陰謀論時代のメディアリテラシー:真実を見極める力を鍛える

動物

Peter McIndoe isn’t a fan of birds. In fact, he has a theory about them that might shock you. Listen along to this eye-opening talk as it takes a turn and makes a larger point about conspiracies, truth and belonging in divisive times.

ピーター・マッキンドーは鳥のファンではありません。実際、彼はそれらについてあなたに衝撃を与えるかもしれない理論を持っています。この目を見張るような講演は、一転して陰謀、真実、分裂時代における帰属についてより重要な点を取り上げていますので、ぜひ聞いてください。

タイトル Birds Aren’t Real? How a Conspiracy Takes Flight
鳥は本物ではない?陰謀はどのようにして暴かれるか
アップロード 2023年9月13日
キャスト ピーター・マッキンドー
スポンサーリンク

Birds Aren’t Real? How a Conspiracy Takes Flight(鳥は本物ではない?陰謀はどのようにして暴かれるか)

要約

衝撃的な情報の受け取り

ピーターが受け取った情報によると、米国政府は約40年間にわたって飛行機から撒かれる有毒物質を使用し、120億羽以上の鳥を殺しました。その後、監視用ドローンを鳥の代わりに設置し、国民を監視していたというものです。

陰謀論運動への参加

ピーターはこの情報を信じ、「鳥はリアルではない」という運動に参加しました。2021年にはこの運動の公共情報担当官に昇進し、全国で集会を開き、ビルボードを立てて、多くの人々にこのメッセージを伝えました。

風刺的な運動

実際には、この運動は風刺的なものでした。ピーターとその仲間たちは、風刺的な陰謀論がどれだけ簡単に広まり、メディアがそれを信じるかを確かめるために活動しました。4年間の活動を通じ、多くの人々やメディアがこの運動を本物の陰謀論として取り上げることに成功し、ニューヨークタイムズでその真相を明らかにしました。

陰謀論者への新しい視点

ピーターはこの経験を通じて、陰謀論者に対する新しい視点を得ました。彼らを無知や愚かだと見なすのではなく、なぜそのような信念を持つに至ったのかを理解することが重要だと考えるようになりました。信念の背後には、コミュニティや所属感が存在し、彼らの背景や状況に共感することで、建設的な対話が可能になると気づきました。

共感と建設的な対話の重要性

ピーターは、陰謀論者をただ非難するのではなく、彼らの感じる所属感やコミュニティの重要性を理解し、それに共感することが大切だと主張します。現実的な対話を通じて、共通の現実に向かう手段を見つけることが、社会全体の理解を深めるために必要だと考えています。

文字起こし

Hi, I’m Peter.

And six years ago, I received information that changed the course of the rest of my life. From 1969 through 2001, the US government murdered over 12 billion birds in the American skies. They did this using poisonous toxins dropped from airplanes that were contagious and murdered all of the birds over the course of about 40 years.

Now, I know this is not the public understanding of this and may sound absurd, but please just bear with me and keep an open mind and just be respectful, please, as I share this information with you.

I know a lot of you may be wondering why would the government kill 12 billion birds? It seems like an awful lot of trouble for a government to go through. The reason is as devastating as it is simple. For each bird the government killed, they replaced it with a surveillance drone replica in disguise designed to spy on the American people.

Now … Some may say, if you’re the government, at least, that this is a worthy sacrifice, these 12 billion lives, for the safety of the people, right? I don’t know about that, it seems like a pretty serious limit on our freedom, wouldn’t you agree?

The proof that birds are robots is all around us if you start looking. For starters, birds charge their batteries on power lines — (Laughter) So they can refuel up high and they can watch the civilians, you know. They also track civilians using a liquid tracking device. (Laughter) You ever wonder why birds poop on your car? Do you need more evidence? Really, I can go all day up here. Who here has seen a baby pigeon? You haven’t, have you? It’s weird. There’s all these adult pigeons where are all the babies? They come out of the factory as adults, so … (Laughter) There’s no organic growth, you know. It’s a smoking gun.

Over the years, as I began putting this information together, I began realizing the extent of all this. And there were times I wished I never even learned this. My life would be so much easier. You know, I remember before I knew this information, I was happier, my steps were lighter, you know. But I always come back to this. It is my moral obligation as one of the few privileged enough to know this, to share it with you, the blind sheep, you know. (Laughter)

And that’s what I’ve been doing for years now. I’m a part of a movement called Birds Aren’t Real. And in 2021, I was promoted to public information officer for the movement. It’s the honor of my life. I had one job. Oh, thank you, thank you. (Applause) Thank you. My one job was to deprogram the public from the bird lie. And deprogram is a very specific word because you all are programmed. You know that, right? We live in a pro-bird civilization drenched in propaganda. For instance, every state has a state bird, the national mascot is a bald eagle, presidents don’t talk, they tweet, then the tweets are covered on the bird-logo media.

Once I knew this, my first order of business was to get the information out to the American people, get off the internet into the real world. So that’s what I did. I bought a van, covered it in decals with facts. I wanted to turn the highway into an information highway, awaken the people. I went city to city, holding rallies, meeting up with our thousands of supporters, growing by the day. And I was putting up billboards wherever we went, sharing our simple but powerful message. Look how beautiful it is. Now, the government, (Laughter) the government did take note of what we were doing and they sent some intimidators to try and deter us from our mission. You can see them right there. (Laughter) But we did not fold. We kept on going.

We started holding rallies at some of the most evil pro-bird corporations in the world, starting with Twitter, where we brought hundreds out to protest their pro-bird logo. Months later, we brought 500 people out to CNN headquarters to demand fairer coverage for bird truthers on air. Then just last year, we brought 2,000 people out to Washington Square in New York City to demand that the mayor shut down every pigeon in the city. (Laughter)

Here’s what that looked like. (Crowd shouting) Birds aren’t real! Birds aren’t real! Birds aren’t real! Birds aren’t real! (Laughter) Can’t even tell you how that felt. I took that video standing on the top of the van, megaphone in hand, knowing we were awakening a country that needs it so badly. I can’t think of anything more beautiful.

OK, let me start this talk over. I do not actually believe that birds are robots. And everyone else in this picture is also in on the bit. This is a character that I played for four years. The leader of a fake movement with fake evidence and a fake history. Our goal was to convince the public that our satirical movement was a real one. And see if the media would believe what we were saying. To do this, I played this character that I just showed you. We held rallies, put up billboards. We even sent the media a lot of fake evidence. We hired an old actor to pose as an ex-CIA agent confessing to his crimes. We sent them a historic email leak called “Poultry Gate” that came out of the Pentagon, (Laughter) where we forged hundreds of fake emails exposing elites and government officials in the bird drone surveillance plot.

It didn’t take much to convince the media. After just one summer holding rallies like this, it became nationally syndicated news on tons of local news stations that we were a real movement that had been around for 50 years. And there was a resurgence happening where it was coming back and there was a radical new leader, myself, bringing the movement back as the rise of conspiracy theories swept the nation. At this point, I’m sitting on my couch, watching the media report on my fake movement as a real one and figure it is probably time to come out of character. One, because we’d accomplished what we came there to do. But also, I didn’t want this to snowball in anything that was never supposed to.

So in 2021, I broke character, revealed the movement was a farce on the front page of The New York Times. And I was very proud, as you can see.

Allow me to reintroduce myself one more time. Hi, I’m Peter. Can you say, “Hi, Peter?” (Audience) Hi, Peter. Hey. I’d like to tell you a little bit about myself. I grew up in Arkansas in Little Rock, where I was home-schooled on the outskirts of town. The community that I grew up with was hyper conservative and religious, and almost everyone that I knew believed in some form of conspiracy theory, whether it was that Obama was the Antichrist or that there are microchips in the vaccines.

During my entire life, I always felt like I was on the fringes of normal society. So, as you can imagine, when it became time for me to play a character, the conspiracy theorist was a pretty easy one for me to tap into. During the years in character, I used the same cadence, logic and arguments as those I grew up around, just with a different theory swapped in. I was really dedicated to playing this character as convincingly as I could, as method as possible. So I spent days, sometimes, in character, a lot of time out in public with the van there, just talking with strangers. It led to hundreds of interactions with strangers who thought that I was a real conspiracy theorist. I’d often be out there, cowboy hat on, handing out fliers that said things like, “If it flies, it’s spies.” (Laughter) We had another flyer that said, “Birdwatching goes both ways.” (Laughter)

And during these times, as I’m handing out flyers and talking with people, there were hundreds, maybe thousands of instances over the years where strangers would approach me. You know, they’d see me in public and I’d see them notice me. And walk up to me with complete disdain on their face. They thought that I was a real conspiracy theorist. And time and time again, they’d come up to me, look me right in the eyes, just as close as I am to you right here, and they would tell me how stupid I am. They’d tell me I was uneducated, that I was crazy. That I was the problem with this country. When this happens, I didn’t feel the emotions of the character that I thought I would. My out-of-character self may interpret these interactions as a funny response to someone that fell for the comedy project, but instead I felt the emotions of the character. I felt emboldened and I felt sad and angry. Like they didn’t even take the time to know me. They instantly condemned me, judged me and othered me.

I’d found myself on the opposite side of this equation that I’d grown up around, the normal and the fringe. And in those moments when those people were talking to me, they could not have been more ineffective at what I would assume they really want. Less conspiracy theorists in the world.

These experiences, hundreds of them over the years, watching how people interact with those on the fringes of our society gave me an entirely new perspective on our approach to conspiracy theorists, whether it’s how we frame them in the conventional media, to how we deal with those in our own lives. If our goal is to live in a shared reality with our neighbors, what if our current approach isn’t bringing us any closer to that? What if by talking to conspiracy theorists like they’re ignorant and stupid, we’re actually pushing them farther away from the truth that we want them to see

? Because what happens when someone tells you that you’re stupid, you’re all wrong, you’re the problem? You’ll feel judged and dismissed. And most importantly, you’ll feel othered, which may lead you to look for safety in those who are like-minded to do what they have been doing for you. Affirm your selfhood, give you a sense of identity, belonging. These are some of the most basic human desires. We have to consider that conspiracy theorists are not just joining these groups for no reason. They’re getting rewards out of these, things that we are all looking for, a sense of purpose, community.

I grew up with the internet and during my time with this project, especially out of character, people have talked to me about the misinformation age and this, you know, terrifying problem of online echo chambers and conspiracy theorists. But I want to remind us that there are humans behind a lot of these screens. It’s not just numbers. Everyone’s unique experience influences their own narrative about the world, and there’s no blueprint for how to deal with this yet. But I do not think that online echo chambers of conspiracy theorists are this inevitable symptom of life online. The internet is about 30 years old and things are changing quickly, and I think it’ll be very important that we develop new solutions for these new problems on a fundamental level.

What if by addressing belief before belonging, we’re starting the conversation at the wrong place? Instead of sitting in collective bewilderment and frustration about how these people could believe these things, these crazies, what if we first looked under the hood and thought about what made them vulnerable to this information in the first place? What might they be getting out of this that they’re not getting in their everyday lives? How much does it have to do with a different truth, or how much does it have to do with the community that that truth brings?

We need to think about people’s circumstances and reference points, to see them as fellow human beings who want to believe in something and want to belong, just like all of us do in this room. Because if we continue with our current approach of arguing on the level of belief, it’s not going to get us anywhere. We’re going to end up with more echo chambers, more disinformation and more polarization. Instead, we can do the harder work of looking into what is fueling the need for an alternate truth. Not only would this lend us more empathy for those who think differently than us, but I really think this might be the only actually productive means, productive means, of moving toward the shared reality that we all want to live in.

Let’s direct our energy toward the crisis of belonging. And then maybe we will understand the crisis of belief. Before I go, I’ll leave with one more word. Just don’t forget: if it flies, it’s spies.

Thank you. (Cheers and applause)

和訳

こんにちは、ピーターです。

6年前、私の人生を変える情報を受け取りました。1969年から2001年にかけて、米国政府はアメリカの空で120億羽以上の鳥を殺しました。彼らは飛行機から撒かれる有毒物質を使用し、それが伝染し、約40年間で全ての鳥を殺しました。

これは公に知られていることではなく、ばかげていると思われるかもしれませんが、どうかしばらくの間、心を開いて聞いてください。そして、尊重しながら情報を共有させてください。

多くの方が、なぜ政府が120億羽の鳥を殺すのかと疑問に思うでしょう。それは非常に手間のかかることのように思えます。その理由は簡単でありながら衝撃的です。政府が殺した鳥一羽ごとに、監視用のドローンが変装して配置され、アメリカ国民を監視するために使われました。

もしあなたが政府側なら、これらの120億羽の命を国民の安全のための価値ある犠牲と考えるかもしれません。でも、これは私たちの自由に対する非常に深刻な制限ではないでしょうか?

鳥がロボットである証拠は、探し始めればあちこちに見つかります。例えば、鳥は電線でバッテリーを充電します。(笑)つまり、上空で再充電し、一般市民を監視しているのです。また、鳥は液体追跡装置を使用して市民を追跡します。(笑)鳥が車に糞をするのを不思議に思ったことはありませんか?他に証拠が必要ですか?一日中でも話せますよ。誰か、ベビーピジョンを見たことがありますか?ないでしょう。大人のハトはたくさんいるのに、ベビーはどこにいるのでしょうか?彼らは工場から大人として出てくるのです。(笑)

年を重ね、この情報をまとめるうちに、その広がりに気付きました。時には、こんなことを知らなければよかったと思うこともありました。知らなかった頃は、もっと幸せで、歩く足取りも軽かったのです。でも、常にこれに戻ってきます。特権を持って知っている少数の一人として、あなた方盲目的な羊たちにこの情報を共有することが私の道徳的義務なのです。(笑)

これが私が何年もやってきたことです。私は「鳥はリアルではない」という運動の一員です。そして2021年には、この運動の公共情報担当官に昇進しました。これが私の人生の誇りです。たった一つの仕事、ありがとう、ありがとう。(拍手)私の一つの仕事は、鳥の嘘から公衆を解放することでした。「解放する」という言葉は非常に特別な意味を持ちます。なぜなら、皆さんはプログラムされています。そうでしょう?私たちは鳥に満ちた文明に浸っています。例えば、各州には州の鳥があり、国のマスコットは白頭鷲です。大統領はツイートし、そのツイートは鳥のロゴのメディアで報道されます。

このことを知ってから、最初の仕事はアメリカ人にこの情報を伝えることでした。インターネットから現実世界に出ることです。そこで私はバンを購入し、事実をデカールで覆いました。高速道路を情報ハイウェイに変え、目覚めさせるためです。私は都市から都市へ移動し、集会を開き、日に日に増える支持者たちに会いました。どこへ行ってもビルボードを立て、私たちのシンプルで力強いメッセージを共有しました。

政府は私たちの行動に注目し、妨害者を送り込んできましたが、私たちは屈しませんでした。ツイッターのプロバードロゴに抗議するために数百人を集めました。数か月後、CNN本社に500人を集め、公平な報道を要求しました。昨年は、ニューヨーク市のワシントンスクエアに2000人を集め、市内のすべてのハトを排除するよう市長に要求しました。(笑)

その時の光景はこんな感じです。「鳥はリアルではない!」(笑)どんなに感動したか言葉では言い表せません。バンの上に立ち、メガホンを手に持ち、目覚めが必要な国を目覚めさせているのですから。

さて、この話をやり直しましょう。実際には、鳥がロボットだとは信じていません。写真に写っている他の人々も同様です。これは4年間演じたキャラクターです。偽の運動のリーダーとして、偽の証拠と偽の歴史を持っています。私たちの目標は、風刺的な運動が本物であると公衆を信じさせ、メディアがそれを信じるかどうかを確かめることでした。そのために、このキャラクターを演じました。集会を開き、ビルボードを設置し、メディアに多くの偽の証拠を送りました。元CIAエージェントとして俳優を雇い、彼の犯罪を告白させました。ペンタゴンから出てきた「ポルトリーゲート」という歴史的なメールリークを送り、政府高官とエリートが鳥ドローン監視計画に関与していることを暴露しました。(笑)

メディアを説得するのに多くの労力は必要ありませんでした。集会を開いた一夏の後、多くの地方ニュース局で全国的に報道され、50年前から存在していた本物の運動であると報じられました。私がソファに座って、偽の運動が本物として報道されるのを見ていたとき、それはまさに目的を達成したと感じました。2021年にキャラクターを破り、ニューヨークタイムズの一面でこの運動が風刺であることを明らかにしました。非常に誇りに思いました。

再度自己紹介させてください。こんにちは、ピーターです。皆さん、こんにちはピーターと言ってください。「こんにちはピーター」どうも。

私について少しお話ししたいと思います。私はアーカンソー州リトルロックで育ち、町外れでホームスクーリングを受けました。私が育ったコミュニティは非常に保守的で宗教的でした。私が知っていたほとんどの人は、オバマが反キリストであるとか、ワクチンにマイクロチップが入っているなどの陰謀論を信じていました。

私の人生全体で、常に社会の周縁にいると感じていました。ですから、キャラクターを演じる時が来たとき、陰謀論者は私にとって非常に自然なものでした。キャラクターを演じている間、私は同じ調子、論理、議論を使いました。ただし、異なる理論に置き換えました。私はこのキャラクターをできるだけ真実味を持って演じることに専念しました。バンと共に外で多くの時間を過ごし、見知らぬ人々と話すことで、何百回ものやり取りがありました。多くの人が私を本物の陰謀論者だと思いました。

たびたびカウボーイハットをかぶり、「飛ぶものはスパイだ」と書かれたチラシを配りました。「バードウォッチングは両方向に行く」と書かれた他のチラシもありました。これらの時期、チラシを配り、人々と話していると、何百回、場合によっては何千回も見知らぬ人々が近づいてきました。彼らは私を見て、その表情から軽蔑しているのがわかりました。何度も近づいてきて、私の目を見て、「あなたは馬鹿だ」と言いました。「教育を受けていない」「狂っている」「この国の問題だ」と言いました。このような反応があ

ったとき、私はキャラクターの感情を感じることはありませんでした。代わりに、私はキャラクターの感情を感じました。勇気づけられ、悲しみ、怒りを感じました。彼らは私を知ろうとせず、即座に私を非難し、判断し、疎外しました。

この経験を通じて、陰謀論者に対する私たちのアプローチに対する新しい視点が得られました。私たちが隣人と共有する現実に住みたいなら、現在のアプローチがそれに近づいているかどうかを考えるべきです。陰謀論者を無知で愚かだと扱うことで、彼らを真実からさらに遠ざけているのかもしれません。誰かがあなたに「馬鹿だ」「間違っている」「問題だ」と言ったとき、あなたは判断され、軽視され、疎外されるでしょう。それは、同じ考えを持つ人々の中に安全を見つけるように導くかもしれません。それは自己の確認、アイデンティティの感覚、所属感を与えるものです。陰謀論者がこれらのグループに参加するのは、彼らが何かを得ているからです。目的やコミュニティの感覚です。

私はインターネットで育ち、このプロジェクトを通じて、多くの人々がオンラインエコーチャンバーや陰謀論者について話してきました。しかし、これらのスクリーンの背後には人間がいることを忘れてはなりません。すべての人の経験は独自の世界観を持っており、これに対処するための青写真はまだありません。しかし、私はオンラインエコーチャンバーが避けられないオンライン生活の症状であるとは思いません。インターネットは約30年の歴史があり、急速に変化しています。新しい問題に対処するための新しい解決策を基本的なレベルで開発することが重要です。

所属よりも信念に取り組むことで、会話を間違った場所から始めているのではないでしょうか?これらの人々がなぜこれらのことを信じるのかを集団的に理解し、驚き、苛立ちを感じるのではなく、まず何が彼らをこの情報に脆弱にしたのかを考えてみましょう。日常生活で得られない何かを彼らが得ているのでしょうか?それは異なる真実にどれだけ関係があり、その真実がもたらすコミュニティとどれだけ関係があるのでしょうか?

人々の状況や参照点を考え、彼らを人間として見て、信じる何かを望み、所属したいと願う仲間として見る必要があります。現在の信念レベルでの議論を続けても何も進展しません。代わりに、代替の真実を求める必要性に目を向けることが重要です。これにより、異なる考えを持つ人々に対する共感が生まれるだけでなく、実際に生産的な方法で共通の現実に向かう手段になると思います。

エネルギーを所属の危機に向けて集中させましょう。そうすれば、信念の危機を理解できるかもしれません。最後にもう一言、「飛ぶものはスパイだ」ということを忘れないでください。ありがとう。

(歓声と拍手)

タイトルとURLをコピーしました