言葉にできない感情を言葉にする意味

感情

John Koenig loves finding words that express our unarticulated feelings — like “lachesism,” the hunger for disaster, and “sonder,” the realization that everyone else’s lives are as complex and unknowable as our own. Here, he meditates on the meaning we assign to words and how these meanings latch onto us.

ジョン・コーニグは、言葉に表されない感情を表現する言葉を見つけることを愛しています。

例えば、「ラケシズム」という災害を求める欲望や、「ソンダー」という他人の人生も自分の人生と同様に複雑で理解しがたいものであることに気づく感覚です。ここで彼は、私たちが言葉に与える意味と、その意味が私たちにどのようにしっかりと結びつくかについて。

タイトル Beautiful new words to describe obscure emotions
アップロード 2017年4月1日
キャスト ジョン・コーニグ
スポンサーリンク

Beautiful new words to describe obscure emotions (あいまいな感情を表す美しい新しい言葉)

要約

言葉の多様性

英語は他の言語から多くの言葉を取り入れるスポンジのような言語です。例えば、ギリシャ語の「ラケシズム」は災害を求める欲望、中国語の「yù yī」は子供の頃の強い感情を再び感じたい渇望、ポーランド語の「jouska」は仮想の会話を繰り返し再生すること、ドイツ語の「zielschmerz」は欲しいものを手に入れることへの恐れを意味します。

新しい言葉の創造

私は「The Dictionary of Obscure Sorrows(不明な悲しみの辞書)」の著者であり、7年間にわたり感情の言語の穴を埋めることを目指しています。「sonder」という言葉を作り、私たちが自分自身を主役と考え、他人をエキストラだと思う感覚を表現しました。この言葉は多くの人々に共感され、孤独感を減らす力を持ちました。

言葉の現実性

言葉が現実であるかどうかを問われたとき、私は「言葉はあなたが現実にしたいと思うなら現実です」と答えました。現実の言葉は多くの人の頭に入るものであり、その代表的な例が「O.K.」です。これは最も理解されている言葉であり、意味は私たちがそれに注ぎ込むものであることを示しています。

言葉と人生の意味

言葉は秩序をもたらし、私たちの限られた視野を広げるツールです。私たちは言葉を通じて自分自身を定義し、言葉に束縛されることもありますが、言葉は作り物であり、私たちが意味を与えるものです。

文字起こし

Today I want to talk about the meaning of words, how we define them and how they, almost as revenge, define us.

The English language is a magnificent sponge. I love the English language. I’m glad that I speak it. But for all that, it has a lot of holes. In Greek, there’s a word, “lachesism” which is the hunger for disaster. You know, when you see a thunderstorm on the horizon and you just find yourself rooting for the storm. In Mandarin, they have a word “yù yī” — I’m not pronouncing that correctly — which means the longing to feel intensely again the way you did when you were a kid. In Polish, they have a word “jouska” which is the kind of hypothetical conversation that you compulsively play out in your head. And finally, in German, of course in German, they have a word called “zielschmerz” which is the dread of getting what you want. (Laughter) Finally fulfilling a lifelong dream. I’m German myself, so I know exactly what that feels like.

Now, I’m not sure if I would use any of these words as I go about my day, but I’m really glad they exist. But the only reason they exist is because I made them up. I am the author of “The Dictionary of Obscure Sorrows,” which I’ve been writing for the last seven years. And the whole mission of the project is to find holes in the language of emotion and try to fill them so that we have a way of talking about all those human peccadilloes and quirks of the human condition that we all feel but may not think to talk about because we don’t have the words to do it.

And about halfway through this project, I defined “sonder,” the idea that we all think of ourselves as the main character and everyone else is just extras. But in reality, we’re all the main character, and you yourself are an extra in someone else’s story. And so as soon as I published that, I got a lot of response from people saying, “Thank you for giving voice to something I had felt all my life but there was no word for that.” So it made them feel less alone. That’s the power of words, to make us feel less alone.

And it was not long after that that I started to notice sonder being used earnestly in conversations online, and not long after I actually noticed it, I caught it next to me in an actual conversation in person. There is no stranger feeling than making up a word and then seeing it take on a mind of its own. I don’t have a word for that yet, but I will. (Laughter) I’m working on it.

I started to think about what makes words real, because a lot of people ask me, the most common thing I got from people is, “Well, are these words made up? I don’t really understand.” And I didn’t really know what to tell them because once sonder started to take off, who am I to say what words are real and what aren’t.

And so I sort of felt like Steve Jobs, who described his epiphany as when he realized that most of us, as we go through the day, we just try to avoid bouncing against the walls too much and just sort of get on with things. But once you realize that people — that this world was built by people no smarter than you, then you can reach out and touch those walls and even put your hand through them and realize that you have the power to change it.

And when people ask me, “Are these words real?” I had a variety of answers that I tried out. Some of them made sense. Some of them didn’t. But one of them I tried out was, “Well, a word is real if you want it to be real.” The way that this path is real because people wanted it to be there. (Laughter) It happens on college campuses all the time. It’s called a “desire path.” (Laughter)

But then I decided, what people are really asking when they’re asking if a word is real, they’re really asking, “Well, how many brains will this give me access to?” Because I think that’s a lot of how we look at language. A word is essentially a key that gets us into certain people’s heads. And if it gets us into one brain, it’s not really worth it, not really worth knowing. Two brains, eh, it depends on who it is. A million brains, OK, now we’re talking. And so a real word is one that gets you access to as many brains as you can. That’s what makes it worth knowing.

Incidentally, the realest word of all by this measure is this. [O.K.] That’s it. The realest word we have. That is the closest thing we have to a master key. That’s the most commonly understood word in the world, no matter where you are. The problem with that is, no one seems to know what those two letters stand for. (Laughter) Which is kind of weird, right? I mean, it could be a misspelling of “all correct,” I guess, or “old kinderhook.” No one really seems to know, but the fact that it doesn’t matter says something about how we add meaning to words. The meaning is not in the words themselves. We’re the ones that pour ourselves into it.

And I think, when we’re all searching for meaning in our lives, and searching for the meaning of life, I think words have something to do with that. And I think if you’re looking for the meaning of something, the dictionary is a decent place to start. It brings a sense of order to a very chaotic universe. Our view of things is so limited that we have to come up with patterns and shorthands and try to figure out a way to interpret it and be able to get on with our day.

We need words to contain us, to define ourselves. I think a lot of us feel boxed in by how we use these words. We forget that words are made up. It’s not just my words. All words are made up, but not all of them mean something. We’re all just sort of trapped in our own lexicons that don’t necessarily correlate with people who aren’t already like us, and so I think I feel us drifting apart a little more every year, the more seriously we take words. Because remember, words are not real. They don’t have meaning. We do.

And I’d like to leave you with a reading from one of my favorite philosophers, Bill Watterson, who created “Calvin and Hobbes.” He said, “Creating a life that reflects your values and satisfies your soul is a rare achievement. To invent your own life’s meaning is not easy, but it is still allowed, and I think you’ll be happier for the trouble.”

Thank you. (Applause)

和訳

今日は言葉の意味について、どのように定義し、それがどのようにして私たちを定義するのかについてお話ししたいと思います。

英語という言語は素晴らしいスポンジのようなものです。私は英語を愛していますし、それを話せることを嬉しく思います。しかし、それにも多くの穴があります。例えば、ギリシャ語には「ラケシズム」という言葉があります。これは災害を求める欲望を意味します。地平線に雷雨が見えたとき、その嵐を応援している自分に気づくことがありますよね。

中国語には「yù yī」という言葉があります。発音が正しくないかもしれませんが、これは子供の頃に感じたような強い感情を再び感じたいという渇望を意味します。ポーランド語には「jouska」という言葉があり、これは頭の中で繰り返し再生される仮想の会話を意味します。そして最後に、ドイツ語には「zielschmerz」という言葉があります。これは欲しいものを手に入れることへの恐れを意味します(笑)。私はドイツ人なので、その感覚がよくわかります。

これらの言葉を日常生活で使うかどうかはわかりませんが、存在していることが嬉しいです。しかし、これらの言葉が存在する唯一の理由は、私が作ったからです。私は「The Dictionary of Obscure Sorrows(不明な悲しみの辞書)」の著者であり、7年間このプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトの使命は、感情の言語の穴を見つけ、それを埋めることです。私たちが感じるけれど話すことを考えない、または言葉がないために話せない人間の小さな欠点や癖について話す方法を提供することです。

このプロジェクトの途中で、「sonder」という言葉を定義しました。これは、私たちが自分自身を主役と考え、他の人々はただのエキストラだと思う考えです。しかし実際には、私たちは皆主役であり、あなた自身も誰かの物語のエキストラです。この言葉を発表すると、すぐに多くの反響がありました。「一生感じていたけれど言葉がなかったものに声を与えてくれてありがとう」と言う人々からの反応がたくさんありました。それが彼らに孤独感を減らす力を持っていたのです。これが言葉の力です。

その後、オンラインで真剣に使われる「sonder」という言葉に気づき始めました。実際に人と話しているときにこの言葉を耳にすることもありました。自分で作った言葉が独自の命を持つようになるのを見るのは、非常に奇妙な感覚です。それに対する言葉はまだありませんが、いずれ作ります(笑)。今取り組んでいます。

言葉が現実になるとはどういうことかを考え始めました。多くの人が私に「これらの言葉は作り物なのか?」と尋ねます。それに対してどう答えればいいのかわかりませんでした。なぜなら、「sonder」が広まると、どの言葉が現実でどの言葉が現実でないかを私が言う権利があるのかと思ったからです。

スティーブ・ジョブズのように感じました。彼は、私たちのほとんどが日常を過ごす中で、壁にぶつからないようにしてただ物事を進めようとしていると気づいたときの啓示を説明しました。しかし、この世界が自分たちより賢くない人々によって作られたと気づくと、その壁に手を伸ばし、さらには手を突き抜けて、それを変える力があることに気づいたのです。

人々が「これらの言葉は現実なのか?」と尋ねるとき、さまざまな答えを試しました。いくつかは意味が通じましたが、いくつかはそうではありませんでした。その中で一つ試した答えは「言葉はあなたが現実にしたいと思うなら現実です」というものでした。この道が現実であるのは、人々がそれを望んだからです(笑)。大学キャンパスではよく見られます。これは「desire path(欲望の道)」と呼ばれます(笑)。

しかし、人々が本当に尋ねているのは、言葉が現実かどうかということではなく、「これがどれだけの人の頭にアクセスできるか」ということだと決めました。言葉は本質的に特定の人々の頭に入る鍵です。そして、それが一つの頭に入るだけでは、あまり価値がありません。二つの頭に入るなら、それが誰かによります。百万の頭に入るなら、今話が始まります。したがって、現実の言葉は、できるだけ多くの頭にアクセスできるものです。それが知る価値のあるものです。

ちなみに、この尺度で最も現実的な言葉はこれです。「O.K.」です。これが私たちの持つ最も現実的な言葉です。これはマスターキーに最も近いものです。どこにいても最も理解されている言葉です。この二文字が何を意味するのか誰も知らないのが問題です(笑)。それは奇妙なことですよね。「all correct(全て正しい)」の綴り間違いかもしれませんし、「old kinderhook(オールドキンダーフック)」かもしれません。誰も本当の意味を知らないのですが、その意味が問題ではないことが、言葉に意味を与える方法について何かを示しています。意味は言葉自体にはありません。私たちがそれに自分自身を注ぎ込むのです。

そして、私たちが人生の意味を探し、人生の意味を探しているとき、言葉がそれに関係していると思います。何かの意味を探しているなら、辞書は良い出発点です。それは非常にカオスな宇宙に秩序をもたらします。私たちの視野は非常に限られているので、パターンや略式を考え出し、それを解釈する方法を考え出して日常を過ごすことが必要です。

私たちは言葉を必要とし、自分自身を定義します。多くの人がこれらの言葉の使い方に束縛されていると感じると思います。言葉が作り物であることを忘れています。私の言葉だけでなく、すべての言葉は作り物ですが、すべてが意味を持つわけではありません。私たちは皆、自分たちのレキシコンに閉じ込められていて、それがすでに私たちのようではない人々と必ずしも一致しません。毎年、言葉を真剣に受け取るほど、私たちは少しずつ離れていくように感じます。覚えていてください、言葉は現実ではありません。意味を持つのは私たちです。

最後に、私の好きな哲学者の一人、ビル・ワターソン(「Calvin and Hobbes」の作者)からの一節を紹介したいと思います。彼はこう言いました。「自分の価値観を反映し、魂を満たす生活を創造することは、珍しい成果です。自分の人生の意味を発明することは簡単ではありませんが、それでも許されており、その苦労の甲斐があると私は思います。」

ありがとうございました。(拍手)

タイトルとURLをコピーしました