サイクロプスの秘密:古代の神話に学ぶ未来の建築

建築

How did ancient civilizations move massive stones to build Stonehenge, the Pyramids and the Easter Island statues? In this quick, delightful talk, TED Fellow Brandon Clifford reveals some architectural secrets of the past and shows how we can use these ingenious techniques to build today. “In an era where we design buildings to last 30, maybe 60 years, I would love to learn how to create something that could entertain for an eternity,” he says.

古代文明はストーンヘンジ、ピラミッド、イースター島の彫像を建てるためにどのようにして巨大な石を移動させたのでしょうか?

この短い楽しいトークでは、TED フェローのブランドン・クリフォードが過去の建築の秘密を明らかにし、これらの独創的なテクニックを今日の建築にどのように使用できるかを示します。 「建物の耐用年数が 30 年、場合によっては 60 年である時代に、永遠に楽しめるものを作る方法を学びたいと思っています」と彼は言います。

タイトル
世界の古代の驚異の建築の秘密
Architectural secrets of the world’s ancient wonders
スピーカー ブランドン・クリフォード
アップロード 2019/07/19

「Architectural secrets of the world’s ancient wonders | Brandon Clifford」の文字起こし

Do you think the things we build today will be considered wonders in the future? Think of Stonehenge, the Pyramids, Machu Picchu, and Easter Island. Now, they’re all pretty different from what we’re doing today, with those massive stones, assembled in complex but seemingly illogical ways, and all traces of their construction erased, shrouding them in mystery.

It seems like people could not have possibly built these things because people didn’t. They were carefully crafted by a primordial race of giants known as Cyclops. And I’ve been collaborating with these monsters to learn their secrets for moving those massive stones. And as it turns out, Cyclops aren’t even that strong. They’re just really smart about getting material to work for them.

Now, the videos you see behind me of large, stone-like, wobbly creatures are the results of this collaboration. OK, so Cyclops might be a mythical creature, but those wonders are still real. People made them. But they also made the myths that surround them, and when it comes to wonders, there’s this thick connective tissue between mythology and reality.

Take Easter Island, for example. When the Dutch explorers first encountered the island, they asked the people of Rapa Nui how their ancestors could have possibly moved those massive statues. And the Rapa Nui said, “Our ancestors didn’t move the statues because the statues walked themselves.” For centuries, this was dismissed, but actually it’s true. The statues, known as moai, were transported standing, pivoting from side to side. OK? As spectacular as the moai are for visitors today, you have to imagine being there then, with colossal moai marching around the island. Because the real memorial was not the objects themselves, it was the cultural ritual of bringing a stone to life.

So as an architect, I’ve been chasing that dream. How can we shift our idea of construction to accommodate that mythical side? So what I’ve been doing is challenging myself with putting on a series of performances of the ancient but pretty straightforward task of just moving and standing big heavy objects, like this 16-foot-tall megalith designed to walk across land and stand vertically; or this 4,000-pound behemoth that springs itself to life to dance onstage.

And what I’ve found is that by thinking of architecture not as an end product but as a performance from conception to completion, we end up rediscovering some really smart ways to build things today. You know, so much of the discussion surrounding our future focuses on technology, efficiency, and speed. But if I’ve learned anything from Cyclops, it’s that wonders can be smart, spectacular, and sustainable — because of their mass and their mystery.

And while people still want to know how those ancient wonders were built, I’ve been asking Cyclops how to create the mystery that compels people to ask that very question. Because in an era where we design buildings to last 30, maybe 60 years, I would love to learn how to create something that could entertain for an eternity. Thank you.

「Architectural secrets of the world’s ancient wonders | Brandon Clifford」の和訳

今日私たちが建設しているものが、将来、驚異と見なされるでしょうか?

ストーンヘンジ、ピラミッド、マチュピチュ、イースター島を思い浮かべてください。
今、それらはすべて、私たちが今日していることとはかなり異なります。
巨大な石が、複雑で非論理的な方法で組み立てられており、その建設の痕跡はすべて消えて、謎に包まれています。

これらのものを人々が建てたとは思えないように思えます、なぜなら人々ではなく、巨人たちとして知られる原始の種族、サイクロプスによって丹念に作られたからです。

そして、私はこれらの怪物と協力して、これらの巨大な石を動かすための彼らの秘密を学んできました。

結局のところ、サイクロプスはそれほど強くないのです。
彼らはただ素材を自分たちのために動かすことについて本当に賢いのです。
今、私の後ろに見える大きな、石のような、ぐらぐらする生き物のビデオは、この協力の結果です。
では、サイクロプスは神話上の生物かもしれませんが、それらの驚異はまだ現実です。
人々がそれらを作りました。

しかし、彼らはまた、それらを取り巻く神話も作りました。
そして、驚異に関しては、神話と現実の間にこの厚い結びつきがあります。

たとえば、イースター島を見てみましょう。
オランダの探検家が初めてこの島に遭遇したとき、ラパヌイの人々に尋ねました。
先祖がどのようにしてこれらの巨大な像を移動させたのか。
ラパヌイの人々は答えました。

「私たちの先祖は像を動かさなかった、なぜなら像が自分で歩いていたからです。」

何世紀にもわたって、これは却下されてきましたが、実際には真実です。
モアイとして知られる像は、立った状態で運ばれ、横に揺れます。
オーケー?

今日の訪問者にとってモアイは見事ですが、当時そこにいたことを想像してください、巨大なモアイが島中を行進しているのを。
実際の記念碑は、オブジェクト自体ではなく、石を生かす文化的な儀式でした。

だから建築家として、私はその夢を追い求めてきました。

建設のアイデアをどのように変えて、その神話的な側面を収めることができるか?
だから私がしてきたことは、自分自身を挑戦することです。

ただ大きく重いオブジェクトを動かして立たせるという、古代のかなり簡単な作業をシリーズで行ってきました。
この土地を横断し、垂直に立つように設計された16フィートの巨大な巨石。
また、この4,000ポンドの巨大なモンスターは、舞台で踊り出すように自らを生かしています。
そして私が見つけたのは、建築を考えるということは、完成物としてではなく、パフォーマンスとして考えることで、私たちは今日ものを建てるための賢い方法を再発見することです。

私たちの未来についての議論の大部分は、技術、効率、速さに焦点を当てています。
しかし、私がサイクロプスから学んだことがあるならば、驚異は賢く、壮観で、持続可能である可能性があるということです。

その質量と神秘性のために。

そして、人々はまだ古代の驚異がどのように建てられたのかを知りたがっていますが、私は人々がその質問をすることを強く求める神秘を作り出す方法をサイクロプスに尋ねてきました。

なぜなら、私たちは建物を30年、おそらく60年持続するように設計しますが、私は永遠にエンターテインメントを提供できるものを作り出す方法を学びたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました