グレナダで始まった世界初の水中彫刻公園の驚異的な変貌

芸術・アート

For sculptor Jason deCaires Taylor, the ocean is more than a muse — it’s an exhibition space and museum. Taylor creates sculptures of human forms and mundane life on land and sinks them to the ocean floor, where they are subsumed by the sea and transformed from lifeless stone into vibrant habitats for corals, crustaceans and other creatures. The result: Enigmatic, haunting and colorful commentaries about our transient existence, the sacredness of the ocean and its breathtaking power of regeneration.

彫刻家のジェイソン・デカイレス・テイラーにとって、海は単なるミューズではなく、展示スペースであり博物館でもあります。

テイラーは、人間の姿や陸上の日常生活の彫刻を作成し、それらを海底に沈め、そこで海に埋め込まれ、生命のない石からサンゴ、甲殻類、その他の生き物の活気に満ちた生息地に変わります。 その結果、私たちの儚い存在、海の神聖さ、息を呑むような再生力についての、謎めいて心に残り、色彩豊かな解説が得られました。

タイトル An underwater art museum, teeming with life
生命力あふれる水中美術館
スピーカー ジェイソン・デカイレス・テイラー
アップロード 2016/01/23

「生命力あふれる水中美術館(An underwater art museum, teeming with life)」の文字起こし

Ten years ago, I had my first exhibition here. I had no idea if it would work or was at all possible, but with a few small steps and a very steep learning curve, I made my first sculpture, called “The Lost Correspondent.” Teaming up with a marine biologist and a local dive center, I submerged the work off the coast of Grenada, in an area decimated by Hurricane Ivan. And then this incredible thing happened. It transformed. One sculpture became two. Two quickly became 26. And before I knew it, we had the world’s first underwater sculpture park.

In 2009, I moved to Mexico and started by casting local fisherman. This grew to a small community, to almost an entire movement of people in defense of the sea. And then finally, to an underwater museum, with over 500 living sculptures. Gardening, it seems, is not just for greenhouses. We’ve since scaled up the designs: “Ocean Atlas,” in the Bahamas, rising 16 feet up to the surface and weighing over 40 tons, to now currently in Lanzarote, where I’m making an underwater botanical garden, the first of its kind in the Atlantic Ocean.

Each project, we use materials and designs that help encourage life; a long-lasting pH-neutral cement provides a stable and permanent platform. It is textured to allow coral polyps to attach. We position them down current from natural reefs so that after spawning, there’s areas for them to settle. The formations are all configured so that they aggregate fish on a really large scale. Even this VW Beetle has an internal living habitat to encourage crustaceans such as lobsters and sea urchins.

So why exhibit my work in the ocean? Because honestly, it’s really not easy. When you’re in the middle of the sea under a hundred-foot crane, trying to lower eight tons down to the sea floor, you start to wonder whether I shouldn’t have taken up watercolor painting instead. (Laughter) But in the end, the results always blow my mind. The ocean is the most incredible exhibition space an artist could ever wish for. You have amazing lighting effects changing by the hour, explosions of sand covering the sculptures in a cloud of mystery, a unique timeless quality and the procession of inquisitive visitors, each lending their own special touch to the site.

But over the years, I’ve realized that the greatest thing about what we do, the really humbling thing about the work, is that as soon as we submerge the sculptures, they’re not ours anymore, because as soon as we sink them, the sculptures, they belong to the sea. As new reefs form, a new world literally starts to evolve, a world that continuously amazes me. It’s a bit of a cliche, but nothing man-made can ever match the imagination of nature. Sponges look like veins across the faces. Staghorn coral morphs the form. Fireworms scrawl white lines as they feed. Tunicates explode from the faces. Sea urchins crawl across the bodies feeding at night. Coralline algae applies a kind of purple paint. The deepest red I’ve ever seen in my life lives underwater. Gorgonian fans oscillate with the waves. Purple sponges breathe water like air. And grey angelfish glide silently overhead.

And the amazing response we’ve had to these works tells me that we’ve managed to plug into something really primal, because it seems that these images translate across the world, and that’s made me focus on my responsibility as an artist and about what I’m trying to achieve. I’m standing here today on this boat in the middle of the ocean, and this couldn’t be a better place to talk about the really, really important effect of my work. Because as we all know, our reefs are dying, and our oceans are in trouble. So here’s the thing: the most used, searched and shared image of all my work thus far is this. And I think this is for a reason, or at least I hope it is. What I really hope is that people are beginning to understand that when we think of the environment and the destruction of nature, that we need to start thinking about our oceans, too. Since building these sites, we’ve seen some phenomenal and unexpected results. Besides creating over 800 square meters of new habitats and living reef, visitors to the marine park in Cancun now divide half their time between the museum and the natural reefs, providing significant rest for natural, overstressed areas.

Visitors to “Ocean Atlas” in the Bahamas highlighted a leak from a nearby oil refinery. The subsequent international media forced the local government to pledge 10 million dollars in coastal cleanups. The sculpture park in Grenada was instrumental in the government designating a spot — a marine-protected area. Entrance fees to the park now help fund park rangers to manage tourism and fishing quotas. The site was actually listed as a “Wonder of the World” by National Geographic.

So why are we all here today in this room? What do we all have in common? I think we all share a fear that we don’t protect our oceans enough. And one way of thinking about this is that we don’t regard our oceans as sacred, and we should. When we see incredible places — like the Himalayas or the La Sagrada Familia, or the Mona Lisa, even — when we see these incredible places and things, we understand their importance. We call them sacred, and we do our best to cherish them, to protect them and to keep them safe.

But in order to do that, we are the ones that have to assign that value; otherwise, it will be desecrated by someone who doesn’t understand that value. So I want to finish up tonight by talking about sacred things. When we were naming the site in Cancun, we named it a museum for a very important and simple reason: museums are places of preservation, of conservation and of education. They’re places where we keep objects of great value to us, where we simply treasure them for them being themselves. If someone was to throw an egg at the Sistine Chapel, we’d all go crazy. If someone wanted to build a seven-star hotel at the bottom of the Grand Canyon, then we would laugh them out of Arizona.

Yet every day we dredge, pollute and overfish our oceans. And I think it’s easier for us to do that, because when we see the ocean, we don’t see the havoc we’re wreaking. Because for most people, the ocean is like this. And it’s really hard to think of something that’s just so plain and so enormous, as fragile. It’s simply too massive, too vast, too endless. And what do you see here? I think most people actually look past to the horizon.

So I think there’s a real danger that we never really see the sea, and if we don’t really see it, if it doesn’t have its own iconography, if we miss its majesty, then there’s a big danger that we take it for granted. Cancun is famous for spring break, tequila and foam parties. And its waters are where frat boys can ride around on Jet Skis and banana boats. But because of our work there, there’s now a little corner of Cancun that is simply precious for being itself.

And we don’t want to stop in Grenada, in Cancun or the Bahamas. Just last month, I installed these Four Horsemen of the Apocalypse in the Thames River, in central London, right in front of the Houses of Parliament, putting a stark message about climate change in front of the people that have the power to help change things. Because for me, this is just the beginning of the mission. We want to team up with other inventors, creators, philanthropists, educators, biologists, to see better futures for our oceans. And we want to see beyond sculpture, beyond art, even.

Say you’re a 14-year-old kid from the city, and you’ve never seen the ocean. And instead of getting taken to the natural history museum or an aquarium, you get taken out to the ocean, to an underwater Noah’s Ark, which you can access through a dry-glass viewing tunnel, where you can see all the wildlife of the land be colonized by the wildlife of the ocean. Clearly, it would blow your mind.

So let’s think big and let’s think deep. Who knows where our imagination and willpower can lead us? I hope that by bringing our art into the ocean, that not only do we take advantage of amazing creativity and visual impact of the setting, but that we are also giving something back, and by encouraging new environments to thrive, and in some way opening up a new — or maybe it’s a really old way of seeing the seas: as delicate, precious places, worthy of our protection. Our oceans are sacred. Thank you.

「生命力あふれる水中美術館(An underwater art museum, teeming with life)」の和訳

10年前、私はここで初めての展示会を開きました。それがうまくいくかどうか、またそれが可能かどうか、私には全くわかりませんでした。しかし、いくつかの小さなステップと非常に急激な学習曲線で、私は最初の彫刻作品、「失われた特派員」という作品を作りました。海洋生物学者と地元のダイビングセンターと協力して、私はグレナダ沖でこの作品を沈めました。それは素晴らしいことが起こりました。1つの彫刻が2つに変わり、2つはすぐに26になりました。そして、気がつけば、世界初の海底彫刻公園ができていました。

2009年、私はメキシコに移り住み、地元の漁師をモデルにしました。これが少数のコミュニティに成長し、海を守る人々のほぼ全体の運動に発展しました。そして最終的に、500以上の生きている彫刻を持つ海底美術館になりました。園芸は、温室だけのためのものではないようです。その後、設計を拡大しました。「オーシャンアトラス」はバハマで、表面から16フィート上がり、40トン以上の重さがあります。そして現在はランサローテで、大西洋で初めての海底植物園を作っています。

各プロジェクトでは、生命を促進する素材とデザインを使用しています。長期間pH中性のセメントは安定した永久のプラットフォームを提供します。珊瑚ポリプが付着できるようにテクスチャが施されています。我々は彼らを自然なサンゴ礁の下流に配置しているため、産卵後にそこに定着する場所があります。形成物はすべて、魚を大規模に集合させるように配置されています。さらに、このVWビートルには、ロブスターやウニなどの甲殻類を促進するための内部の生息地があります。

なぜ海で作品を展示するのか?正直に言って、それは本当に簡単なことではありません。数百フィートのクレーンの下で海の中にいて、8トンのものを海底に降ろそうとすると、私は水彩画を描くべきではなかったのではないかと思います(笑)。しかし最終的には、結果にはいつも驚かされます。海はアーティストが望むことができる最も信じられない展示スペースです。時間とともに変化する素晴らしい照明効果、砂が彫刻を謎めいた雲で覆う爆発、ユニークな永遠の質、そして探究心旺盛な訪問者の行列があります。それぞれがその場所に独自の特別な触れ合いをもたらします。

しかし、数年の間に、私たちが行うことの最も素晴らしいこと、仕事の本当に謙虚なことは、彫刻を海に沈めるとすぐに、それらはもはや私たちのものではなくなることです。彫刻を沈めると、新しい珊瑚礁が形成され、文字通り新しい世界が進化し始めます。それは私をいつも驚かせる世界です。それはややありふれた表現ですが、人間の作ったものは決して自然の想像力には及びません。スポンジは顔全体に脈を描いたように見えます。鹿角のようなサンゴが形を変えます。餌を食べると白い線を描く火虫がいます。頭部からユニコードが爆発します。ウニが夜に餌を食べながら身を這います。紫色の塗料を塗るようなコーラリン藻がいます。私が今まで見た中で最も濃い赤は海の中にあります。ゴルゴニアンファンは波に揺れます。紫色のスポンジは水を空気のように吸います。灰色のエンゼルフィッシュが静かに頭上を滑ります。

そして、これらの作品への素晴らしい反応は、私たちが何か本質的なものにアクセスできていることを示しています。これらのイメージが世界中で伝わっているようです。これは私がアーティストとしての責任と私が何を達成しようとしているかについて集中させた理由です。今日私がここに立っているのは、このボートの上で、私の仕事の本当に重要な影響について話すには最適な場所です。なぜなら、私たちの珊瑚礁が死にかけており、私たちの海が危機に瀕しているからです。ですから、ここで言いたいことは、これまでに私の仕事の中で最も使用され、検索され、共有されている画像はこのものです。そしてこれは理由があると思います。少なくとも、私はそう願っています。私が本当に願っていることは、環境や自然の破壊を考えるときに、私たちが海についても考え始める必要があるということです。これらのサイトを建設して以来、私たちは驚くべき予想外の結果を見ています。新しい生息地と生きた珊瑚礁を800平方メートル以上も作り出し、カンクンの海洋公園の訪問者は今や半分の時間を美術館と自然な珊瑚礁の間で分け、自然の過度に圧力をかけられた地域に重要な休息を提供しています。

「オーシャン・アトラス」を訪れたバハマの訪問者は、近くの油精製所からの漏れを強調しました。その後の国際メディア報道により、地元政府は海岸の清掃に1,000万ドルを拠出することを約束しました。グレナダの彫刻公園は、政府が海洋保護区の場所を指定するのに重要な役割を果たしました。公園の入場料は、現在、観光客と漁業の割り当てを管理する公園レンジャーの資金に充てられています。このサイトは、National Geographicによって実際に「世界の驚異」としてリストされました。

では、なぜ私たちは今日、この部屋に集まっているのでしょうか?私たち全員が共通して持つものは何でしょうか?私たちは皆、海を保護しきれていないという恐れを共有していると思います。これを考える一つの方法は、私たちが海を神聖なものとは見なしていないということです。しかし、私たちはそうするべきです。ヒマラヤやサグラダ・ファミリア、モナリザのような信じられないほどの場所やものを見るとき、私たちはその重要性を理解します。私たちはそれらを神聖なものと呼び、大切にし、保護し、安全に保ちます。

しかし、それを行うためには、その価値を割り当てなければなりません。そうでなければ、その価値を理解していない人によって冒涜されるでしょう。そこで、私は今夜、神聖なものについて話を終えたいと思います。私たちがカンクンのサイトの名前を付ける際、私たちは非常に重要で単純な理由からそれを博物館と名付けました。博物館は保存、保護、教育の場所です。そこは、私たちにとって非常に価値のあるものを保管し、それらがそれ自体で素晴らしいものであることを単純に大切にする場所です。もし誰かがシスティーナ礼拝堂に卵を投げつけたら、私たちは皆狂喜するでしょう。もし誰かがグランドキャニオンの底に七つ星のホテルを建てたいと言ったら、私たちはアリゾナ州から彼らを笑い飛ばすでしょう。

しかし、私たちは毎日海を浚渫し、汚染し、過剰に漁をします。そして、私たちがそれをするのは、海を見るときに私たちが引き起こしている混乱を見ることができないからだと思います。なぜなら、ほとんどの人にとって、海はこんなものです。そして、単に壊れやすいと考えるのは本当に難しいです。それは単に巨大すぎて、広すぎて、果てしないのです。ここで何を見ますか?私はほとんどの人が実際には地平線を見過ごすと思います。

だから、私は本当に海を見ない危険があると思います。もし本当に見ないのなら、もし海に自分自身の象徴がなく、その壮大さを見逃すなら、それを当然のことと見なす大きな危険があります。カンクンはスプリングブレイク、テキーラ、泡パーティーで有名です。そして、その水域は大学生がジェットスキーやバナナボートに乗る場所です。しかし、私たちの作業のおかげで、今やカンクンには単に自分自身で貴重な場所があります。

グレナダ、カンクン、バハマで止まりたくありません。先月、私はロンドンの中心部、ウェストミンスター宮殿の目の前のテムズ川に、黙示録の四騎士を設置しました。それは、気候変動についての厳しいメッセージを、事態を変える力を持つ人々の目の前に提示するものでした。なぜなら、私にとって、これはただ任務の始まりに過ぎません。私たちは他の発明家、クリエイター、慈善家、教育者、生物学者と連携し、海洋の未来を見ることを望んでいます。そして、彫刻、アートを超えて見たいのです。

都会の14歳の子供で、海を見たことがないとします。そして自然史博物館や水族館に連れて行かれる代わりに、海に連れて行かれます。そこには、ドライグラスの視聴トンネルを通ってアクセスできる水中ノアの方舟があり、そこでは陸地の野生動物が海洋の野生動物によって植民地化されています。明らかに、それはあなたの心を打つでしょう。

だから大きく考えて、深く考えましょう。私たちの想像力と意志が私たちをどこに導くかわかりません。私たちのアートを海に持ち込むことで、設定の驚異的な創造性と視覚的影響を利用するだけでなく、何かを返していることを願っています。新しい環境が繁栄することを促し、あるいは海を見る新しい、あるいは本当は古い方法を開くことによって、私たちは海を見る新しい方法を開くことができるかもしれません。海は壊れやすい、貴重な場所であり、私たちの保護に値するものです。私たちの海は神聖です。ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました