「道徳経」で見つけた3つの教訓が人生を変えた実体験

人生

How do we find fulfillment in a world that’s constantly changing? Raymond Tang struggled with this question until he came across the ancient Chinese philosophy of the Tao Te Ching. In it, he found a passage comparing goodness to water, an idea he’s now applying to his everyday life. In this charming talk, he shares three lessons he’s learned so far from the “philosophy of water.” “What would water do?” Tang asks. “This simple and powerful question … has changed my life for the better.”

変化の激しい世界でどうやって充実感を見つけるのか?

レイモンド・タンは、この質問に苦しんでいましたが、古代中国の哲学書『道徳経』に出会ったとき、その答えを見つけました。その中で、善良さを水に例える一節を見つけました。この考えを彼は日常生活に取り入れ始めています。この魅力的な講演で、彼は「水の哲学」から学んだ3つの教訓を共有します。「水ならどうするだろう?」とタンは問いかけます。「このシンプルで力強い質問が…私の人生をより良いものに変えました。」

タイトル Be humble – and other lessons from the philosophy of water
謙虚であれ – 水の哲学から学ぶ他の教訓
アップロード 2018年3月20日
キャスト レイモンド・タン
スポンサーリンク

「Be humble – and other lessons from the philosophy of water(謙虚であれ – 水の哲学から学ぶ他の教訓)」

要約

水の哲学から学ぶ3つの教訓

朝目覚めると携帯電話に未読の通知が山積み、カレンダーには会議がびっしり詰まっている。生産的だと感じる一方で、何かが欠けているような気がする。そんな日々を過ごしていた私は、ストレスと不安に悩まされていました。世界は目まぐるしく変わり続け、どうすれば満足感を見つけられるのか模索し始めました。

多くの自己啓発本を読み、友人や家族に相談しましたが、満足な答えは得られませんでした。そんな時、ふと手に取ったのが「道徳経:道と徳の書」という古代中国の哲学書でした。たった81ページのこの本には、短い詩が並んでいます。その中で特に心に響いた詩がありました。

「最上の善は水のようなものである…」

この詩を読んだ瞬間、背筋に寒気が走り、不安やストレスが一気に消え去りました。この詩から学んだ3つの教訓が、私の人生を変えるきっかけとなりました。

教訓1: 謙虚さ

川を流れる水のように、謙虚でいることが大切です。水は低い位置にありながら、すべての生物に利益をもたらします。自分の知識や成功を誇示するのではなく、「分からない、もっと学びたい」と謙虚に言えることが重要です。また、他人の成功をサポートし、称賛することで、より豊かな人間関係を築くことができます。

教訓2: 調和

水は障害物に出会うと、無理に対抗せずに回り込んで流れます。環境と調和して働き、自分の力で物事を変えようとするのではなく、自然の流れに従うことが大切です。制御できることに集中し、調和を追求することで、ストレスを減らし、充実感を得ることができます。

教訓3: 開放性

水は変化に対して開かれています。温度や容器に応じて形を変えるように、私たちも柔軟に変化に対応する必要があります。常に学び続け、スキルを刷新し続けることで、変わりゆく環境に適応できます。特にチームワークにおいては、学ぶことに開かれた姿勢が重要です。

実践するための質問

日々の生活でストレスや不安を感じたとき、自分に「水ならどうするだろう?」と問いかけてみてください。このシンプルな質問が、あなたの人生をより良いものに変える手助けをしてくれるでしょう。

文字起こし

You may know this feeling: you wake up to multiple unread notifications on your mobile phone. Your calendar is already packed with meetings, sometimes double- or triple-booked. You feel engaged, you feel busy. In fact, you feel productive. But at the end of it all, something still feels missing. You try to figure out what it is. But before you do, the next day starts all over again.

That was how I felt two years ago. I felt stressed; I felt anxious. I felt a bit trapped. The world around me was moving very quickly. And I didn’t know what to do. I started wondering to myself: How do I keep up with all this? How do we find fulfillment in a world that’s literally changing as fast as we can think, or maybe even faster?

I started looking for answers. I spoke to many people, I spoke to my friends, I spoke to my family. I even read many self-help books. But I couldn’t find anything satisfactory. In fact, the more self-help books I read, the more stressed and anxious I became. (Laughter) It was like I was feeding my mind with junk food, and I was becoming mentally obese. (Laughter)

I was about to give up, until one day, I found this. “The Tao Te Ching: The Book of the Way and Its Virtue.” This is an ancient Chinese philosophy classic that was written more than 2,600 years ago. And it was by far the thinnest and the smallest book on the bookshelf. It only had 81 pages. And each page had a short poem. I remember I flipped to one particular poem. Here it is. It’s beautiful, isn’t it? (Laughter)

Let me read it out to you. “The supreme goodness is like water. It benefits all things without contention. In dwelling, it stays grounded. In being, it flows to depths. In expression, it is honest. In confrontation, it stays gentle. In governance, it does not control. In action, it aligns to timing. It is content with its nature and therefore cannot be faulted.”

Wow! I remember when I first read this passage. I felt the biggest chills down my spine. I still feel that today, reading it to you guys. My anxiety and stress just suddenly disappeared. Ever since that day, I’ve been trying to apply the concepts in this passage to my day-to-day life. And today, I’d like to share with you three lessons I learned so far from this philosophy of water — three lessons that I believe have helped me find greater fulfillment in almost everything that I do.

The first lesson is about humility. If we think about water flowing in a river, it is always staying low. It helps all the plants grow and keeps all the animals alive. It doesn’t actually draw any attention to itself, nor does it need any reward or recognition. It is humble. But without water’s humble contribution, life as we know it may not exist.

Water’s humility taught me a few important things. It taught me that instead of acting like I know what I’m doing or I have all the answers, it’s perfectly OK to say, “I don’t know. I want to learn more, and I need your help.” It also taught me that, instead of promoting my glory and success, it is so much more satisfying to promote the success and glory of others. It taught me that, instead of doing things where I can get ahead, it so much more fulfilling and meaningful to help other people overcome their challenges so they can succeed.

With a humble mindset, I was able to form a lot richer connections with the people around me. I became genuinely interested in the stories and experiences that make them unique and magical. Life became a lot more fun, because every day I’d discover new quirks, new ideas and new solutions to problems I didn’t know before, all thanks to the ideas and help from others. All streams eventually flow to the ocean because it is lower than them. Humility gives water its power. But I think it gives us the capacity to remain grounded, to be present, to learn from and be transformed by the stories of the people around us.

The second lesson I learned is about harmony. If we think about water flowing towards a rock, it will just flow around it. It doesn’t get upset, it doesn’t get angry, it doesn’t get agitated. In fact, it doesn’t feel much at all. When faced with an obstacle, somehow water finds a solution, without force, without conflict.

When I was thinking through this, I began to understand why I was feeling stressed out in the first place. Instead of working in harmony with my environment, I was working against it. I was forcing things to change because I was consumed by the need to succeed or to prove myself. In the end, nothing did. And I got more frustrated.

By simply shifting my focus from trying to achieve more success to trying to achieve more harmony, I was immediately able to feel calm and focused again. I started asking questions like: Will this action bring me greater harmony and bring more harmony to my environment? Does this align with my nature? I became more comfortable simply being who I am, rather than who I’m supposed to be or expected to be.

Work actually became easier, because I stopped focusing on things that I cannot control and only on the things that I can. I stopped fighting with myself, and I learned to work with my environment to solve its problems. Nature does not hurry. Yet, everything is accomplished. That’s Tao Te Ching’s way of describing the power of harmony. Just as water is able to find a solution without force or conflict, I believe we can find a greater sense of fulfillment in our endeavors by shifting focus from achieving more success to achieving more harmony.

The third lesson I learned from the philosophy of water is about openness. Water is open to change. Depending on the temperature, it can be a liquid, solid or gas. Depending on the medium it’s in, it can be a teapot, a cup or a flower vase. In fact, it’s water’s ability to adapt and change and remain flexible that made it so enduring through the ages, despite all the changes in the environment.

We also live in a world today of constant change. We can no longer expect to work to a static job description or follow a single career path. We, too, are expected to constantly reinvent and refresh our skills to stay relevant. In our organization, we host a lot of hackathons, where small groups or individuals come together to solve a business problem in a compressed time frame. And what’s interesting to me is that the teams that usually win are not the ones with the most experienced team members, but the ones with members who are open to learn, who are open to unlearn and who are open to helping each other navigate through the changing circumstances.

Life is like a hackathon in some way. It’s calling to each and every one of us to step up, to open up and cause a ripple effect. Now, we can stay behind closed doors and continue to be paralyzed by our self-limiting beliefs, such as: “I will never be able to talk about Chinese philosophy in front of a huge audience.” (Laughter) Or we can just open up and enjoy the ride. It can only be an amazing experience.

So humility, harmony and openness. Those are the three lessons I learned from the philosophy of water so far. They nicely abbreviate to H-H-O, or H2O. (Laughter) And they have become my guiding principles in life. So nowadays, whenever I feel stressed, unfulfilled, anxious or just not sure what to do, I simply ask the question: What would water do? (Laughter) This simple and powerful question inspired by a book written long before the days of bitcoin, fintech and digital technology has changed my life for the better. Try it, and let me know how it works for you. I would love to hear from you.

Thank you. (Applause)

和訳

この感覚を知っているかもしれません。朝目覚めると、携帯電話に未読の通知がたくさん入っている。カレンダーには既に会議がびっしり詰まっていて、時にはダブルブッキングやトリプルブッキングさえもあります。忙しいし、エンゲージメントも感じる。実際、生産的だと感じる。でも、そのすべてが終わった後、何かがまだ欠けているような気がする。何が足りないのかを考えてみる。でも、その前に次の日がまた始まってしまう。

それが二年前の私の感じていたことです。ストレスを感じ、不安も感じていました。少し閉塞感を覚えていました。周りの世界は非常に速く動いていて、何をすればいいのか分からなかった。どうやってこの状況に追いつけばいいのか、どうやって満足感を見つければいいのかを考え始めました。世界は考える速さかそれ以上の速さで変わっていく中で。

私は答えを探し始めました。多くの人に話を聞き、友人や家族に相談しました。多くの自己啓発本も読みました。しかし、何も満足な答えが得られませんでした。実際、自己啓発本を読めば読むほど、ストレスと不安が増していきました(笑)。それはまるで心にジャンクフードを詰め込んで、精神的に肥満になっていくような感じでした(笑)。

あきらめかけていたその時、これに出会いました。「道徳経:道と徳の書」。これは2600年以上前に書かれた古代中国の哲学の古典です。そして、それは本棚で最も薄くて小さい本でした。たった81ページしかなく、各ページには短い詩が載っていました。ある特定の詩に目を止めたのを覚えています。これです。美しいですよね?(笑)

その詩を読んでみます。「最上の善は水のようなものである。それは争わずにすべてのものに利益をもたらす。住む場所では、低い場所にとどまる。存在する際には、深みに流れる。表現する際には、誠実である。対立する際には、穏やかである。統治する際には、支配しない。行動する際には、時機に合わせる。自分の本性に満足し、したがって非難されることはない。」

わぁ!初めてこの一節を読んだとき、背筋に大きな寒気が走りました。今でもこの一節を皆さんに読むと同じように感じます。不安やストレスが一気に消え去りました。その日以来、この詩の概念を日常生活に取り入れようとしています。今日は、この水の哲学から学んだ3つの教訓を皆さんに共有したいと思います。これらの教訓が私にとって、ほぼすべてのことにおいてより大きな充実感を見つける手助けとなりました。

最初の教訓は謙虚さについてです。川を流れる水について考えると、それは常に低い位置にあります。それはすべての植物を成長させ、すべての動物を生かします。しかし、自分に注意を引き付けることも、報酬や認識を必要とすることもありません。それは謙虚です。しかし、水の謙虚な貢献なしでは、私たちが知る生命は存在しないかもしれません。

水の謙虚さは私にいくつかの重要なことを教えてくれました。それは、自分が何をしているか分かっているふりをする代わりに、「分からない、もっと学びたい、助けが必要だ」と言うことが全く問題ないことを教えてくれました。また、自分の栄光や成功を宣伝する代わりに、他人の成功や栄光を促進することがはるかに満足できることを教えてくれました。そして、自分が先に進むためのことをする代わりに、他の人が彼らの課題を克服し、成功できるように手助けすることが、はるかに充実感と意味を感じることを教えてくれました。

謙虚な心構えを持つことで、周りの人々とのつながりが豊かになりました。彼らをユニークで魔法のようにする物語や経験に本当に興味を持つようになりました。毎日新しい独自性、新しいアイデア、そして以前は知らなかった問題の新しい解決策を発見することができ、生活がより楽しくなりました。すべての川は最終的に海に流れ込みます。なぜなら、海はそれより低い位置にあるからです。謙虚さが水にその力を与えますが、私たちには地に足をつけ、現在に集中し、周りの人々の物語から学び、変わる能力を与えてくれると思います。

次に学んだ教訓は調和についてです。水が岩に向かって流れることを考えると、それはただ岩を回り込んで流れます。怒ったり、苛立ったり、動揺したりしません。実際、それはほとんど何も感じません。障害に直面しても、水は力や争いなしに解決策を見つけます。

これを考えるとき、私はなぜ最初にストレスを感じていたのか理解し始めました。自分の環境と調和して働くのではなく、それに逆らって働いていたのです。成功を収めたり自分を証明する必要にとらわれて物事を変えようとしていました。結局、何も変わらず、ますますフラustratedしました。

単に焦点をもっと多くの成功を収めることから、より多くの調和を達成することに変えるだけで、すぐに落ち着いて集中できるようになりました。「この行動は私にもっと大きな調和をもたらし、私の環境にもっと調和をもたらすだろうか?これは私の本性に合っているか?」という質問をし始めました。自分がなるべき人や期待される人ではなく、ただ自分自身でいることにもっと快適さを感じるようになりました。

仕事は実際に楽になりました。制御できないことに集中するのではなく、制御できることだけに集中するようになりました。自分と戦うのをやめ、環境と協力してその問題を解決することを学びました。自然は急がない。それでもすべてが成し遂げられる。これが「道徳経」が調和の力を説明する方法です。水が力や争いなしに解決策を見つけるように、私たちも成功を追求するよりも調和を追求することで、私たちの取り組みにおいてより大きな充実感を見つけることができると信じています。

水の哲学から学んだ3つ目の教訓は開放性についてです。水は変化に対して開かれています。温度によって、液体、固体、または気体になることができます。入っている容器によって、ティーポット、カップ、花瓶になることができます。実際、環境の変化に応じて適応し、変化し、柔軟であり続けることが、時代を超えて耐え抜いてきた理由です。

今日の世界も絶えず変化しています。もはや静的な職務記述書に従うことや単一のキャリアパスをたどることは期待できません。私たちもまた、常に自分のスキルを再発見し、刷新していくことが求められます。私たちの組織では、ビジネス問題を短期間で解決するために小さなグループや個人が集まるハッカソンを多く開催しています。そして興味深いのは、通常勝つチームは最も経験豊富なメンバーを持つチームではなく、学ぶことに開かれ、学び直すことに開かれ、変化する状況をナビゲートするのを助け合うメンバーを持つチームです。

人生はある意味でハッカソンのようなものです。それは私たち一人一人に対して一歩踏み出し、心を開き、波紋を広げるように呼びかけています。今、私たちは閉じこもり続けて、自分を制限する信念に麻痺させられることもできます。例えば、「中国哲学について大勢の観客の前で話すことは絶対にできないだろう」と思うこと(笑)。または、ただ開いて、旅を楽しむこともできます。それは素晴らしい体験になるに違いありません。

謙虚さ、調和、開放性。これらが水の哲学から学んだ3つの教訓です。それらはうまくH-H-O、つまりH2Oに短縮されます(笑)。そして、それらは私の人生の指針となりました。ですから、今、ストレスを感じたり、充実感がないと感じたり、不安になったり、何をすればいいのか分からないと感じたとき、私はただ「水ならどうするだろう?」という質問をします(笑)。ビットコイン、フィンテック、デジタル技術の時代よりずっと前に書かれた本に触発されたこのシンプルで力強い質問が、私の人生をより良いものに変えました。試してみて、どんな感じだったか教えてください。皆さんからの話を聞くのが楽しみです。

ありがとうございました。(拍手)

タイトルとURLをコピーしました