パトリス・カラーズが語るブラック・ライヴズ・マターの重要性

人間関係

Born out of a social media post, the Black Lives Matter movement has sparked discussion about race and inequality across the world. In this spirited conversation with Mia Birdsong, the movement’s three founders share what they’ve learned about leadership and what provides them with hope and inspiration in the face of painful realities. Their advice on how to participate in ensuring freedom for everybody: join something, start something and “sharpen each other, so that we all can rise.”

ソーシャル メディアの投稿から生まれた Black Lives Matter 運動は、世界中で人種と不平等についての議論を引き起こしました。

ミア・バードソングとのこの活発な会話の中で、この運動の創設者 3 人は、リーダーシップについて学んだこと、そして辛い現実に直面したときに希望とインスピレーションを与えてくれるものについて語ります。 すべての人に自由を確保するために参加する方法についての彼らのアドバイスは、何かに参加し、何かを始め、「私たち全員が立ち上がることができるように、お互いを研ぎ澄ます」というものです。

タイトル
An interview with the founders of Black Lives Matter
Black Lives Matter 創設者へのインタビュー
スピーカー ミア・バードソング
アップロード 2016/12/21

「Black Lives Matter 創設者へのインタビュー(An interview with the founders of Black Lives Matter)」の文字起こし

Mia Birdsong: Why is Black Lives Matter important for the US right now and in the world?

Patrisse Cullors: Black Lives Matter is our call to action. It is a tool to reimagine a world where black people are free to exist, free to live. It is a tool for our allies to show up differently for us. I grew up in a neighborhood that was heavily policed. I witnessed my brothers and my siblings continuously stopped and frisked by law enforcement. I remember my home being raided. And one of my questions as a child was, why? Why us? Black Lives Matter offers answers to the why. It offers a new vision for young black girls around the world that we deserve to be fought for, that we deserve to call on local governments to show up for us.

Opal Tometi: And antiblack racism — And antiblack racism is not only happening in the United States. It’s actually happening all across the globe. And what we need now more than ever is a human rights movement that challenges systemic racism in every single context. We need this because the global reality is that black people are subject to all sorts of disparities in most of our most challenging issues of our day. I think about issues like climate change, and how six of the 10 worst impacted nations by climate change are actually on the continent of Africa. People are reeling from all sorts of unnatural disasters, displacing them from their ancestral homes and leaving them without a chance at making a decent living. We also see disasters like Hurricane Matthew, which recently wreaked havoc in many different nations, but caused the most damage to Haiti. Haiti is the poorest country in this hemisphere, and its inhabitants are black people. And what we’re seeing in Haiti is that they were actually facing a number of challenges that even preceded this hurricane. They were reeling from the earthquake, they were reeling from cholera that was brought in by UN peacekeepers and still hasn’t been eradicated. This is unconscionable. And this would not happen if this nation didn’t have a population that was black, and we have to be real about that. But what’s most heartening right now is that despite these challenges, what we’re seeing is that there’s a network of Africans all across the continent who are rising up and fighting back and demanding climate justice.

MB: So Alicia, you’ve said that when black people are free, everyone is free. Can you talk about what that means?

Alicia Garza: Sure. So I think race and racism is probably the most studied social, economic and political phenomenon in this country, but it’s also the least understood. The reality is that race in the United States operates on a spectrum from black to white. Doesn’t mean that people who are in between don’t experience racism, but it means that the closer you are to white on that spectrum, the better off you are. And the closer to black that you are on that spectrum the worse off your are. When we think about how we address problems in this country, we often start from a place of trickle-down justice. So using white folks as the control we say, well, if we make things better for white folks then everybody else is going to get free. But actually it doesn’t work that way. We have to address problems at the root, and when you deal with what’s happening in black communities, it creates an effervescence, right?

So a bubble up rather than a trickle down. Let me give an example. When we talk about the wage gap, we often say women make 78 cents to every dollar that a man makes. You all have heard that before. But those are the statistics for white women and white men. The reality is that black women make something like 64 cents to every 78 cents that white women make. When we talk about latinas, it goes down to about 58 cents. If we were to talk about indigenous women, if we were to talk about trans women, it would even go further down. So again, if you deal with those who are the most impacted, everybody has an opportunity to benefit from that, rather than dealing with the folks who are not as impacted, and expecting it to trickle down.

Mia Birdsong: So I love the effervescence, bubbling up.

Alicia Garza: Effervescence — like champagne.

Mia Birdsong: Who doesn’t love a glass of champagne, right? Champagne and freedom, right? What more could we want, y’all? So you all have been doing this for a minute, and the last few years have been — well, I can’t even imagine, but I’m sure very transformative. And I know that you all have learned a lot about leadership. What do you want to share with these people about what you’ve learned about leadership? Patrisse, let’s start with you.

Patrisse Cullors: Yeah, we have to invest in black leadership. That’s what I’ve learned the most in the last few years. What we’ve seen is thousands of black people showing up for our lives with very little infrastructure and very little support. I think our work as movement leaders isn’t just about our own visibility but rather how do we make the whole visible. How do we not just fight for our individual selves but fight for everybody? And I also think leadership looks like everybody in this audience showing up for black lives. It’s not just about coming and watching people on a stage, right? It’s about how do you become that leader — whether it’s in your workplace, whether it’s in your home — and believe that the movement for black lives isn’t just for us, but it’s for everybody.

Mia Birdsong: What about you, Opal?

Opal Tometi: So I’ve been learning a great deal about interdependence. I’ve been learning about how to trust your team. I’ve come up with this new mantra after coming back from a three-month sabbatical, which is rare for black women to take who are in leadership, but I felt it was really important for my leadership and for my team to also practice stepping back as well as also sometimes stepping in. And what I learned in this process was that we need to acknowledge that different people contribute different strengths, and that in order for our entire team to flourish, we have to allow them to share and allow them to shine. And so during my sabbatical with the organization that I also work with, I saw our team rise up in my absence. They were able to launch new programs, fundraise. And when I came back, I had to give them a lot of gratitude and praise because they showed me that they truly had my back and that they truly had their own backs. You know, in this process of my sabbatical, I was really reminded of this Southern African philosophy of Ubuntu. I am because you are; you are because I am.

And I realized that my own leadership, and the contributions that I’m able to make, is in large part due to the contributions that they make, right? And I have to acknowledge that, and I have to see that, and so my new mantra is, “Keep calm and trust the team.” And also, “Keep calm and thank the team.”

Mia Birdsong: You know, one of the things I feel like I’ve heard in the context of the Black Lives Matter movement more than anywhere else is about being a leaderful movement, and that’s such a beautiful concept, and I think that something that women often bring to the conversation about leadership is really the collective piece. What about you, Alicia?

Alicia Garza: Yeah … How many of you heard that saying that leadership is lonely? I think that there is an element where leadership is lonely, but I also believe that it doesn’t have to be like that. And in order for us to get to that point, I think there’s a few things that we need to be doing. So one is we have to stop treating leaders like superheroes. We are ordinary people attempting to do extraordinary things, and so we need to be supported in that way. The other thing that I’ve learned about leadership is that there’s a difference between leadership and celebrities, right? And there’s a way in which we’ve been kind of transformed into celebrities rather than people who are trying to solve a problem. And the way that we treat celebrities is very fickle, right? We like them one day, we don’t like what they’re wearing the next day, and all of a sudden we have issues, right? So we need to stop deifying leaders so that more people will step into leadership. Lots of people are terrified to step into leadership because of how much scrutiny they receive and how brutal we are with leaders. And then the last thing that I’ve learned about leadership is that it’s really easy to be a leader when everybody likes you. But it’s hard to be a leader when you have to make hard choices and when you have to do what’s right, even though people are not going to like you for it. And so in that way, I think another way that we can support leaders is to struggle with us, but struggle with us politically, not personally. We can have disagreements without being disagreeable, but it’s important for us to sharpen each other, so that we all can rise.

Mia Birdsong: That’s beautiful, thank you. So you all are doing work that forces you to face some brutal, painful realities on a daily basis. What gives you hope and inspires you in that context?

Patrisse Cullors: I am hopeful for black futures. And I say that because we live in a society that’s so obsessed with black death. We have images of our death on the TV screen, on our Twitter timelines, on our Facebook timelines, but what if instead we imagine black life? We imagine black people living and thriving. And that — that inspires me.

Opal Tometi: What inspires me these days are immigrants. Immigrants all over the world who are doing the best that they can to make a living, to survive and also to thrive. Right now there are over 244 million people who aren’t living in their country of origin. This is a 40 percent increase since the year 2000. So what this tells me is that the disparities across the globe are only getting worse. Yet there are people who are finding the strength and wherewithal to travel, to move, to eke out a better living for themselves and to provide for their families and their loved ones. And some of these people who are immigrants are also undocumented.

Sure, here’s the text with each speaker’s contribution separated into paragraphs:

**Patrisse Cullors:**
I am hopeful for black futures. And I say that because we live in a society that’s so obsessed with black death. We have images of our death on the TV screen, on our Twitter timelines, on our Facebook timelines, but what if instead we imagine black life? We imagine black people living and thriving. And that — that inspires me.

**Opal Tometi:**
What inspires me these days are immigrants. Immigrants all over the world who are doing the best that they can to make a living, to survive and also to thrive. Right now there are over 244 million people who aren’t living in their country of origin. This is a 40 percent increase since the year 2000. So what this tells me is that the disparities across the globe are only getting worse. Yet there are people who are finding the strength and wherewithal to travel, to move, to eke out a better living for themselves and to provide for their families and their loved ones. And some of these people who are immigrants are also undocumented.

**Alicia Garza:**
And they inspire me even more because although our society is telling them, you’re not wanted, you’re not needed here, and they’re highly vulnerable and subject to abuse, to wage theft, to exploitation and xenophobic attacks, many of them are also beginning to organize in their communities. And what I’m seeing is that there’s also an emerging network of black, undocumented people who are resisting the framework, and resisting the criminalization of their existence. And that to me is incredibly powerful and inspires me every singe day.

**Alicia Garza:**
We know that young people are the present and the future, but what inspires me are older people who are becoming transformed in the service of this movement. We all know that as you get older, you get a little more entrenched in your ways. It’s happening to me, I know that’s right. But I’m so inspired when I see people who have a way that they do things, have a way that they think about the world, and they’re courageous enough to be open to listening to what the experiences are of so many of us who want to live in world that’s just and want to live in a world that’s equitable. And I’m also inspired by the actions that I’m seeing older people taking in service of this movement. I’m inspired by seeing older people step into their own power and leadership and say, “I’m not passing a torch, I’m helping you light the fire.”

**Moderator:**
So in terms of action, I think that it is awesome to sit here and be able to listen to you all, and to have our minds open and shift, but that’s not going to get black people free. So if you had one thing you would like this audience and the folks who are watching around the world to actually do, what would that be?

**Alicia Garza:**
OK, two quick ones. One, call the White House. The water protectors are being forcibly removed from the camp that they have set up to defend what keeps us alive. And that is intricately related to black lives. So definitely call the White House and demand that they stop doing that. There are tanks and police officers arresting every single person there as we speak. The second thing that you can do is to join something. Be a part of something. There are groups, collectives — doesn’t have to be a non-profit, you know what I mean? But there are groups that are doing work in our communities right now to make sure that black lives matter so all lives matter. Get involved; don’t sit on your couch and tell people what you think they should be doing. Go do it with us.

**Moderator:**
Do you guys want to add anything? That’s good? All right. So — And I think that the joining something, like if you feel like there’s not something where you are, start it.

**Alicia Garza:**
Start it.

**Moderator:**
These conversations that we’re having, have those conversations with somebody else. And then instead of just letting it be a talk that you had, actually decide to start something.

**Opal Tometi:**
That’s right.

**Moderator:**
I mean, that’s what you all did. You started something, and look what’s happened. Thank you all so much for being here with us today.

**Opal Tometi:**
Thank you.

「Black Lives Matter 創設者へのインタビュー(An interview with the founders of Black Lives Matter)」の和訳

Mia Birdsong: アメリカと世界において、なぜBlack Lives Matterが重要なのでしょうか?

Patrisse Cullors: Black Lives Matterは私たちの行動の呼びかけです。それは、黒人が存在し、生きる自由を持つ世界を想像し直すためのツールです。それは、私たちの味方が私たちに異なる形で支えるためのツールです。私は警察が多く巡回していた地域で育ちました。私の兄弟や姉妹が繰り返し警察によって止められたり、フリスクされたりするのを目撃しました。私の家が襲撃されたことを覚えています。そして子供の頃、私の質問の一つは、なぜなのか?なぜ私たちなのか?でした。Black Lives Matterはその「なぜ」に答えを提供します。それは、私たち黒人の若い女の子たちに、私たちは戦われる価値があり、地方政府に私たちのために出てくるよう要求する権利があることを示す新しいビジョンを提供します。

Opal Tometi: アンチブラックの人種差別は、実際にはアメリカだけで起こっているわけではありません。実際、世界中で起こっています。そして今必要なのは、あらゆる文脈で制度的な人種差別に挑む人権運動です。なぜなら、世界的な現実は、黒人が私たちの日常の多くの最も難しい問題においてあらゆる種類の格差にさらされていることです。気候変動などの問題を考えると、気候変動によって最も悪影響を受けた10か国のうち6か国が実際にはアフリカ大陸にあります。人々はあらゆる種類の非自然な災害に見舞われ、先祖代々の故郷から追い出され、まともな生計を立てる機会を奪われています。また、ハリケーン・マシューのような災害も見られます。これは最近、様々な国々で大きな被害をもたらしましたが、ハイチに最も大きな被害をもたらしました。ハイチはこの半球で最も貧しい国であり、その住民は黒人です。そして私たちがハイチで見ているのは、実際にはこのハリケーンよりも前から直面していた様々な課題でした。彼らは地震の余波に悩まされていました。そして、UNの平和維持部隊によって持ち込まれたコレラにも依然として苦しんでいます。これは許容できません。そして、もしこの国の人口が黒人でなければ、これは起こらなかっただろうと我々は現実的である必要があります。しかし、今、最も心強いことは、これらの課題にもかかわらず、アフリカ全土で立ち上がって戦い、気候正義を求めるアフリカ人のネットワークが存在していることです。

MB: では、Alicia、黒人が自由になるとき、みんなが自由になると言われていますが、それがどういう意味か話していただけますか?

Alicia Garza: もちろんです。人種と人種差別はおそらくこの国で最も研究されている社会的、経済的、政治的現象であり、しかし理解されていることは最も少ないと思います。実際、アメリカの人種は黒人から白人までのスペクトルで機能しています。中間にいる人々が人種差別を経験しないことを意味するわけではありませんが、それはスペクトルで白人に近いほど、あなたが得するということです。そして、そのスペクトルで黒人に近いほど、あなたが悪い状況になります。この国の問題にどう対処するかを考えるとき、しばしばトリクルダウンの正義の場所から始めます。つまり、白人をコントロールとして使用して、白人の状況を改善すれば、他の誰もが自由になると言います。しかし、実際はそうではありません。問題の根源に対処する必要があります。そして、黒人コミュニティで起こっていることに取り組むと、発泡が生じます。トリクルダウンではなく、バブリングアップです。例を挙げましょう。賃金格差について話すとき、女性は男性の1ドルに対して78セントを稼ぎますとよく言われます。皆さんはそれを聞いたことがあるでしょう。しかし、それは白人女性と白人男性の統計です。実際、黒人女性は白人女性が稼ぐ78セントに対して約64セントを稼ぎます。ラテン系女性について話すと、約58セントになります。もし先住民の女性について話をすると、さらに下がります。したがって、最も影響を受けている人々に取り組むと、誰もがその恩恵を受ける機会があるのです。それに対して、影響を受けていない人々に対処し、トリクルダウンを期待することはできません。

Mia Birdsong: だから、発泡が大好きですね、バブリングアップ。

Alicia Garza: 発泡 – シャンパンのようなものです。

Mia Birdsong: 誰がシャンパンのグラスを好まないでしょう?シャンパンと自由、正しい?もっと何が欲しいですか、皆さん? 皆さんはしばらくこれをやっていて、最後の数年間は – まあ、想像もつかないけど、きっと非常に変革的なものでしょう。そして、あなたたちがリーダーシップについて多くを学んだことを知っています。あなたたちは何について、これらの人々と共有したいですか? パトリース、まずあなたから始めましょう。

Patrisse Cullors: そうですね、私たちは黒人のリーダーシップに投資しなければならないと学びました。 これが私が過去数年間で最も学んだことです。 私たちが見てきたのは、わずかなインフラとわずかなサポートしかない中、何千人もの黒人が私たちの生活のために現れていることです。 私たちの運動のリーダーとしての仕事は、単に自分たちの可視性に関することではなく、どうやって全体を可視化するかです。 個々の自己を戦うだけでなく、みんなのために戦うことです。 また、リーダーシップとは、このオーディエンスの皆さんが黒人の命のために現れることです。 ステージで人々を見るだけではありません。 正しい? あなたがどのようにしてそのリーダーになるか – 職場であるか、家庭であるかに関係なく – そして黒人の命のための運動は私たちだけのためではなく、みんなのためであることを信じることです。

Mia Birdsong: あなたはどうですか、オパール?

Opal Tometi: 私は相互依存について多くを学んでいます。 チームを信頼する方法について学んでいます。 私は3か月のサバティカルから戻ってきた後、新しいマントラを考えました。これはリーダーシップにいる黒人女性が取ることはめったにありませんが、私は自分のリーダーシップとチームが後退することを実践することもまた重要だと感じました。 そしてこのプロセスで学んだことは、異なる人々が異なる強みを持って貢献していることを認める必要があり、私たちのチーム全体が繁栄するためには、彼らに共有する機会を与え、輝かせる必要があるということです。 そして、私のサバティカル中に私が働いている組織で、私は私の不在中に私たちのチームが立ち上がるのを見ました。 彼らは新しいプログラムを立ち上げ、資金を集めることができました。 私が戻ってきたとき、私は彼らに多くの感謝と賛辞を与えなければなりませんでした。彼らは私が本当に自分の背中を持っていることを示してくれました。 あなたが私の代わりにいることを、そして彼ら自身が背中を持っていることを。

このサバティカルのプロセスで、私は実際に南アフリカのウブントゥ哲学を思い出しました。 私はあなたがいるから私がいる;私がいるからあなたがいる。

Opal Tometi: 私は、自分のリーダーシップと私ができる貢献の大部分が彼らの貢献によるものであることに気付きました。そうですよね? それを認めなければならないし、見なければならない。だから私の新しいマントラは、「冷静を保ち、チームを信頼する」です。そして、「冷静を保ち、チームに感謝する」です。

Mia Birdsong: 黒人の命が問われる運動の文脈で聞いたことのあることの1つは、リーダフルな運動であることについてだと思います。それはとても美しい概念です。女性がリーダーシップについての会話にもたらすものは、実際には集団の要素です。アリシア、どう思いますか?

アリシア・ガルザ: ええ… リーダーシップは孤独だと言われていることを聞いたことがありますか? リーダーシップは孤独である部分があると思いますが、そうである必要はないとも信じています。そのためには、私たちが行うべきことがいくつかあります。まず一つ目は、リーダーをスーパーヒーローのように扱うのをやめることです。私たちは普通の人々でありながら、非凡なことを成し遂げようとしているのです。そのように支援される必要があります。リーダーシップについて学んだもう一つのことは、リーダーシップと有名人との違いがあるということです。私たちが有名人として変身してしまう傾向があります。それよりも問題を解決しようとしている人々としてではなく。有名人を扱う方法は非常に気まぐれです。一日は好きで、翌日は何を着ているか気に入らないということもあるでしょう。そして突然問題が起こることもあります。ですから、リーダーを神格化するのをやめて、より多くの人々がリーダーシップに進んでいけるようにする必要があります。多くの人々が、どれだけの非難を受けるかと、私たちがリーダーに対してどれだけ非情であるかのために、リーダーシップに進むことを恐れています。そして、リーダーに好かれているときはリーダーでいることは簡単ですが、難しい決断をしなければならないとき、そして人々があなたを好きにならないことを受け入れなければならないときはリーダーでいることは難しいです。ですから、私たちがリーダーをサポートする別の方法は、私たちと共に闘うことですが、政治的に闘うことです。私たちは不快なことなしに意見を異にすることができますが、私たちがお互いを研ぎ澄まし合うことは重要です。それによって、私たち全員が上に立てるようになります。

Mia Birdsong: きれいな言葉、ありがとう。皆さんは日々厳しい現実に直面しなければならない仕事をしていますね。そのような状況で、あなたたちに希望を与え、インスピレーションを与えるものは何ですか?

Patrisse Cullors: 私は黒人の未来に希望を抱いています。なぜなら、私たちは黒人の死に執着している社会に生きています。テレビ画面やTwitterのタイムライン、Facebookのタイムラインには、私たちの死のイメージがあります。しかし、その代わりに黒人の生命を想像してみたらどうでしょう? 黒人が生きて繁栄している姿を想像してみる。それが私をインスピレーションにするのです。

Opal Tometi: 私を今日日々にインスパイアするのは移民です。世界中の移民が最善を尽くして生計を立て、生き残り、さらに繁栄しようとしています。現在、出身国以外に住んでいる人は2億4400万人以上います。2000年以降、これは40%増加しています。これは、世界中の格差がますます悪化していることを示しています。しかし、旅行し、移動し、自分自身の生活を改善し、家族や愛する人々を支えようとする人々がいるのです。そして、これらの移民の中には、非公式の地位にある人々もいます。

**パトリス・カラーズ:**
私は黒人の未来に希望を抱いています。その理由は、私たちは黒人の死に執着している社会に生きているからです。テレビ画面やTwitterのタイムライン、Facebookのタイムラインには、私たちの死のイメージがあります。しかし、その代わりに黒人の生命を想像してみたらどうでしょう? 黒人が生きて繁栄している姿を想像してみる。それが私をインスピレーションにするのです。

**オパール・トメティ:**
最近私をインスパイアするのは移民です。世界中の移民が最善を尽くして生計を立て、生き残り、さらに繁栄しようとしています。現在、出身国以外に住んでいる人は2億4400万人以上います。2000年以降、これは40%増加しています。これは、世界中の格差がますます悪化していることを示しています。しかし、旅行し、移動し、自分自身の生活を改善し、家族や愛する人々を支えようとする人々がいるのです。そして、これらの移民の中には、非公式の地位にある人々もいます。

**アリシア・ガーザ:**
彼らは、社会が「君たちは望まれていない、ここに必要とされていない」と伝えているにもかかわらず、私をさらにインスピレーションを与えます。彼らは非常に脆弱であり、虐待や賃金の盗難、搾取、排外主義的な攻撃にさらされていますが、彼らの多くは自分たちのコミュニティで組織し始めています。そして私が見ていることは、抵抗の枠組みに抵抗し、自分たちの存在の犯罪化に抵抗している黒人の非公式のネットワークも登場していることです。それは私にとって非常に強力であり、毎日私をインスピレーションにしています。

**アリシア・ガーザ:**
若者が現在と未来であることはわかっていますが、私をインスピレーションさせるのは、この運動に奉仕するために変容している年配の人々です。年を取ると、自分のやり方にも少しとらわれがちです。私にもそれが起こっています。私が世界を考える方法ややり方を持っている人々が、公正で公平な世界で生きたいと願っている私たちの多くの経験を聞くことに開かれている勇気があるとき、私はとてもインスピレーションを受けます。また、この運動に奉仕するために年配の人々が取る行動にもインスピレーションを受けます。年配の人々が自分自身の力とリーダーシップに歩み出し、「私はトーチを渡しているのではなく、火を灯すのを手伝っている」と言うのを見ると、私は感動します。

**モデレーター:**
行動に関して、皆さんの話を聞いて心を開き、考えを変えることは素晴らしいことだと思いますが、それだけでは黒人を解放することはできません。ですので、もしも皆さんにこの場にいるオーディエンスや世界中の人々に実際に行ってほしいことがあるとしたら、それは何ですか?

**アリシア・ガーザ:**
わかりました、簡単に2つ。まず、ホワイトハウスに電話してください。ウォータープロテクターたちが、私たちを生かしているものを守るために設置したキャンプから強制的に排除されています。これは黒人の命と密接に関係しています。ですので、ぜひホワイトハウスに電話し、それを止めるよう要求してください。タンクや警官がそこにいるすべての人を逮捕している状況です。二つ目は、何かに参加することです。何かの一部になってください。今、私たちのコミュニティで活動しているグループや集団があります。それは非営利団体である必要はありませんが、黒人の命が重要であるための活動を行っています。参加してください。自分のソファーで座って他の人に何をすべきかを語るのではなく、私たちと一緒に行動してください。

モデレーター:
何か追加することはありますか?大丈夫ですか?わかりました。それでは――そして、何かに参加すること、もし自分のいる場所に何かがないと感じるなら、それを始めてください。

アリシア・ガーザ:
始めてください。

モデレーター:
私たちが行っているこの会話を、他の誰かとも行ってください。そして、それがただの話にならないように、実際に何かを始めることを決断してください。

オパール・トメティ:
その通りです。

モデレーター:
私たちがやっていること、あなた方がやったことです。何かを始めた。そして、その結果がどうなったか見てください。本日は本当にありがとうございました。

オパール・トメティ:
ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました