持続可能性への道:先進国が進むCO2削減の方向性

環境

The word “sustainability” gets thrown around a lot these days. But what does it actually mean for humanity to be sustainable? Environmental data scientist Hannah Ritchie digs into the numbers behind human progress across centuries, unpacking why the conventional understanding of sustainability is misleading and showing how we can be the first generation of humans to actually achieve it.

最近「サステナビリティ」という言葉がよく聞かれます。 しかし、人類にとって持続可能であるとは実際には何を意味するのでしょうか?

環境データ科学者のハンナ・リッチーは、何世紀にもわたる人類の進歩の背後にある数字を掘り下げ、持続可能性に関する従来の理解が誤解を招く理由を明らかにし、私たちが実際に持続可能性を達成する最初の世代になれる方法を示します。

タイトル Are We the Last Generation ? or the First Sustainable One?
最後の世代なのか?それとも最初の持続可能な世代なのか?
スピーカー ハンナ・リッチー
アップロード 2023/09/25

「最後の世代なのか?それとも最初の持続可能な世代なのか?(Are We the Last Generation ? or the First Sustainable One?)」の文字起こし

It’s become strangely normal to tell our kids that they’re going to die from climate change. If sea-level rise doesn’t get them, then a wildfire will, or a global famine, or crop failures. Maybe a fatal heat wave, the insect apocalypse, or the fishless oceans. These are the headlines we’ve all been told will be the end of humanity. So we shouldn’t be surprised, then, that young people today feel crippled with anxiety.

A large international survey asked 10,000 young people about their attitudes to climate change. More than half said they think humanity’s doomed; three-quarters find the future frightening; and more than one in three are hesitant to have children of their own. Young people today truly feel like they could be the last generation. In fact, prominent activist groups actually take on this very name. Now I get this feeling, I’ve been there.

I used to feel like humanity was doomed, and despite having multiple environmental degrees, I felt completely helpless to do anything about it. But I’m a data scientist, and after years poring over the data on how far humanity’s come and how quickly things are now moving, my perspective on this has changed. I think we’ve got this framing upside down. Far from being the last generation, I think we will be the first generation: the first generation to be sustainable.

When we think about sustainability, we might imagine humans have only become unsustainable in the very recent past, that our ancestors lived in perfect balance with nature and only recently has that been knocked off. Unfortunately, this is not true. If we’re nostalgic for sustainable paths to rewind back to, there is none. The world has never been sustainable. Now I get that that’s a controversial statement, so let me explain why.

When we think about the definition of sustainability, we might imagine something like this: “having a low environmental impact to protect future generations.” And it’s true, by this definition, many of our ancestors were sustainable. They did have a low environmental impact. But the reason they had a low environmental impact is because the populations were tiny. And the reason their populations were tiny is because half of children died before reaching puberty. Half of children died.

That, then, raises the question: Is that what we really think sustainability is? Is that the world we want to maintain and preserve, one where half of our children die? Hope your answer to that is no. If we care about human suffering, we need to add another dimension to this. We need to also provide a good life for everyone today. Now that gives our definition two halves. If we fail on either half, we have failed to be sustainable.

That’s where our ancestors were never sustainable. They never achieved the first half of the equation. And over the last few centuries, the world has made amazing progress on the first half. As we’ve shown at Our World in Data, child mortality is now down to four percent. Extreme poverty used to be the default, now less than one in 10 people live there. Literacy and education used to be rare; now, most children in the world get the opportunity to go to school.

But the world as it is today is still unacceptable. It’s unacceptable that millions of children die every year, that hundreds of millions live on less than two dollars a day, which is an incredibly low poverty line. But pick almost any metric of human wellbeing, and you’ll find that the world has become a much better place. But that progress has come at a cost. It’s come at a cost to the environment. We burn wood and fossil fuels for energy. We expanded farmlands at the cost of forests, and our insatiable appetite for meat means we now use half of the world’s habitable land for farming. We kill billions of animals every year. These are the trends that make us feel doomed. We see these lines rising, and we assume they might never stop.

But more recent data tells us a slightly different story. A more hopeful story, that we can turn things around. This is per-capita CO2 emissions in the UK since 1750. Over the last few decades, emissions in the UK have halved. That means that my carbon footprint today is less than half that of my grandparents’ when they were my age. That’s despite the fact I live a much more extravagant lifestyle, or, as they’d put it, “You youngsters just don’t know how good you’ve got it these days.” Now, you might think the UK’s cheating here. It used to be this industrial powerhouse, now it gets China, India and Bangladesh to produce its stuff for it. Maybe it’s just offshored all these emissions. There’s a bit of truth to this — when we adjust for trade, emissions in the UK are higher — but we still see this dramatic decline over the last few decades. Offshoring is a bit of the story, but it’s not the entire story.

At the same time, the UK has increased its GDP. GDP has gone up, while emissions have come down. And it’s not the only country to achieve this. You will see the same for the US, for Germany, France, Spain, Portugal. A long list of countries have increased GDP while reducing their emissions. And again, this is not just because they’ve offshored them. The notion that economic growth has to be incompatible with reducing our environmental impact is simply wrong. Now rich countries are reducing their emissions, but low- and middle-income countries are increasing theirs. What does this mean at a global level? Well, total CO2 emissions are now beginning to flatline, but actually, emissions per person already peaked a decade ago. That means the emissions of the average person in the world today have peaked, and are now falling. And we will see a peak in total CO2 emissions soon.

Now, why is this happening? A big driver has been technological change. Here, we see coal production in the UK since 1700. Now the UK was the birthplace of industrial coal, and it has now died there. When I was born, more than half of the UK’s electricity was coming from coal. This is now less than two percent. And it’s dying in many other countries too. You will see the same for the US, Germany, Denmark, Spain, Portugal, Greece, Ireland. In many countries in the world, coal is dying. Taking its place are renewables, where costs are plummeting. The cost of solar has fallen by 99.8 percent since 1970, fallen by 90 percent in the last decade alone. And if you’re worried that it looks like this price trend is leveling off, don’t be. When we zoom in, we see that the price of solar continues to fall. And the same is true for wind.

Go back a decade, and solar and wind were among the most expensive energy technologies we had. That is why the world was not making progress, that is why countries were not deploying them — they were far too expensive. But just ten years on, and that script has flipped. In many countries in the world, solar and wind are now the cheapest. Now if we’re going to have renewables, we’re going to need energy storage. But there’s good news there too. The price of batteries has fallen by 98 percent since 1990. If you take the battery you’d find in a Tesla today, go back to 1990, it would have cost one million dollars. It now costs just 12,000. That’s completely transformed the world of energy storage and completely transformed the world of transport. Global sales of petrol and diesel cars have already peaked — they peaked in 2017, and they are now falling. Taking their place are electric cars, where, in a space of just a few years, sales are going through the roof.

And from energy and transport to the food we eat, you might imagine that global deforestation is at its highest level ever. But actually, global deforestation peaked decades ago and is now falling. But actually, it’s better than that, because many countries are now regrowing their old forests, such that the net decline is even more impressive. Now, why is this happening? A big driver has been increases in crop yields. For all of our agricultural history, crop yields were low and stagnant. Farmers had basically no opportunities to increase them. Over the last century, across many countries and many different crop types, crop yields have skyrocketed. Here, we see it for the US, for corn, where yields have grown sixfold, from two tonnes to 12 tonnes. Now what this means is we can grow a lot more food from a lot less land. The amount of land used to produce corn in the US has not increased in over a century, but look at the change in corn production.

My main point here is that in the past, human progress had to come at the cost of the environment. If we wanted energy, we had to burn wood or we had to burn fossil fuels. If we wanted to grow more food, we had to expand farmland, often at the cost of forests. But technology and innovation means we’re very quickly decoupling these impacts, such that this conflict is no longer true. Let’s then think about the world that we can have. We need to achieve the first half of our equation. We need to end global poverty. And here, I’m not talking about raising everyone above a two-dollar-a-day poverty line. That is simply not good enough. We need to provide everyone with a good, comfortable life. No child should die from a cause that’s preventable. Every child should get the opportunity to go to school and get an education. At the same time, we need to peak and reduce our CO2 emissions; we need to move away from fossil fuels; and we need to end deforestation, while feeding eight, nine, ten billion people, at the same time.

How do we do that? How do we become the First Generation? First, our low-carbon technologies need to become the default. There’s two ways to do this. The first is to make sure that they are affordable, to make sure that they are the cheapest option. Solar and wind are already cheaper than coal, electric cars will soon be cheaper than gasoline, and alternative proteins need to be cheaper than meat. The other way to do this is to make sure these technologies are better. Environmental products have often been promoted as this happy gimmick, but they need to go mainstream, and for that, they need to be better than the high-carbon alternatives. Now my brother recently got an electric car. He didn’t get an electric car because he really cares about the environment. He does not want to be the next Greta Thunberg. And he definitely does not want to be like me. He got an electric car because the design and the driving experience were far better than the petrol alternatives. That is how we make low-carbon technologies the default.

We need to reframe the way we talk about sustainability as often promoted as a sacrifice. Environmental messaging is often built on scarcity. It’s about reducing our lives back to the bare minimum and no more. But this is not a vision that inspires anyone. This is not the future we want to build. We need to reframe sustainability as an opportunity, because it is an opportunity. It’s an opportunity to provide clean, abundant energy for everyone, whether that’s powering cities or countries, or getting rural communities connected for the very first time. It’s about not being at the whims of fossil-fuel markets or having millions plunged into fuel poverty when dictators invade neighboring countries. It’s about breathing clean air. Here, we see the decline in harmful air pollution in the US, from 2005 to 2021. Stopping people from dying is not a sacrifice.

Finally, it’s a way to rethink the way we live our lives, the way we design our cities and our communities. Here, we see Copenhagen, with bikes on the road, or Amsterdam, where you have layer upon layer of bike rack.

Now I’m not saying this is how our cities have to look. We can design them in any way we want. What I’m saying is that sustainability gives us the shelf to rethink the way we do things. Finally, we need to rethink the way we use data. As a data scientist, I take this very seriously. The environmentalists have done an amazing job of waking the world up to these problems. Those charts of rising CO2 and rising temperature have been absolutely critical. They’re why I’m on the stage today, they’re why I got involved in this in the first place. But there’s a limit. When that’s all we see, we become paralyzed. We see these lines rising, and we assume that they might never stop. We assume that no progress has been made, that nothing good is happening. But as we’ve just seen, this couldn’t be further from the truth.

We need to use data to inspire, to show what the problems are, also what the solutions are, and we need to show real signs of progress from countries, individuals, companies. Historically, our sustainability equation went like this. It was one or the other. You could not have both at the same time. We can be the first generation that does achieve both. Now the emphasis here is on “can.” None of this is inevitable. It’s not even inevitable that we’d have this opportunity in the first place. We’re only here because of the relentless work of environmentalists, activists, scientists, engineers, entrepreneurs, communicators, determined to make the world a better place. They have brought us here, and we need to take that forward. We need to do it bigger, and we need to do it much, much faster. But we do have the opportunity to be the first generation that builds a sustainable world. Let’s take it. Thank you.

「最後の世代なのか?それとも最初の持続可能な世代なのか?(Are We the Last Generation ? or the First Sustainable One?)」の和訳

かつて、子供たちに気候変動で死ぬことになると言うのは奇妙に普通になってしまった。海面上昇が彼らを襲わないとしても、山火事や世界的な飢饉、作物の失敗が待っている。致命的な熱波、昆虫の絶滅、魚のいない海もある。これらは私たち全員が人類の終焉と言われる見出しです。そのため、今日の若者が不安にさいなまれているのは驚くべきことではありません。

大規模な国際調査では、1万人以上の若者に気候変動への考えを尋ねました。半数以上が人類は絶望的だと考え、3/4が未来を恐れており、3人に1人以上が自分自身の子供を持つことに躊躇しています。今日の若者は本当に最後の世代かもしれません。実際、有名な活動家団体はこの名前を名乗っています。私はこの気持ちを理解しています。私もそこにいました。

かつて、人類は絶望的だと感じていました。環境の学位を複数持っていても、何もできないと完全に無力でした。しかし、私はデータサイエンティストです。長年にわたり、人類がどれだけ進歩しており、今どれだけ速く進んでいるかのデータを研究してきました。この視点が変わりました。私はこのフレームを間違っていると考えています。最後の世代ではなく、私たちは最初の世代になると思います。持続可能な最初の世代です。

持続可能性について考えると、私たちは最近人間が持続不可能になったと考えるかもしれません。私たちの先祖は自然と完全なバランスの中で生活しており、最近になってそれが崩れたということです。残念ながら、これは真実ではありません。持続可能な経路に戻ることを望む場合、それはありません。世界は決して持続可能ではありませんでした。これは議論の余地のある発言ですので、なぜか説明します。

持続可能性の定義について考えると、おそらく次のようなものを想像するでしょう。「将来の世代を守るために環境への影響を最小限に抑えること」。これは事実であり、この定義では、私たちの先祖の多くは持続可能でした。彼らは環境への影響が少なかった。しかし、彼らの環境への影響が少なかったのは、人口がわずかだったからです。そして、その人口が少なかったのは、子どもの半分が思春期に達する前に死んでいたからです。子どもの半分が死んでいました。

それでは、それが本当に持続可能性だと思うのでしょうか?私たちが維持し、保護したい世界はそうなのでしょうか?それは希望すべきではありません。人間の苦しみについて心配するなら、これにもう1つの次元を追加する必要があります。私たちは今日もみんなに

良い生活を提供する必要があります。これにより、私たちの定義は2つの半分になります。どちらかの半分で失敗すれば、持続不可能になります。

これは私たちの先祖が決して持続不可能だったというところに適用されます。彼らは方程式の最初の半分を実現しませんでした。過去数世紀にわたり、世界は最初の半分で驚くべき進歩を遂げてきました。私たちが世界のデータで示してきたように、幼児死亡率は現在4%にまで低下しています。極度の貧困は以前はデフォルトであり、今では10人に1人未満がそこに住んでいます。識字率と教育は以前は稀でしたが、今では世界中のほとんどの子どもが学校に行く機会を得ています。

しかし、今日の世界はまだ許容できません。毎年何百万人もの子どもが死に、何億人もが2ドル未満の収入で生活しているのは許容できません。しかし、人間の幸福の指標のほとんどを選んでみても、世界はずっと良い場所になってきました。しかし、その進歩は環境に代償を払っています。エネルギーに木材や化石燃料を燃やし、森林の代わりに農地を拡大し、私たちは毎年何十億匹もの動物を殺しています。これらが私たちを絶望的に感じさせる傾向です。これらの線が上昇しているのを見て、それが止まることはないと想定します。

しかし、より新しいデータは少し違う話をしています。わずかに希望に満ちた話、私たちは物事を変えることができると。これは1750年以来のイギリスの一人当たりCO2排出量です。過去数十年間、イギリスの排出量は半分になりました。つまり、私の炭素排出量は今日、祖父母が私の年齢の時よりも半分以下です。私がより豪華なライフスタイルを送っているにもかかわらず、または彼らが言うように、「あなたたちは今日どれほど素晴らしいかわかっていない」としています。今、イギリスが不正をしていると思うかもしれません。かつてはこの産業の中心地でしたが、今は中国、インド、バングラデシュにその製造を任せています。もしかしたら、すべての排出量を海外に移しました。これには一部の真実があります。貿易を調整すると、イギリスの排出量は高くなりますが、数十年の間にdramatic declineが見られます。オフショアリングは一部のストーリーですが、それが全体のストーリーではありません。

同時に、イギリスはGDPを増やしています。GDPが上がる一方、排出量は減少しています。これは米国、ドイツ、フランス、スペイン、ポルトガルにも当てはまります。豊富な国は排出量を減らしていますが、低所得国と中所得国は排出量を増やしています。これが世界全体で何を意味するのでしょうか?合計のCO2排出量は今や横ばい状態になりつつあり、実際、一人当たりの排出量は10年前にすでにピークに達しています。これは世界の平均的な人の排出量がピークに達し、今は減少していることを意味します。そして、私たちはすぐに総CO2排出量のピークを見るでしょう。

なぜこれが起こっているのでしょうか?大きなドライバーは技術革新です。ここでは、1700年以来のイギリスの石炭生産を示しています。イギリスは工業用石炭の発祥の地であり、そこで死んでいます。私が生まれたとき、イギリスの電力の半分以上が石炭から供給されていました。今はそれが2%未満です。他の多くの国でも同じように死につつあります。米国、ドイツ、デンマーク、スペイン、ポルトガル、ギリシャ、アイルランドでも同じです。世界の多くの国で、石炭は死につつあります。代わりに再生可能エネルギーが広がっており、コストが急速に低下しています。太陽光のコストは1970年から99.8%、過去10年間だけで90%減少しました。価格傾向が頭

打ちになっているように見えて心配な場合は、心配しないでください。拡大すると、太陽光の価格はまだ下がり続けています。風にも同じことが言えます。

10年前に戻ると、太陽光と風は最も高価なエネルギー技術の1つでした。それが世界が進歩しなかった理由であり、国がそれらを展開していなかった理由でした。それらはあまりにも高価でした。しかし、たった10年後、その台本は反転しました。世界の多くの国では、太陽光と風は今や最も安いものです。再生可能エネルギーを持つためには、エネルギー貯蔵が必要です。しかし、そこでも良いニュースがあります。バッテリーの価格は1990年以来98%下がりました。今日のテスラで見つけることができるバッテリーを持って、1990年に戻ると、それは100万ドルかかったでしょう。今ではたったの1万2000ドルです。これはエネルギー貯蔵の世界を完全に変え、交通の世界も完全に変えました。ガソリン車とディーゼル車の世界の販売はすでにピークに達しています-2017年にピークに達し、今では減少しています。代わりに、電気自動車が台頭しており、わずか数年の間に販売が急増しています。

エネルギーや交通から食事に至るまで、世界中の森林伐採が過去最高水準に達していると思うかもしれません。しかし、実際には、世界の森林伐採は数十年前にピークに達し、今は減少しています。しかし、実際には、それ以上です。多くの国が古い森林を再生しており、その結果、総減少量はさらに印象的です。なぜこれが起こっているのでしょうか?大きなドライバーは作物の収量の増加です。私たちの農業史のすべての期間で、作物の収量は低く、停滞していました。農民は基本的にそれらを増やす機会がありませんでした。過去100年間、多くの国や多くの異なる作物タイプで、作物の収量が急増しました。ここでは、米国のトウモロコシの収量であるコーンについて見てみましょう。ここで、トウモロコシの収量は2トンから12トンに6倍になりました。

私の主なポイントは、過去において、人間の進歩が環境の犠牲にならなければならなかったということです。エネルギーを得るためには、木材を燃やすか、化石燃料を燃やす必要がありました。より多くの食料を生産したい場合は、森林の代わりに農地を拡大する必要がありました。しかし、技術と革新により、これらの影響を非常に速く切り離しており、この衝突がもはや真実ではなくなっています。では、私たちが持つことのできる世界について考えてみましょう。私たちは方程式の最初の半分を達成する必要があります。世界的な貧困を終わらせる必要があります。ここで、私が話しているのは、2ドル未満の貧困線を超えることではありません。それだけでは十分ではありません。みんなに良い、快適な人生を提供する必要があります。誰もが予防可能な原因で死ぬことはないはずです。すべての子どもが学校に行って教育を受ける機会を得るべきです。同時に、私たちはCO2排出量をピークにし、減らす必要があります。化石燃料から離れ、森林伐採を終わらせ、同時に80億、90億、100億人を養う必要があります。

それをどのようにするのでしょうか?最初に、低炭素技術をデフォルトにする必要があります。これをするには2つの方法があります。最初は、それらが手頃な価格であることを確認することです。太陽光と風はすでに石炭よりも安いです、電気自動車はすぐにガソリンよりも安くなります、そして、代替タンパク質は肉よりも安くなる必要があります。これらの技術が優れていることを確認することで

、これらの技術をデフォルトにすることができます。環境製品はしばしばこの幸せなギミックとして宣伝されていますが、メインストリームになる必要があります。そのためには、高炭素の代替品よりも優れている必要があります。最近、兄が電気自動車を購入しました。彼は環境について本当に心配しているわけではありません。彼は次のグレタ・トゥンベリになりたくないのです。そして、間違いなく私のようになりたくはありません。彼はデザインと運転の経験がガソリンの代替品よりもはるかに優れているために電気自動車を購入しました。これが低炭素技術をデフォルトにする方法です。

持続可能性について話す方法を再構築する必要があります。環境メッセージングはしばしば犠牲に基づいて構築されています。それは私たちの生活を裸の最小限に減らすことについてです。しかし、これは誰もをインスパイアするビジョンではありません。これは私たちが築きたい将来ではありません。持続可能性を機会として再構築する必要があります。なぜなら、それは機会だからです。それは清潔で豊かなエネルギーをすべての人に提供する機会です。それが都市や国を動かすことであったり、田舎のコミュニティを初めて接続することであったりします。それは化石燃料市場の気まぐれに左右されないことです。また、隣国を侵略した時に何百万人もの人々が燃料貧困に陥ることです。それは清潔な空気を吸うことです。ここでは、米国の有害な大気汚染の減少を示しています。人々が死なないことは犠牲ではありません。

最後に、私たちが生活し、都市やコミュニティを設計する方法を再考する必要があります。ここでは、道路に自転車が並ぶコペンハーゲンや、バイクラックが重なり合うアムステルダムを見ることができます。

私が言っているのは、都市がどのように見えるべきかということではありません。私たちはそれらを任意の方法で設計することができます。私が言いたいのは、持続可能性が私たちが物事をする方法を再考するための棚を与えてくれるということです。最後に、私たちはデータの使い方を再考する必要があります。データサイエンティストとして、私はこれを非常に真剣に受け止めています。環境保護活動家はこれらの問題に世界を目を覚まさせるという驚くべき仕事をしてきました。上昇するCO2と上昇する温度のチャートはまったく必要不可欠でした。それらは私が今日ステージに立っている理由ですし、最初にこれに関与した理由でもあり

ます。しかし、これが十分ではありません。私たちは成功するためには、私たちが変更する方法、私たちが向かう方向、そしてそこに到達する方法について知る必要があります。私たちはデータの解釈方法を変える必要があります。私たちは成功を測定する方法を変える必要があります。私たちは自分たちが何を達成し、何を達成しているのかを知る必要があります。そして、私たちは自分たちがどのように達成できるかを知る必要があります。

だからこそ、私たちが今日やることはたくさんあります。私たちは失望と恐れの周りに切り取られた道を見ることができます。または、前進することもできます。これは難しいことです。これは怖いことです。しかし、これは私たちのような人々が成し遂げることができる最高のことです。これは新しい、エキサイティングな、熱狂的な未来への旅です。そして、私たちはそれに向かって進んでいます。そして、私たちが次の世代に与える最良のプレゼントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました