リードとフォローを超えて!リキッドリードダンスの魅力とは?

エンターテインメント

Tango, waltz, foxtrot … these classic ballroom dances quietly perpetuate an outdated idea: that the man always leads and the woman always follows. That’s an idea worth changing, say Trevor Copp and Jeff Fox, as they demonstrate their “Liquid Lead” dance technique along with fellow dancer Alida Esmail. Watch as Copp and Fox captivate and command the stage while boldly deconstructing and transforming the art of ballroom dance.

タンゴ、ワルツ、フォックストロット… これらのクラシックなボールルームダンスは静かに時代遅れの考えを永続させています:

男性が常にリードし、女性が常に従うという考え方です。

これを変える価値のある考え方だとトレバー・コップとジェフ・フォックスは言います。彼らは同僚ダンサーのアリダ・エスメイルとともに、彼らの「リキッドリード」ダンステクニックを実演します。コップとフォックスが舞台を魅了し、大胆にボールルームダンスの芸術を解体し、変革する様子をご覧ください。

タイトル
Ballroom dance that breaks gender roles
男女の役割を打ち破る社交ダンス
スピーカー トレバー・コップ ジェフ・フォックス
アップロード 2016/11/05

「男女の役割を打ち破る社交ダンス(Ballroom dance that breaks gender roles)」の文字起こし

Trevor Copp: When “Dancing With the Stars” first hit the airwaves, that is not what it looked like.

Jeff and I were full-time ballroom dance instructors when the big TV ballroom revival hit, and this was incredible. I mean, one day we would say “foxtrot,” and people were like “Foxes trotting.”

And the next day they were telling us the finer points of a good feather step. And this blew our minds. I mean, all of the ballroom dance geeking out that we had always done on why salsa worked differently than the competitive rumba and why tango traveled unlike the waltz, all of that just hit the public consciousness, and it changed everything.

But running parallel to this excitement, the excitement that suddenly, somehow, we were cool —

there was also this reservation. Why this and why now?

Jeff Fox: When Trevor and I would get together for training seminars or just for fun, we’d toss each other around, mix it up, take a break from having to lead all the time. We even came up with a system for switching lead and follow while we were dancing, as a way of taking turns and playing fair. It wasn’t until we used that system as part of a performance in a small festival that we got an important tap on the shoulder.

Lisa O’Connell, a dramaturge and director of a playwright center, pulled us aside after the show and said, “Do you have any idea how political that was?”

So that began an eight-year collaboration to create a play which not only further developed our system for switching but also explored the impact of being locked into a single role, and what’s worse, being defined by that single role.

TC: Because, of course, classic Latin and ballroom dancing isn’t just a system of dancing; it’s a way of thinking, of being, of relating to each other that captured a whole period’s values. There’s one thing that stayed consistent, though: the man leads and the woman follows. So street salsa, championship tango, it’s all the same — he leads, she follows.

So this was gender training. You weren’t just learning to dance — you were learning to “man” and to “woman.” It’s a relic. And in the way of relics, you don’t throw it out, but you need to know that this is the past. This isn’t the present. It’s like Shakespeare: respect it, revive it — great! But know that this is history. This doesn’t represent how we think today.

So we asked ourselves: If you strip it all down, what is at the core of partner dancing?

JF: Well, the core principle of partner dancing is that one person leads, the other one follows. The machine works the same, regardless of who’s playing which role. The physics of movement doesn’t really give a crap about your gender.

So if we were to update the existing form, we would need to make it more representative of how we interact here, now, in 2015.

When you watch ballroom, don’t just watch what’s there. Watch what’s not. The couple is always only a man and a woman. Together. Only. Ever. So, same-sex and gender nonconformist couples just disappear.

In most mainstream international ballroom competitions, same-sex couples are rarely recognized on the floor, and in many cases, the rules prohibit them completely.

TC: Try this: Google-image, “professional Latin dancer,” and then look for an actual Latino person.

You’ll be there for days. What you will get is page after page of white, straight Russian couples spray-tanned to the point of mahogany.

There are no black people, there are no Asians, no mixed-race couples, so basically, non-white people just disappeared. Even within the white-straight-couple-only paradigm — she can’t be taller, he can’t be shorter. She can’t be bolder, he can’t be gentler. If you were to take a ballroom dance and translate that into a conversation and drop that into a movie, we, as a culture, would never stand for this. He dictates, she reacts. No relationship — gay, straight or anything — that we would regard as remotely healthy or functional looks like that, and yet somehow, you put it on prime time, you slap some makeup on it, throw the glitter on, put it out there as movement, not as text, and we, as a culture, tune in and clap. We are applauding our own absence. Too many people have disappeared from partner dancing.

