アフガニスタンの戦場でPTSDと戦う軍人の心の物語

芸術・アート

Trauma silences its victims, says creative arts therapist Melissa Walker, but art can help those suffering from the psychological wounds of war begin to open up and heal. In this inspiring talk, Walker describes how mask-making, in particular, allows afflicted servicemen and women reveal what haunts them — and, finally, start to let it go.

クリエイティブアートセラピストのメリッサ・ウォーカーは、トラウマは犠牲者を沈黙させるが、アートは戦争による心の傷に苦しんでいる人々が心を開き、癒し始めるのを助けることができると語ります。

この感動的な講演の中で、ウォーカーは、特にマスクを作ることで、苦しんでいる軍人や女性がどのようにして自分たちを悩ませているのかを明らかにし、最終的にはそれを手放し始めることができるかについて説明しています。

タイトル
Art can heal PTSD’s invisible wounds
アートはPTSDの目に見えない傷を癒すことができる
スピーカー メリッサ・ウォーカー
アップロード 2016/11/03

「アートはPTSDの目に見えない傷を癒すことができる(Art can heal PTSD’s invisible wounds)」の文字起こし

You are a high-ranking military service member deployed to Afghanistan. You are responsible for the lives of hundreds of men and women, and your base is under attack. Incoming mortar rounds are exploding all around you. Struggling to see through the dust and the smoke, you do your best to assist the wounded and then crawl to a nearby bunker. Conscious but dazed by the blasts, you lay on your side and attempt to process what has just happened. As you regain your vision, you see a bloody face staring back at you. The image is terrifying, but you quickly come to understand it’s not real. This vision continues to visit you multiple times a day and in your sleep. You choose not to tell anyone for fear of losing your job or being seen as weak. You give the vision a name, Bloody Face in Bunker, and call it BFIB for short. You keep BFIB locked away in your mind, secretly haunting you, for the next seven years.

Now close your eyes. Can you see BFIB? If you can, you’re beginning to see the face of the invisible wounds of war, commonly known as post-traumatic stress disorder and traumatic brain injury.

While I can’t say I have post-traumatic stress disorder, I’ve never been a stranger to it. When I was a little girl, I would visit my grandparents every summer. It was my grandfather who introduced me to the effects of combat on the psyche. While my grandfather was serving as a Marine in the Korean War, a bullet pierced his neck and rendered him unable to cry out. He watched as a corpsman passed him over, declaring him a goner, and then leaving him to die. Years later, after his physical wounds had healed and he’d returned home, he rarely spoke of his experiences in waking life. But at night I would hear him shouting obscenities from his room down the hall. And during the day I would announce myself as I entered the room, careful not to startle or agitate him. He lived out the remainder of his days isolated and tight-lipped, never finding a way to express himself, and I didn’t yet have the tools to guide him. I wouldn’t have a name for my grandfather’s condition until I was in my 20s. Seeking a graduate degree in art therapy, I naturally gravitated towards the study of trauma. And while sitting in class learning about post-traumatic stress disorder, or PTSD for short, my mission to help service members who suffered like my grandfather began to take form.

We’ve had various names for post-traumatic stress throughout the history of war: homesickness, soldier’s heart, shell shock, thousand-yard stare, for instance. And while I was pursuing my degree, a new war was raging, and thanks to modern body armor and military vehicles, service members were surviving blast injuries they wouldn’t have before. But the invisible wounds were reaching new levels, and this pushed military doctors and researchers to try and truly understand the effects that traumatic brain injury, or TBI, and PTSD have on the brain. Due to advances in technology and neuroimaging, we now know there’s an actual shutdown in the Broca’s, or the speech-language area of the brain, after an individual experiences trauma. This physiological change, or speechless terror as it’s often called, coupled with mental health stigma, the fear of being judged or misunderstood, possibly even removed from their current duties, has led to the invisible struggles of our servicemen and women. Generation after generation of veterans have chosen not to talk about their experiences, and suffer in solitude.

I had my work cut out for me when I got my first job as an art therapist at the nation’s largest military medical center, Walter Reed. After working for a few years on a locked-in patient psychiatric unit, I eventually transferred to the National Intrepid Center of Excellence, NICoE, which leads TBI care for active duty service members.

Now, I believed in art therapy, but I was going to have to convince service members, big, tough, strong, manly military men, and some women too, to give art-making as a psychotherapeutic intervention a try. The results have been nothing short of spectacular. Vivid, symbolic artwork is being created by our servicemen and women, and every work of art tells a story. We’ve observed that the process of art therapy bypasses the speech-language issue with the brain. Art-making accesses the same sensory areas of the brain that encode trauma. Service members can use the art-making to work through their experiences in a nonthreatening way. They can then apply words to their physical creations, reintegrating the left and the right hemispheres of the brain.

Now, we’ve seen this can work with all forms of art — drawing, painting, collage — but what seems to have the most impact is mask-making. Finally, these invisible wounds don’t just have a name, they have a face. And when service members create these masks, it allows them to come to grips, literally, with their trauma. And it’s amazing how often that enables them to break through the trauma and start to heal.

Remember BFIB? That was a real experience for one of my patients, and when he created his mask, he was able to let go of that haunting image. Initially, it was a daunting process for the service member, but eventually he began to think of BFIB as the mask, not his internal wound, and he would go to leave each session, he would hand me the mask, and say, “Melissa, take care of him.” Eventually, we placed BFIB in a box to further contain him, and when the service member went to leave the NICoE, he chose to leave BFIB behind. A year later, he had only seen BFIB twice, and both times BFIB was smiling and the service member didn’t feel anxious. Now, whenever that service member is haunted by some traumatic memory, he continues to paint. Every time he paints these disturbing images, he sees them less or not at all.

Philosophers have told us for thousands of years that the power to create is very closely linked to the power to destroy. Now science is showing us that the part of the brain that registers a traumatic wound can be the part of the brain where healing happens too. And art therapy is showing us how to make that connection. We asked one of our service members to describe how mask-making impacted his treatment, and this is what he had to say.

Service Member: You sort of just zone out into the mask. You zone out into the drawing, and for me, it just released the block, so I was able to do it. And then when I looked at it after two days, I was like, “Holy crap, here’s the picture, here’s the key, here’s the puzzle,” and then from there it just soared. I mean, from there my treatment just when out of sight, because they were like, Kurt, explain this, explain this. And for the first time in 23 years, I could actually talk about stuff openly to, like, anybody. I could talk to you about it right now if I wanted to, because it unlocked it. It’s just amazing. And it allowed me to put 23 years of PTSD and TBI stuff together in one place that has never happened before. Sorry.

Melissa Walker: Over the past five years, we’ve had over 1,000 masks made. It’s pretty amazing, isn’t it? Thank you.
I wish I could have shared this process with my grandfather, but I know that he would be thrilled that we are finding ways to help today’s and tomorrow’s service members heal, and finding the resources within them that they can call upon to heal themselves. Thank you.

「アートはPTSDの目に見えない傷を癒すことができる(Art can heal PTSD’s invisible wounds)」の和訳

あなたはアフガニスタンに派遣された高位の軍の要員です。数百人の男女の命を預かり、基地が攻撃されています。周りに着弾する迫撃砲の爆発音が聞こえます。塵や煙の中で視界が悪くなりながら、負傷者を手助けし、近くのビunkerに這いつくばります。爆発の衝撃で意識はあるものの、混乱しており、側に横たわって何が起こったのかを理解しようとします。視界を取り戻すと、血まみれの顔が自分を見つめ返しています。その光景は恐ろしいですが、すぐにそれが現実ではないことを理解します。この幻覚は一日に何度も、そして眠っている間にも訪れます。あなたは弱さと見なされることを恐れて、誰にも話さないことを選択します。その幻覚に名前を付け、Bunkerの中のBloody Faceと呼び、BFIBと略します。あなたは7年間、BFIBを心の中に閉じ込め、ひそかにあなたを苦しめ続けました。

さて、目を閉じてください。BFIBを見ることができますか?もしそうであれば、あなたは戦争の目に見えない傷、一般的には心的外傷後ストレス障害と外傷性脳損傷として知られるものを見始めています。

PTSDを持っているとは言えませんが、それには馴染みがあります。私が幼い頃、毎年夏に祖父母を訪れていました。精神への戦闘の影響を祖父が私に紹介しました。祖父は朝鮮戦争で海兵隊員として勤務していた時、首に弾丸が命中し、叫ぶことができなくなりました。彼は自分を見過ごし、死んだと宣言され、その後放置されて死にました。数年後、彼の身体的な傷が癒え、彼が帰国した後、彼は目覚めた生活で彼の経験について滅多に話しませんでした。しかし、夜になると、私は廊下の向こうから彼が卑猥な言葉を叫ぶのを聞くことがありました。そして昼間は、彼を驚かせたり刺激したりしないように注意しながら、部屋に入るときに自分を発表しました。彼は孤立し、口がきけず、残りの日々を過ごし、自己表現の方法を見つけることはありませんでした。私にはまだ彼を導くための道具がありませんでした。祖父の状態に名前を付けることは私が20代になるまでありませんでした。アートセラピーの修士号を求めていた私は、自然とトラウマの研究に関心を持ちました。そして、PTSDについて学んでいるクラスで座っているとき、私の使命は祖父のような被害者を助けることに形を取り始めました。

戦争の歴史を通じてPTSDについてさまざまな名前がありました。ホームシックネス、兵士の心臓、シェルショック、千ヤードの視線などです。私が学位を取得している間、新たな戦争が続いており、現代のボディアーマーや軍用車両のおかげで、かつてないほどの爆発傷害を生き延びていました。しかし、目に見えない傷が新たなレベルに達し、これにより軍の医師や研究者は、外傷性脳損傷(TBI)やPTSDが脳に与える影響を本当に理解しようとしました。技術と脳の画像診断の進歩により、外傷を経験した個人の後、脳の言語領域であるブロカ領域の実際のシャットダウンがあることがわかりました。この生理学的変化、またはしばしば「無言の恐怖」と呼ばれるものは、精神的健康へのスティグマ、審判されたり誤解されたりすることへの恐怖、現在の職務から取り除かれる可能性さえもあり、軍人や女性の目に見えない苦闘につながっています。世代を超えたベテランたちは、経験について話すことを選ばず、孤独に苦しんでいます。

最初の仕事は、国内最大の軍事医療センターであるウォルター・リードでアートセラピストとして働くことでした。数年間、閉じ込められた患者用の精神科ユニットで働いた後、最終的にはTBIケアをリードするNational Intrepid Center of Excellence(NICoE)に転属しました。

私はアートセラピーを信じていましたが、大きく、強く、男らしい軍の男性、そして女性の一部にも、アート制作を心理療法的介入として試してみるよう説得する必要がありました。その結果は驚くべきものでした。私たちの軍人たちが鮮やかで象徴的な作品を作り出し、すべての芸術作品が物語を語っています。アートセラピーのプロセスが脳の言語問題を迂回することを観察しました。アート制作は、トラウマをエンコードする脳の同じ感覚領域にアクセスします。軍人たちは、アート制作を使用して、脅威にならない方法で自分の経験を処理することができます。それから、彼らは自分の物理的な創造物に言葉を適用し、脳の左右の半球を再統合することができます。

これはすべての形式のアートで機能することがわかっています。描画、絵画、コラージュですが、最も影響を与えるのはマスク作りです。ついに、これらの見えない傷には名前だけでなく、顔もあります。そして、軍人たちがこれらのマスクを作成すると、彼らは自分のトラウマと直接向き合うことができます。驚くべきことに、それが彼らがトラウマを乗り越え、癒しを始めることを可能にすることがよくあります。

BFIBを覚えていますか? それは私の患者の一人にとって本当の経験であり、彼が自分のマスクを作成したとき、彼はその恐ろしいイメージを手放すことができました。最初は、その軍人にとって大変なプロセスでしたが、最終的にはBFIBを内傷ではなく、マスクとして考えるようになりました。セッションを終えるたびに、彼は私にマスクを手渡し、「メリッサ、彼を大事にしてね」と言いました。最終的に、私たちはBFIBをさらに収容するために箱に入れました。NICoEを離れる際、その軍人はBFIBを残すことを選択しました。1年後、彼はBFIBを2回しか見ておらず、その2回ともBFIBは微笑んでおり、軍人は不安を感じませんでした。今、その軍人が何らかのトラウマ的な記憶に苦しんでいるとき、彼は絵を描き続けます。彼がこれらの不快なイメージを描くたびに、それらを見る回数が少なくなるか、まったく見なくなります。

何千年もの間、哲学者たちは、創造の力は破壊の力と密接に関連していると言ってきました。今、科学は、トラウマの傷が登録される脳の部分が癒しの場所になることを示しています。そして、アートセラピーは、その接続を作る方法を示しています。私たちは、マスク作りが彼の治療にどのように影響を与えたかを説明するように私たちの軍人の一人に尋ね、彼が次のように述べました。

軍人: 「マスクの中に自分をひたすら浸していくんです。描くことに没頭して、それによってブロックが解除されました。そして、2日後にそれを見たとき、『まさか、ここに写真があるなんて、ここに鍵があるなんて、ここにパズルがあるなんて』と思いました。そこから、私の治療は急速に進みました。なぜなら、彼らが、クルト、これを説明してくれ、これを説明してくれと言ったからです。そして、23年ぶりに、私は実際に誰にでも率直に話すことができました。今なら、あなたにも話せるでしょう。なぜなら、それが解放されたからです。それは本当に素晴らしいことです。そして、これによって、23年間のPTSDとTBIの問題を一つの場所にまとめることができました。ごめんなさい。」

メリッサ・ウォーカー: 「過去5年間で、1,000以上のマスクが作られました。それは本当に素晴らしいことですね。ありがとうございます。
私は祖父とこのプロセスを共有できなかったことを残念に思いますが、彼は今日と明日の軍人たちが癒しの方法を見つけ、彼ら自身を癒すためのリソースを見つけていることを喜んでいるでしょう。ありがとうございます。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました