昼寝の科学。私たちは昼間の睡眠を必要としているのか?

健康

Afternoon naps are refreshing — but could they be messing up our sleep cycles? Sleep scientist Matt Walker reveals the pros and cons of napping, plus tips on how to get the most out of your next short snooze.

午後の昼寝はリフレッシュできますが、睡眠サイクルが乱れてしまう可能性はあるでしょうか?

睡眠科学者のマット・ウォーカーが、昼寝の長所と短所、さらに次の短い居眠りを最大限に活用するためのヒントを明らかにします。

タイトル Are naps actually good for us?
昼寝は本当に体に良いのでしょうか?
スピーカー マット・ウォーカー
アップロード 2021/11/18

「Are naps actually good for us? | Sleeping with Science」の文字起こし

Are we designed to nap during the day? Most people aim to get their recommended seven to nine hours of sleep in one long stretch at night. And the technical term for this is “monophasic sleep.” In other words, a single bout of sleep at night. However, we may not have been programmed to sleep in this way.

Now I’m sure you’ve had that experience of a drop in your alertness in the afternoon, where you start to feel a little sleepy. And you can also see it in other people as well, as their heads begin sort of bobbing up and down during afternoon meetings. Now you may think this afternoon drop in your alertness is because of a big lunch, but in actual fact, it seems to be hardwired. Because if I place electrodes on your head, there is a reliable, preprogrammed drop in your brain’s alertness during the afternoon. And it happens to most of us somewhere between the one to four pm mark.

What this suggests is that we may have been designed to sleep in a biphasic pattern, meaning one longer bout of sleep at night and then a short afternoon nap during the day, very much like the siesta cultures around the world. But is napping always a good thing? Well, not necessarily. Although we and other scientists have discovered that naps can have benefits for both the brain and for the body, naps can be a double-edged sword.

Long naps in the afternoon or in the early evening can just take the edge off your sleepiness. It’s a little bit like snacking before your main meal. So if you are struggling with sleep at night, the best advice is not to nap during the day. Instead, build up all of that healthy sleepiness so that you give yourself the best chance of falling asleep easily and then staying asleep soundly across the night. But if you’re not struggling with sleep and you can nap regularly during the day, the naps of around 20 minutes taken early in the day can be just fine.

「Are naps actually good for us? | Sleeping with Science」の和訳

昼間に昼寝をするように設計されているのでしょうか?ほとんどの人は、一晩中に推奨される7~9時間の睡眠を一度に取ることを目指しています。その技術用語は「一相睡眠」です。つまり、夜に一度の睡眠。しかし、私たちはこのように睡眠するようにプログラムされているかもしれません。

午後に注意力が低下し、少し眠くなり始める経験をしたことがあるかもしれません。また、午後の会議中に他の人々でも見ることができます。その頭が上下に揺れ始めます。この午後の注意力の低下は大きな昼食のせいだと思うかもしれませんが、実際はそれが有線になっているようです。なぜなら、あなたの頭に電極を置くと、午後にあなたの脳の警戒レベルが信頼できるほどに低下します。そして、ほとんどの人にとって、それは午後1時から4時の間のどこかで起こります。

これは、私たちが二相性の睡眠パターンで眠るように設計されているかもしれないことを示唆しています。つまり、夜に一度の長い睡眠と、昼間に短い午後の昼寝、世界中のシエスタ文化と非常に似ています。しかし、昼寝は常に良いことなのでしょうか?必ずしもそうではありません。私たちや他の科学者が発見したように、昼寝には脳と体の両方に利益があることがわかっていますが、昼寝は二重の刃です。

午後や夕方に長時間昼寝をすると、あなたの眠気が少し和らぎます。それはまるで主食前のスナックのようなものです。ですので、夜に眠りにくい場合、最善のアドバイスは昼間に昼寝をしないことです。代わりに、すべての健康的な眠気を溜めて、簡単に眠りに落ち、夜中にしっかりと眠り続ける最良のチャンスを与えるようにします。しかし、睡眠に問題がなく、定期的に昼寝できる場合、昼間に早めに取る20分程度の昼寝は問題ありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました