ヒマラヤ氷河が消える日:気候変動の深刻な警鐘

環境

The Hindu Kush Himalaya region is the world’s third-largest repository of ice, after the North and South Poles — and if current melting rates continue, two-thirds of its glaciers could be gone by the end of this century. What will happen if we let them melt away? Environmentalist and former Prime Minister of Bhutan Tshering Tobgay shares the latest from the “water towers of Asia,” making an urgent call to create an intergovernmental agency to protect the glaciers — and save the nearly two billion people downstream from catastrophic flooding that would destroy land and livelihoods.

ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ地域は、北極と南極に次いで世界で3番目に大きな氷の宝庫であり、現在の融解速度が続けば、今世紀末までに氷河の3分の2が消滅する可能性がある。

それらを溶かしてしまうとどうなるでしょうか? 環境保護活動家でブータンの元首相ツェリン・トブゲイ氏が「アジアの給水塔」から得た最新情報を共有し、氷河を保護し、破壊をもたらす壊滅的な洪水から下流の約20億人を救うための政府間機関の設立を緊急に呼びかけた。 土地も暮らしも。

タイトル
An urgent call to protect the world’s “Third Pole”
世界の「第三極」を守る緊急呼びかけ
スピーカー ツェリン・トブゲイ
アップロード 2019/09/05

「世界の「第三極」を守る緊急呼びかけ(An urgent call to protect the world’s “Third Pole”)」の文字起こし

On the 17th of October, 2009, President Mohamed Nasheed of the Maldives did something unusual. He held his cabinet meeting underwater. He literally took his ministers scuba diving, as it were, to warn the world that his country could drown unless we control global warming.

Now I don’t know whether he got his message across to the world or not, but he certainly caught mine. I saw a political stunt. You see, I’m a politician, and I notice these things. And let’s be honest, the Maldives are distant from where I come from — my country is Bhutan — so I didn’t lose any sleep over their impending fate.

Barely two months later, I saw another political stunt. This time, the prime minister of Nepal, he held his cabinet meeting on Mount Everest. He took all his ministers all the way up to the base camp of Everest to warn the world that the Himalayan glaciers were melting.

Now did that worry me? You bet it did. I live in the Himalayas. But did I lose any sleep over his message? No. I wasn’t ready to let a political stunt interfere with my beauty sleep. (Laughter)

Now fast-forward 10 years. In February this year, I saw this report. This here report basically concludes that one-third of the ice on the Hindu Kush Himalaya mountains could melt by the end of the century. But that’s only if, if we are able to contain global warming to 1.5 degrees centigrade over preindustrial levels. Otherwise, if we can’t, the glaciers would melt much faster.

1.5 degrees Celsius. “No way,” I thought. Even the Paris Agreement’s ambitious targets aimed to limit global warming to two degrees centigrade. 1.5 degrees centigrade is what they call the best-case scenario.

“Now this can’t be true,” I thought. The Hindu Kush Himalaya region is the world’s third-largest repository of ice, after the North and South Poles. That’s why we are also called the “Third Pole.” There’s a lot of ice in the region. And yes, the glaciers, they are melting. We know that. I have been to those in my country. I’ve seen them, and yes, they are melting. They are vulnerable.

“But they can’t be that vulnerable,” I remember thinking. But what if they are? What if our glaciers melt much more quickly than I anticipate? What if our glaciers are much more vulnerable than previously thought? And what if, as a result, the glacial lakes — now these are lakes that form when glaciers melt — what if those lakes burst under the weight of additional water? And what if those floods cascade into other glacial lakes, creating even bigger outbursts? That would create unprecedented flash floods in my country. That would wreck my country. That would wreak havoc in my country. That would have the potential to literally destroy our land, our livelihood, our way of life.

So that report caught my attention in ways that political stunts couldn’t. It was put together by the International Centre for Integrated Mountain Development, or ICIMOD, which is based in Nepal. Scientists and experts have studied our glaciers for decades, and their report kept me awake at night, agonizing about the bad news and what it meant for my country and my people.

So after several sleepless nights, I went to Nepal to visit ICIMOD. I found a team of highly competent and dedicated scientists there, and here’s what they told me. Number one: the Hindu Kush Himalaya glaciers have been melting for some time now. Take that glacier, for instance. It’s on Mount Everest. As you can see, this once massive glacier has already lost much of its ice. Number two: the glaciers are now melting much more quickly — so quickly, in fact, that at just 1.5 degrees centigrade of global warming, one-third of the glaciers would melt.

At two degrees centigrade of global warming, half the glaciers would disappear. And if current trends were to continue, a full two-thirds of our glaciers would vanish.

Number three: global warming means that our mountains receive more rain and less snow … and, unlike snowfall, rain melts ice, which just hurts the health of our glaciers.

Number four: pollution in the region has increased the amount of black carbon that’s deposited on our glaciers. Black carbon is like soot. Black carbon absorbs heat and just accelerates the melting of glaciers.

To summarize, our glaciers are melting rapidly, and global warming is making them melt much more quickly. But what does this mean? It means that the 240 million people who live in the Hindu Kush Himalaya region — in Afghanistan, Pakistan, India, China, Nepal, Bangladesh, Myanmar and my own beloved country, Bhutan — these people will be directly affected. When glaciers melt, when there’s more rain and less snow, there will be huge changes in the way water behaves. There will be more extremes: more intense rain, more flash floods, more landslides, more glacial lake outburst floods. All this will cause unimaginable destruction in a region that already has some of the poorest people on earth.

But it’s not just the people in the immediate region who’ll be affected. People living downstream will also be hit hard. That’s because 10 of their major rivers originate in the Hindu Kush Himalaya mountains. These rivers provide critical water for agriculture and drinking water to more than 1.6 billion people living downstream. That’s one in five humans. That’s why the Hindu Kush Himalaya mountains are also called the “water towers of Asia.” But when glaciers melt, when monsoons turn severe, those rivers will obviously flood, so there will be deluges when water is not required and droughts will be very common, when water is desperately required. In short, Asia’s water tower will be broken, and that will be disastrous for one-fifth of humanity.

Should the rest of the world care? Should you, for instance, care? Remember, I didn’t care when I heard that the Maldives could disappear underwater. And that is the crux of the problem, isn’t it? We don’t care. We don’t care until we are personally affected. I mean, we know. We know climate change is real. We know that we face drastic and dramatic change. We know that it is coming fast. Yet most of us act as if everything were normal.

So we must care, all of us, and if you can’t care for those who are affected by the melting of glaciers, you should at least care for yourself. That’s because the Hindu Kush Himalaya mountains — the entire region is like the pulse of the planet. If the region falls sick, the entire planet will eventually suffer. And right now, with our glaciers melting rapidly, the region is not just sick — it is crying out for help.

And how will it affect the rest of the world? One obvious scenario is the potential destabilization caused by tens of millions of climate refugees, who’ll be forced to move because they have no or little water, or because their livelihoods have been destroyed by the melting of glaciers. Another scenario we can’t take lightly is the potential of conflict over water and the political destabilization in a region that has three nuclear powers: China, India, Pakistan.

I believe that the situation in our region is grave enough to warrant the creation of a new intergovernmental agency. So as a native from that part of the world, I want to propose here, today, the establishment of the Third Pole Council, a high-level, intergovernmental organization tasked with the singular responsibility of protecting the world’s third-largest repository of ice. A Third Pole Council would consist of all eight countries located in the region as member countries, as equal member countries, and could also include representative organizations and other countries who have vested interests in the region as non-voting members.

But the big idea is to get all stakeholders together to work together. To work together to monitor the health of the glaciers; to work together to shape and implement policies to protect our glaciers, and, by extension, to protect the billions of people who depend on our glaciers.

We have to work together, because thinking globally, acting locally … does not work. We’ve tried that in Bhutan. We’ve made immense sacrifices to act locally … and while individual localized efforts will continue to be important, they cannot stand up to the onslaught of climate change.

To stand up to climate change, we must work together. We must think globally and act regionally. Our entire region must come together, to work together, to fight climate change together, to make our voices heard together. And that includes India and China. They must step up their game. They must take the ownership of the fight to protect our glaciers. And for that, these two countries, these two powerful giants, must reduce their own greenhouse gases, control their pollution, and lead the fight. Lead the global fight against climate change. And all that with a renewed sense of urgency.

Only then — and that, too, only maybe — will our region and other regions that depend on our glaciers have any chance to avoid major catastrophes. Time is running out. We must act together, now.

Otherwise, the next time Nepal’s cabinet meets on Mount Everest, that spectacular backdrop … may look quite different. And if that happens, if our glaciers melt, rising sea levels could well drown the Maldives. And while they can hold their cabinet meetings underwater to send an SOS to the world, their country can keep existing only if their islands keep existing. The Maldives are still distant, away. Their islands are distant from where I live. But now, I pay close attention to what happens out there. Thank you very much.

「世界の「第三極」を守る緊急呼びかけ(An urgent call to protect the world’s “Third Pole”)」の和訳

2009年10月17日、モルディブのモハメド・ナシード大統領が非常なことをしました。彼は、彼の内閣会議を海中で開催しました。彼は文字通り、世界に警告するために彼の閣僚たちをスキューバダイビングに連れて行ったのです。つまり、彼の国が地球温暖化を制御しない限り、溺れるかもしれないことを。

私は彼が世界にメッセージを伝えたかどうかはわかりませんが、彼は確かに私の心をつかんでいました。私は政治家ですので、政治的な奇抜な手法を見逃しません。そして正直に言いますと、私が来た場所からモルディブは遠いのです-私の国はブータンです-ですので、彼らの運命を案じることはありませんでした。

わずか2か月後、別の政治的な奇抜な手法を見ました。今度は、ネパールの首相がエベレスト山で内閣会議を開催しました。彼はすべての閣僚をエベレストのベースキャンプまで連れて行き、ヒマラヤの氷河が溶けていることを世界に警告しました。

それが私を心配させたか?もちろんです。私はヒマラヤに住んでいますから。しかし、彼のメッセージについては心配しましたか?いいえ。政治的な奇抜な手法が私の美容睡眠に干渉するのは許せませんでした。 (笑い)

さて、10年後に進みましょう。今年2月、私はこの報告書を見ました。この報告書は、ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ山脈の氷の3分の1が世紀末までに溶ける可能性があることを基本的に結論付けています。ただし、その場合でも、地球温暖化を産業革命前の水準から1.5度に抑えることができればの話です。そうでなければ、氷河ははるかに速く溶けてしまいます。

1.5度の摂氏。 “ありえない”と思いました。パリ協定の野心的な目標でも、地球温暖化を摂氏2度に制限することを目指しています。1.5度の摂氏は、彼らが最良のシナリオと呼ぶものです。

“これは本当にありえない”と思いました。ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ地域は、南極と北極に次ぐ世界で3番目に大きな氷の貯蔵庫です。それが私たちが “第三の極” とも呼ばれる理由です。この地域には多くの氷があります。そして、氷河は溶けています。私たちはそれを知っています。私の国の氷河に行ったことがあります。私はそれを見ましたし、はい、それらは溶けています。それらは脆弱です。

“しかし、彼らがそんなに脆弱なはずはない”と思い出しました。しかし、もし彼らがそうだったらどうなるのでしょうか?私たちの氷河が私が予想しているよりもはるかに速く溶けるとしたらどうでしょうか?そして、その結果として、氷河湖 – これらは氷河が溶けるときに形成される湖です – が追加の水の重みで決壊した場合はどうなるでしょうか?そして、それらの洪水が他の氷河湖に連なり、より大きな噴出を作り出したらどうでしょうか?それは私の国で前例のない急激な洪水を引き起こすでしょう。それは私の国を壊すでしょう。それは私の国で混乱を引き起こすでしょう。それは文字通り私たちの土地、生活、生活様式を破壊する可能性があります。

ですから、その報告書は政治的な奇抜な手法では捉えられない方法で私の注意を引きました。それはネパールに拠点を置く国際統合山地開発センター、またはICIMODによってまとめられました。科学者や専門家が何十年も私たちの氷河を研究しており、その報告書は私を夜通し目を覚まして、悪いニュースとそれが私の国と私の人々にとって何を意味するかに苦しめました。

数日の眠れない夜の後、私はネパールに行き、ICIMODを訪れました。そこには非常に能力が高く、献身的な科学者のチームがいました。彼らが私に伝えたことは次のとおりです。第一に:ヒンドゥークシュ・ヒマラヤの氷河はかなりの時間が経過してから溶け始めています。たとえば、この氷河を取ってみましょう。それはエベレスト山にあります。ご覧のように、このかつての巨大な氷河は既に多くの氷を失っています。第二に:氷河は今、かなり速く溶けています。実際、1.5度の摂氏の地球温暖化では、3分の1の氷河が溶けるでしょう。

2度の摂氏の地球温暖化では、半分の氷河が消失します。そして、現在の傾向が続けば、私たちの氷河の3分の2が消滅します。

第三に:地球温暖化の影響で、山々には雪ではなく雨が降ります…そして、雨は雪とは異なり、氷を溶かします。これは私たちの氷河の健康を害します。

第四に:この地域の汚染により、私たちの氷河に堆積する黒炭の量が増加しました。黒炭は煤のようなものです。黒炭は熱を吸収し、氷河の溶解を加速させます。

要約すると、私たちの氷河は急速に溶けており、地球温暖化がそれらをさらに速く溶かしています。しかし、これは何を意味するのでしょうか?これは、ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ地域に住む2億4千万人の人々–アフガニスタン、パキスタン、インド、中国、ネパール、バングラデシュ、ミャンマー、そして私の愛する祖国ブータンの人々–が直接影響を受けることを意味します。氷河が溶け、雪が減り雨が増えると、水の挙動には大きな変化が生じます。極端な雨や急激な洪水、土砂崩れ、氷河湖の決壊洪水が増えるでしょう。すでに世界で最も貧しい人々が暮らす地域で、これによって計り知れない破壊が引き起こされるでしょう。

しかし、影響を受けるのは現地の人々だけではありません。下流に住む人々も大きな打撃を受けます。なぜなら、彼らの10の主要な河川がヒンドゥークシュ・ヒマラヤ山脈から発源しているからです。これらの河川は、下流に住む16億人以上にとって、農業用水や飲料水として不可欠なものを提供しています。つまり、全人類の5分の1に当たります。そのため、ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ山脈はアジアの「水の塔」とも呼ばれています。しかし、氷河が溶け、モンスーンが激しくなると、これらの河川は洪水を引き起こすでしょう。したがって、水が必要でないときに洪水が起こり、水が必要なときに干ばつが非常に一般的になるでしょう。つまり、アジアの水の塔は壊れ、これは人類の5分の1にとって壊滅的なことになるでしょう。

世界の残りの人々は気にすべきでしょうか?たとえば、あなたは気にすべきでしょうか?私がマルディブ諸島が海に沈む可能性を聞いたとき、私は気にしませんでした。そして、これが問題の核心ではないでしょうか?私たちは気にしないのです。私たちは、自分自身が直接影響を受けるまで気にしません。つまり、私たちは気候変動が現実であることを知っています。私たちは、急激で劇的な変化に直面していることを知っています。それが迫っていることも知っています。しかし、ほとんどの人々は、すべてが普通であるかのように行動します。

だから私たちはみんな気にかけなければならないし、もしあなたが氷河の溶解で影響を受ける人々を気にかけられないのであれば、少なくとも自分自身を気にかけるべきです。なぜなら、ヒンドゥークシュ・ヒマラヤ山脈–この地域全体が地球の鼓動のようなものなのです。もし地域が病気になれば、最終的には地球全体が苦しむことになります。そして今、私たちの氷河が急速に溶けている中で、この地域はただ病んでいるだけでなく、助けを求めて叫んでいるのです。

そして、それが世界の残りの部分にどのように影響するのでしょうか?1つ明白なシナリオは、数千万の気候難民によって引き起こされる潜在的な不安定化です。彼らは水がないかほとんどないために移動を強いられるか、または彼らの生活が氷河の溶解によって破壊されたために移動を余儀なくされます。もう1つ軽視できないシナリオは、水資源をめぐる紛争や政治的不安定化の可能性です。これは、中国、インド、パキスタンという3つの核保有国が存在する地域でのことです。

私は、私たちの地域の状況が深刻すぎるため、新しい政府間機関の設立が必要だと考えています。ですから、その地域の出身者として、私はここで、今日、第三極評議会の設立を提案したいと思います。これは、世界で3番目に大きな氷の貯蔵庫を保護する唯一の責任を負う高レベルの政府間組織です。第三極評議会は、地域に位置する8つの国を加盟国として、平等な加盟国として構成され、また、関連組織やその地域に利害関係を持つ他の国々を非投票の加盟国として含めることもできます。

しかし、大きなアイデアは、すべての関係者が一緒に協力して働くことです。氷河の健康を監視し、保護政策を策定し、実施するために一緒に働く必要があります。そして、その結果、私たちの氷河に依存する数十億人を保護することにつながります。

私たちは一緒に働かなければなりません。地球規模で考え、地域で行動する…これではうまくいきません。ブータンでも試してみました。地域での行動には莫大な犠牲が伴いますが、個々の地域での取り組みは重要ですが、それだけでは気候変動の荒波には耐えられません。

気候変動に立ち向かうには、一緒に働かなければなりません。地球的に考え、地域的に行動する必要があります。私たちの地域全体が一堂に会し、気候変動と闘い、私たちの声を一緒に聞かせる必要があります。そして、それにはインドと中国も含まれます。彼らも力を発揮しなければなりません。彼らは自らの温室効果ガスを減らし、汚染を抑制し、世界的な気候変動との戦いをリードしなければなりません。そして、その際には切迫感を持って行動しなければなりません。

その時にのみ–そしてそれもまた、たぶん–私たちの地域や、私たちの氷河に依存する他の地域が大規模な災害を回避する可能性があります。時間が刻一刻と迫っています。今、一緒に行動しなければなりません。

さもなければ、次回ネパールの内閣がエベレスト山で会合を開くとき、あの壮大な背景…はかなり異なるように見えるかもしれません。そして、もしそれが起こったら、もし私たちの氷河が溶けたら、上昇する海面がマルディブ諸島を水没させる可能性があります。そして、それが起こった場合、彼らの国は世界にSOSを送るために水中で内閣会議を開くことができますが、彼らの国が存在し続けることができるのは、彼らの島が存在し続ける限りです。マルディブ諸島はまだ遠い場所です。私の住む場所から遠いです。しかし、今ではそこで何が起こっているかに注意を払っています。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました