女性ヒーローの不足が子供たちに与える影響

社会

Why is it so hard to find female superhero merchandise? In this passionate, sparkling talk, media studies scholar (and father of a Star Wars-obsessed daughter) Christopher Bell addresses the alarming lack of female superheroes in the toys and products marketed to kids — and what it means for how we teach them about the world.

女性スーパーヒーローのグッズを見つけるのが難しいのはなぜですか?

この情熱的で輝かしいトークの中で、メディア研究者(そしてスター・ウォーズに夢中の娘の父親でもある)クリストファー・ベルは、子供向けに販売されているおもちゃや製品に女性のスーパーヒーローが驚くほど不足していること、そしてそれが子供たちにスーパーヒーローを教える上で何を意味するのかについて語ります。

タイトル Bring on the female superheroes!
女性スーパーヒーローを登場させよう!
アップロード 2016年9月23日
キャスト クリストファー・ベル
スポンサーリンク

Bring on the female superheroes!(女性スーパーヒーローを登場させよう!)

要約

娘の紹介と二面性

  • 講演者の娘は賢く、面白く、優れたアスリートであり、少林拳法の州チャンピオンでもある。また、オタクで「ドラゴンの母」と自称し、コミックや「スター・ウォーズ」を愛する。
  • 彼女のコスプレキャラクターはほとんど男性キャラクターであり、これに疑問を感じる。

女性スーパーヒーローの不足

  • 娘がコスプレをする際、グルートやハルク、オビ=ワン・ケノービなど、男性キャラクターが多いが、女性スーパーヒーローのグッズはほとんど見つからない。
  • 女性スーパーヒーローのコスチュームやおもちゃが少ないことが問題である。

メディアの影響

  • メディアは私たちに何を考えるべきかではなく、何について考えるべきかを教え、会話をコントロールしている。
  • 1983年にはアメリカのメディアの90%が50社に所有されていたが、2015年には6社に縮小し、情報の多様性が失われている。

ディズニーの例

  • ディズニーはルーカスフィルムを買収した後、「スター・ウォーズ」の男性キャラクターのグッズを多く出したが、プリンセス・レイアのグッズはほとんどない。
  • ディズニーはプリンセス・レイアのグッズを発売すると言ったが、実際には販売していない。

ガモーラとブラック・ウィドウの例

  • 「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のガモーラや「アベンジャーズ」のブラック・ウィドウのグッズも少なく、映画に登場するにもかかわらず、商品化されていない。
  • ブラック・ウィドウが主役の映画はなく、彼女のコスチュームも店頭にない。

性別に関する問題

  • 女の子が男性的な特性を持つことは受け入れられやすいが、男の子が女性的な特性を持つことは社会的に否定される。
  • 「マイリトルポニー」が好きな11歳の男の子マイクがいじめられ、自殺を試みるという悲劇的な例を紹介。

性別のないおもちゃの提案

  • 子供たちが性別に関係なく平等に扱われるために、性別にとらわれないおもちゃを提供することが重要。
  • ターゲットやディズニーが性別に関係なくハロウィンのコスチュームを提供する動きがあるが、まだ不十分である。

文字起こし

I spend most of my time thinking about little girls, which is kind of a weird thing for a grown man in our society to say. But I do. I spend most of my time thinking about little girls, and I think it’s primarily because I have one. This one’s mine, and I think you would really like her. She is smart and funny and kind to people and a good friend. But when I talk about my daughter, the word I find myself saying most is “athlete.” My kid’s athletic. She is strong and fast and has great balance and good body control. She is a three-time, back-to-back-to-back state champion in Shaolin Kempo. At nine years old, she is already halfway to a black belt. My daughter is athletic.

Now, when a man who is six feet two and 265 pounds stands in front of you and says his daughter is athletic, you might think that’s a reflection of him. It is not. (Laughter) My wife in high school was a two-time all-state soccer player and a two-time all-state volleyball player, and I played “Dungeons and Dragons.” And that is why, although my daughter is an athlete, she’s also a huge nerd, which I love. She walks around our house in a cloak of flames that she made herself. She sits on the Iron Throne — (Laughter) even though she has never seen “Game of Thrones,” primarily because we are not the worst parents who ever lived. But she knows there’s someone called the Mother of Dragons, and she calls herself that and she loves it. She’s a huge comic book fan. Right now, her favorite character is Groot. She loves Groot. She adores The Incredible Hulk. But my daughter really at heart, her thing is Star Wars. My kid is a Jedi. Although some days she’s also a Sith, which is a choice that I can respect. (Laughter)

But here’s the question that I have to ask. Why is it that when my daughter dresses up, whether it’s Groot or The Incredible Hulk, whether it’s Obi-Wan Kenobi or Darth Maul, why is every character she dresses up as a boy? And where are all the female superheroes? And that is not actually the question, because there’s plenty of female superheroes. My question really is, where is all the female superhero stuff? Where are the costumes? Where are the toys?

Because every day when my daughter plays when she dresses up, she’s learning stuff through a process that, in my own line of work, as a professor of media studies, we refer to as public pedagogy. That is, it is how societies are taught ideologies. It’s how you learned what it meant to be a man or a woman, what it meant to behave yourself in public, what it meant to be a patriot and have good manners. It’s all the constituent social relations that make us up as a people. It’s, in short, how we learn what we know about other people and about the world.

But we live in a 100-percent media-saturated society. What that means is that every single aspect of your human existence outside of your basic bodily functions is in some way touched by media. From the car that you drive to the food that you eat to the clothes that you wear to the way you construct your relationships to the very language you use to formulate thought — all of that is in some way mediated. So the answer in our society to how do we learn what we know about other people and about the world is largely through media.

Well, there’s a wrinkle in that, in that our society, media don’t simply exist as information distribution technologies and devices. They also exist as corporate entities. And when the distribution of information is tied to financial gain, there’s a problem. How big of a problem? Well think about this: in 1983, 90 percent of American media were owned by 50 companies. In any market, 50 companies doing something is a lot of companies. It’s a lot of different worldviews. In 2015, that number has shrunk to six, six companies. They are NBCUniversal Comcast, AOL Time Warner, the Walt Disney Company, News Corp, Viacom and the CBS Corporation. These six companies produce nine out of every 10 movies you watch, nine out of every 10 television shows, nine out of every 10 songs, nine out of every 10 books.

So my question to you is, if six companies control 90 percent of American media, how much influence do you think they have over what you’re allowed to see every day? Because in media studies, we spend a lot of time saying that media can’t tell us what to think, and they can’t; they’re terrible at that. But that’s not their job. Media don’t tell us what to think. Media tell us what to think about. They control the conversation, and in controlling the conversation, they don’t have to get you to think what they want you to think. They’ll just get you thinking about the things they want you to think about, and more importantly, not thinking about things they don’t want you to think about. They control the conversation.

How does this work in practice? Let’s just take one of those companies. We’ll do an easy one. Let’s talk about the Walt Disney Company for a second. The reason why I always pick the Walt Disney Company is this. Is there a single person in this room who has never seen a Disney movie? Look around. Exactly. I picked Disney because they have what we call 100 percent penetration in our society. Every single person has been exposed to Disney, so it’s an easy one for me to use.

Since 1937, Disney has made most of its money selling princesses to girls. It’s made a huge chunk of its money. Unless, of course, the princess your daughter is interested in, as my daughter is, is this one. See, in 2012, Disney purchased LucasFilm for the sum of four billion dollars, and immediately they flooded the Disney stores with Han Solo and Obi-Wan Kenobi, with Darth Vader and Luke Skywalker and Yoda and not Princess Leia. Why? Because this princess messes up the public pedagogy for these princesses.

So Disney did not put Princess Leia merchandise in the store, and when people went to Disney and said, “Hey, where’s all the Princess Leia stuff?” Disney said, “We have no intention of putting Princess Leia merchandise in the store.” And fans were angry and they took to Twitter with the hashtag #WeWantLeia. And Disney said, “Wait, that’s not what we meant. What we meant was, we don’t have any Princess Leia merchandise yet, but we will.” And that was in 2012, and it is 2015, and if you go to the Disney Store, as I recently have, and look for Princess Leia merchandise, do you know how many Princess Leia items there are in the Disney Store? Zero, because Disney has no intention of putting Princess Leia in the store.

And we shouldn’t be surprised because we found out that was their policy when they bought Marvel in 2009 for the sum of 4.5 billion dollars. Because when you make a lot of money selling princesses to girls, you also kind of want to make money from boys. And so what better to sell boys than superheroes? So now Disney had access to Captain America and to Thor, The Incredible Hulk, and they had access even to a group of superheroes no one had ever even heard of. That’s how good Marvel was at selling superheroes.

Last year, they released a film called “Guardians of the Galaxy.” It’s a film that absolutely should not work. Nobody knew who they were except for comic book nerds like me. One of the characters is a talking tree. One of the characters is an anthropomorphic raccoon. It should not work. And they made a killing off of “Guardians of the Galaxy.” This character here in the middle, her name is Gamora. She’s played by Zoe Saldana, and she is strong and smart and fast and fights like a ninja, and she is played by a beautiful black woman, and my daughter fell in love with her.

So like any good nerd dad, I went to buy my daughter Gamora stuff, and when I got to the store, I learned a very interesting thing. If I wanted to buy her a Gamora backpack, well, Gamora’s not on it. They probably should have marketed this as “some” of the Guardians of the Galaxy. (Laughter) And if I wanted to buy her a lunchbox, she wasn’t on it, and if I wanted to buy her a t-shirt, she wasn’t on it. And as a matter of fact, if I went to the store, as I did, and looked at the display, you would find a small picture of Gamora right here, but if you look at any of the actual merchandise on that shelf, Gamora is not on any of it.

Now, I could have taken to Twitter with the hashtag #WheresGamora, like millions of fans did across the world, but the truth was I wasn’t even really that surprised, because I was there when Disney had released “The Avengers.” And just this year, we got a new Avengers movie, the “Age of Ultron,” and we were very excited, because there was not one but two female superheroes, Scarlet Witch and Black Widow. And we were very excited.

But here’s the real thing about this. Even though Scarlett Johansson, who is one of the most popular actresses in America, plays Black Widow, and Black Widow is the star of not one, not two, but five different Marvel movies, there is not a single piece of Black Widow merchandise available. Not one. And if you go to the Disney store and look for a Black Widow costume, what you will find, is you will find Captain America and The Incredible Hulk. You will find Iron Man and Thor. You will even find War Machine, who isn’t even really in the movie

that long. Who you will not find is Black Widow.

And I could have gone to Twitter with the hashtag, as many people did, #WheresNatasha. But I’m tired of doing that. I’m tired of having to do that. All over the country right now, there are kids playing with the Cycle Blast Quinjet play set, where Captain America rides a motorcycle out of a moving jet and it’s really awesome. You know how awesome it is? So awesome that when it happened in the movie, it was Black Widow that did it. Not only has she been erased, but she has been replaced with a male figure.

And so what is this teaching us? I mean, over the next five years, Disney and Warner Bros. and a bunch of movie studios are going to release over 30 feature-length films with comic book characters, and of those 30 feature-length films, exactly two of them will have female solo leads. Two. Now, there will be females in the rest of these movies, but they will be sidekicks, they will be love interests, they will be members of teams. They will not be the main character.

And if what we learn, what we know about other people and about the world we learn through media, then these companies are teaching my daughter that even if she is strong and smart and fast and fights like a ninja, all four of which are true of her, it doesn’t matter. She will either be ignored like Gamora or erased and replaced with a boy like Black Widow. And it’s not fair. It’s not fair to her and it’s not fair to your sons and daughters either.

But here’s the thing: I’m raising a little girl, and she has a little tomboy in her, which by the way is a terrible thing to call a girl. What that basically is saying is, those traits that define you, they’re not really yours, they’re just on loan to you for a little while from boys. But do you know how much grief she’s going to take in her life for having a little tomboy in her? Zero. None. People will think it’s cute. They’ll call her feisty, because in our society, adding so-called male traits to girls is seen as an upgrade, seen as a bonus.

I’m not raising a little boy, like Mike. Mike is a little boy in Florida. He’s 11 years old, and the thing that he loves most in the world is a show called “My Little Pony: Friendship is Magic,” like millions of other children across America. Now, the show is marketed to girls ages five to nine, but there are millions of boys and grown men who enjoy “My Little Pony: Friendship is Magic.” They have a club. They call themselves Bronies, pony bros, guys who like ponies. I happen to be one of them.

And what are Mike and myself and millions of other boys and men learning in this feminine, sissified world of “My Little Pony?” Well, they’re learning to study hard and to work hard and to party hard and to look good and to feel good and to do good, and heaven preserve us from teaching these wussified concepts to boys. So the other kids in his neighborhood pick on Mike and they beat him up and they make fun of him, and at 11 years old, Mike goes home, finds a belt, wraps it around his neck, and hangs himself from the top bunk of his bed. Because we have developed a society in which you would rather be dead as a boy than thought of as liking stuff for girls. And that is not Mike’s fault. That is our fault. We have failed him. We have failed our children.

And we have to do better for them. We have to stop making it so that the only female superheroes appear on shirts that are pink and cut for girls. We have to stop. And when I was putting this together, people said to me, “Well, that’s never going to happen.” And I said, “Oh really?” Because just this year, Target announced that they were going to stop gendering their toy aisles. They were going to mix it up. Now, before we break our shoulders patting Target on the back, just this week they released a shirt in which one of the most iconic scenes in “Star Wars: A New Hope” where Princess Leia stands up to the Dark Lord of the Sith, was released on a t-shirt in which she’s mysteriously replaced by Luke. So let’s don’t pat ourselves on the back too much.

Just this week also, Disney announced it was no longer going to gender its Halloween costumes, which I say, “Thank you, Disney, except the only costumes you make are of male superheroes, so does it matter who you have wearing them?” Just this week, Mattel, who makes Barbie, announced they’re going to release a line of DC superhero girls. And the funny thing is, they met with girls and asked them what they wanted to see in dolls, and you can see, they have calves and elbows that bend so they can do superhero stuff. And please buy them. And don’t just buy them for your daughters, buy them for your sons. Because it’s important that boys play with and as female superheroes just as my daughter plays with and as male superheroes.

As a matter of fact, what I would love is a world in which every person who goes to the store goes with a little flowchart in their head of whether or not they should buy this toy for a boy or a girl, and it’s a real simple flowchart because it only has one question on it. It says, “Is this toy operated with your genitals?” (Laughter) If the answer is yes, then that is not a toy for children. (Laughter) And if the answer is no, then it’s for boys and girls. It’s really simple.

Because today is about the future of the future, and in my future, boys and girls are equally respected, equally valued, and most importantly, equally represented.

Thank you. (Applause)

和訳

私は大部分の時間、小さな女の子について考えています。これは、社会で大人の男性が言うにはちょっと変なことかもしれません。でも、私はそうしています。主に私が娘を持っているからです。これが私の娘で、皆さんもきっと彼女を気に入ると思います。彼女は賢くて、面白くて、人に優しく、良い友達です。でも、娘の話をする時、最もよく使う言葉は「アスリート」です。私の娘は運動神経が良いのです。彼女は強くて速く、バランス感覚も良く、体の動かし方も上手です。彼女は少林拳法の州チャンピオンで、9歳にして既に黒帯の半分まで来ています。私の娘は本当にアスリートです。

さて、身長6フィート2インチ、体重265ポンドの男が、自分の娘が運動神経が良いと言うと、それが自分の反映だと思うかもしれませんが、そうではありません。(笑い) 私の妻は高校時代、サッカーとバレーボールの州代表に2度選ばれましたが、私は「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をしていました。だからこそ、私の娘はアスリートであると同時に、大のオタクでもあります。それが私は大好きです。彼女は自分で作った炎のマントを着て家の中を歩き回ります。彼女は「ゲーム・オブ・スローンズ」を見たことがないにもかかわらず、アイアン・スローンに座ります。(笑い) 彼女は「ドラゴンの母」と呼ばれるキャラクターがいることを知っていて、自分をそう呼び、それを楽しんでいます。彼女は大のコミックファンです。今、彼女のお気に入りのキャラクターはグルートです。彼女はグルートが大好きです。インクレディブル・ハルクも大好きです。しかし、彼女の本当の情熱は「スター・ウォーズ」です。私の娘はジェダイです。ある日はシスでもありますが、それは尊重できる選択です。(笑い)

しかし、ここで疑問があります。なぜ娘がコスプレをするとき、グルートやインクレディブル・ハルク、オビ=ワン・ケノービやダース・モールのいずれも男のキャラクターなのか。女性のスーパーヒーローはどこにいるのか。実際にはたくさんの女性スーパーヒーローがいます。私の疑問は、本当に女性スーパーヒーローのグッズはどこにあるのか。コスチュームやおもちゃはどこにあるのか。

娘が遊んだり、コスプレをしたりするとき、彼女は私の専門であるメディア研究の分野で「公教育」と呼ばれるプロセスを通じて何かを学んでいます。つまり、それは社会がイデオロギーを教える方法です。男や女であること、公の場での振る舞い方、愛国心や礼儀作法をどう学ぶか。これらは私たちを構成するすべての社会関係です。簡単に言えば、他の人々や世界について私たちが知ることをどのように学ぶかです。

しかし、私たちは100%メディアに満ちた社会に生きています。つまり、基本的な生理機能以外のすべての側面がメディアによって影響を受けているということです。運転する車、食べる食べ物、着る服、人間関係の構築方法、思考を形成するための言語すべてがメディアによって媒介されています。したがって、他の人々や世界について知ることを学ぶ方法は、主にメディアを通じて行われます。

ここで問題があります。メディアは情報分配技術やデバイスとしてだけでなく、企業体としても存在します。そして、情報の分配が財政的利益と結びつくと、問題が生じます。その問題の大きさはどれほどでしょうか。考えてみてください。1983年、アメリカのメディアの90%は50社によって所有されていました。どの市場でも、50社が何かを行うのは多くの会社です。それは多くの異なる世界観を意味します。2015年、その数は6社に縮小しました。彼らはNBCユニバーサル・コムキャスト、AOLタイムワーナー、ウォルト・ディズニー、ニュース・コープ、バイアコム、CBSコーポレーションです。これら6社が、あなたが見る映画の90%、テレビ番組の90%、曲の90%、本の90%を制作しています。

ですから、6社がアメリカのメディアの90%をコントロールしているならば、毎日何を見るかについてどれほどの影響力を持っていると思いますか。メディア研究では、メディアは私たちに何を考えるべきかを教えることはできないと言っています。それはその通りです。しかし、それがメディアの役割ではありません。メディアは私たちに何を考えるべきかではなく、何について考えるべきかを教えます。彼らは会話をコントロールし、その会話をコントロールすることで、あなたに何を考えさせたいかではなく、何について考えさせたいかをコントロールします。そして、考えさせたくないことについて考えないようにさせます。彼らは会話をコントロールしています。

では、これが実際にはどのように機能するか見てみましょう。1つの会社を取り上げてみましょう。簡単な例としてウォルト・ディズニーを取り上げます。なぜディズニーを選ぶかというと、この部屋にいる全員がディズニー映画を見たことがあるからです。見回してみてください。まさにその通りです。私はディズニーを選んだのは、彼らが私たちの社会に100%浸透しているからです。全員がディズニーに触れているので、例として使いやすいのです。

1937年以来、ディズニーは主に女の子にプリンセスを売ることで大きな収益を上げてきました。それが大きな収益の一部を占めています。しかし、もしあなたの娘が興味を持っているプリンセスが、私の娘がそうであるように、このプリンセスならどうでしょうか。2012年、ディズニーはルーカスフィルムを40億ドルで買収し、すぐにディズニーストアをハン・ソロやオビ=ワン・ケノービ、ダース・ベイダーやルーク・スカイウォーカー、ヨーダでいっぱいにしましたが、プリンセス・レイアはありませんでした。なぜかというと、このプリンセスは他のプリンセスたちの公教育を乱してしまうからです。

ですから、ディズニーはプリンセス・レイアのグッズをストアに置きませんでした。そして、人々がディズニーに「プリンセス・レイアのグッズはどこ?」と尋ねたとき、ディズニーは「プリンセス・レイアのグッズをストアに置くつもりはありません」と答えました。ファンは怒り、ハッシュタグ#WeWantLeiaでツイッターに投稿しました。ディズニーは「それは違う意味です。私たちが言いたかったのは、まだプリンセス・レイアのグッズがないだけで、今後は置きます」ということでした。それが2012年のことで、今は2015年です。最近ディズニーストアに行ってプリンセス・レイアのグッズを探してみましたが、いくつあったと思いますか?ゼロです。ディズニーはプリンセス・レイアをストアに置くつもりは全くないのです。

そして、それが2009年にディズニーがマーベルを45億ドルで買収したときの方針だったことがわかりました。女の子にプリンセスを売って多くの収益を上げると同時に、男

の子にも収益を上げたいと思うようになります。そして、男の子に売るのに最適なのはスーパーヒーローです。ディズニーはキャプテン・アメリカやソー、インクレディブル・ハルクにアクセスできるようになりました。さらには、誰も聞いたことのないようなスーパーヒーローのグループにさえアクセスできました。それがマーベルのスーパーヒーロー販売の上手さです。

昨年、彼らは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」という映画を公開しました。この映画は絶対に成功しないはずでした。コミックオタクである私以外、誰も彼らを知りませんでした。キャラクターの一人は話す木です。もう一人は擬人化されたアライグマです。成功するはずがありませんでした。しかし、彼らは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で大成功を収めました。このキャラクターは中央にいるガモーラです。彼女はゾーイ・サルダナが演じており、強くて賢くて速く、忍者のように戦います。そして、美しい黒人女性が演じています。娘は彼女に夢中になりました。

だから、良いオタクの父親として、娘のためにガモーラのグッズを買いに行きました。すると、面白いことがわかりました。ガモーラのバックパックを買おうとすると、ガモーラは載っていません。実際には「一部のガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」としてマーケティングすべきだったでしょう。(笑い) ランチボックスを買おうとすると、彼女はいません。Tシャツを買おうとすると、彼女もいません。そして実際に店に行って展示を見ても、小さなガモーラの写真がここにあるだけで、棚にある実際の商品のいずれにもガモーラは載っていませんでした。

私は世界中の何百万ものファンのように、ハッシュタグ#WheresGamoraでツイッターに投稿することができましたが、正直なところ、それほど驚きませんでした。なぜなら、「アベンジャーズ」のリリースの時にもそこにいたからです。今年、私たちは新しいアベンジャーズ映画「エイジ・オブ・ウルトロン」を迎えました。私たちは非常に興奮していました。なぜなら、スカーレット・ウィッチとブラック・ウィドウという2人の女性スーパーヒーローが登場するからです。私たちは非常に興奮していました。

しかし、ここでの本当の問題は、スカーレット・ヨハンソンが演じるブラック・ウィドウはアメリカで最も人気のある女優の一人ですが、ブラック・ウィドウが主演する映画は1本もありません。映画に登場するにもかかわらず、ブラック・ウィドウのグッズは1つもないのです。ディズニーストアに行ってブラック・ウィドウのコスチュームを探しても、見つかるのはキャプテン・アメリカやインクレディブル・ハルクです。アイアンマンやソーも見つかります。ウォーマシンも見つかりますが、映画にそれほど長く登場するわけではありません。見つからないのはブラック・ウィドウです。

私はハッシュタグ#WheresNatashaでツイッターに投稿することができましたが、それをするのに疲れました。そうしなければならないのに疲れました。今、アメリカ中の子供たちが、キャプテン・アメリカが動くジェット機からバイクに乗るサイクルブラスト・クインジェットプレイセットで遊んでいます。これは本当にすごいです。映画で起こった時のようにすごいです。そのシーンはブラック・ウィドウが演じたものでした。彼女は削除されただけでなく、男性キャラクターに置き換えられました。

これが私たちに何を教えているのでしょうか。今後5年間、ディズニーやワーナーブラザーズ、その他の映画スタジオが30本以上の漫画キャラクター映画を公開する予定です。そのうち30本の長編映画の中で、女性のソロリードを持つものはわずか2本です。2本です。残りの映画には女性が登場しますが、彼女たちはサイドキックや恋愛対象、チームのメンバーとして登場します。彼女たちは主要キャラクターではありません。

メディアを通じて他の人々や世界について知ることを学ぶとしたら、これらの企業は、たとえ私の娘が強くて賢くて速くて忍者のように戦えるとしても、彼女は無視されるか、ガモーラのように無視されるか、ブラック・ウィドウのように男の子に置き換えられると教えています。これは不公平です。娘にとっても、あなたの息子や娘にとっても不公平です。

でも、こういうことです。私は小さな女の子を育てています。彼女には少しトンボのようなところがあります。ちなみに、トンボは女の子を呼ぶのにひどい言葉です。基本的には、あなたを定義するこれらの特性は本当のものではなく、男の子から一時的に借りているものだと言っています。しかし、彼女がトンボのようなところを持っていることで人生でどれだけの苦労をするでしょうか。ゼロです。全くありません。人々はそれをかわいいと思うでしょう。彼女を活発だと呼ぶでしょう。なぜなら、私たちの社会では、いわゆる男性的な特性を女の子に加えることがアップグレードやボーナスと見なされるからです。

私はマイクのような小さな男の子を育てていません。マイクはフロリダ州の小さな男の子で、11歳です。彼が世界で最も好きなものは「マイリトルポニー:フレンドシップ・イズ・マジック」というショーです。アメリカ中の他の多くの子供たちと同じように、このショーは5歳から9歳の女の子向けにマーケティングされていますが、何百万人もの男の子や大人の男性も「マイリトルポニー:フレンドシップ・イズ・マジック」を楽しんでいます。彼らはクラブを持っています。彼らは自分たちをブロニーと呼びます。ポニー好きの男性たちです。私もその一員です。

マイクや私、そして他の多くの男の子や男性たちは、このフェミニンでシシーファイドな「マイリトルポニー」の世界で何を学んでいるのでしょうか。彼らは一生懸命勉強し、一生懸命働き、楽しくパーティーをし、見た目を良くし、気分を良くし、良いことをすることを学んでいます。これらの女性的な概念を男の子に教えることから私たちを守るために。

そのため、彼の近所の他の子供たちはマイクをいじめ、彼を殴り、からかいます。11歳のマイクは家に帰り、ベルトを見つけて首に巻き付け、二段ベッドの上段からぶら下がります。なぜなら、私たちは男の子が女の子のものを好きだと思われるよりも、死んだほうがましだと思う社会を作り上げたからです。そして、それはマイクのせいではありません。それは私たちのせいです。私たちは彼を、そして私たちの子供たちを失望させました。

私たちは子供たちのためにもっと良いことをしなければなりません。女の子向けにピンクでカットされたシャツにだけ女性のスーパーヒーローが登場するようにするのをやめなければなりません。これをやめなければなりません。このプレゼンを作成している時に、人々は「それは絶対に起こ

らない」と言いました。私は「本当に?」と答えました。なぜなら、今年、ターゲットは玩具売り場の性別を廃止することを発表しました。売り場を混ぜることにしました。

しかし、肩を叩いてターゲットを称賛する前に、今週、ターゲットは「スター・ウォーズ:新たなる希望」の最も象徴的なシーンの一つであるレイア姫がシスの暗黒卿に立ち向かうシーンをTシャツに載せたところ、レイア姫が不思議なことにルークに置き換えられたことがわかりました。ですから、あまり自己満足に浸らないようにしましょう。

今週も、ディズニーはハロウィンのコスチュームの性別を廃止すると発表しました。それに対しては「ありがとう、ディズニー」と言いますが、作るコスチュームはすべて男性スーパーヒーローのものなので、誰が着ても関係ありません。また、今週、バービーを製造するマテルは、DCスーパーヒーローガールズのラインを発売することを発表しました。面白いことに、彼らは女の子たちにどんな人形が欲しいかを聞きました。女の子たちはふくらはぎや曲がる肘を持つ人形が欲しいと言いました。だから彼らはスーパーヒーローのようなことができるようになっています。

そして、これらを買ってください。そして、娘たちのためだけでなく、息子たちのためにも買ってください。男の子たちが女性のスーパーヒーローと遊び、女性のスーパーヒーローとして遊ぶことが重要だからです。実際、私が望むのは、店に行くたびに頭の中にある簡単なフローチャートを持つ世界です。そのフローチャートには、この玩具を男の子か女の子に買うべきかという質問が一つだけあります。それは「この玩具は性器で操作されますか?」(笑い)

答えが「はい」の場合、それは子供向けの玩具ではありません。(笑い) 答えが「いいえ」の場合、それは男の子と女の子のためのものです。とてもシンプルです。今日のテーマは未来の未来についてです。私の未来では、男の子と女の子は平等に尊重され、平等に評価され、最も重要なのは平等に代表されることです。ありがとうございます。(拍手)

タイトルとURLをコピーしました