JF: Now, you just saw two men dancing together.

And you thought it looked … a little strange. Interesting — appealing, even — but a little bit odd. Even avid followers of the same-sex ballroom circuit can attest that while same-sex partner dancing can be dynamic and strong and exciting, it just doesn’t quite seem to fit. Aesthetically speaking, if Alida and I take the classic closed ballroom hold … this is considered beautiful.

But why not this?

See, the standard image that the leader must be larger and masculine and the follower smaller and feminine — this is a stumbling point.

TC: So we wanted to look at this from a totally different angle. So, what if we could keep the idea of lead and follow but toss the idea that this was connected to gender? Further, what if a couple could lead and follow each other and then switch? And then switch back? What if it could be like a conversation, taking turns listening and speaking, just like we do in life? What if we could dance like that? We call it “Liquid Lead Dancing.”

JF: Let’s try this with a Latin dance, salsa. In salsa, there’s a key transitional step, called the cross-body lead. We use it as punctuation to break up the improvisation. It can be a little tricky to spot if you’re not used to looking for it, so here it is. One more time for the cheap seats.

And here’s the action one more time, nice and slow. Now, if we apply liquid-lead thinking to this transitional step, the cross-body lead becomes a point where the lead and the follow can switch. The person following can elect to take over the lead, or the person leading can choose to surrender it, essentially making it a counter-cross-body lead. Here’s how that looks in slow motion. And here’s how it looked when we danced it in the opening dance. With this simple tweak, the dance moves from being a dictation to a negotiation. Anyone can lead. Anyone can follow. And more importantly, you can change your mind. Now, this is only one example of how this applies, but once the blinkers come off, anything can happen.

TC: Let’s look at how Liquid Lead thinking could apply to a classic waltz. Because, of course, it isn’t just a system of switching leads; it’s a way of thinking that can actually make the dance itself more efficient. So: the waltz. The waltz is a turning dance.

This means that for the lead, you spend half of the dance traveling backwards, completely blind. And because of the follower’s position, basically, no one can see where they’re going.

So you’re out here on the floor, and then imagine that coming right at you.

JF: Raaaaaah!

TC: There are actually a lot of accidents out there that happen as a result of this blind spot. But what if the partners were to just allow for a switch of posture for a moment? A lot of accidents could be avoided. Even if one person led the whole dance but allowed this switch to happen, it would be a lot safer, while at the same time, offering new aesthetics into the waltz. Because physics doesn’t give a damn about your gender.

JF: Now, we’ve danced Liquid Lead in clubs, convention centers, and as part of “First Dance,” the play we created with Lisa, on stages in North America and in Europe. And it never fails to engage. I mean, beyond the unusual sight of seeing two men dancing together, it always evokes and engages. But why? The secret lies in what made Lisa see our initial demonstration as “political.” It wasn’t just that we were switching lead and follow; it’s that we stayed consistent in our presence, our personality, and our power, regardless of which role we were playing. We were still us. And that’s where the true freedom lies — not just the freedom to switch roles, but the freedom from being defined by whichever role you’re playing, the freedom to always remain true to yourself. Forget what a lead is supposed to look like, or a follow. Be a masculine follow or a feminine lead. Just be yourself. Obviously, this applies off the dance floor as well, but on the floor, it gives us the perfect opportunity to update an old paradigm, reinvigorate an old relic, and make it more representative of our era and our current way of being.

TC: Jeff and I dance partner dancing all the time with women and men and we love it. But we dance with a consciousness that this is a historic form that can produce silence and produce invisibility across the spectrum of identity that we enjoy today. We invented Liquid Lead as a way of stripping out all the ideas that don’t belong to us and taking partner dancing back to what it really always was: the fine art of taking care of each other.

「男女の役割を打ち破る社交ダンス(Ballroom dance that breaks gender roles)」の和訳

トレバー・コップ: 「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」が初めてテレビに登場したとき、それはそういう風には見えなかったんだよね。

ジェフと私は、大々的なテレビ・ボールルーム・リバイバルが起こったとき、専任のボールルームダンス講師でした。これは信じられないことでした。一日で「フォックストロット」と言うと、人々は「キツネがトロットしている」とか言っていた。

そして次の日には、良いフェザーステップの微妙な点を私たちに教えてくれたりしたんだ。これには驚きました。私たちがいつもやっていたボールルームダンスについての情熱、なぜサルサと競技用ルンバが違う動きになるのか、なぜタンゴがワルツと違うように動くのか、そのあらゆることが一般の意識に入ってきて、すべてが変わったんだ。

しかし、この興奮と並行して、突然、どうしてこれが、どうして今なのかという疑問がありました。

ジェフ・フォックス: トレバーと私がトレーニングセミナーで会ったり、ただ楽しい時間を過ごしたりするとき、お互いに投げ合ったり、入れ替わったり、いつもリードすることから解放されたりしていました。私たちはダンス中にリードとフォローを交換するシステムを考案したことさえありました。それは、交代して公平に遊ぶ方法として使いました。私たちがそのシステムを小さなフェスティバルでパフォーマンスの一部として使ったとき、重要な一歩を踏み出したんです。

リサ・オコーネル、演劇センターのドラマトゥルギーであり劇作家センターのディレクターは、ショーの後に私たちを引き止めて、「あなたたちのやっていることがどれだけ政治的なものか、気づいていますか?」と言いました。

それが、私たちが交代するシステムをさらに発展させるだけでなく、1つの役割に閉じ込められ、さらに悪いことにその1つの役割で定義されることの影響を探求する劇を作成するための8年間のコラボレーションの始まりでした。

TC: もちろん、古典的なラテンとボールルームダンスは、単なるダンスのシステムではありません。それは、一つの時代の価値観を捉えた、考え方やあり方、お互いに関わる方法です。ただ一つ、一貫していることがあります:男性がリードし、女性がフォローします。ストリート・サルサ、チャンピオンシップのタンゴ、それはすべて同じです―男性がリードし、女性がフォローします。

これは性別のトレーニングでした。単に踊りを学んでいるだけではなく、”男性らしさ” と “女性らしさ” を学んでいたのです。これは遺物です。そして遺物のように、それを捨てるわけではありませんが、これが過去であることを知っておく必要があります。これは現在ではなく、シェイクスピアのようなものです:それを尊重し、復活させる―素晴らしい!しかし、これは歴史です。これが今日の私たちの考え方を表しているわけではないと知っておいてください。

ですから、私たちは自問しました:全てを剥ぎ取ったら、パートナーダンスの核心は何ですか?

JF: まあ、パートナーダンスの核心原則は、一人がリードし、もう一人がフォローすることです。どちらがどの役割を果たしているかに関係なく、システムは同じように機能します。運動の物理学は、あなたの性別に全く興味がありません。

したがって、既存の形式を更新するのであれば、これが2015年の私たちの相互作用をよりよく表現するようにする必要があります。

ボールルームを見るとき、ただ見えているものだけでなく、見えていないものも見てください。カップルは常に男性と女性だけです。一緒に。常に。いつも。そのため、同性カップルやジェンダーに適合しないカップルは単に消えてしまいます。

ほとんどのメインストリームの国際ボールルームコンペティションでは、同性カップルはほとんど認められず、多くの場合、ルールで完全に禁止されています。

TC: これを試してみてください:Google画像検索で「プロのラテンダンサー」と検索し、実際のラテン系の人物を探してください。

何日もそこにいます。あなたが得るものは、マホガニーまでスプレーされた白人のロシアのカップルのページが何ページも並んでいます。

TC: 黒人はいません。アジア人もいません。混血のカップルもいません。つまり、白人以外の人々はただ消えてしまいます。白人の異性愛カップルの枠組みですら―彼女は背が高くなれませんし、彼は背が低くなれません。彼女は大胆であってはなりませんし、彼は穏やかであってはなりません。もしボールルームダンスを会話に置き換え、それを映画に落とし込んだら、私たち文化としてはこれを認めません。彼が指図し、彼女が反応する。私たちが健康的で機能的だと見なすような、ゲイ、異性愛を問わずの関係―そんなものは一つもそんな風には見えないのに、なぜかそれをプライムタイムに放送し、それに化粧をして、グリッターをまとわせ、それをテキストとしてではなく動きとして提供すると、私たち文化としては興奮し、拍手します。私たちは自分たちの不在を称賛しているのです。多くの人がパートナーダンスから消えてしまいました。

JF: さて、あなたたちは男性同士が踊っているのを見ました。

そして、それがちょっと…奇妙に見えたと思いました。興味深い―魅力的でさえあります―しかし、少し奇妙です。同性のパートナーダンスの熱心なファンでさえ、同性のパートナーダンスはダイナミックで強く、エキサイティングであっても、なぜかうまくフィットしないと言われています。美的に言えば、アリーダと私がクラシックなクローズドボールルームのホールドを取ると…これは美しいと見なされます。

でもなぜこれはダメなんでしょうか?

リーダーが大きくて男らしく、フォロワーが小さくて女らしいという標準的なイメージは、障害となっています。

TC: それでは、私たちはまったく異なる角度からこれを見てみたいと思いました。では、リードとフォローのアイデアは残しつつ、これがジェンダーと関連しているというアイデアは捨てることはできないでしょうか?さらに、カップルがお互いにリードとフォローをすることができ、そして切り替えることができるとしたら?そしてその後切り替えることができますか?会話のように、順番に聞き、話すのです、まさに私たちの日常のように。そんな風に踊れたらどうでしょうか?私たちはそれを「リキッドリードダンス」と呼んでいます。

JF: では、ラテンダンスであるサルサを使ってこれを試してみましょう。サルサでは、クロスボディリードと呼ばれる重要な移行ステップがあります。これは即興を中断する句読点として使用します。慣れていない人には少し見つけにくいかもしれませんので、ここにあります。安い席のためにもう一度。

そして、ここにもう一度、ゆっくりと見てください。これらの移行ステップにリキッドリードの考え方を適用すると、クロスボディリードはリーダーとフォローが切り替えるポイントになります。フォローをする人はリードを引き継ぐことを選択することができ、またリーダーはそれを譲ることを選択することができます、実質的にそれは対称的なクロスボディリードになります。これがスローモーションでどのように見えるか、そしてオープニングダンスでそれを踊ったときの様子を見てください。この単純な調整で、ダンスは指図から交渉へと移行します。誰もがリードを取ることができます。誰もがフォローすることができます。そしてより重要なことに、あなたは考えを変えることができます。これはこれがどのように適用されるかの一例にすぎませんが、一度ブリンカーが外れると、何が起こるか分かりません。

TC: リキッドリードの考え方がクラシックなワルツにどのように適用されるかを見てみましょう。なぜなら、それは単にリードを切り替えるシステムだけではなく、ダンス自体をより効率的にする方法論です。では、ワルツです。ワルツは回転ダンスです。

これは、リーダーがダンスの半分を後退して、完全に盲目的に過ごすことを意味します。そしてフォロワーの位置のために、基本的に誰も彼らがどこに向かっているか見えません。

ですから、ここにフロアに出て、そして直接迫ってくるのを想像してください。

JF: らあああーっ!

TC: この盲点から起こる事故が実際にはたくさんあります。しかし、もしパートナーが一瞬姿勢を変えることを許容したらどうでしょうか?多くの事故を回避できるでしょう。たとえ一人がダンス全体をリードしたとしても、この切り替えを許可すると、はるかに安全になります。同時に、ワルツに新たな美学を提供します。なぜなら、物理学はあなたのジェンダーに興味を持ちません。

JF: さて、私たちはリキッドリードをクラブやコンベンションセンター、そしてリサと共同制作した演劇「ファーストダンス」の一環として、北米やヨーロッパのステージで踊ってきました。そして、それは常に参加者を引き付けます。つまり、2人の男性が一緒に踊っているのを見るという異例の光景を超えて、常に感動を呼び起こします。では、なぜでしょうか?その秘密は、リサが最初のデモンストレーションを「政治的」と見なしたものにあります。私たちがリードとフォローを切り替えたことだけでなく、私たちはどちらの役割を果たしているかに関係なく、私たちの存在感、個性、パワーを一貫して保ち続けたことです。私たちはいつも私たち自身でした。そして、真の自由がある場所です。役割を切り替える自由だけでなく、どの役割を果たしているかによって定義されることからの自由、常に自分自身であることの自由です。リードやフォローがどのように見えるべきかを忘れてください。男性的なフォローや女性的なリードであろうとも、自分らしくあります。もちろん、これはダンスフロア以外でも適用されますが、ダンスフロアでは、古いパラダイムを更新し、古いレリックを活性化し、私たちの時代と現在の在り方をより代表的にする絶好の機会を提供します。

TC: ジェフと私は女性や男性といつもパートナーダンスを楽しんでいます。しかし、私たちは、これが今日私たちが楽しんでいるアイデンティティのスペクトル全体に沈黙や不可視性を生み出す可能性がある歴史的な形態であることを意識して踊っています。私たちは、私たちに属さないすべてのアイデアを取り除き、パートナーダンスを本来の姿に戻す手段として、リキッドリードを発明しました。それは、お互いを世話する芸術の細部だったのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました