazy is how you prepare for it. So if step one we triage, step two, we design to make those tasks easier to do. Science shows us that the more options we have, then the longer each decision takes. And the more decisions we have to make, the more exhausted our brain gets and the less it is capable of making good decisions. Which is why this step two is about finding ways to reduce your daily decisions. Here are four easy examples you can use in your daily lifestyle.

Plan. Plan your entire week’s meals on the weekend, so that when it’s Wednesday at 6pm and everyone’s hangry and requesting pizza, you have no decisions to make to get a healthy meal on the table.

Automate. Never leave anything to remember that you could automate, whether it’s scheduling it as recurring or saved list, or recurrent purchases.

Colocate. When it comes to exercise, store all the equipment that you need for a certain activity together, charged and ready, so you don’t spend energy looking for it.

And decrease temptations, for anyone driven by sugar cravings. Anyone? Say aye, go ahead. That itself is its own form of Crazy Mode and self-medication for Crazy Mode, but stop working your willpower.

Design differently. If a food is out of immediate reach, such that you have to use a stool to reach it, even when it’s chocolate, study participants ate 70 percent less without thinking about it. I know. Let that sit for a second.

Design to make the choices you wish to make easier. Which brings us to the third step to go from Crazy Mode to Ready Mode, and that is to get out of your head. Come with me.

Different story. I’m working in a small, satellite ER, when a woman comes in in labor. I realize that the cord is wrapped not once but twice around the baby’s neck. And I’m the only doctor. I was scared. But I couldn’t let it derail me.

Because, you see, we all get nervous. We all get scared, but it’s what you do next that matters. That first feeling isn’t the problem. It can be an important sign. The problem comes when we let it derail us.

When that internal monologue starts and we catastrophize and we start to get that tunnel vision. That’s how you think when you’re in Crazy Mode, and you cannot solve anything that way.

Now I promise to come back to the story, but first, how do I get out of my own head? There are many tactics that you may hear, but for me, I find it best in the moment to actively put my focus on someone else.

To deliberately make myself see the person in front of me, see myself in the arena with them — what do they need, what do they fear and how can I help? This may sound like a whole lot of warm and fuzzy to you, but it’s not.

In fact, research shows that when you prime your brain with what is, essentially, compassion, we disrupt that tunnel vision and internal monologue. You widen your perception, so your brain can actually take in broader information, so you see more possibilities and can make better decisions.

Try it. Know that your internal monologue can derail you. And realize that when you get out of your own head, you get out of your own way.

Now what happened to that baby? I focused not on my fear, but on the mother and the baby and what they needed me to do. And got the cord off of the baby’s neck, and a healthy screaming, kicking baby arrived, just as the dad ran in from the parking lot, “Hi, you have a son, I’m Dr. Darria. Congratulations, you want to cut the cord?”

And for a moment, the strong cries of a newborn drowned out the beeps and the sirens that are the normal sounds of the ER. But there was also something else.

Because when I walked back out of that mother’s room, I saw several of my other patients hovering nearby. I suddenly realized that despite their own problems that had brought them to the emergency room, they had all come together to root for this baby. And they now together shared in the joy.

Because that is what happens when you go from Crazy Mode to Ready Mode. Others notice. They want it too, they just don’t know how, they just need one example. Which could be you.

Own the busy. But stop calling it crazy. You’ve always had that ability. But now … you’re ready.

Thank you.

「ERの医師があなたの「めちゃくちゃ忙しい」生活のトリアージを語る(An ER doctor on triaging your “crazy busy” life)」の和訳

手を挙げて、正直に答えてください。あなたは自分の日、週、月を表すのに「忙しすぎて狂ったよう」なフレーズを使ったことがありますか?私は救急医療の医師であり、「狂ったように忙しい」というフレーズは私が使うことはありません。そして今日の後、あなたも使わないことを願っています。なぜなら、「狂ったように忙しい」と自分の忙しさを表現する余裕はありません。なぜなら、私たちが「狂ったように忙しいモード」にあるとき、私たちは単に忙しさに対処する能力が低下します。

次のことが起こります。ストレスホルモンが上昇し、そこにとどまります。前頭前野の執行機能が低下します。それは、あなたの記憶、判断力、衝動抑制が低下し、怒りと不安の脳領域が活性化されます。それを感じますか?ここがポイントです。あなたは救急部で忙しくしているかのように忙しくなくても、感じることができます。どうやって?私たちが使うのと同じ戦術を使って。私たちの脳はすべて、基本的に同じ方法でストレスを処理します。しかし、それに反応する方法は、緊急事態であろうと日常的なストレスであろうと、研究によって変更可能であることが示されています。

では、「狂ったように忙しいモード」と「救急部の私たちが考える方法」の対比を見てみましょう。それは、「レディーモード」です。レディーモードとは、それらのドアから入ってくるものすべて、複数の車の衝突事故であれ、エレベーターに閉じ込められて胸の痛みを訴える患者であれ、または他の患者がどこかに詰まってしまった物体であれ、我々はそれに恐れを感じません。なぜなら、我々はそのERの二重扉を通って入ってくるものすべてに対処できることを知っているからです。我々は準備ができています。それがレディーモードです。私たちはそれに訓練を受けており、あなたもできるのです。

こうするんです。狂ったようなモードからレディーモードに移行するための第一歩は、容赦なくトリアージを行うことです。狂ったモードでは、常に忙しく、常にストレスを感じています。なぜなら、すべての課題に同じ反応をしているからです。それに対して、レディーモードでは、緊急度に応じて優先順位をつけるトリアージを行います。これは単にやるべきことリストを片付けるいい方法ではありません。ロバート・サポルスキー博士の研究によれば、脅威と非脅威を区別できず、すべてに同じ反応をする人は、ストレスホルモンのレベルが倍増します。だからこそ、これが最初に学ぶべきスキルなのです。

すべてを一度に処理することはできませんが、そうする必要はありません。なぜなら、私たちはトリアージを行うからです。赤―直ちに命にかかわる。黄―深刻だが、直ちに命にかかわるものではない。緑―軽微な問題。そして、最初に赤に焦点を当てます。ここで聞いてください。狂ったモードの問題の一部は、すべてを赤として反応していることです。だからまず、正しくトリアージを始めましょう。赤を知りましょう。それが最も重要で、針を動かせる場所です。ノイズに惑わされるのは簡単ですが、最もノイジーなものが最も赤いものとは限りません。実際、私の重度の喘息患者は、静かなときに最も危険です。

しかし、こちらの患者は、私にフレーバーのついたコーヒークリーマーを持ってくるように要求しています。騒がしいですが、赤ではありません。私の生活から一例を挙げましょう。春先、私の家が水浸しになり、1歳の息子が救急室にいました。私は4歳の娘の学校の募金活動を行う予定であり、私の本の最終章は遅れていました。偶然かもしれませんが、その章はストレスについてでした。私の赤いタスクは、1歳の息子を良くすることと、本を完成させることでした。それだけです。無情なトリアージを忘れないでください。家の浸水修理?被害を止めて安定させた後は、赤ではなくなりました。赤に感じるかもしれませんが、実際にはただのノイズです。本を書くために耳栓をつけながら、周りで床が機械的に乾かされている写真は、私が何をしているかの一例です。赤を知り、非赤に気を取られないようにしてください。ちなみに、たまには緑のタスクで「それは緑のタスクだ。誰も死なないから大丈夫だ」と自分に言い聞かせることも解放感があります。

今度は、最悪のシナリオで使用する最後のトリアージレベルがあります。それが黒です。何もできない患者たち、私たちは進むしかない患者たちです。心が痛むことですが、私はそれを言及します。なぜなら、あなたひとりひとりの人生には、それに相当する黒いタスクがあるからです。これらは、あなたのリストから外す必要がある項目です。そして、私が何を言っているのかを多くの方が理解していると思います。私にとって、それは募金活動でした。私は辞退しなければなりませんでした。なぜなら、私たちERでは、すべてをしようとすると、赤を救う希望がありません。

狂ったモードからレディーモードへの第二歩は、狂ったことを予想し、設計することです。狂ったことを扱う半分は、その準備をする方法です。ですから、第一歩がトリアージなら、第二歩は、それらのタスクを行いやすくするために設計することです。科学は、選択肢が多いほど、各決定にかかる時間が長くなることを示しています。そして、私たちが行わなければならない決定が多いほど、私たちの脳は疲れ、良い決定を下す能力が低下します。だから、この第二歩は、日常の決定を減らす方法を見つけることについてです。以下は、日常生活で使える4つの簡単な例です。

計画。週末に週全体の食事を計画しておくことで、水曜日の午後6時になり、みんながおなかをすかせてピザをリクエストしても、健康的な食事を出すために決定をする必要がありません。

自動化。自動化できるものは、何もかも覚えることなく、定期的にスケジュールを立てたり、保存されたリストや定期的な購入にしたりしてください。

配置する。運動に関しては、特定の活動に必要なすべての機器を一緒に置いて、充電されて準備が整っているようにしてください。そうすれば、それを探すのにエネルギーを費やす必要がありません。

誘惑を減らす。砂糖の渇望に駆られる人にとっては、誰もがそうですよね。誰も?声を出して言ってみてください。これ自体が狂ったモードと狂ったモードの自己治療の一形態ですが、意志力を働かせるのをやめましょう。

異なる設計。食べ物がすぐ手の届かない場所にある場合、例えばそれがチョコレートであっても、それを手に入れるために踏み台を使わなければならないと、研究参加者は思わずに70%少ない量しか食べませんでした。わかります、そのことをちょっと考えてみてください。

自分の頭から抜け出すための3番目のステップについて話しましょう。それは、狂ったモードからレディーモードに移るための第3のステップであり、それは、自分の頭から出ることです。一緒に来てください。

別の話です。小さな衛星のERで働いていたとき、女性が分娩中にやって来ました。私は赤ちゃんの首にひもが1回ではなく2回巻き付いていることに気付きました。しかも私は唯一の医者でした。私は怖かった。しかし、それが私の進路を変えるのを許すわけにはいきませんでした。

なぜなら、見ての通り、私たちはみんな緊張します。私たちはみんな怖がりますが、次に何をするかが重要です。最初の感情が問題ではないのです。それは重要な兆候になることもあります。問題は、それが私たちを逸らすときです。

その内なる対話が始まり、私たちは大袈裟に捉え、トンネルビジョンに陥ると、その時にどう思うかです。それが狂ったモードの時に考える方法であり、そのようにしては何も解決できません。

さて、話に戻ると約束しましたが、まず、どうすれば自分の頭から抜け出せるか?聞いたことのある多くの戦術がありますが、私にとっては、その場で積極的に誰かに焦点を当てるのが最善だとわかります。

私は自分の目の前の人を意識的に見るように努め、彼らと一緒に競技場にいる自分自身を見ます。彼らには何が必要で、何を恐れているのか、どうすれば助けられるか?これはあなたにとって多くの温かい感情に聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

実際、研究によれば、脳を基本的に思いやりで刺激すると、そのトンネルビジョンと内なる対話を妨げます。知覚が広がり、脳がより広範な情報を取り込み、より多くの可能性を見つけ、より良い決定を下すことができるようになります。

試してみてください。内なる対話があなたを逸らす可能性があることを知ってください。そして、自分の頭から抜け出すと、自分自身の邪魔を排除することができます。

では、その赤ちゃんはどうなったのでしょうか?私は自分の恐怖ではなく、母親と赤ちゃんに焦点を合わせ、私がする必要があることに集中しました。そして、赤ちゃんの首からコードを外し、元気に泣き叫ぶ赤ちゃんが現れました。ちょうどその時、駐車場から駆けつけた父親が、「こんにちは、息子が生まれました、私はダリア医師です。おめでとうございます、ひもを切りたいですか?」と言いました。

そして、生まれたての赤ちゃんの元気な泣き声が、救急室の通常の音であるビープ音やサイレンをかき消しました。しかし、それ以外にも何かがありました。

なぜなら、私がその母親の部屋から出て歩いていると、いくつかの他の患者が近くにいました。私は突然、救急室に来た彼ら自身の問題にもかかわらず、彼らがみんなこの赤ちゃんのために応援しに集まってきたことに気付きました。そして、彼らは今、その喜びを共有していました。

狂ったモードからレディーモードに移行するとそうなります。他の人が気付きます。彼らもそれを望んでいますが、どうやって良いかわからないだけです。ただし、1つの例が必要です。それがあなたかもしれません。

多忙な生活を自分のものにしてください。しかし、それを狂っていると呼ぶのはやめてください。あなたはいつもその能力を持っていました。でも今は…準備ができています。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました