セーシェルの成功事例に学ぶ海洋保護の新しいアプローチ

環境

Island and coastal nations need to protect their waters to keep the oceans healthy. But they often have lots of debt and aren’t able to prioritize ocean conservation over other needs. The team at The Nature Conservancy sees a way to solve both problems at once: restructuring a nation’s debt in exchange for its government’s commitment to protect coastal areas. Learn more about how “Blue Bonds for Conservation” work — and how you can help unlock billions of dollars for the oceans. This ambitious plan is a part of the Audacious Project, TED’s initiative to inspire and fund global change. (Voiced by Ladan Wise)

島嶼国や沿岸国は、海洋を健全に保つために水を保護する必要があります。 しかし、彼らは多額の借金を抱えていることが多く、他のニーズよりも海洋保護を優先することができません。

ザ・ネイチャー・コンサーバンシーのチームは、両方の問題を同時に解決する方法を考えている。それは、沿岸地域を保護するという政府の約束と引き換えに国の債務を再構築することだ。 「保全のためのブルーボンド」がどのように機能するのか、そして海洋のために何十億ドルもの資金をどのように活用できるのかについて詳しく学びましょう。 この野心的な計画は、世界的な変革を促し、資金を提供するTEDの取り組みであるAudacious Projectの一環です。 (声の出演:ラダン・ワイズ)

タイトル An ingenious proposal for scaling up marine protection
海洋保護を拡大するための独創的な提案
スピーカー ザ・ネイチャー・コンサーバンシー
アップロード 2019/06/08

「海洋保護を拡大するための独創的な提案(An ingenious proposal for scaling up marine protection)」の文字起こし

Ah, earth’s oceans. They are beautiful, inspiring, life-sustaining. They are also, as you’re probably quite aware, more or less screwed.

In the Seychelles, for example, human activities and climate change have left corals bleached. Overfishing has caused fish stocks to plummet. Biodiversity is in peril. So what can we do? Well, some form of protection, obviously. Nature is very resilient. When marine areas are strategically protected, entire ecosystems can bounce back. However, creating marine protected areas isn’t easy.

First, you have the issue of figuring out where to protect. This coral reef overlaps with that international fishing route, intersects with this fish hatchery. Everything is interconnected. And marine protection plans must take into account how one area affects another.

Then, there’s the issue of getting everyone on board. Coastal economies often rely on fishing and tourism. If people think they can’t do their work, there’s no chance of getting the local buy-in you need for the area to be successful. Marine protected areas must also be enforced. That means the government itself must be deeply invested in the plan. Token support will not cut it.

And finally, conservation requires money. A lot of it. Governments in island and coastal nations may want to protect their waters, but often these nations have very high debt and can’t afford to prioritize conservation. If we rely on philanthropic dollars alone to fund marine protection, we might get a small marine-protected area here, another little one there. But we need more marine protected areas faster, to have lasting impact.

So what exactly does smart ocean conservation look like? How do we get the money, government support and careful planning that takes into account both local economies and complex ecosystems?

We want to share with you an audacious idea from The Nature Conservancy. It seeks to address all of these things in one fell swoop. They’ve realized that debt held by island and coastal nations is the very thing that will enable them to achieve their conservation goals.

TNC’s idea is to restructure this debt, to generate the funds and political will to protect reefs, mangroves and fisheries. For example, if you refinance your house to take advantage of a better interest rate, maybe you use the savings to insulate your attic. That’s what Blue Bonds for Conservation do for entire coastal countries. Refinance the debt, then use the savings to create marine protected areas. Of course, sovereign debt restructuring is more complicated than that, but you get the basic idea.

If investors put in 40 million dollars now, it can unlock as much as 1.6 billion for ocean conservation. And this is how the work gets done.

Step one: negotiate the deal. A coastal nation commits to protect at least 30 percent of its ocean areas. In exchange, The Nature Conservancy bring investors, public funders and international development organizations to the table to restructure a portion of the nation’s debt, leading to lower interest rates and longer repayment periods.

Step two: create a marine plan. Simultaneously, The Nature Conservancy works with marine scientists, government leaders and local stakeholders to create a detailed conservation plan that integrates the needs of the ocean with the needs of the people.

Step three: activate for longevity. TNC establishes an independently run conservation trust fund. The savings from the debt restructure goes into it to support new marine protected areas. The trust then holds the government accountable for its commitments, ensuring that the Blue Bonds finance real protection efforts.

Could this plan work? It already has. In 2016, TNC helped create a national conservation plan in the Seychelles. TNC restructured 22 million dollars of the government’s debt. And in exchange, the government agreed to protect 30 percent of its marine areas. Today, the Seychelles is on track to protect 400,000 square kilometers of ocean. That’s an area roughly the size of Germany. The Seychelles is protecting its coral reefs, it’s replenishing its fisheries, it’s improving its resilience to climate change. At the same time, it’s strengthening its economy.

This success is making other governments take note. Many want to be part of this. There’s an opportunity to scale this up, dramatically. And fast. TNC has identified 20 more nations where such a plan should be possible. But to execute, they need seed capital. And to put in place local teams who can develop conservation plans, work with all the stakeholders and structure the deals. If they get the support they need over the next five years, they could protect four million square kilometers of ocean. That’s 10 Germanies. This would increase the amount of protected areas in all of the world’s oceans by an incredible 15 percent. It would allow vast tracks of the world’s coral reefs to replenish and give safe harbor to countless species. This would be truly incredible. And it’s really just the beginning. Because there aren’t 20 countries in the world where this kind of debt conversion would work. There are almost 100. With this approach, everyone wins. Governments, local citizens, funders, and most importantly, our oceans. So in fact, we all win. Ah, earth’s oceans.

「海洋保護を拡大するための独創的な提案(An ingenious proposal for scaling up marine protection)」の和訳

ああ、地球の海。それらは美しく、インスピレーションを与え、生命を維持します。しかし、おそらくかなりの認識があるように、それらはほぼダメージを受けています。

例えば、セーシェルでは、人間の活動と気候変動の影響でサンゴが白化しています。過剰漁業により魚の在庫が急激に減少しています。生物多様性が危機に瀕しています。では、何ができるでしょうか? もちろん、何らかの形での保護が必要です。自然は非常に強靱です。海洋域が戦略的に保護されると、生態系全体が回復することがあります。しかし、海洋保護区を作るのは簡単ではありません。

まず、どこを保護するかを決める問題があります。このサンゴ礁はあの国際漁業ルートと重なり合い、この魚の養殖場と交差します。すべてが相互に関連しています。そして、海洋保護計画は、1つの地域が別の地域にどのように影響を与えるかを考慮に入れなければなりません。

それから、みんなが賛成してくれる問題があります。沿岸の経済はしばしば漁業や観光に依存しています。人々が自分たちの仕事をできないと思うと、地域が成功するために必要な地元の賛同を得るチャンスはありません。海洋保護区は実施されなければなりません。それは政府自体が計画に深く投資しなければなりません。象徴的な支援では足りません。

最後に、保全にはたくさんのお金が必要です。島や沿岸国の政府は自国の水域を保護したいと思うかもしれませんが、これらの国々は非常に高い負債を抱えており、保全を優先する余裕がありません。海洋保護を資金提供するのに慈善寄付だけを頼ると、ここに少し、あそこにもう一つ、小さな海洋保護区ができるかもしれません。しかし、より多くの海洋保護区をより速く設立する必要があり、持続的な影響を与えるためには。

では、賢い海洋保護は具体的にどのように見えるのでしょうか? お金、政府の支援、そして地元の経済と複雑な生態系の両方を考慮した慎重な計画が必要です。

私たちは、自然保護協会からの大胆なアイデアを共有したいと思います。それは一挙にこれらすべての問題に対処しようとしています。彼らは、島や沿岸国が保全目標を達成するのに役立つであろう負債を保有していることに気づきました。

TNCのアイデアは、この負債を再構築して、サンゴ礁、マングローブ、漁業を保護するための資金と政治的意志を生み出すことです。例えば、住宅ローンの利率が改善されたために住宅ローンを再融資すると、節約したお金を屋根裏に断熱材を設置するために使うかもしれません。それが海洋保護のためのブルーボンドが行うことです。負債を再融資し、その節約分を海洋保護区の設立に使います。もちろん、主権負債の再構築はそれよりも複雑ですが、基本的なアイデアは理解できると思います。

投資家が今4000万ドルを出資すれば、海洋保全に16億ドル以上が動員される可能性があります。そして、こうして仕事が進むのです。

ステップ1:取引を交渉する。沿岸国が少なくとも30%の海洋エリアを保護することを約束します。その代わりに、自然保護協会は投資家、公的資金提供者、国際開発機関をテーブルに呼び、国の一部の負債を再構築し、低金利と長期返済期間を実現します。

ステップ2:海洋計画を作成する。同時に、自然保護協会は海洋科学者、政府首脳、地元の関係者と協力して、海洋と人々のニーズを統合した詳細な保全計画を作成します。

ステップ3:持続可能性のために活性化する。TNCは独立運営の保全信託基金を設立します。負債の再構築からの節約金が新しい海洋保護区を支援するためにそこに入ります。信託はその後、政府がその約束を守るように監視し、ブルーボンドが実際の保護活動を資金提供することを保証します。

この計画はうまくいく可能性がありますか?もちろん、実際にうまくいっています。2016年、TNCはセーシェル政府と国家保全計画を作成しました。TNCは政府の2,200万ドルの負債を再構築し、引き換えに政府は海洋エリアの30%を保護することに同意しました。今日、セーシェルは海洋の40万平方キロメートルを保護する予定です。それはおおよそドイツの面積と同じです。セーシェルはサンゴ礁を保護し、漁業を再生し、気候変動に対する耐久性を高めています。同時に、経済を強化しています。

この成功は他の政府も注目させています。多くの国がこれに参加したいと考えています。これを急速に拡大する機会があります。TNCは、このような計画が可能な20か国を特定しました。しかし、実行するには種まき資金が必要です。そして、保全計画を開発し、すべての関係者と協力して取引を構築できる現地のチームを組織する必要があります。今後5年間で必要なサポートを得られれば、400万平方キロメートルの海洋を保護することができます。それはドイツ10個分です。これにより、世界のすべての海洋の保護エリアが信じられないほどの15%増加します。これにより、世界のサンゴ礁の広大な範囲が再生され、無数の種が安全な避難所を得ることができます。これは本当に素晴らしいことです。そして、これは本当に始まりに過ぎません。なぜなら、このような負債の換金がうまくいくのは20か国だけではなく、ほとんどの国です。このアプローチでは、誰もが勝つのです。政府、地元の市民、資金提供者、そして何よりも、私たちの海洋です。ですから、実際には、私たち全員が勝つのです。ああ、地球の海洋よ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました