ルワンダの病院建設プロジェクトコミュニティと共に築く希望

建築

Architecture is more than a clever arrangement of bricks. In this eloquent talk, Michael Murphy shows how he and his team look far beyond the blueprint when they’re designing. Considering factors from airflow to light, theirs is a holistic approach that produces community as well as (beautiful) buildings. He takes us on a tour of projects in countries such as Rwanda and Haiti, and reveals a moving, ambitious plan for The Memorial to Peace and Justice, which he hopes will heal hearts in the American South.

建築はレンガを巧みに配置するだけではありません。

この雄弁な講演の中で、マイケル・マーフィーは、彼と彼のチームが設計時にどのように青写真のはるか先を見据えているかを示します。 彼らのアプローチは、空気の流れから光までの要素を考慮し、(美しい)建物だけでなくコミュニティも生み出す総合的なアプローチです。 彼は私たちをルワンダやハイチなどの国々のプロジェクトのツアーに連れて行き、アメリカ南部の人々の心を癒すことを望んでいる「平和と正義の記念碑」に関する感動的で野心的な計画を明らかにしました。

タイトル Architecture that’s built to heal
癒しのために作られた建築
スピーカー マイケル・マーフィー
アップロード 2016/10/06

「Architecture that’s built to heal | Michael Murphy」の文字起こし

Every weekend for as long as I can remember, my father would get up on a Saturday, put on a worn sweatshirt, and he’d scrape away at the squeaky old wheel of a house that we lived in. I wouldn’t even call it restoration; it was a ritual, catharsis. He would spend all year scraping paint with this old heat gun and a spackle knife, and then he would repaint where he scraped, only to begin again the following year. Scraping and re-scraping, painting and repainting: the work of an old house is never meant to be done.

The day my father turned 52, I got a phone call. My mother was on the line to tell me that doctors had found a lump in his stomach — terminal cancer, she told me, and he had been given only three weeks to live. I immediately moved home to Poughkeepsie, New York, to sit with my father on death watch, not knowing what the next days would bring us. To keep myself distracted, I rolled up my sleeves, and I went about finishing what he could now no longer complete — the restoration of our old home.

When that looming three-week deadline came and then went, he was still alive. And at three months, he joined me. We gutted and repainted the interior. At six months, the old windows were refinished, and at 18 months, the rotted porch was finally replaced. And there was my father, standing with me outside, admiring a day’s work, hair on his head, fully in remission, when he turned to me and he said, “You know, Michael, this house saved my life.”

So the following year, I decided to go to architecture school.

But there, I learned something different about buildings. Recognition seemed to come to those who prioritized novel and sculptural forms, like ribbons, or … pickles? And I think this is supposed to be a snail. Something about this bothered me. Why was it that the best architects, the greatest architecture — all beautiful and visionary and innovative — is also so rare, and seems to serve so very few? And more to the point: With all of this creative talent, what more could we do?

Just as I was about to start my final exams, I decided to take a break from an all-nighter and go to a lecture by Dr. Paul Farmer, a leading health activist for the global poor. I was surprised to hear a doctor talking about architecture. Buildings are making people sicker, he said, and for the poorest in the world, this is causing epidemic-level problems. In this hospital in South Africa, patients that came in with, say, a broken leg, to wait in this unventilated hallway, walked out with a multidrug-resistant strand of tuberculosis. Simple designs for infection control had not been thought about, and people had died because of it. “Where are the architects?” Paul said. If hospitals are making people sicker, where are the architects and designers to help us build and design hospitals that allow us to heal?

That following summer, I was in the back of a Land Rover with a few classmates, bumping over the mountainous hillside of Rwanda. For the next year, I’d be living in Butaro in this old guesthouse, which was a jail after the genocide. I was there to design and build a new type of hospital with Dr. Farmer and his team. If hallways are making patients sicker, what if we could design a hospital that flips the hallways on the outside, and makes people walk in the exterior? If mechanical systems rarely work, what if we could design a hospital that could breathe through natural ventilation, and meanwhile reduce its environmental footprint? And what about the patients’ experience? Evidence shows that a simple view of nature can radically improve health outcomes, So why couldn’t we design a hospital where every patient had a window with a view? Simple, site-specific designs can make a hospital that heals. Designing it is one thing; getting it built, we learned, is quite another.

We worked with Bruce Nizeye, a brilliant engineer, and he thought about construction differently than I had been taught in school. When we had to excavate this enormous hilltop and a bulldozer was expensive and hard to get to the site, Bruce suggested doing it by hand, using a method in Rwanda called “Ubudehe,” which means “community works for the community.” Hundreds of people came with shovels and hoes, and we excavated that hill in half the time and half the cost of that bulldozer. Instead of importing furniture, Bruce started a guild, and he brought in master carpenters to train others in how to make furniture by hand. And on this job site, 15 years after the Rwandan genocide, Bruce insisted that we bring on labor from all backgrounds, and that half of them be women. Bruce was using the process of building to heal, not just for those who were sick, but for the entire community as a whole.

We call this the locally fabricated way of building, or “lo-fab,” and it has four pillars: hire locally, source regionally, train where you can, and most importantly, think about every design decision as an opportunity to invest in the dignity of the places where you serve. Think of it like the local food movement, but for architecture. And we’re convinced that this way of building can be replicated across the world and change the way we talk about and evaluate architecture.

Using the lo-fab way of building, even aesthetic decisions can be designed to impact people’s lives. In Butaro, we chose to use a local volcanic stone found in abundance within the area, but often considered a nuisance by farmers, and piled on the side of the road. We worked with these masons to cut these stones and form them into the walls of the hospital. And when they began on this corner and wrapped around the entire hospital, they were so good at putting these stones together, they asked us if they could take down the original wall and rebuild it. And you see what is possible. It’s beautiful. And the beauty, to me, comes from the fact that I know that hands cut these stones, and they formed them into this thick wall, made only in this place with rocks from this soil.

When you go outside today and you look at your built world, ask not only: “What is the environmental footprint?” — an important question — but what if we also asked, “What is the human handprint of those who made it?” We started a new practice based around these questions, and we tested it around the world.

Like in Haiti, where we asked if a new hospital could help end the epidemic of cholera. In this 100-bed hospital, we designed a simple strategy to clean contaminated medical waste before it enters the water table, and our partners at Les Centres GHESKIO are already saving lives because of it. Or Malawi: we asked if a birthing center could radically reduce maternal and infant mortality. Malawi has one of the highest rates of maternal and infant death in the world. Using a simple strategy to be replicated nationally, we designed a birthing center that would attract women and their attendants to come to the hospital earlier and therefore have safer births.

Or in the Congo, where we asked if an educational center could also be used to protect endangered wildlife. Poaching for ivory and bushmeat is leading to a global epidemic, disease transfer, and war. In one of the hardest-to-reach places in the world, we used the mud and the dirt and the wood around us to construct a center that would show us ways to protect and conserve our rich biodiversity. Even here in the US, we were asked to rethink the largest university for the deaf and hard of hearing in the world. The deaf community, through sign language, shows us the power of visual communication. We designed a campus that would awaken the ways in which we as humans all communicate, both verbally and nonverbally.

And even in Poughkeepsie, my hometown, we thought about old industrial infrastructure. We wondered: Could we use arts and culture and design to revitalize this city and other Rust Belt cities across our nation, and turn them into centers for innovation and growth? In each of these projects, we asked a simple question: What more can architecture do? And by asking that question, we were forced to consider how we could create jobs, how we could source regionally, and how we could invest in the dignity of the communities in which we serve.

I have learned that architecture can be a transformative engine for change. About a year ago, I read an article about a tireless and intrepid civil rights leader named Bryan Stevenson. And Bryan had a bold architectural vision. He and his team had been documenting the over 4,000 lynchings of African-Americans that have happened in the American South. And they had a plan to mark every county where these lynchings occurred, and build a national memorial to the victims of lynching in Montgomery, Alabama. Countries like Germany and South Africa and, of course, Rwanda, have found it necessary to build memorials to reflect on the atrocities of their past, in order to heal their national psyche. We have yet to do this in the United States.

So I sent a cold email to info@equaljusticeintiative.org: “Dear Bryan,” it said, “I think your building project is maybe the most important project we could do in America and could change the way we think about racial injustice. By any chance, do you know who will design it?” Surprisingly, shockingly, Bryan got right back to me, and invited me down to meet with his team and talk to them. Needless to say, I canceled all my meetings and I jumped on a plane to Montgomery, Alabama.

When I got there, Bryan and his team picked me up, and we walked around the city. And they took the time to point out the many markers that have been placed all over the city to the history of the Confederacy, and the very few that mark the history of slavery. And then he walked me to a hill. It overlooked the whole city. He pointed out the river and the train tracks where the largest domestic slave-trading port in America had once prospered. And then to the Capitol rotunda, where George Wallace had stood on its steps and proclaimed, “Segregation forever.” And then to the very hill below us. He said, “Here we will build a new memorial that will change the identity of this city and of this nation.”

Our two teams have worked together over the last year to design this memorial. The memorial will take us on a journey through a classical, almost familiar building type, like the Parthenon or the colonnade at the Vatican. But as we enter, the ground drops below us and our perception shifts, where we realize that these columns evoke the lynchings, which happened in the public square. And as we continue, we begin to understand the vast number of those who have yet to be put to rest. Their names will be engraved on the markers that hang above us. And just outside will be a field of identical columns. But these are temporary columns, waiting in purgatory, to be placed in the very counties where these lynchings occurred. Over the next few years, this site will bear witness, as each of these markers is claimed and visibly placed in those counties. Our nation will begin to heal from over a century of silence.

When we think about how it should be built, we were reminded of Ubudehe, the building process we learned about in Rwanda. We wondered if we could fill those very columns with the soil from the sites of where these killings occurred. Brian and his team have begun collecting that soil and preserving it in individual jars with family members, community leaders, and descendants. The act of collecting soil itself has led to a type of spiritual healing. It’s an act of restorative justice. As one EJI team member noted in the collection of the soil from where Will McBride was lynched, “If Will McBride left one drop of sweat, one drop of blood, one hair follicle — I pray that I dug it up, and that his whole body would be at peace.” We plan to break ground on this memorial later this year, and it will be a place to finally speak of the unspeakable acts that have scarred this nation.

When my father told me that day that this house — our house — had saved his life, what I didn’t know was that he was referring to a much deeper relationship between architecture and ourselves. Buildings are not simply expressive sculptures. They make visible our personal and our collective aspirations as a society. Great architecture can give us hope. Great architecture can heal. Thank you very much.

「Architecture that’s built to heal | Michael Murphy」の和訳

私の記憶が遡る限り、毎週末、父は土曜日になると、古びたスウェットシャツを着て、私たちが住んでいる家の古い車輪をギシギシと削り取っていました。それを修復とは呼びません。それは儀式であり、浄化でした。彼は古いヒートガンとスパックルナイフで一年中ペンキを削り取り、削り取ったところにペンキを塗り直し、翌年また始めるだけでした。削り取り、塗り直し、塗り直し、削り取り:古い家の仕事は決して終わることはありません。

父が52歳の誕生日を迎えた日、私は電話を受けました。母が彼の胃にしこりを見つけたと伝えてくれました ? 末期がんだと言われ、彼には生きるのが3週間しかないと。私はすぐにニューヨークのポキプシーの自宅に引っ越し、父と共に彼の最期を看取るために戻りました。次の日々が私たちに何をもたらすかわからない中、気を紛らわせるために、私は袖をまくり上げ、彼がもう完成できないものを仕上げるために取り掛かりました ? 私たちの古い家の修復。

迫りくる3週間の締め切りが来て、そして過ぎ去ったとき、彼はまだ生きていました。そして3ヶ月後、彼は私に加わりました。私たちは内部を取り壊し、塗り直しました。6ヶ月後、古い窓が再仕上げされ、18ヶ月後には朽ちたポーチがついに取り替えられました。そして、父が私と一緒に外で立って、一日の仕事を称賛しているのを見て、髪の毛も再発も完全に回復していた父が私に言った。「マイケル、この家が私の命を救ったのは知っているか?」

それで、翌年、私は建築学校に行くことを決めました。

建築に関して異なることを学びました。革新的で彫刻的な形状、リボンや…ピクルスのようなものを優先する人々が称賛されることがあるのはなぜでしょう?そして、これは蝸牛だと思います。何かが気になりました。なぜ最も優れた建築家、最高の建築 ? すべてが美しく、先見的で革新的な ? が非常に希少であり、非常に少数の人々にしか役立たないように見えるのでしょうか?さらに重要なことは、このすべての創造的な才能を活かして、私たちはもっと何ができるのでしょうか?

最終試験を受けようとしていた時、徹夜での勉強から少し離れて、グローバル貧困層の健康活動家であるポール・ファーマー博士の講義に行くことにしました。私は医師が建築について話しているのを聞いて驚きました。建物が人々を病気にしていると彼は言いました。そして、世界の最も貧しい人々にとって、これは流行病レベルの問題を引き起こしています。南アフリカのこの病院では、たとえば足を骨折した患者が、換気の悪い廊下で待っている間に、多剤耐性の結核に感染して退院したことがあります。感染制御のためのシンプルな設計は考えられておらず、それが原因で人々が亡くなったのです。 “建築家はどこですか?” ポールは言いました。もし病院が人々を病気にしているのなら、私たちを癒すのに役立つ病院を建築し、設計するための建築家やデザイナーはどこにいるのでしょうか?

その翌夏、私は数人のクラスメートとともに、ルワンダの山々に挟まれた丘の上をランドローバーで走っていました。次の1年間、私はブタロの古いゲストハウスに住むことになりました。それはジェノサイドの後に刑務所になった場所です。私はファーマー博士と彼のチームと一緒に新しいタイプの病院を設計し、建設するためにそこにいました。もし廊下が患者を病気にしているのなら、外側に廊下を設置し、人々が外部を歩くようにする病院を設計できたらどうでしょうか?もし機械システムがほとんど機能しないのなら、自然換気を通じて呼吸できる病院を設計できたらどうでしょうか?そして、患者の体験はどうでしょうか?証拠によれば、自然の景色を単純に見ることが健康の結果を劇的に改善できることが示されています。だからこそ、私たちはどうしてすべての患者に窓のある病院を設計できないのでしょうか?シンプルで現場特有のデザインは、癒やす病院を作ることができます。設計することは1つですが、それを建設することはまったく別の問題であることを私たちは学びました。

私たちは優れたエンジニアであるブルース・ニゼイエと一緒に仕事をしました。彼は学校で教わった建設方法とは異なる方法で建設を考えました。私たちが巨大な丘を掘り起こさなければならなかったとき、ブルースはブルドーザーを使う代わりに、ルワンダで「ウブデヘ」と呼ばれる方法を使って手作業で行うことを提案しました。それは「コミュニティがコミュニティのために働く」という意味です。何百人もの人々がシャベルやクワを持って来て、私たちはその丘を掘り起こし、ブルドーザーの半分の時間と半分の費用でそれを達成しました。家具を輸入する代わりに、ブルースはギルドを立ち上げ、職人を招いて他の人々に手作り家具の作り方を教えました。そして、この現場では、ルワンダのジェノサイドから15年後、ブルースは私たちがあらゆる背景の労働者を採用し、そのうちの半分が女性であるようにと主張しました。ブルースは、建設のプロセスを使って、病気の人だけでなく、地域全体を癒すために活用していました。

これを「地域製造方式」と呼び、4つの柱があります:地元で雇用を創出し、地域から資材を調達し、できるところでトレーニングを行い、そして最も重要なことは、サービスする場所の尊厳に投資する機会として、あらゆる設計決定を考えることです。それは地元食材運動のようなものですが、建築のためです。そして、この建設方法が世界中で複製され、建築について話し合い、評価する方法を変えることができると確信しています。

地域製造方式を使用すると、美的な決定でさえ人々の生活に影響を与えるように設計することができます。ブタロでは、地元の火山岩を使用することにしました。この地域では豊富に見られ、農家からはしばしば迷惑がられ、道の脇に積まれています。私たちはこれらの石工と協力して、これらの石を切断し、病院の壁に形成しました。そして、彼らがこの角から始め、病院全体を包み込むと、彼らはこれらの石をうまく組み合わせることができ、元の壁を取り壊して再建してもいいかと私たちに尋ねました。そこに何が可能かを見ることができます。美しいです。そして、その美しさは、私がこれらの石を切り取った手で形成され、この厚い壁に変えたことを知っているからです。これはこの場所でのみ、この土壌からの岩で作られています。

今日外に出て、建設された世界を見るとき、環境への影響だけでなく、それを作った人々の人間的な足跡についても尋ねてみてください。私たちはこれらの質問を基に新しい実践を始め、世界中でそれを試してきました。

ハイチでは、新しい病院がコレラの流行を終わらせるのに役立つかどうかを尋ねました。この100床の病院では、医療廃棄物が水源地に入る前に汚染を除去する簡単な戦略を設計しました。そして、私たちのパートナーであるLes Centres GHESKIOは、それによって既に多くの命を救っています。また、マラウイでは、分娩センターが母子死亡率を劇的に減少させることができるかどうかを尋ねました。マラウイは世界で最も高い母子死亡率の1つを持っています。全国に複製可能な簡単な戦略を使用して、分娩センターを設計し、女性とその付添人がより早く病院に来てより安全な出産ができるようにしました。

また、コンゴでは、教育センターが絶滅危惧種の保護にも役立つかどうかを尋ねました。象牙や狩猟肉の密猟は、世界的な感染症の流行、疾病の伝播、戦争を引き起こしています。世界で最もアクセスが困難な場所の1つで、私たちは私たちの周りの泥と土と木材を使用して、私たちの豊かな生物多様性を保護し保存する方法を示すセンターを建設しました。アメリカでも、私たちは世界で最大の聾唖者大学を再考するよう求められました。手話を通じて、聾のコミュニティは視覚的コミュニケーションの力を示しています。私たちは、言葉や非言語的にすべての人間がコミュニケーションをとる方法を目覚めさせるキャンパスを設計しました。

そして、私の故郷であるポキプシーでも、古い産業インフラを考えました。私たちは考えました:芸術と文化とデザインを使って、この都市や私たちの国の他の錆びたベルトの都市を再活性化し、革新と成長の中心地に変えることができるかどうか。これらのプロジェクトのそれぞれで、私たちは簡単な質問をしました。「建築はもっと何ができるのか?」そして、その質問をすることで、私たちは仕事を創出し、地域から資材を調達し、私たちが奉仕するコミュニティの尊厳に投資する方法を考えざるを得ませんでした。

建築は変革のエンジンとなり得ることを学びました。約1年前、私は不屈で勇敢な市民権活動家であるブライアン・スティーブンソンについての記事を読みました。ブライアンは大胆な建築ビジョンを持っていました。彼と彼のチームは、アメリカ南部で起きた4,000以上のアフリカ系アメリカ人のリンチ事件を文書化してきました。そして、これらのリンチが発生したすべての郡をマークし、アラバマ州モンゴメリーにリンチの犠牲者の国立記念碑を建設する計画がありました。ドイツや南アフリカ、そしてもちろんルワンダなどの国々は、過去の暴行を反映して反省するための記念碑を建設する必要性を感じていますが、アメリカではこれをまだ行っていません。

そこで、「info@equaljusticeintiative.org」に冷たいメールを送りました。「ブライアンさんへ、」と書かれていました。「あなたの建設プロジェクトは、おそらくアメリカで行うことができる最も重要なプロジェクトであり、人種差別についての考え方を変える可能性があります。もしかして、それを設計する人は誰かご存じですか?」驚くべきことに、ブライアンから直ぐに返信があり、彼は私を彼のチームと会い、話すために招待してくれました。言うまでもなく、私は全てのミーティングをキャンセルし、モンゴメリー、アラバマへの飛行機に乗り込みました。

到着すると、ブライアンと彼のチームが私を迎えに来てくれ、街を歩き回りました。彼らは市内に設置された多くの記念碑を指し示し、南部連合の歴史を示すものが非常に多く、奴隷制の歴史を示すものがほとんどないことを指摘しました。そして、丘に連れて行かれました。それは市全体を見渡す場所でした。彼は川と、かつてアメリカ最大の国内奴隷取引港が栄えた鉄道の軌道を指し示しました。そして、州会議事堂の回廊、ジョージ・ウォレスが階段に立ち、「永遠に人種隔離」と宣言した場所。そして、私たちのすぐ下の丘まで。彼は言いました、「ここに私たちは新しい記念碑を建設し、この都市や国のアイデンティティを変えるでしょう。」

過去の1年間、私たちの2つのチームはこの記念碑をデザインするために協力してきました。この記念碑は、古典的でほとんど馴染み深い建物タイプを通して私たちを旅に連れて行きます。パルテノンやバチカンのコロネードのようなものです。しかし、私たちが入ると、地面が私たちの下に沈み、私たちの認識が変わります。これらの柱は、公共の広場で起こったリンチを想起させます。そして、私たちが続けると、まだ安置されていない多くの人々の存在を理解し始めます。彼らの名前は、私たちの上に掛かるマーカーに刻まれます。そして、外側には同じ柱の広場があります。しかし、これらは仮の柱であり、煉獄で待っているものであり、これらのリンチが発生したその郡に配置されることを待っています。次の数年間、この場所は、これらのマーカーが各郡に明確に配置される様子を目撃します。我が国は、100年以上の沈黙から癒え始めるでしょう。

建設方法を考えるとき、私たちはルワンダで学んだUbudeheという建設プロセスを思い出しました。これらのリンチが発生した場所の土でこれらの柱を満たすことができるかどうか疑問に思いました。ブライアンと彼のチームは、その土を収集し、個々の壷に保管し、家族、地域のリーダー、そして子孫と共に保存しています。土を収集する行為自体が一種の霊的な癒しをもたらしました。それは、修復的な正義の行為です。EJIのチームメンバーの1人が、ウィル・マクブライドがリンチされた場所から土を集める際に述べたように、「ウィル・マクブライドが1滴の汗、1滴の血、1本の毛髪を残したとしたら、それを掘り起こし、彼の全身が平和になるよう祈っています。」この記念碑の建設は、今年後半に着工する予定であり、この国を傷つけてきた言いがかりのない行為について最終的に話す場所となるでしょう。

父が私にその日語ったように、この家 – 私たちの家 – が彼の命を救った、ということは、建築と私たちとの間により深い関係があることを私は知りませんでした。建物は単なる表現的な彫刻ではありません。それらは私たちの個人的および集団的な願望を社会として可視化します。偉大な建築は私たちに希望を与えることができます。偉大な建築は癒すことができます。どうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました