サポートシステムの重要性!助け合うことで広がる可能性

自己啓発

We all go through challenges — some you can see, most you can’t, says Michele L. Sullivan. In a talk about perspective, Sullivan shares stories full of wit and wisdom and reminds us that we’re all part of each other’s support systems. “The only shoes you can walk in are your own,” she says. “With compassion, courage and understanding, we can walk together, side by side.”

私たちは皆、困難を経験します。目に見えるものもあれば、目に見えないものもほとんどだとミシェル・L・サリバンは言います。

視点についてのトークで、サリバンはウィットと知恵に満ちた話を共有し、私たち全員がお互いのサポート システムの一部であることを思い出させてくれます。 「履いて歩ける靴は自分のものだけです」と彼女は言います。 「思いやりと勇気と理解があれば、私たちは並んで一緒に歩くことができます。」

タイトル
Asking for help is a strength, not a weakness
助けを求めることは弱さではなく強さです
スピーカー ミシェル・L・サリバン
アップロード 2017/04/13

「助けを求めることは弱さではなく強さです(Asking for help is a strength, not a weakness)」の文字起こし

We all have milestones in life that we remember so vividly. The first one for me was when I was entering kindergarten. My big brother was in school, and by golly, it was my time. And I went trottin’ down that hallway. I was so excited, I almost wet myself.

And I go to the door, and there was the teacher with a warm welcome, and she took me into the classroom, showed me my little cubbyhole — we all remember those little cubbyholes, don’t we — and we put our stuff in there. And then she said, “Go over to the circle and play with the kids until class starts.”

So I went over there and plopped down like I owned the place, and I’m playing, and all of a sudden, the boy next to me, he was wearing a white shirt with blue shorts. I remember it like it was yesterday. Suddenly he stopped playing and he said, “Why are you so short?” And I just kept playing. I didn’t think he was talking to me.

And in a louder voice, he said, “Hey, why are you so short?” So I looked up and I said, “What are you talking about? Let’s just play. We’re happy. I’ve been waiting for this.” And so we played, and about a minute later, the girl next to him, in a white shirt and a pink skirt, stood up, put her hands on her hips, and said, “Yeah, why do you look so different?” And I went, “What are you talking about? I don’t look different. I’m not short. Again, let’s just play.”

About this time, I looked all around the circle I was in, and all the kids had stopped playing and they were all looking at me. And I’m thinking — in today’s language, it would be “OMG” or “WTF.”What just happened? So all the confidence that I went in with that morning was withering away as the morning went on and the questions kept coming. And at the end of the morning, before I went home, the teacher had us in a circle, and I actually found myself outside of the circle. I couldn’t look at anybody. I could not understand what just happened.

And over the next few years, I hated to go out in public. I felt every stare, every giggle, every pointed finger, not the finger, but every pointed finger, and I hated it. I would hide behind my parents’ legs like nobody could see me. And as a child, you can’t understand another child’s curiosity, nor an adult’s ignorance. It became very apparent to me that the real world was not built for someone of my size, both literally or figuratively.

And so I have no anonymity, as you can probably tell, and while you can see my size, we all go through many challenges through our lifetime. And some you can see, like mine. Most you can’t. You can’t tell if someone’s dealing with a mental illness, or they’re struggling with their gender identity, they’re caring for an aging parent, they’re having financial difficulty. You can’t see that kind of stuff.

So while you can see one of my challenges is my size, seeing does not mean you understand what it’s truly to be me on a daily basis, or what I go through. And so I’m here to debunk a myth. I do not believe you can walk in someone else’s shoes, and because of that, we must adopt a new way of giving of ourselves. Simply stated, I will never know what it’s like to be you and you will never know what it’s like to be me. I cannot face your fears or chase your dreams, and you can’t do that for me, but we can be supportive of each other.

Instead of trying to walk in each other’s shoes, we must adopt a new way of giving of ourselves. I learned at an early age that I did have to do some things different than most people, but I also learned there were things I was on equal footing with, and one of those was the classroom. Heh, heh, heh. I was equal. As a matter of fact, I excelled in the classroom. This was vitally important, I discovered as I grew older and realized I wasn’t going to be able to do a physical job. I needed an education.

So I went on and got a university degree, but I felt to be one step ahead of everyone for employment, I needed to have an advanced university degree, so I went ahead and got that. Now I’m ready for my interview. Remember your first interview? What am I going to wear? What questions? And don’t forget that firm handshake. I was right there with you.

So 24 hours before my interview, a friend of mine who I’ve known all my life called and said, “Michele, the building you’re going in has steps.” And she knew I couldn’t climb steps. So suddenly, my focus changed.

In my shoes, I was worried about how am I going to get there? So I went early and found a loading dock and got in and had a great interview. They had no idea what I went through for the day and that’s OK. You’re probably thinking my greatest challenge that day was the interview, or getting in the building. In reality, my biggest challenge that day was getting through the loading dock without getting run over.

I am very vulnerable in certain situations: airports, hallways, parking lots, loading docks. And so I have to be very careful. I have to anticipate and be flexible and move as quickly as I can sometimes.

So I got the job, and in my current role I travel quite a bit. And travel is a challenge for all of us these days. And so you probably get to the airport, run through security, get to the gate. Did I get my aisle seat or my window seat? Did I get my upgrade? Me, first of all, I don’t run through anything.And I especially don’t run through the TSA because I get to experience the personal patdown. I won’t comment on that.

And then I make my way to the gate, and with my gift of gab that my parents said I was born with, I talk to the gate agent, and then I say, “By the way, my scooter weighs this much, I have a dry cell battery, and I can drive it down to the door of the plane.” Also, the day before, I had called the city where I’m traveling to find out where I could rent a scooter in case mine gets broken on the way.

So in my shoes, it’s a little bit different. When I get onto the plane, I use my gift of gab to ask the lady to put my bag up, and they graciously do. I try not to eat or drink on a plane because I don’t want to have to get up and walk on the plane, but nature has its own schedule, and not long ago, it knocked and I answered.

So I walked up to the front of the plane and gabbed with the flight attendant, and said, “Can you watch the door? I can’t reach the lock.” So I’m in there doing my business, and the door flies open. And there’s a gentleman there with a look of horror on his face. I’m sure I had the same look.

As I came out, I noticed that he was sitting right across from me, and he’s in total, complete embarrassment. So I walk up to him and I quietly go, “Are you going to remember this as much as I am?”And he goes, “I think so.”Now, while he’s probably not talking about it publicly, I am.But we talked for the rest of the flight, and we got to know each other, our families, sports, work, and when we landed, he said, “Michele, I noticed someone put your bag up. Can I get that for you?” And I said, “Of course, thank you.” And we wished each other well, and the most important thing that day was that he was not going to leave with that embarrassment, that experience of embarrassment. He won’t forget it, and neither will I, but I think he will remember more our chat and our different perspectives.

When you travel internationally, it can be even more challenging in certain ways. A few years ago, I was in Zanzibar, and I come wheeling in, and think about that. Short, white, blond woman in a chair. That doesn’t probably happen every day. So I go up, and with my gift of gab, I start to talk to the agent. So friendly, and I ask about their culture and so forth, and I notice there wasn’t a jet bridge. So I had to kind of say, “Not only do you have to lift my chair, I could use some help getting up the steps.” So we got to spend about an hour together while we waited for the flight, and it was the most magnificent hour. Our perspective changed for both of us that day. And once I got on the flight, he patted me on the back and wished me well, and I thanked him so much. And again, I think he’s going to remember that experience more than when I first came in, and there was a bit of hesitation.

And as you notice, I get a lot of help. I would not be where I am today if it was not for my family, my friends, my colleagues and the many strangers that help me every single day of my life. And it’s important that we all have a support system. Asking for help is a strength, not a weakness. We all need help throughout our lifetime, but it is just as important that we are part of other people’s support systems. We must adopt that way of giving back. We all obviously have a role to play in our own successes, but think about the role we have to play in other people’s successes, just like people do for me every single day.

It’s vitally important that we help each other, because society is increasingly placing people in silos based on biases and ideologies. And we must look past the surface and be confronted with the truth that none of us are what you can see. There’s more to us than that, and we’re all dealing with things that you cannot see.

So living a life free of judgment allows all of us to share those experiences together and have a totally different perspective, just like the couple of people I mentioned earlier in my stories. So remember, the only shoes you truly can walk in are your own. I cannot walk in yours. I know you can’t walk in my size 1s –but you can try. But we can do something better than that. With compassion, courage and understanding, we can walk side by side and support one another, and think about how society can change if we all do that instead of judging on only what you can see. Thank you. Thank you.

「助けを求めることは弱さではなく強さです(Asking for help is a strength, not a weakness)」の和訳

人生には鮮明に覚えている節目があります。私にとって最初の節目は、幼稚園に入学した時でした。お兄ちゃんは学校に行っていて、なんということでしょう、私の番がやってきたんです。そして、私はその廊下をトロットで歩いて行きました。とても興奮していて、もうすぐお漏らししそうでした。

そして私はドアのところに行って、先生が暖かく迎えてくれました。そして、先生は私を教室に連れて行って、私の小さな個人スペースを見せてくれました。私たち全員が覚えているあの小さな個人スペース、覚えていますよね。そこに私たちの荷物を入れました。そして彼女は、「クラスが始まるまで、子どもたちと一緒にサークルに行って遊んできてね」と言いました。

だから私はそこに行って、自分がその場所の持ち主かのようにぺたんこに座り込んで、遊んでいました。突然、隣にいた男の子が遊ぶのを止めて、「なんで君ってそんなに小さいの?」って言いました。私は彼が私に話しかけているとは思わず、ただ遊び続けました。(笑い)

そして、より大きな声で、彼は「おい、なんでそんなに小さいの?」と言いました。だから私は顔を上げて、「何を言ってるの?さあ、遊ぼうよ。私たちは楽しいんだから。私、これを待っていましたから」と言いました。そして私たちは遊び続けました。その後、彼の隣にいた女の子、白いシャツにピンクのスカートを着ていた女の子が立ち上がり、腰に手を当てて、「そう、なんであなたってこんなに違うの?」と言いました。私は「何を言ってるの?私は違わないし、小さくもない。もう一度言いますけど、さあ、遊びましょうよ」と言いました。

その頃、私がいたサークルを見渡すと、子どもたち全員が遊ぶのをやめて、私を見つめていました。そして私は考えました―今日の言葉で言えば「OMG」や「WTF」。何が起こったの?だからその朝持っていた自信は、朝が経つにつれて消えていき、質問が次々と飛び出す中、衰えていきました。そしてその朝の終わりに、家に帰る前に、先生は私たちをサークルにして、私自身がサークルの外にいるのを発見しました。誰も見ることができなかったみたいに私は誰も見ることができなかった。何が起こったのか理解できませんでした。

そしてその後の数年間、私は公の場に出るのが嫌いでした。私はすべての視線、すべての笑い声、すべての指さしを感じ、嫌いでした。私は自分が見えないと思い、両親の脚の後ろに隠れました。子どもの頃、他の子供の好奇心や大人の無知を理解することはできません。私にとって、現実世界は私のようなサイズの人のために作られていないことが非常に明白になりました、文字通りでも比喩的にでも。

だから私は匿名性がありません。そして、おそらくお分かりの通り、あなたは私のサイズを見ることができますが、私たちは人生の中でさまざまな課題を経験します。私のように見えるものもありますが、ほとんどは見えません。誰かが精神疾患に苦しんでいるか、性同一性に苦しんでいるか、高齢の両親の世話をしているか、経済的な困難に直面しているかはわかりません。そのようなことは見えません。

私のような課題が見えるとしても、それを見ても、私が日々どのような存在であり、何を経験しているかを本当に理解することはできません。だからこそ、私は一つの神話を打ち破るためにここにいます。私は他人の靴を履いて歩くことはできないと信じています。そのため、私たちは新しい自己犠牲の仕方を取り入れなければなりません。簡単に言えば、私があなたのようになることはあり得ませんし、あなたも私のようになることはありません。私はあなたの恐れに立ち向かったり、あなたの夢を追いかけたりすることはできませんし、あなたも私のためにそれをすることはできません。しかし、私たちはお互いを支えることができます。

お互いの靴を履いてみようとするのではなく、私たちは新しい自己犠牲の仕方を取り入れなければなりません。私は幼い頃に、他の人とは異なることをしなければならないと学びましたが、同じ土俵で戦えることもあることを学びました。そのうちの一つが教室でした。へへへ、私は平等だった。実際、私は教室で優れていました。これは非常に重要でした。年を重ねるにつれて、肉体的な仕事ができなくなることに気づきました。私は教育が必要でした。

そこで、大学の学位を取得しましたが、就職で他の人より一歩先を行く必要があると感じ、さらに高度な大学の学位を取得する必要があると思い、それを取得しました。今、私は面接の準備ができています。初めての面接を覚えていますか?何を着て行こう?どんな質問があるか?そして、力強い握手を忘れないでください。私もそこにいました。

面接の24時間前、私の一生を通じて知っている友人が電話をかけてきて、「ミシェル、あなたが入る建物には階段があるよ」と言った。彼女は私が階段を登ることができないことを知っていた。突然、私の焦点が変わりました。

私の立場では、どうやってそこに行くかが心配でした。だから私は早めに行って、荷積みドックを見つけて中に入り、素晴らしい面接をしました。彼らはその日私が何を経験したか全く知りませんでしたが、それは大丈夫です。おそらくあなたは、その日の私の最大の課題は面接だったのか、建物に入ることだったのかと思っています。しかし実際には、その日の私の最大の課題は荷積みドックを通ることで、轢かれずに済むようにすることでした。

私は特定の状況で非常に脆弱です:空港、廊下、駐車場、荷積みドック。だからとても注意深くなければなりません。時には予測し、柔軟性を持ち、できるだけ素早く動かなければなりません。

それで私は仕事を得ました。そして私の現在の役割ではかなりの頻度で旅行をします。今日では旅行は誰にとっても挑戦です。だからおそらくあなたは空港に着いて、セキュリティを通過し、ゲートに着いたでしょう。通路席を手に入れたか、窓際席を手に入れたか、アップグレードを手に入れたか。私はまず、何もかも走り抜けません。特にTSAを通過することはありません。私はパーソナルパットダウンを経験することになります。それについてはコメントしません。

そして、私はゲートに向かい、私の両親が私が生まれつき持っていると言ったおしゃべりの才能を活かして、ゲート係と話をします。そして、「ところで、私のスクーターの重さはこれくらいで、乾電池を使っています。そして、飛行機のドアまで運転できます」と言います。また、前日には、スクーターが壊れた場合に備えてどこでスクーターをレンタルできるかを調べるために、旅行先の都市に電話をかけました。

だから私の立場では、少し違います。飛行機に乗るとき、私はおしゃべりの才能を使って、女性に私の荷物を上に置いてもらうように頼みます。そして、彼らは親切にもそれをしてくれます。飛行機で食べたり飲んだりするのは避けたいので、飛行機内で歩くことがないようにしています。しかし、自然は自分自身のスケジュールがあります。そして、つい最近、私に対してそれがやってきました。

だから私は機長室の前まで歩いて行き、客室乗務員と話しました。「ドアを見ていてくれますか?ロックに手が届かないんです」と言いました。そして私は自分の用を済ませていると、ドアが開いてしまいました。そこには、恐怖の表情をした紳士がいました。私も同じ表情をしていたと思います。

私が出てくると、彼がちょうど私の向かいに座っていることに気づき、彼は完全に困惑していました。だから私は彼のところに歩いて行き、静かに言いました。「私と同じくらい覚えていますか?」と。彼は「そうだと思います」と答えました。彼はおそらく公に話すことはないでしょうが、私はします。しかし、私たちはフライトの残りの時間を話し合い、お互いの家族やスポーツ、仕事について話しました。そして、着陸したとき、彼は「ミシェル、誰かがあなたのバッグを上に置いてくれましたね。それ、取りましょうか?」と言いました。私は「もちろん、ありがとうございます」と答えました。そして、お互いに幸せを祈り合い、その日最も重要なことは、彼がその恥ずかしさ、その経験の恥ずかしさで去ることはなかったということです。彼はそれを忘れないでしょうし、私もそうですが、彼は私たちの会話と私たちの異なる視点をもっと覚えていると思います。

海外旅行をすると、ある面でさらに挑戦的になることがあります。数年前、私はザンジバルにいました。そして、車椅子で入ってくると考えてみてください。背の低い、白人の、金髪の女性です。それはおそらく毎日ではないでしょう。だから私は行って、私のおしゃべりの才能を活かして、エージェントと話し始めました。とてもフレンドリーで、彼らの文化について聞いたりしましたが、ジェットブリッジがないことに気づきました。だから、「私の椅子を持ち上げるだけでなく、階段を上がるのにも手助けが必要です」と伝えなければなりませんでした。だから私たちはフライトを待つ間、約1時間一緒に過ごしました。それは素晴らしい時間でした。その日、私たち両方の視点が変わりました。そして、飛行機に乗った後、彼は私の背中を軽く叩いて幸運を祈り、私もとても感謝しました。そして、再び、彼は最初に私が来たときよりもその経験を覚えていると思います。

そして、気づいたとおり、私はたくさんの助けを受けています。私が今日ここにいるのは、家族や友人、同僚、そして毎日の生活で私を助けてくれる多くの見知らぬ人のおかげです。私たちは皆、支えのシステムが必要です。助けを求めることは強さであり、弱さではありません。私たちは一生の間にみんな助けが必要ですが、他の人の支えの一部であることも同じくらい重要です。私たちは、そのようにして返すことを受け入れなければなりません。私たちは明らかに自分の成功に貢献する役割を果たす必要がありますが、私に対して他の人が毎日行ってくれるように、他の人の成功に貢献する役割についても考えてみてください。

お互いに助け合うことは非常に重要です。なぜなら、社会は偏見やイデオロギーに基づいて人々をますます隔離しようとしているからです。私たちは表面を超えて見る必要があり、私たちが見えるものだけではないことを直面しなければなりません。私たちにはそれ以上のものがあり、私たちは見えない問題に向き合っています。

だからこそ、偏見のない人生を送ることで、私たちはそれらの経験を共有し、全く異なる視点を持つことができます。ちょうど私が前述した人々が私の話の中で述べたようにです。だから覚えておいてください、あなたが本当に歩むことのできる靴は自分のものだけです。私はあなたの靴で歩むことはできません。私のサイズ1の靴を履いて歩くことはできないと分かっていますが、あなたは試すことができます。しかし、私たちはそれ以上のことができます。共感、勇気、理解を持って、私たちは肩を並べて歩み、お互いを支えることができます。そして、見えるものだけに基づいて判断するのではなく、もしそれをする代わりに、社会がどのように変わるかを考えてみてください。ありがとうございました。ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました