PTSD治療の新アプローチ!記憶を消す薬プロプラノロールの可能性

医療・医学

Trauma and PTSD rewire your brain — especially your memory — and can unearth destructive emotional responses when stirred. Could we eliminate these triggers without erasing the memories themselves? Enter neurologist Amy Milton’s mind-blowing, memory-editing clinical research poised to defuse the damaging effects of painful remembered experiences and offer a potential path toward better mental health.

トラウマや PTSD は脳、特に記憶の配線を再配線し、興奮すると破壊的な感情反応を引き起こす可能性があります。記憶そのものを消去することなく、これらのトリガーを排除することはできるでしょうか?

神経内科医のエイミー・ミルトン氏による、記憶を編集する驚くべき臨床研究は、思い出された痛みを伴う体験の悪影響を軽減し、精神的健康を改善する可能性のある道を提供することを目的としています。

タイトル Can we edit memories?
思い出を編集することはできますか?
アップロード 2020年6月15日
キャスト エイミー・ミルトン
スポンサーリンク

「Can we edit memories? (思い出を編集することはできますか?)」の文字起こし

要約

記憶の重要性と二面性

  • 記憶は日常的で当たり前のものですが、失われた時にその重要性に気づきます。記憶は私たちのアイデンティティを形成します。
  • 記憶には良いものと悪いものがあり、トラウマ的な出来事は心的外傷後ストレス障害(PTSD)を引き起こすことがあります。

PTSDの影響

  • PTSDは強い恐怖や不安、フラッシュバックなどの症状を伴い、生活の質に大きな影響を与えます。特定の状況や環境内の合図によって引き起こされることが多く、これが適応不全の記憶と呼ばれます。

記憶の種類

  • 記憶には宣言的記憶(事実や出来事を言葉で伝えられる記憶)と非宣言的記憶(意識的にアクセスできず、言葉で伝えられない記憶)があり、それぞれ異なる脳の回路や領域に依存しています。

トラウマと記憶の関係

  • トラウマ中の極度のストレスは宣言的記憶を司る海馬の活動をシャットダウンし、具体的な詳細を保存しません。一方、感情記憶を司る扁桃体の活動は強化され、非常に強い恐怖の記憶を残します。

記憶の再固定化

  • 記憶は固定化(コンソリデーション)されると以前は考えられていましたが、現在では再固定化(リコンソリデーション)という概念があり、記憶は編集可能であることが示唆されています。適切な条件下で記憶を編集モードにし、情報を変更することができます。

PTSDの治療アプローチ

  • PTSDの治療には、適応不全の感情記憶を破壊する方法が研究されています。例えば、プロプラノロールという薬が恐怖記憶の再固定化を防ぐことが示されています。また、テトリスなどの行動介入も有効です。

治療の実例

  • 健康なボランティアに不快な映画を見せ、テトリスをプレイさせる実験では、フラッシュバックの頻度が大幅に減少しました。臨床試験でも同様の結果が得られており、PTSDの治療に希望が持たれています。

文字起こし

Memory is such an everyday thing that we almost take it for granted. We all remember what we had for breakfast this morning or what we did last weekend. It’s only when memory starts to fail that we appreciate just how amazing it is and how much we allow our past experiences to define us.

But memory is not always a good thing. As the American poet and clergyman John Lancaster Spalding once said, “As memory may be a paradise from which we cannot be driven, it may also be a hell from which we cannot escape.” Many of us experience chapters of our lives that we would prefer to never have happened. It is estimated that nearly 90 percent of us will experience some sort of traumatic event during our lifetimes. Many of us will suffer acutely following these events and then recover, maybe even become better people because of those experiences. But some events are so extreme that many — up to half of those who survive sexual violence, for example — will go on to develop post-traumatic stress disorder, or PTSD.

PTSD is a debilitating mental health condition characterized by symptoms such as intense fear and anxiety and flashbacks of the traumatic event. These symptoms have a huge impact on a person’s quality of life and are often triggered by particular situations or cues in that person’s environment. The responses to those cues may have been adaptive when they were first learned — fear and diving for cover in a war zone, for example — but in PTSD, they continue to control behavior when it’s no longer appropriate. If a combat veteran returns home and is diving for cover when he or she hears a car backfiring or can’t leave their own home because of intense anxiety, then the responses to those cues, those memories, have become what we would refer to as maladaptive. In this way, we can think of PTSD as being a disorder of maladaptive memory.

Now, I should stop myself here, because I’m talking about memory as if it’s a single thing. It isn’t. There are many different types of memory, and these depend upon different circuits and regions within the brain. As you can see, there are two major distinctions in our types of memory. There are those memories that we’re consciously aware of, where we know we know and that we can pass on in words. This would include memories for facts and events. Because we can declare these memories, we refer to these as declarative memories. The other type of memory is non-declarative. These are memories where we often don’t have conscious access to the content of those memories and that we can’t pass on in words. The classic example of a non-declarative memory is the motor skill for riding a bike.

Now, this being Cambridge, the odds are that you can ride a bike. You know what you’re doing on two wheels. But if I asked you to write me a list of instructions that would teach me how to ride a bike, as my four-year-old son did when we bought him a bike for his last birthday, you would really struggle to do that. How should you sit on the bike so you’re balanced? How fast do you need to pedal so you’re stable? If a gust of wind comes at you, which muscles should you tense and by how much so that you don’t get blown off? I’ll be staggered if you can give the answers to those questions. But if you can ride a bike, you do have the answers, you’re just not consciously aware of them.

Getting back to PTSD, another type of non-declarative memory is emotional memory. Now, this has a specific meaning in psychology and refers to our ability to learn about cues in our environment and their emotional and motivational significance. What do I mean by that? Well, think of a cue like the smell of baking bread, or a more abstract cue like a 20-pound note. Because these cues have been pegged with good things in the past, we like them and we approach them. Other cues, like the buzzing of a wasp, elicit very negative emotions and quite dramatic avoidance behavior in some people.

Now, I hate wasps. I can tell you that fact. But what I can’t give you are the non-declarative emotional memories for how I react when there’s a wasp nearby. I can’t give you the racing heart, the sweaty palms, that sense of rising panic. I can describe them to you, but I can’t give them to you. Now, importantly, from the perspective of PTSD, stress has very different effects on declarative and non-declarative memories and the brain circuits and regions supporting them. Emotional memory is supported by a small almond-shaped structure called the amygdala and its connections. Declarative memory, especially the what, where and when of event memory, is supported by a seahorse-shaped region of the brain called the hippocampus.

The extreme levels of stress experienced during trauma have very different effects on these two structures. As you can see, as you increase a person’s level of stress from not stressful to slightly stressful, the hippocampus, acting to support the event memory, increases in its activity and works better to support the storage of that declarative memory. But as you increase to moderately stressful, intensely stressful and then extremely stressful, as would be found in trauma, the hippocampus effectively shuts down. This means that under the high levels of stress hormones that are experienced during trauma, we are not storing the details, the specific details of what, where and when. Now, while stress is doing that to the hippocampus, look at what it does to the amygdala, that structure important for the emotional, non-declarative memory. Its activity gets stronger and stronger.

So what this leaves us with in PTSD is an overly strong emotional — in this case fear — memory that is not tied to a specific time or place, because the hippocampus is not storing what, where and when. In this way, these cues can control behavior when it’s no longer appropriate, and that’s how they become maladaptive. So if we know that PTSD is due to maladaptive memories, can we use that knowledge to improve treatment outcomes for patients with PTSD?

A radical new approach being developed to treat post-traumatic stress disorder aims to destroy those maladaptive emotional memories that underlie the disorder. This approach has only been considered a possibility because of the profound changes in our understanding of memory in recent years. Traditionally, it was thought that making a memory was like writing in a notebook in pen: once the ink had dried, you couldn’t change the information. It was thought that all those structural changes that happen in the brain to support the storage of memory were finished within about six hours, and after that, they were permanent. This is known as the consolidation view.

However, more recent research suggests that making a memory is actually more like writing in a word processor. We initially make the memory and then we save it or store it. But under the right conditions, we can edit that memory. This reconsolidation view suggests that those structural changes that happen in the brain to support memory can be undone, even for old memories. Now, this editing process isn’t happening all the time. It only happens under very specific conditions of memory retrieval.

So let’s consider memory retrieval as being recalling the memory or, like, opening the file. Quite often, we are simply retrieving the memory. We’re opening the file as read-only. But under the right conditions, we can open that file in edit mode, and then we can change the information. In theory, we could delete the content of that file, and when we press save, that is how the file — the memory — persists.

Not only does this reconsolidation view allow us to account for some of the quirks of memory, like how we all sometimes misremember the past, it also gives us a way to destroy those maladaptive fear memories that underlie PTSD. All we would need would be two things: a way of making the memory unstable — opening that file in edit mode — and a way to delete the information.

We’ve made the most progress with working out how to delete the information. It was found fairly early on that a drug widely prescribed to control blood pressure in humans — a beta-blocker called Propranolol — could be used to prevent the reconsolidation of fear memories in rats. If Propranolol was given while the memory was in edit mode, rats behaved as if they were no longer afraid of a frightening trigger cue. It was as if they had never learned to be afraid of that cue. And this was with a drug that was safe for use in humans.

Now, not long after that, it was shown that Propranolol could destroy fear memories in humans as well, but critically, it only works if the memory is in edit mode. Now, that study was with healthy human volunteers, but it’s important because it shows that the rat findings can be extended to humans and ultimately, to human patients. And with humans, you can test whether destroying the non-declarative emotional memory does anything to the declarative event memory. And this is really interesting. Even though people who were given Propranolol while the memory was in edit mode were no longer afraid of that frightening trigger cue, they could still describe the relationship between the cue and the frightening outcome. It was as if they knew they should be afraid, and yet they weren’t. This suggests that Propranolol can selectively target the non-declarative emotional memory but leave the declarative event memory intact. But critically, Propranolol can only have any effect on the memory if it’s in edit mode.

So how do we make a memory unstable? How do we get it into edit mode? Well, my own lab has done quite a lot of work on this. We know that it depends on introducing some but not too much new information to be incorporated into the memory. We know about the different chemicals the brain uses to signal that a memory should be updated and the file edited. Now, our work is mostly in rats, but other labs have found the same factors allow memories to be edited in humans, even maladaptive

memories like those underlying PTSD.

In fact, a number of labs in several different countries have begun small-scale clinical trials of these memory-destroying treatments for PTSD and have found really promising results. Now, these studies need replication on a larger scale, but they show the promise of these memory-destroying treatments for PTSD. Maybe trauma memories do not need to be the hell from which we cannot escape.

Now, although this memory-destroying approach holds great promise, that’s not to say that it’s straightforward or without controversy. Is it ethical to destroy memories? What about things like eyewitness testimony? What if you can’t give someone Propranolol because it would interfere with other medicines that they’re taking? Well, with respect to ethics and eyewitness testimony, I would say the important point to remember is the finding from that human study. Because Propranolol is only acting on the non-declarative emotional memory, it seems unlikely that it would affect eyewitness testimony, which is based on declarative memory. Essentially, what these memory-destroying treatments are aiming to do is to reduce the emotional memory, not get rid of the trauma memory altogether. This should make the responses of those with PTSD more like those who have been through trauma and not developed PTSD than people who have never experienced trauma in the first place. I think that most people would find that more ethically acceptable than a treatment that aimed to create some sort of spotless mind.

What about Propranolol? You can’t give Propranolol to everyone, and not everyone wants to take drugs to treat mental health conditions. Well, here Tetris could be useful. Yes, Tetris. Working with clinical collaborators, we’ve been looking at whether behavioral interventions can also interfere with the reconsolidation of memories. Now, how would that work? Well, we know that it’s basically impossible to do two tasks at the same time if they both depend on the same brain region for processing. Think trying to sing along to the radio while you’re trying to compose an email. The processing for one interferes with the other.

Well, it’s the same when you retrieve a memory, especially in edit mode. If we take a highly visual symptom like flashbacks in PTSD and get people to recall the memory in edit mode and then get them to do a highly engaging visual task like playing Tetris, it should be possible to introduce so much interfering information into that memory that it essentially becomes meaningless. That’s the theory, and it’s supported by data from healthy human volunteers.

Now, our volunteers watched highly unpleasant films — so, think eye surgery, road traffic safety adverts, Scorsese’s “The Big Shave.” These trauma films produce something like flashbacks in healthy volunteers for about a week after viewing them. We found that getting people to recall those memories, the worst moments of those unpleasant films, and playing Tetris at the same time, massively reduced the frequency of the flashbacks. And again: the memory had to be in edit mode for that to work.

Now, my collaborators have since taken this to clinical populations. They’ve tested this in survivors of road traffic accidents and mothers who’ve had emergency Caesarean sections, both types of trauma that frequently lead to PTSD, and they found really promising reductions in symptoms in both of those clinical cases. So although there is still much to learn and procedures to optimize, these memory-destroying treatments hold great promise for the treatment of mental health disorders like PTSD.

Maybe trauma memories do not need to be a hell from which we cannot escape. I believe that this approach should allow those who want to to turn the page on chapters of their lives that they would prefer to never have experienced, and so improve our mental health.

Thank you.

(Applause)

和訳

記憶はあまりに日常的なもので、私たちはそれを当たり前のものとしてほとんど考えもしません。私たちはみんな、今朝の朝食や先週末に何をしたかを覚えています。記憶が失われ始めた時に初めて、それがどれほど素晴らしいものか、そして過去の経験が私たちをどれだけ定義しているかに気づくのです。

しかし、記憶は必ずしも良いものとは限りません。アメリカの詩人であり聖職者でもあったジョン・ランカスター・スパルディングはこう言いました。「記憶が追い出されることのない楽園であるなら、それはまた逃れることのできない地獄でもある」と。私たちの多くは、起こらなかったほうがよかったと思うような人生の章を経験します。推定では、私たちの約90%が生涯で何らかのトラウマ的な出来事を経験します。多くの人はその後、激しい苦しみを経験し、それから回復し、もしかするとその経験を通じてより良い人間になるかもしれません。

しかし、一部の出来事は非常に極端で、例えば性暴力を生き延びた人の半数近くが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症します。PTSDは、強い恐怖や不安、トラウマ的な出来事のフラッシュバックなどの症状を特徴とする衰弱性のある精神的健康状態です。これらの症状は、その人の生活の質に大きな影響を与え、特定の状況や環境内の合図によって引き起こされることがよくあります。その合図への反応は、初めて学んだ時には適応的だったかもしれませんが、PTSDではそれが適切でなくなった時にも行動を制御し続けます。

例えば、戦闘経験のある退役軍人が家に戻ってきて、車のバックファイア音を聞くと身を潜めたり、強い不安のために自宅を離れることができない場合、その合図への反応、つまりその記憶は、適応不全(マラダプティブ)なものとなっています。このように、PTSDを適応不全の記憶の障害と考えることができます。

ここで立ち止まるべきでしょう。私は記憶を一つのものとして話していますが、実際にはそうではありません。記憶には多くの種類があり、それらは脳内の異なる回路や領域に依存しています。記憶には二つの大きな区別があります。一つは、私たちが意識的に知っている記憶で、言葉で伝えられるものです。これには事実や出来事の記憶が含まれます。これらの記憶を宣言できるので、宣言的記憶(デクレラティブメモリー)と呼びます。もう一つの記憶は非宣言的記憶(ノンデクレラティブメモリー)です。これらは、しばしば記憶の内容に意識的にアクセスできず、言葉で伝えられない記憶です。非宣言的記憶の典型的な例は、自転車の乗り方です。

ここはケンブリッジですから、皆さんは自転車に乗ることができるでしょう。二輪で何をしているか分かっています。でも、もし私があなたに、自転車の乗り方を教えるための指示リストを書いてくださいと言ったら、どうでしょう。私の四歳の息子が誕生日に自転車を買った時のように、あなたはそれを説明するのに苦労するでしょう。自転車にどのように座るべきか、バランスを取るためにどれだけ速くペダルを漕ぐべきか、風が吹いたらどの筋肉をどれだけ緊張させるべきか。これらの質問に答えることは難しいでしょう。でも、自転車に乗ることができるなら、あなたはその答えを知っているのです。ただ、意識的には分かっていないのです。

PTSDに戻りますと、もう一つの非宣言的記憶のタイプは感情記憶です。これは心理学で特定の意味を持ち、環境内の合図とそれらの感情的および動機的な重要性について学ぶ能力を指します。どういう意味かと言いますと、例えば、焼きたてのパンの香りのような合図や、20ポンド紙幣のようなより抽象的な合図を考えてみてください。これらの合図は過去に良いことと結びつけられていたため、私たちはそれらを好み、近づきます。他の合図、例えばスズメバチの羽音のようなものは、非常にネガティブな感情を引き起こし、一部の人々にとってはかなり劇的な回避行動を引き起こします。

私はスズメバチが嫌いです。その事実を伝えることはできます。でも、スズメバチが近くにいる時に私がどう反応するかという非宣言的な感情記憶を伝えることはできません。心臓がバクバクし、手のひらが汗ばみ、パニックが高まる感覚。それを言葉で説明することはできますが、実際にその感覚を伝えることはできません。

さて、PTSDの観点から重要なのは、ストレスが宣言的記憶と非宣言的記憶、およびそれらを支える脳の回路や領域に非常に異なる影響を与えるということです。感情記憶はアーモンド形の小さな構造、つまり扁桃体とその接続によって支えられています。宣言的記憶、特に出来事の何が、どこで、いつという記憶は、海馬という脳の海馬形の領域によって支えられています。

トラウマ中に経験する極度のストレスは、これら二つの構造に非常に異なる影響を与えます。人のストレスレベルを非ストレスからわずかにストレスのある状態に引き上げると、海馬は活動が増加し、その宣言的記憶の保存を支える働きをより良くします。しかし、ストレスレベルを中程度のストレス、強いストレス、そしてトラウマのような極度のストレスに引き上げると、海馬は実質的にシャットダウンします。これは、トラウマ中に経験する高レベルのストレスホルモンの下で、私たちは何が、どこで、いつという具体的な詳細を保存していないことを意味します。

さて、ストレスが海馬にそのような影響を与えている間、扁桃体、つまり感情的な非宣言的記憶に重要な構造に対してはどうでしょう。その活動はますます強くなります。これがPTSDにおいて、特定の時間や場所に結びついていない非常に強い感情的、つまり恐怖の記憶を残すことになるのです。これによって、これらの合図が適切でない時にも行動を制御することができ、それが適応不全(マラダプティブ)になるのです。

もしPTSDが適応不全の記憶によるものであるなら、その知識を使ってPTSD患者の治療結果を改善できるでしょうか?

PTSDを治療するために開発されている新しいアプローチは、適応不全の感情記憶を破壊することを目指しています。このアプローチが可能性として考えられるようになったのは、近年の記憶に対する理解の劇的な変化のおかげです。従来は、記憶を作ることはノートにペンで書くようなもので、一度インクが乾いたら情報を変更できないと考えられていました。記憶の保存を支えるために脳内で起こるすべての構造的変化は

、約6時間以内に完了し、その後は永久的だと考えられていました。これは「固定化(コンソリデーション)」の見解として知られています。

しかし、最近の研究では、記憶を作ることは実際にはワードプロセッサーに書くようなものであることが示唆されています。最初に記憶を作り、それを保存または保管します。しかし、適切な条件下では、その記憶を編集することができます。この「再固定化(リコンソリデーション)」の見解は、記憶を支えるために脳内で起こる構造的変化が、古い記憶に対しても元に戻せることを示唆しています。

この編集プロセスは常に起こっているわけではありません。それは非常に特定の記憶検索の条件下でのみ起こります。記憶検索を記憶を呼び出すことやファイルを開くことと考えてみましょう。多くの場合、私たちは単に記憶を検索しています。ファイルを読み取り専用で開いているのです。しかし、適切な条件下では、そのファイルを編集モードで開くことができ、情報を変更することができます。理論的には、そのファイルの内容を削除することができ、保存ボタンを押すと、そのファイル、つまり記憶はそのように残ります。

この再固定化の見解は、私たちが過去を時々誤って記憶する理由を説明できるだけでなく、PTSDの根底にある適応不全の恐怖記憶を破壊する方法も提供してくれます。私たちが必要なのは、記憶を不安定にする方法、つまりファイルを編集モードで開く方法と、情報を削除する方法の二つです。

情報を削除する方法に関しては、最も進展を見せています。かなり早い段階で、ヒトの血圧を制御するために広く処方される薬、プロプラノロールというベータブロッカーが、ラットの恐怖記憶の再固定化を防ぐために使用できることが発見されました。プロプラノロールが記憶が編集モードにある間に投与されると、ラットは恐ろしい合図に対してもはや恐れないかのように振る舞いました。それはまるで、その合図を恐れることを学んだことがないかのようでした。そして、これはヒトに安全に使用できる薬で行われました。

その後まもなく、プロプラノロールがヒトの恐怖記憶も破壊できることが示されましたが、重要なのはそれが記憶が編集モードにある場合にのみ機能するということです。この研究は健康なヒトボランティアを対象に行われましたが、ラットの発見がヒトに、そして最終的にはヒト患者にまで拡張できることを示しています。そして、ヒトに対しては、非宣言的な感情記憶を破壊することが宣言的な出来事記憶に影響を与えるかどうかをテストすることができます。これが本当に興味深い点です。

プロプラノロールが編集モードにある間に投与された人々は、もはやその恐ろしい合図を恐れなくなりましたが、その合図と恐ろしい結果の関係を説明することはできました。彼らは恐れるべきだと知っているかのようでしたが、恐れていなかったのです。これは、プロプラノロールが非宣言的な感情記憶を選択的にターゲットにできる一方で、宣言的な出来事記憶をそのままにすることができることを示唆しています。しかし、重要なのは、プロプラノロールが記憶に何らかの影響を与えるためには、それが編集モードにある必要があるということです。

では、記憶を不安定にする方法はどうでしょうか?どうすればそれを編集モードにすることができるのでしょうか?私自身の研究室では、この問題について多くの研究を行っています。記憶に組み込まれるべき新しい情報をいくつか、しかし多すぎないように導入することが重要であることを知っています。また、記憶が更新され、ファイルが編集されるべきだという信号を送るために脳が使用する異なる化学物質についても知っています。私たちの研究は主にラットを対象としていますが、他の研究室でも、同じ要因がヒトの記憶、特にPTSDの根底にある適応不全の記憶を編集することを可能にすることを発見しています。

実際、いくつかの国の研究室が、PTSDに対するこれらの記憶破壊治療の小規模な臨床試験を開始し、非常に有望な結果を得ています。これらの研究は、より大規模なスケールでの再現が必要ですが、PTSDに対するこれらの記憶破壊治療の可能性を示しています。トラウマの記憶は、逃れることのできない地獄である必要はないかもしれません。

この記憶破壊のアプローチが大きな可能性を持っているとはいえ、それが簡単であるとか、議論の余地がないとかいうわけではありません。記憶を破壊することは倫理的に問題がないのでしょうか?目撃証言はどうなるのでしょうか?他の薬と干渉するためにプロプラノロールを投与できない場合はどうなるのでしょうか?倫理と目撃証言に関して言えば、重要なのはそのヒト研究の発見です。プロプラノロールが作用するのは非宣言的な感情記憶だけであり、目撃証言に基づく宣言的記憶には影響を与えることはないと思われます。基本的に、これらの記憶破壊治療が目指しているのは、感情記憶を減少させることであり、トラウマの記憶を完全に消し去ることではありません。

これは、PTSDを患っている人々の反応を、トラウマを経験したがPTSDを発症しなかった人々の反応に近づけるものであり、トラウマを全く経験していない人々の反応にするものではないと思います。これにより、心の無傷の状態を作り出そうとする治療よりも、倫理的に受け入れられると多くの人が感じるでしょう。

プロプラノロールについてはどうでしょうか?すべての人にプロプラノロールを投与できるわけではなく、すべての人が精神的健康状態を治療するために薬を飲みたいと思うわけでもありません。ここで、テトリスが役立つかもしれません。はい、テトリスです。臨床協力者と共に、行動介入が記憶の再固定化にも干渉できるかどうかを調べています。

では、それがどう機能するのでしょうか?基本的に、同じ脳領域の処理に依存する二つのタスクを同時に行うことは不可能だということを知っています。ラジオに合わせて歌を歌いながらメールを作成しようとすることを考えてみてください。一つの処理がもう一つの処理に干渉します。記憶を呼び出す時も同じです。特に編集モードで記憶を呼び出す時はなおさらです。

PTSDのフラッシュバックのような非常に視覚的な症状を取り上げ、その記憶を編集モードで呼び出し、次にテトリスのような非常に魅力的な視覚タスクを行わせると、その記憶に大量の干渉情報を導入することができ、結果的にその記憶が無意味になる可能性があります。これは理論であり、健康なヒトボランティアからのデータによって支持されています。

私たちのボランティアは非常に不快な映画を見ました。例えば眼科手術、交通安全広告、ス

コセッシの「ビッグ・シェイブ」などです。これらのトラウマ映画は、健康なボランティアに対して視聴後約一週間フラッシュバックのようなものを引き起こしました。私たちは、これらの記憶、不快な映画の最悪の瞬間を呼び出し、同時にテトリスをプレイさせることで、フラッシュバックの頻度が大幅に減少することを発見しました。そして再び、記憶が編集モードにあることがその効果を発揮するために重要でした。

私の協力者たちはこれを臨床集団に持ち込んでいます。交通事故の生存者や緊急帝王切開を経験した母親など、どちらも頻繁にPTSDを引き起こすトラウマのタイプに対してテストを行い、その臨床ケースの両方で症状の大幅な減少を発見しました。したがって、まだ学ぶべきことが多く、手順を最適化する必要がありますが、これらの記憶破壊治療はPTSDのような精神的健康障害の治療に大きな可能性を秘めています。

もしかすると、トラウマの記憶は逃れることのできない地獄である必要はないかもしれません。私は、このアプローチが、経験したくなかった人生の章をページをめくることを望む人々にとって、そのメンタルヘルスを改善するための手段となると信じています。

ありがとうございました。

(拍手)

タイトルとURLをコピーしました