情報中毒から解放されるためのシンプルなツールの必要性

IT

Designer Tom Uglow is creating a future in which humanity’s love for natural solutions and simple tools can coexist with our need for information and the devices that provide us with it. “Reality is richer than screens,” he says. “We can have a happy place filled with the information we love that feels as natural as switching on lightbulb.”

デザイナーのトム・アグロウは、自然な解決策やシンプルなツールに対する人類の愛情と、情報やそれを提供するデバイスへのニーズが共存できる未来を創造しています。

「現実はスクリーンよりも豊かです」と彼は言います。 「電球を点灯するのと同じくらい自然に感じられる、大好きな情報で満たされた幸せな場所を手に入れることができます。」

タイトル An Internet Without Screens Might Look Like This
画面のないインターネットは次のようなものになるかもしれません
スピーカー トム・アグロウ
アップロード 2015/11/14

「画面のないインターネットは次のようなものになるかもしれません(An Internet Without Screens Might Look Like This)」の文字起こし

I’d like to start by asking you all to go to your happy place, please. Yes, your happy place, I know you’ve got one even if it’s fake.

OK, so, comfortable? Good. Now I’d like to you to mentally answer the following questions. Is there any strip lighting in your happy place? Any plastic tables? Polyester flooring? Mobile phones? No? I think we all know that our happy place is meant to be somewhere natural, outdoors — on a beach, fireside. We’ll be reading or eating or knitting. And we’re surrounded by natural light and organic elements. Natural things make us happy. And happiness is a great motivator; we strive for happiness. Perhaps that’s why we’re always redesigning everything, in the hopes that our solutions might feel more natural.

So let’s start there — with the idea that good design should feel natural. Your phone is not very natural. And you probably think you’re addicted to your phone, but you’re really not. We’re not addicted to devices, we’re addicted to the information that flows through them. I wonder how long you would be happy in your happy place without any information from the outside world. I’m interested in how we access that information, how we experience it. We’re moving from a time of static information, held in books and libraries and bus stops, through a period of digital information, towards a period of fluid information, where your children will expect to be able to access anything, anywhere at any time, from quantum physics to medieval viticulture, from gender theory to tomorrow’s weather, just like switching on a lightbulb — Imagine that.

Humans also like simple tools. Your phone is not a very simple tool. A fork is a simple tool.And we don’t like them made of plastic, in the same way I don’t really like my phone very much — it’s not how I want to experience information. I think there are better solutions than a world mediated by screens. I don’t hate screens, but I don’t feel — and I don’t think any of us feel that good about how much time we spend slouched over them.

Fortunately, the big tech companies seem to agree. They’re actually heavily invested in touch and speech and gesture, and also in senses — things that can turn dumb objects, like cups, and imbue them with the magic of the Internet, potentially turning this digital cloud into something we might touch and move. The parents in crisis over screen time need physical digital toys teaching their kids to read, as well as family-safe app stores. And I think, actually, that’s already really happening.

Reality is richer than screens. For example, I love books. For me they are time machines — atoms and molecules bound in space, from the moment of their creation to the moment of my experience. But frankly, the content’s identical on my phone. So what makes this a richer experience than a screen? I mean, scientifically. We need screens, of course. I’m going to show film, I need the enormous screen. But there’s more than you can do with these magic boxes. Your phone is not the Internet’s door bitch.

We can build things — physical things, using physics and pixels, that can integrate the Internet into the world around us. And I’m going to show you a few examples of those. A while ago, I got to work with a design agency, Berg, on an exploration of what the Internet without screens might actually look like. And they showed us a range ways that light can work with simple senses and physical objects to really bring the Internet to life, to make it tangible. Like this wonderfully mechanical YouTube player. And this was an inspiration to me.

Next I worked with the Japanese agency, AQ, on a research project into mental health. We wanted to create an object that could capture the subjective data around mood swings that’s so essential to diagnosis. This object captures your touch, so you might press it very hard if you’re angry, or stroke it if you’re calm. It’s like a digital emoji stick. And then you might revisit those moments later, and add context to them online. Most of all, we wanted to create an intimate, beautiful thing that could live in your pocket and be loved.

The binoculars are actually a birthday present for the Sydney Opera House’s 40th anniversary. Our friends at Tellart in Boston brought over a pair of street binoculars, the kind you might find on the Empire State Building, and they fitted them with 360-degree views of other iconic world heritage sights — using Street View. And then we stuck them under the steps. So, they became this very physical, simple reappropriation, or like a portal to these other icons. So you might see Versailles or Shackleton’s Hut. Basically, it’s virtual reality circa 1955.

In our office we use hacky sacks to exchange URLs. This is incredibly simple, it’s like your Opal card. You basically put a website on the little chip in here, and then you do this and … bosh! — the website appears on your phone. It’s about 10 cents.

Treehugger is a project that we’re working on with Grumpy Sailor and Finch, here in Sydney. And I’m very excited about what might happen when you pull the phones apart and you put the bits into trees, and that my children might have an opportunity to visit an enchanted forest guided by a magic wand, where they could talk to digital fairies and ask them questions, and be asked questions in return. As you can see, we’re at the cardboard stage with this one. But I’m very excited by the possibility of getting kids back outside without screens, but with all the powerful magic of the Internet at their fingertips. And we hope to have something like this working by the end of the year.

So let’s recap. Humans like natural solutions. Humans love information. Humans need simple tools. These principles should underpin how we design for the future, not just for the Internet. You may feel uncomfortable about the age of information that we’re moving into. You may feel challenged, rather than simply excited. Guess what? Me too. It’s a really extraordinary period of human history. We are the people that actually build our world, there are no artificial intelligences… yet. It’s us — designers, architects, artists, engineers. And if we challenge ourselves, I think that actually we can have a happy place filled with the information we love that feels as natural and as simple as switching on lightbulb. And although it may seem inevitable, that what the public wants is watches and websites and widgets, maybe we could give a bit of thought to cork and light and hacky sacks. Thank you very much.

「画面のないインターネットは次のようなものになるかもしれません(An Internet Without Screens Might Look Like This)」の和訳

まずは、みなさんにお願いしたいことがあります。どうか、自分の幸せな場所に行ってください。はい、あなたの幸せな場所です。それが偽りでも、持っているはずです。

では、快適ですか?良いですね。では、次に次の質問に心で答えてください。あなたの幸せな場所には、蛍光灯はありますか?プラスチックのテーブルはありますか?ポリエステルの床材は?携帯電話は?ないですね?私たちの幸せな場所は、自然な場所、屋外にあるということを皆さんもご存知ですよね。ビーチや暖炉のそばで、読書をしたり、食事をしたり、編み物をしたりします。そして、自然光やオーガニックな要素に囲まれています。自然なものは私たちを幸せにします。そして、幸せは素晴らしいモチベーターです。私たちは幸せを求めて努力します。そのためか、私たちは常にすべてを自然な感じにすることを願って、すべてを再設計しています。

だからこそ、良いデザインは自然に感じるべきだという考えから始めましょう。あなたの携帯電話はあまり自然ではありません。そして、おそらくあなたは携帯電話に依存していると思っていますが、実際にはそうではありません。私たちはデバイスに依存しているのではなく、それらを通じて流れる情報に依存しています。外部からの情報なしで、あなたの幸せな場所でどれだけ長く幸せに過ごせるか気になります。私はその情報にアクセスし、それを体験する方法に興味があります。私たちは、静的な情報が本や図書館、バス停に保持されていた時代から、デジタルな情報の時代を経て、流動的な情報の時代に移行しています。あなたの子供たちは、量子物理学から中世のブドウ栽培、ジェンダー理論から明日の天気まで、どこでもいつでも何でもアクセスできることを期待するでしょう。それはまるで電球をつけるようなものです。

人間はまた、シンプルな道具が好きです。あなたの携帯電話はあまりシンプルな道具ではありません。フォークはシンプルな道具です。そして、私たちはプラスチック製のフォークが好きではありません。同様に、私はあまり携帯電話が好きではありません。情報を体験したい方法ではありません。私は、スクリーンを介して仲介される世界よりも良い解決策があると考えています。スクリーンを嫌っているわけではありませんが、私たちの多くがその上にうつむいて過ごす時間についてあまり良い気持ちを抱いていないと思います。

幸いなことに、大手のテクノロジー企業はこれに同意しているようです。彼らは実際にタッチや音声やジェスチャーに重点を置いており、また、感覚にも重点を置いています。これらのものは、カップなどの単純な物体を持ち、それにインターネットの魔法を宿らせることができ、このデジタルクラウドを触れて動かすことができる可能性があります。スクリーンタイムに危機感を抱いている親たちは、子供たちに読み書きを教える物理的なデジタルおもちゃや、家族向けのアプリストアを必要としています。そして、実際には、それがすでに実現しています。

現実はスクリーンよりも豊かです。例えば、私は本が大好きです。私にとって、それらは時間のマシンです。創造された瞬間から私が経験する瞬間までの空間に固定された原子や分子です。しかし、率直に言って、コンテンツは私の携帯電話でも同じです。なぜこれがスクリーンよりも豊かな体験になるのでしょうか?科学的に言えば。もちろん、スクリーンは必要です。映画を上映するには、大きなスクリーンが必要です。しかし、これらの魔法の箱でできることはそれ以上です。あなたの携帯電話はインターネットの玄関番ではありません。

私たちは、物理とピクセルを使って物理的なものを構築し、インターネットを私たちの周りの世界に統合することができます。そして、私はそれらのいくつかの例をお見せします。以前、デザインエージェンシーのBergと協力して、スクリーンのないインターネットが実際にどのように見えるかを探求しました。そして、彼らは、光がシンプルな感覚と物理的なオブジェクトとどのように連携して、インターネットを実感し、触れるものにするかを示しました。この素晴らしい機械式のYouTubeプレーヤーなどです。そして、これは私にとってインスピレーションでした。

次に、私は日本のエージェンシーであるAQと一緒に、メンタルヘルスに関する研究プロジェクトに取り組みました。私たちは、診断に不可欠な気分の変動に関する主観的なデータを捉えることができるオブジェクトを作りたかったのです。このオブジェクトはあなたの触れ方を捉えるため、怒っているときには非常に強く押すか、落ち着いているときには撫でるかもしれません。それはデジタルな絵文字スティックのようなものです。そして、後でこれらの瞬間を振り返り、オンラインでそれらに文脈を加えることができます。最も重要なのは、ポケットに住み、愛されることができる、親密で美しいものを作りたかったのです。

双眼鏡は実際にはシドニーオペラハウスの40周年記念の誕生日プレゼントです。ボストンのTellart社の友人たちが、エンパイアステートビルディングで見つけるかもしれないような通りの双眼鏡を持ち込み、それらを360度のビューで他の象徴的な世界遺産地に変えました。ストリートビューを使用して。そしてそれから私たちはそれらを階段の下に設置しました。だから、それらはこの非常に物理的で、シンプルな再利用、またはこれらの他のアイコンへのポータルのようなものになりました。ですから、ヴェルサイユ宮殿やシャックルトンの小屋を見ることができます。基本的に、これは1955年頃のバーチャルリアリティです。

私たちのオフィスでは、URLを交換するためにハッキーサックを使っています。これは非常にシンプルで、あなたのOpalカードのようなものです。基本的には、この小さなチップにウェブサイトを入れて、それをこうやって…ぶつ!―ウェブサイトがあなたの携帯電話に表示されます。それが約10セントです。

Treehuggerは、シドニーにあるGrumpy SailorとFinchと共に取り組んでいるプロジェクトです。私は、電話を分解してその部品を木に入れたときに何が起こるかにとても興奮しています。そして、私の子供たちが魔法の杖に導かれた魔法の森を訪れる機会があるかもしれないと思うと、デジタルの妖精と話したり、質問したり、質問されたりすることができるでしょう。ご覧の通り、このプロジェクトは段ボールの段階にありますが、スクリーンを使わずに子供たちを外に出す可能性に非常に興奮しています。そして、インターネットの強力な魔法を手に入れることができるのです。私たちは、年末までにこのようなものを動作させることを願っています。

さて、要約しましょう。人間は自然な解決策が好きです。人間は情報を愛します。人間はシンプルなツールが必要です。これらの原則は、将来のデザインを構築する際にインターネットだけでなく基盤とすべきです。情報の時代に不快感を覚えるかもしれません。単に興奮するだけでなく、挑戦を感じるかもしれません。私もそうです。これは非常に特異な人類史の時期です。私たちは世界を実際に構築している人々であり、人工知能は存在しません… まだです。私たち―デザイナー、建築家、アーティスト、エンジニアです。自分自身に挑戦すれば、私たちは実際に私たちが愛する情報で満たされた幸せな場所を持つことができます。それは電球をつけるのと同じように自然でシンプルに感じるでしょう。そして、一般の人々が時計やウェブサイトやウィジェットを求めるのが不可避であるように思われるかもしれませんが、コルクや光、ハッキーサックにも少し考えてみることができるかもしれません。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました