ベルファスト出身の私が息子に地球を教える物語

環境

If you had to explain to a newborn what it means to be a human being living on Earth in the 21st century, what would you say? Visual artist Oliver Jeffers put his answer in a letter to his son, sharing pearls of wisdom on existence and the diversity of life. He offers observations of the “beautiful, fragile drama of human civilization” in this poetic talk paired with his original illustrations and animations.

21 世紀の地球に人間が生きるとはどういうことかを新生児に説明しなければならないとしたら、何と言いますか?

ビジュアル アーティストのオリバー・ジェファーズは、息子への手紙の中でその答えを述べ、存在と生命の多様性に関する真珠のような知恵を共有しました。 彼は、オリジナルのイラストやアニメーションと組み合わせたこの詩的なトークで、「人類文明の美しくもろいドラマ」についての考察を述べています。

タイトル An ode to living on Earth
地球での暮らしへの賛歌
スピーカー オリバー・ジェファーズ
アップロード 2020/04/23

「地球での暮らしへの賛歌(An ode to living on Earth)」の文字起こし

Hello.
I’m sure by the time I get to the end of this sentence, given how I talk, you’ll all have figured out that I’m from a place called planet Earth. Earth is pretty great. It’s home to us. And germs. Those [blip] take a back seat for the time being, because believe it or not, they’re not the only thing going on. This planet is also home to cars, Brussels sprouts; those weird fish things that have their own headlights; art, fire, fire extinguishers, laws, pigeons, bottles of beer, lemons, and light bulbs; Pinot noir and paracetamol; ghosts, mosquitoes, flamingos, flowers, the ukulele, elevators, and cats, cat videos, the internet; iron beams, buildings, and batteries, all ingenuity and bright ideas, all known life … and a whole bunch of other stuff. Pretty much everything we know and ever heard of. It’s my favorite place, actually. This small orb, floating in a cold and lonely part of the cosmos. Oh, the accent is from Belfast, by the way, which is … here. Roughly.

You may think you know this planet Earth, as you’re from here. But chances are, you probably haven’t thought about the basics in a while. I thought I knew it. Thought I was an expert, even. Until, that is, I had to explain the entire place, and how it’s supposed to work, to someone who had never been here before. Not what you might think, although my dad always did say the sure sign of intelligent life out there is that they haven’t bothered trying to contact us. It was actually my newborn son I was trying to explain things to. We’d never been parents before, my wife and I, and so treated him like most guests when he arrived home for the first time, by giving him the tour. This is where you live, son. This room is where we make food at. This is the room we keep our collection of chairs, and so on. It’s refreshing, explaining how our planet works to a zero-year-old. But after the laughs, and once the magnitude that new humans know absolutely nothing settles on you and how little you know either, explaining the whole planet becomes quite intimidating. But I tried anyway.

As I walked around those first few weeks, narrating the world as I saw it, I began to take notes of the ridiculous things I was saying. The notes slowly morphed into a letter intended for my son once he learned to read. And that letter became a book about the basic principles of what it is to be a human living on Earth in the 21st century.

Some things are really obvious. Like, the planet is made of two parts: land and sea.

Some less obvious until you think about them. Like, time. Things can sometimes move slowly here on Earth. But more often, they move quickly. So use your time well, it will be gone before you know it. Or people. People come in all different shapes, sizes, and colors. We may all look different, act different, and sound different, but don’t be fooled. We are all people.

It doesn’t skip me that of all the places in the universe, people only live on Earth, can only live on Earth. And even then, only on some of the dry bits. There’s only a very small part of the surface of our planet that is actually habitable to human life, and squeezed in here is where all of us live. It’s easy to forget when you’re up close to the dirt, the rocks, the foliage, the concrete of our lands, just how limited the room for maneuvering is. From a set of eyes close to the ground, the horizon feels like it goes forever. After all, it’s not an everyday ritual to consider where we are on the ball of our planet and where that ball is in space.

I didn’t want to tell my son the same story of countries that we were told where I was growing up in Northern Ireland. That we were from just a small parish, which ignores life outside its immediate concerns. I wanted to try to feel what it was like to see our planet as one system, as a single object, hanging in space. To do this, I would need to switch from flat drawings for books to 3D sculpture for the street, and I’d need almost 200 feet, a New York City block, to build a large-scale model of the moon, the Earth, and us. This project managed to take place on New York City’s High Line park last winter, on the 50th anniversary of Apollo 11’s mission around the Moon.

After its installation, I was able to put on a space helmet with my son and launch, like Apollo 11 did half a century ago, towards the Moon. We circled around and looked back at us. What I felt was how lonely it was there in the dark. And I was just pretending. The Moon is the only object even remotely close to us. And at the scale of this project, where our planet was 10 feet in diameter, Mars, the next planet, will be the size of a yoga ball and a couple of miles away.

Although borders are not visible from space, on my sculpture, every single border was drawn in. But rather than writing the country names on the carved-up land, I wrote over and over again, “people live here, people live here.” “People live here.” And off on the Moon, it was written, “No one lives here.”

Often, the obvious things aren’t all that obvious until you think about them. Seeing anything from a vast enough distance changes everything, as many astronauts have experienced. And human eyes have only ever seen our Earth from as far as the Moon, really. It’s quite a ways further before we get to the edges of our own Solar System. And even out to other stars, to the constellations. There is actually only one point in the entire cosmos that is present in all constellations of stars, and that presence is here, planet Earth.

Those pictures we have made up for the clusters of stars only make sense from this point of view down here. Their stories only make sense here on Earth. And only something to us. To people. We are creatures of stories. We are the stories we tell, we’re the stories we’re told.

Consider briefly the story of human civilization on Earth. It tells of the ingenuity, elegance, generous and nurturing nature of a species that is also self-focused, vulnerable, and defiantly protective. We, the people, shield the flame of our existence from the raw, vast elements outside our control, the great beyond. Yet it is always to the flame we look. “For all we know,” when said as a statement, it means the sum total of all knowledge. But when said another way, “for all we know,” it means that we do not know at all. This is the beautiful, fragile drama of civilization. We are the actors and spectators of a cosmic play that means the world to us here but means nothing anywhere else. Possibly not even that much down here, either.

If we truly thought about our relationship with our boat, with our Earth, it might be more of a story of ignorance and greed. As is the case with Fausto, a man who believed he owned everything and set out to survey what was his. He easily claims ownership of a flower, a sheep, a tree, and a field. The lake and the mountain prove harder to conquer, but they, too, surrender. It is in trying to own the open sea where his greed proves his undoing, when, in a fit of arrogance, he climbs overboard to show that sea who is boss. But he does not understand, slips beneath the waves, sinks to the bottom. The sea was sad for him but carried on being the sea. As do all the other objects of his ownership, for the fate of Fausto does not matter to them.

For all the importance in the cosmos we believe we hold, we’d have nothing if not for this Earth. While it would keep happily spinning, obliviously without us. On this planet, there are people. We have gone about our days, sometimes we look up and out, mostly we look down and in. Looking up and by drawing lines between the lights in the sky, we’ve attempted to make sense out of chaos. Looking down, we’ve drawn lines across the land to know where we belong and where we don’t. We do mostly forget that these lines that connect the stars and those lines that divide the land live only in our heads. They, too, are stories.

We carry out our everyday routines and rituals according to the stories we most believe in, and these days, the story is changing as we write it. There is a lot of fear in this current story, and until recently, the stories that seemed to have the most power are those of bitterness, of how it had all gone wrong for us individually and collectively.

It has been inspiring to watch how the best comes from the worst. How people are waking up in this time of global reckoning to the realization that our connections with each other are some of the most important things we have. But stepping back. For all we’ve had to lament, we spend very little time relishing the single biggest thing that has ever gone right for us.

That we are here in the first place, that we are alive at all. That we are still alive. A million and a half years after finding a box of matches, we haven’t totally burned the house down. Yet. The chances of being here are infinitesimal. Yet here we are. Perils and all.

There have never been more people living on Earth. Using more stuff. And it’s become obvious that many of the old systems we invented for ourselves are obsolete. And we have to build new ones. If it wasn’t germs, our collective fire might suffocate us before long.

As we watch the wheels of industry grind to a halt, the machinery of progress become silent, we have the wildest of opportunities to hit the reset button. To take a different path. Here we are on Earth. And life on Earth is a wonderful thing.

It looks big, this Earth, but there are lots of us on here. Seven and a half billion at last count, with more showing up every day. Even so, there is still enough for everyone, if we all share a little. So please, be kind.

When you think of it another way, if Earth is the only place where people live, it’s actually the least lonely place in the universe. There are plenty of people to be loved by and plenty of people to love. We need each other. We know that now, more than ever. Good night.

「地球での暮らしへの賛歌(An ode to living on Earth)」の和訳

こんにちは。
この文章の終わりに私が到達する頃には、私の話し方から想像できるかもしれませんが、私は地球という場所から来た人間です。地球はかなり素晴らしい場所です。私たちの故郷です。そして、細菌もいます。一時的にはそれらは後回しになりますが、信じられないかもしれませんが、それらだけが起こっているわけではありません。この惑星はまた、車やブリュッセルの芽、独自のヘッドライトを持つ奇妙な魚のようなもの、芸術、火、消火器、法律、鳩、ビールの瓶、レモン、電球、ピノ・ノワール、アセトアミノフェン、幽霊、蚊、フラミンゴ、花、ウクレレ、エレベーター、猫、猫の動画、インターネット、鉄骨、建物、バッテリー、すべての工夫と明るいアイデア、すべての既知の生命… そして、その他たくさんのものの、すべての知っていること、そして聞いたことがあるもののほぼすべてがあります。実際、これは私のお気に入りの場所です。宇宙の寒くて孤独な部分に浮かぶこの小さな球体。ちなみに、私のアクセントはベルファスト出身です。大体こんな感じです。

ここから来ているあなたとしては、地球というこの惑星を知っているつもりかもしれません。しかし、おそらく基本的なことを考えたことがないかもしれません。私もそうでした。専門家だとさえ思っていました。それは、これまでここに来たことのない誰かに、この場所全体と、どのように機能するかを説明しなければならなかったときまではそうでした。あなたが考えるかもしれないことではありませんが、父はいつも言っていたのですが、そこに知的生命体が存在する唯一の確かな証拠は、彼らが私たちに連絡を取ろうとしていないことです。実際には、私が説明しようとしていたのは、生まれたばかりの息子でした。私たちは初めて親になりました。私たち夫婦で、彼が初めて家にやって来たとき、ほとんどのゲストと同じように彼にツアーを提供しました。これがあなたの住む場所です、息子。この部屋は食べ物を作る場所です。ここは椅子のコレクションを保管している部屋です、などと。ゼロ歳の赤ちゃんに私たちの惑星がどのように機能するかを説明するのは爽やかです。しかし笑いが終わり、新しい人間がまったく何も知らないという事実があなたに降りかかり、自分もほとんど何も知らないという事実があなたに降りかかると、地球全体を説明することはかなり圧倒的なものになります。しかし、それでも私は試みました。

最初の数週間を歩き回りながら、私が言っているばかげたことをメモし始めました。そのメモは徐々に、息子が読むことができるようになったら送る手紙に変わり、その手紙は21世紀の地球で生きる人間の基本的な原理についての本になりました。

いくつかのことは非常に明らかです。たとえば、地球は陸地と海の2つの部分から成っています。

考えるまでには少しわかりにくいものもあります。例えば、時間です。地球では時々物事がゆっくり進むことがあります。しかし、より頻繁に、物事は速く進みます。ですので、時間を上手に使いましょう。気づいたらあっという間に過ぎ去ってしまいます。また、人々もそうです。人々は全て異なる形、大きさ、色をしています。私たちは皆、異なるように見えるかもしれませんし、異なるように振る舞い、異なるように聞こえるかもしれませんが、騙されないでください。私たちは皆、人間です。

私は、宇宙のすべての場所の中で、人々が地球にしか住んでいないこと、地球にしか住むことができないことに気づいています。そしてさらに言えば、そのうちの一部の乾燥した場所でしか住むことができません。実際、地球の表面のほんの一部分しか、人間の生命に適した場所はありません。そしてここには私たちすべてが住んでいます。私たちが地球の土、岩、植生、コンクリートに近づいているとき、操縦余地がどれだけ限られているかを忘れるのは簡単です。地面に近い目から見ると、地平線は永遠に続くように感じられます。結局のところ、地球の球体上で私たちがどこにいるか、その球体が宇宙の中でどこにあるかを考える日常的な儀式ではありません。

私は、私が北アイルランドで育ったときに聞かされた国々の同じ物語を息子に伝えたくありませんでした。私たちはちょうど小さな教区から来たという物語です。それはその周囲の問題以外の生活を無視しています。私は、私たちの惑星を1つのシステムとして見ること、宇宙に浮かぶ1つの物体として見ることがどのようなものかを感じようとしました。これを行うには、本のための平面図から通りのための3D彫刻に切り替える必要があり、月、地球、そして私たちの大規模な模型を構築するために、ニューヨークシティブロックに近い200フィートが必要でした。このプロジェクトは、ニューヨーク市のハイラインパークで、昨年冬、アポロ11号の月周回任務から50周年を迎えた際に行われました。

インストール後、私は息子と一緒に宇宙ヘルメットを被り、半世紀前のアポロ11号と同じように、月に向けて打ち上げました。私たちは周りを回って、私たちを振り返りました。私が感じたのは、暗闇の中でそこがどれほど孤独な場所であるかでした。そして私はただ演技をしていました。月は私たちにとって最も近い物体です。そして、このプロジェクトのスケールでは、地球が直径10フィートであり、次の惑星である火星はヨガボールの大きさで数マイル離れています。

宇宙から国境は見えませんが、私の彫刻では、すべての国境が引かれていました。しかし、分割された土地に国名を書く代わりに、私は何度も何度も「人がここに住んでいます。」「人がここに住んでいます。」と書きました。そして、月の上には「誰もここに住んでいません。」と書かれていました。

時に、当たり前のことは、じっくり考えるまで気づかないことがあります。広大な距離から何かを見ることは、多くの宇宙飛行士が体験してきたように、すべてを変えます。そして、人間の目は本当に月までと同じくらい遠くまでしか地球を見たことがありません。私たちの太陽系の端にたどり着くまでには、かなりの距離があります。そして、他の星、星座に至るまでです。実際、星座の中で全ての星座に存在する唯一の点があります。その存在はここ、地球です。

私たちが星の集団のために作り上げたその絵は、実際のところ、この地球からの視点でしか意味をなしません。その物語は、ここ地球でのみ意味をなします。そして、私たち人間にとってのみ意味を持つものです。私たちは物語の生き物です。私たちは語る物語であり、語られる物語でもあります。

人類の文明の物語を簡潔に考えてみましょう。それは、創造力、優雅さ、寛大さ、そして育む性質を持つ種族の物語であり、同時に自己中心的で脆弱で、決然とした保護本能を持つ種でもあります。私たち人々は、私たちの存在の炎を、私たちの制御を超えた荒々しい、広大な要素、大いなる未知への保護の中に置きます。しかし、常に炎を見つめているのです。「私たちが知っている限り」は、その表明として述べられると、すべての知識の総和を意味します。しかし、別の言い方で「私たちが知っている限り」というと、私たちは全く知らないことを意味します。これが文明の美しく壊れやすいドラマです。私たちは、ここで世界を意味する宇宙的な演劇の俳優であり、観客でもあります。他のどこにも意味がないかもしれません。おそらくここでも、あまり意味がないかもしれません。

もし私たちが本当に私たちの舟、私たちの地球との関係について考えるなら、それは無知と貪欲の物語かもしれません。そう、ファウストの場合のように。彼はすべてを所有していると信じ、自分のものであるものを調査するために旅立ちます。彼は花、羊、木、畑を所有権で簡単に手に入れます。湖や山は征服するのが難しいが、それらも降伏します。彼の欲望が彼の破滅を招くのは、自己中心的な傲慢さの発作で、海を征服しようとしたときです。しかし、彼は理解していません、海によって悲しまれつつ、波間に沈み、底に沈みます。海は彼のために悲しんだが、海であることは続けます。他の彼の所有物も同様です。ファウストの運命は彼らにとって重要ではありません。

宇宙の中で重要性を持つと信じているもののすべては、この地球がなければ何もありません。地球は我々なしでも幸せに回転し続けるでしょう。この惑星には人々がいます。私たちは日々を過ごし、時には上を見上げ、外を眺めますが、ほとんどは下を見つめ、内に向かっています。星の光を線で結び合わせ、混沌の中から意味を見出そうとしてきました。地面を見下ろすと、私たちは土地を分割し、どこに属し、どこに属さないかを知るために線を引きました。私たちは、星々を結ぶ線と土地を分割する線が、私たちの頭の中にしか存在しないことをほとんど忘れています。それらもまた物語なのです。

私たちは、私たちが最も信じている物語に従って、日常のルーチンや儀式を行います。そして今日、その物語は書き換えられつつあります。現在の物語には多くの恐怖があり、そして最近まで、最も力を持っているように見えた物語は、個々や集団にとってどう間違っていたかの苦い物語でした。

最悪な状況から最善が生まれるのを見ることは、感動的でした。人々が、このグローバルな認識の時代に目覚めて、お互いとのつながりが私たちにとって最も重要なものの一つであることに気づいているのを見ることは。しかし、一歩引いてみると、嘆かなければならないことがあるにもかかわらず、私たちは、私たちにとってこれまでで一番うまくいったことにほとんど時間を費やしていません。

私たちが最初にここにいること、私たちが生きていること、それ自体が驚くべきことです。私たちはまだ生きています。マッチの箱を見つけてから150万年後も、私たちは家を完全に焼き尽くしていません。まだです。ここにいる可能性は無限に小さいです。それでも、私たちはここにいます。危険も含めて。

地球上に住む人々は今までになく多くなっています。より多くの物を使っています。そして、私たちが自分たちのために発明した古いシステムの多くが時代遅れになったことが明らかになっています。そして、新しいものを構築しなければなりません。もし細菌が原因でなければ、私たちの集団火災はすぐに私たちを窒息させるかもしれません。

産業の歯車が停止し、進歩の機械が沈黙するのを見ながら、私たちはリセットボタンを押す最大のチャンスを手にしています。異なる道を選ぶ機会があります。ここにいるのは地球です。そして、地球上の生命は素晴らしいものです。

地球は大きく見えますが、ここにはたくさんの人がいます。最後のカウントで75億人以上がおり、毎日さらに多くの人が現れています。それでも、私たちがみんな少し分かち合えば、誰にでも十分なものがあります。だから、どうか優しくしてください。

別の視点で考えてみると、地球が人々が住む唯一の場所であるなら、実際には宇宙で最も孤独な場所ではありません。愛されるための十分な人々がいて、愛するための十分な人々がいます。私たちはお互いを必要としています。今、それをよりよく知っています。おやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました