ホロコースト否定論者に立ち向かうデボラ・リップスタットの戦い

歴史

“There are facts, there are opinions, and there are lies,” says historian Deborah Lipstadt, telling the remarkable story of her research into Holocaust deniers — and their deliberate distortion of history. Lipstadt encourages us all to go on the offensive against those who assault the truth and facts. “Truth is not relative,” she says. Note: Comments are disabled for this video. You are welcome and invited to comment on the talk on TED.com, https://go.ted.com/Cyoy.

「事実があり、意見があり、嘘がある」と歴史家のデボラ・リップシュタットは、ホロコースト否定論者と彼らによる歴史の意図的な歪曲に関する彼女の研究の驚くべき話を語ります。

リップシュタットは、真実と事実を攻撃する人々に対して攻勢に出るよう私たち全員に勧めています。 「真実は相対的なものではありません」と彼女は言います。

タイトル Behind the lies of Holocaust denial
ホロコースト否定の嘘の背後にある
アップロード 2017年5月24日
キャスト デボラ・リップシュタット
スポンサーリンク

Behind the lies of Holocaust denial(ホロコースト否定の嘘の背後にある)

要約

ホロコースト否認の衝撃

ホロコースト否認を初めて聞いたとき、私は笑いました。世界で最も詳細に記録された虐殺を否定するなんて信じられませんでした。しかし、この否認が持つ影響は大きく、犠牲者、生存者、傍観者、そして加害者までもが否定されることになります。

否認者の実態

ホロコースト否認者たちは学者のふりをして、見た目はまともな機関や雑誌を運営していますが、その実態はネオナチや反ユダヤ主義者です。彼らは「修正主義者」と名乗り、歴史の間違いを正すと称していますが、その背後にはヒトラーの称賛や反ユダヤ主義が隠されています。

訴訟と戦い

著書『ホロコーストを否認する』を出版後、私はデイヴィッド・アーヴィングから名誉毀損で訴えられました。彼はホロコースト否認者であり、私は法廷で彼の主張が嘘であることを証明する必要がありました。裁判の結果、彼の歴史観は偏見に満ち、意図的に嘘をついていたことが認められました。

真実の攻撃

今日、真実と事実はソーシャルメディアや過激主義者によって攻撃されています。クー・クラックス・クランのような明白な過激主義ではなく、「オルト・ライト」などの新しい名前で隠されています。しかし、その本質は同じです。

行動の必要性

真実を守るために私たちは行動しなければなりません。証拠を求め、合理的な外見に惑わされず、事実を擁護することが必要です。真実は相対的ではなく、客観的なものであり、攻撃に転じるべきです。

文字起こし

I come to you today to speak of liars, lawsuits, and laughter.

The first time I heard about Holocaust denial, I laughed. Holocaust denial? The Holocaust which has the dubious distinction of being the best-documented genocide in the world? Who could believe it didn’t happen?

**The victims**
Think about it. For deniers to be right, who would have to be wrong? Well, first of all, the victims—the survivors who have told us their harrowing stories.

**The bystanders**
Who else would have to be wrong? The bystanders. The people who lived in the myriads of towns and villages and cities on the Eastern front, who watched their neighbors be rounded up—men, women, children, young, old—and be marched to the outskirts of the town to be shot and left dead in ditches. Or the Poles, who lived in towns and villages around the death camps, who watched day after day as the trains went in filled with people and came out empty.

**The perpetrators**
But above all, who would have to be wrong? The perpetrators. The people who say, “We did it. I did it.” Now, maybe they add a caveat. They say, “I didn’t have a choice; I was forced to do it.” But nonetheless, they say, “I did it.” Think about it. In not one war crimes trial since the end of World War II has a perpetrator of any nationality ever said, “It didn’t happen.” Again, they may have said, “I was forced,” but never that it didn’t happen.

Having thought that through, I decided denial was not going to be on my agenda; I had bigger things to worry about, to write about, to research, and I moved on.

Fast-forward a little over a decade, and two senior scholars—two of the most prominent historians of the Holocaust—approached me and said, “Deborah, let’s have coffee. We have a research idea that we think is perfect for you.”

**Holocaust denial**
Intrigued and flattered that they came to me with an idea and thought me worthy of it, I asked, “What is it?” And they said, “Holocaust denial.” And for the second time, I laughed. Holocaust denial? The Flat Earth folks? The Elvis-is-alive people? I should study them? And these two guys said, “Yeah, we’re intrigued. What are they about? What’s their objective? How do they manage to get people to believe what they say?”

So thinking, if they thought it was worthwhile, I would take a momentary diversion—maybe a year, maybe two, three, maybe even four—in academic terms, that’s momentary. (Laughter) We work very slowly. (Laughter)

**Wolves in sheep’s clothing**
And I would look at them. So I did. I did my research, and I came up with a number of things, two of which I’d like to share with you today. One: deniers are wolves in sheep’s clothing. They are the same: Nazis, neo-Nazis—you can decide whether you want to put a “neo” there or not. But when I looked at them, I didn’t see any SS-like uniforms, swastika-like symbols on the wall, Sieg Heil salutes—none of that.

**Parading as respectable academics**
What I found instead were people parading as respectable academics. What did they have? They had an institute. An “Institute for Historical Review.” They had a journal—a slick journal—a “Journal of Historical Review.” One filled with papers—footnote-laden papers.

**Revisionists**
And they had a new name. Not neo-Nazis, not anti-Semites—revisionists. They said, “We are revisionists. We are out to do one thing: to revise mistakes in history.” But all you had to do was go one inch below the surface, and what did you find there? The same adulation of Hitler, praise of the Third Reich, anti-Semitism, racism, prejudice. This is what intrigued me. It was anti-Semitism, racism, prejudice, parading as rational discourse.

**Facts and opinions**
The other thing I found—many of us have been taught to think there are facts and there are opinions—after studying deniers, I think differently. There are facts, there are opinions, and there are lies. And what deniers want to do is take their lies, dress them up as opinions—maybe edgy opinions, maybe sort of out-of-the-box opinions—but then if they’re opinions, they should be part of the conversation. And then they encroach on the facts.

**I published my work**
I published my work—the book was published, “Denying the Holocaust: The Growing Assault on Truth and Memory,” it came out in many different countries, including here in Penguin UK, and I was done with those folks and ready to move on.

Then came the letter from Penguin UK. And for the third time, I laughed…mistakenly. I opened the letter, and it informed me that David Irving was bringing a libel suit against me in the United Kingdom for calling him a Holocaust denier.

**David Irving suing me?**
Who was David Irving? David Irving was a writer of historical works, most of them about World War II, and virtually all of those works took the position that the Nazis were really not so bad, and the Allies were really not so good. And the Jews, whatever happened to them, they sort of deserved it. He knew the documents, he knew the facts, but he somehow twisted them to get this opinion. He hadn’t always been a Holocaust denier, but in the late ’80s, he embraced it with great vigor.

The reason I laughed also was this was a man who not only was a Holocaust denier, but seemed quite proud of it. Here was a man—and I quote—who said, “I’m going to sink the battleship Auschwitz.” Here was a man who pointed to the number tattooed on a survivor’s arm and said, “How much money have you made from having that number tattooed on your arm?” Here was a man who said, “More people died in Senator Kennedy’s car at Chappaquiddick than died in gas chambers at Auschwitz.” That’s an American reference, but you can look it up.

**Ignore it**
This was not a man who seemed at all ashamed or reticent about being a Holocaust denier. Now, lots of my academic colleagues counseled me—”Eh, Deborah, just ignore it.” When I explained you can’t just ignore a libel suit, they said, “Who’s going to believe him anyway?” But here was the problem: British law put the onus, put the burden of proof on me to prove the truth of what I said, in contrast to as it would have been in the United States and in many other countries: on him to prove the falsehood.

**I’m not a Holocaust denier**
What did that mean? That meant if I didn’t fight, he would win by default. And if he won by default, he could then legitimately say, “My David Irving version of the Holocaust is a legitimate version. Deborah Lipstadt was found to have libeled me when she called me a Holocaust denier. Ipso facto, I, David Irving, am not a Holocaust denier.”

**Ipso facto**
And what is that version? There was no plan to murder the Jews, there were no gas chambers, there were no mass shootings, Hitler had nothing to do with any suffering that went on, and the Jews have made this all up to get money from Germany and to get a state, and they’ve done it with the aid and abettance of the Allies—they’ve planted the documents and planted the evidence.

**We won**
I couldn’t let that stand and ever face a survivor or a child of survivors. I couldn’t let that stand and consider myself a responsible historian. So we fought. And for those of you who haven’t seen “Denial,” spoiler alert: we won. (Laughter) (Applause) The judge found David Irving to be a liar, a racist, an anti-Semite. His view of history was tendentious, he lied, he distorted—and most importantly, he did it deliberately.

**Mistakes**
We showed a pattern, in over 25 different major instances. Not small things—many of us in this audience write books, are writing books; we always make mistakes, that’s why we’re glad to have second editions: correct the mistakes. (Laughter) But these always moved in the same direction: blame the Jews, exonerate the Nazis.

But how did we win? What we did is follow his footnotes back to his sources. And what did we find? Not in most cases, and not in the preponderance of cases, but in every single instance where he made some reference to the Holocaust, that his supposed evidence was distorted, half-truth, date-changed, sequence-changed, someone put at a meeting who wasn’t there. In other words, he didn’t have the evidence. His evidence didn’t prove it. We didn’t prove what happened.

**What message does it have**
We proved that what he said happened—and by extension, all deniers, because he either quotes them or they get their arguments from him—is not true. What they claim—they don’t have the evidence to prove it.

So why is my story more than just the story of a quirky, long, six-year, difficult lawsuit, an American professor being dragged into a courtroom by a man that the court declared in its judgment was a neo-Nazi polemicist? What message does it have? I think in the context of the question of truth, it has a very significant message.

Because today, as we well know, truth and facts are under assault.

Social media, for all the gifts it has given us, has also allowed the difference between facts—established facts—and lies to be flattened.

**Extremism**
Third of all: extremism. You may not see Ku Klux Klan robes, you may not see burning crosses, you may not even hear outright white supremacist language. It may go by names: “alt-right,” “National Front”—pick your names. But underneath, it’s that same extremism that I found in Holocaust denial parading as rational discourse. We live in an age where truth is on the defensive.

I’m reminded of a New Yorker cartoon. A quiz show recently appeared in “The New Yorker” where the host of the quiz show is saying to one of the contestants, “Yes, ma’am, you had the right answer. But your opponent yelled more loudly than you did, so he gets the point.”

**What can we do**
What can we do? First of all, we cannot be beguiled by rational appearances. We’ve got to look underneath, and we will find there the extremism. Second of all, we must understand that truth is not relative.

Number three, we must go on the offensive, not the defensive. When someone makes an outrageous claim, even though they may hold one of the highest offices in the land, if not the world—we must say to them, “Where’s the proof? Where’s the evidence?” We must hold their feet to the fire. We must not treat it as if their lies are the same as the facts. And as I said earlier, truth is not relative.

Many of us have grown up in the world of the academy and enlightened liberal thought, where we’re taught everything is open to debate. But that’s not the case. There are certain things that are true. There are indisputable facts—objective truths. Galileo taught it to us centuries ago. Even after being forced to recant by the Vatican that the Earth moved around the Sun, he came out, and what is he reported to have said? “And yet, it still moves.”

The Earth is not flat. The climate is changing. Elvis is not alive. (Laughter) (Applause)

**Conclusion**
And most importantly, truth and fact are under assault. The job ahead of us, the task ahead of us, the challenge ahead of us is great. The time to fight is short. We must act now. Later will be too late.

Thank you very much. (Applause)

和訳

私は今日、嘘つき、訴訟、そして笑いについてお話しします。

初めてホロコースト否認について聞いたとき、笑いました。ホロコースト否認?ホロコーストが、世界で最も詳細に記録された虐殺であることを知らないのですか?誰がそれが起こらなかったと信じられるでしょうか?

**犠牲者たち**
考えてみてください。否認者が正しいなら、誰が間違っていることになりますか?まずは、犠牲者たち—その恐ろしい体験を語った生存者たちです。

**傍観者たち**
次に誰が間違っていることになるでしょうか?傍観者たちです。東部戦線の無数の町や村や都市に住んでいた人々で、彼らは隣人が集められるのを見ていました—男、女、子供、若い人、老人—そして町のはずれに連れて行かれ、溝に捨てられて射殺されるのを見ました。あるいは、ポーランド人です。彼らは、死の収容所の周りの町や村に住んでいて、人々で満たされた列車が入り、空っぽになって出てくるのを日々見ていました。

**加害者たち**
しかし、最も重要なのは誰が間違っていることになるでしょうか?加害者たちです。「私たちがやった。私がやった。」と言う人たちです。もしかしたら、彼らは「選択肢がなかった。強制された。」というかもしれません。しかし、それでも「私がやった。」と言います。考えてみてください。第二次世界大戦後の戦争犯罪裁判で、どの国籍の加害者も「それは起こらなかった。」と言ったことは一度もありません。再び、彼らは「強制された。」と言うかもしれませんが、「それは起こらなかった。」とは言いませんでした。

それを考えた結果、否認は私の議題に載せないことに決めました。もっと大きな問題があり、書くことや研究することがあったからです。そして、次に進みました。

十年以上が過ぎ、ホロコーストの最も著名な歴史学者の二人が私に近づき、「デボラ、コーヒーでもどう?」と言いました。「あなたにぴったりの研究アイデアがあるんだ。」

**ホロコースト否認**
興味を持ち、彼らが私を価値あると思ってくれたことに感謝して、「何ですか?」と聞きました。彼らは「ホロコースト否認だ。」と言いました。そして、私は二度目に笑いました。ホロコースト否認?フラットアース(地球平面説)?エルビスが生きているという人たち?彼らを研究すべきですか?彼らは「そうだ、興味があるんだ。彼らの目的は何か?どうやって人々を信じさせるのか?」と言いました。

彼らが価値があると思うなら、短期間の回り道—一年、二年、三年、もしかしたら四年かけて—学問的な用語ではそれは短期間です。(笑い)私たちはとてもゆっくり働きます。(笑い)

**羊の皮をかぶった狼**
私は彼らを見ることにしました。研究を進めた結果、いくつかのことを発見しました。そのうちの二つを今日お話ししたいと思います。一つは、否認者は羊の皮をかぶった狼だということです。彼らは同じです:ナチス、ネオナチス—「ネオ」を付けるかどうかはあなた次第です。しかし、彼らを見たとき、SSのような制服や、壁のスワスチカのようなシンボル、ジークハイルの敬礼—そのようなものは見ませんでした。

**学者のふりをする**
代わりに見つけたのは、学者のふりをしている人たちでした。彼らは何を持っていたでしょうか?彼らは「歴史見直し研究所」という名前の研究所を持っていました。そして、雑誌—洗練された「歴史見直しジャーナル」を持っていました。それには、脚注でいっぱいの論文が載っていました。

**修正主義者**
そして、彼らは新しい名前を持っていました。ネオナチスでもなく、反ユダヤ主義者でもなく、修正主義者です。彼らは「我々は修正主義者だ。歴史の間違いを修正するためにいる。」と言いました。しかし、表面を一インチ下げると、そこには何が見えたでしょうか?同じヒトラーの称賛、第三帝国の賛美、反ユダヤ主義、人種差別、偏見です。これは私を興味を持たせました。それは合理的な議論としての反ユダヤ主義、人種差別、偏見でした。

**事実と意見**
もう一つのことは、多くの人が事実と意見があると教えられていますが、否認者を研究した後、私は違うと考えます。事実、意見、そして嘘があります。否認者がやりたいのは、自分たちの嘘を意見として装い—おそらく挑発的な意見、ちょっと変わった意見—でも意見なら会話の一部として扱われるべきだとし、そして事実に侵入しようとすることです。

**研究成果を発表**
私は研究成果を発表し、「ホロコーストを否認する:真実と記憶への攻撃が増加する中で」という本を出版しました。それは多くの国々で出版され、ここイギリスのペンギン社からも出され、私はその人たちとお別れし、次に進む準備ができていました。

その時、ペンギンUKからの手紙が届きました。そして、三度目に笑いました…間違って。手紙を開けると、デイヴィッド・アーヴィングが私をイギリスで名誉毀損で訴えていると書いてありました。

**デイヴィッド・アーヴィングが私を訴える?**
デイヴィッド・アーヴィングとは誰でしょうか?彼は第二次世界大戦に関する歴史的著作を書いた作家で、そのほとんどはナチスがそれほど悪くなく、連合国がそれほど良くなく、ユダヤ人が何が起こったとしてもそれに値するという立場を取っていました。彼は文書を知っていて、事実を知っていましたが、どうにかしてそれをねじ曲げてこの意見を持つようにしました。彼は常にホロコースト否認者ではありませんでしたが、1980年代後半にそれを熱心に受け入れました。

**私は笑った**
私が笑った理由の一つは、彼がホロコースト否認者であることを誇りに思っているように見えたからです。ここには、アウシュビッツの戦艦を沈めると言った男がいました。生存者の腕に刻まれた番号を指し、「その番号を持っていることでどれだけお金を稼いだのか?」と言った男がいました。ここには、アウシュビッツのガス室で死んだ人よりもケネディ上院議員の車の中で死んだ人の方が多いと言った男がいました。それはアメリカの参考文献ですが、調べてみてください。

**無視する**
この男は、ホロコースト否認者であることに全く恥じらいもなく、遠慮もありませんでした。多くの学術的な同僚たちは私に「無視しろ」と助言しました。しかし、名誉毀損訴訟を無視できないことを説明すると、彼らは「誰が彼を信じるだろう?」と言いました。しかし、ここに問題がありました。イギリスの法律は私に証明の負担を課し、アメリカや多くの他の国々のように彼が虚偽を証明する必要がありました。

**私は

ホロコースト否認者ではない**
それが意味することは何でしょうか?それは、私が戦わなければ、彼がデフォルトで勝つことを意味します。そして、彼がデフォルトで勝つなら、彼は正当なホロコーストのバージョンを持っていると主張できます。「デボラ・リップスタットは私をホロコースト否認者と呼んで名誉毀損をしたと認定された。つまり、私はホロコースト否認者ではない。」と。

**つまり**
そして、そのバージョンは何でしょうか?ユダヤ人を殺す計画はなかった、ガス室はなかった、大量射殺はなかった、ヒトラーは何の苦しみにも関与していなかった、ユダヤ人は全てをでっち上げてドイツからお金を取り、国を得るためにそれを行い、同盟国の助けを借りて文書と証拠を植え付けた。

**私たちは勝った**
私はそれを許すことができませんでした。生存者やその子供たちに会うことができませんでした。私はそれを許すことができませんでした。そして、責任ある歴史家と考えることもできませんでした。だから、私たちは戦いました。もし「否認」をご覧になっていない方がいれば、ネタバレですが、私たちは勝ちました。(笑い)(拍手)裁判官はデイヴィッド・アーヴィングを嘘つき、人種差別主義者、反ユダヤ主義者と認定しました。彼の歴史観は偏見に満ちており、彼は嘘をつき、歪曲し、そして最も重要なのは、意図的にそれを行ったことです。

**間違い**
私たちは25以上の主要な事例でパターンを示しました。小さなことではありません。多くの私たちの観客が本を書いており、本を書いている人たちです。私たちは常に間違いを犯します。だからこそ、第二版を持つことが嬉しいのです:間違いを訂正するために。(笑い)しかし、これらは常に同じ方向に進みました:ユダヤ人を非難し、ナチスを免責する。

**どうやって勝ったのか**
私たちは彼の脚注をその資料にまで遡りました。そして何を見つけたでしょうか?ほとんどの場合ではなく、主にではなく、彼がホロコーストに言及するたびに、その証拠が歪曲されていた、半分の真実、日付が変更され、順序が変更され、会議にいなかった人が配置されていたことがわかりました。つまり、彼には証拠がありませんでした。彼の証拠はそれを証明していませんでした。私たちは何が起こったのかを証明しませんでした。

**どんなメッセージを持つのか**
私たちは彼が言ったこと、つまりすべての否認者の延長線上にあるものが真実ではないことを証明しました。彼らが主張すること—彼らにはそれを証明する証拠がありません。

**なぜ私の話が重要なのか**
だからこそ、私の話がただの風変わりな、長い、六年の困難な訴訟の物語以上のものである理由は、アメリカの教授が法廷に引きずり込まれたことによって示されたものです。その判決で裁判所は彼をネオナチの論客と認定しました。それが持つメッセージは何でしょうか?真実の問題において、それは非常に重要なメッセージを持つと思います。

**今日の真実**
今日、私たちがよく知っているように、真実と事実は攻撃を受けています。ソーシャルメディアは、多くの贈り物を私たちに与えてくれましたが、事実—確立された事実—と嘘の違いが平らにされました。

**過激主義**
第三に、過激主義です。クー・クラックス・クランのローブを見ないかもしれません、燃える十字架を見ないかもしれません、明白な白人至上主義の言語を聞かないかもしれません。それは「オルト・ライト」、「ナショナル・フロント」などの名前で行われるかもしれません—名前を選んでください。しかし、その下には、私がホロコースト否認で見つけたのと同じ過激主義が合理的な議論として装っています。私たちは真実が防御に回っている時代に生きています。

**新しいマンガ**
私は最近「ニューヨーカー」に掲載されたクイズ番組のホストが参加者に「そうです、あなたは正しい答えを持っていました。しかし、あなたの対戦相手がもっと大声で叫んだので、彼がポイントを獲得します。」と言っているクイズ番組を思い出します。

**私たちにできること**
私たちにできることは何でしょうか?まず第一に、合理的な外見に惑わされてはいけません。私たちはその下を見なければならず、そこには過激主義が見つかります。第二に、真実は相対的ではないことを理解しなければなりません。

第三に、攻撃に転じる必要があります、防御ではなく。誰かが非常識な主張をしたとき、たとえそれが国の最高位の役職を持っている人であろうと—証拠はどこですか?証拠はどこですか?と尋ねなければなりません。彼らの足を火にかけなければなりません。彼らの嘘が事実と同じであるかのように扱ってはいけません。そして、前述したように、真実は相対的ではありません。

**学問の世界**
私たちの多くは、すべてが議論の対象であると教えられている学問の世界、啓発されたリベラルな思想の中で育ちました。しかし、それは事実ではありません。特定の事実があります。それは否定できない事実です—客観的な真実です。ガリレオは何世紀も前に私たちに教えました。バチカンに地球が太陽の周りを回ることを撤回するよう強制された後も、彼は出てきて、「それでも動く」と言ったと言われています。

**地球は平らではありません**
地球は平らではありません。気候は変わっています。エルビスは生きていません。(笑い)(拍手)

**結論**
そして最も重要なのは、真実と事実が攻撃を受けていることです。私たちの前にある仕事、私たちの前にある任務、私たちの前にある挑戦は大きいです。戦う時間は短いです。私たちは今行動しなければなりません。後では遅すぎます。

ありがとうございました。(拍手)

タイトルとURLをコピーしました