モントリオール議定書の成功に学ぶ気候変動対策の3つの教訓

気候

The Montreal Protocol proved that the world could come together and take action on climate change. Thirty years after the world’s most successful environmental treaty was signed, atmospheric scientist Sean Davis examines the world we avoided when we banned chlorofluorocarbons — and shares lessons we can carry forward to address the climate crisis in our time.

モントリオール議定書は、世界が団結して気候変動に対して行動を起こすことができることを証明しました。

世界で最も成功した環境条約が締結されてから 30 年後、大気科学者のショーン・デイビスは、クロロフルオロカーボンを禁止したときに私たちが避けてきた世界を検証し、現代の気候危機に対処するために私たちが引き継ぐことができる教訓を共有します。

タイトル Can we solve global warming? Lessons from how we protected the ozone layer
地球温暖化は解決できるのでしょうか?オゾン層の保護方法から得た教訓
アップロード 2019年2月13日
キャスト ショーン・デイビス
スポンサーリンク

「Can we solve global warming? Lessons from how we protected the ozone layer(地球温暖化は解決できるのでしょうか?オゾン層の保護方法から得た教訓)」の文字起こし

要約

気候変動への不信感

  • 多くの人が気候変動についての科学的情報を信頼していない。

オゾン層の歴史

  • 1970年代にクロロフルオロカーボン(CFC)がオゾン層を破壊していることが判明。CFCはエアロゾルスプレーや冷蔵技術に使われていた。
  • オゾン層は地球のサンスクリーンで、太陽の有害な紫外線を90%以上遮断している。

モントリオール議定書

  • 1985年に南極でオゾンホールが発見され、1987年にモントリオール議定書が採択された。これはオゾン層を破壊する物質を削減するための国際協定で、地球温暖化を遅らせる効果もあった。

学んだ教訓

  1. 絶対的な確実性は必要ない:リスク管理には不確実性が伴うが、それでも行動することが重要。
  2. 協力が必要:環境問題の解決には、産業界、政府、環境保護団体、科学者、市民など、すべてのステークホルダーの協力が必要。
  3. 完璧を求めすぎない:小さな行動や不完全な取り組みでも、積み重ねることで大きな成果が得られる。

未来への行動

  • モントリオール議定書の成功を踏まえ、気候変動に対しても積極的に行動する必要がある。将来の世代が避けた世界を祝えるように、今から行動を始めることが重要。

文字起こし

So, I’m a climate scientist, and if this room is representative of the country we live in, that means about 60 percent of you, so maybe from about there over, don’t strongly trust me for information on the causes of climate change.

**Disclaimer**

Now, I promise to tell the truth tonight, but just to humor that demographic, I’ve started this talk with a falsehood.

[The Paris Climate Accord is a product of the recognition that climate change is a global problem …] This statement was not made by President Obama. It was made by President Reagan, and it wasn’t about climate change and the Paris Climate Accord. It was actually about the Montreal Protocol and stratospheric ozone depletion.

Now, I’m sure that many of you aren’t familiar with this environmental problem, but you should be, because it’s a rare environmental success story. And it’s worth revisiting, because sometimes, we need to examine the world we’ve avoided in order to find guidance for the choices we make today.

**What is the ozone layer**

So let’s go back to the 1970s, when some questionable choices were made: first of all — hoo — hairstyles. (Laughs) Second of all, objectively terrible quantities of hairspray, and third, CFCs, chlorofluorocarbons, man-made chemicals that were used as propellant in aerosol spray cans. And see, it turns out these CFCs were a problem because they were destroying the ozone layer.

Now I’m sure most of you have heard of the ozone layer, but why does it matter? Well, quite simply, the ozone layer is earth’s sunscreen, and it’s really fragile. If you could take all of the ozone, which is mostly about 10 to 20 miles up above our heads, and compress it down to the surface of the earth, it would form a thin shell only about two pennies thick, about an eighth of an inch. And that thin shell does an amazing amount of work, though. It filters out more than 90 percent of the harmful UV radiation coming from the sun.

And while I’m sure many of you enjoy that suntan that you get from the remaining 10 percent, it causes a lot of problems: cataracts, damage to crops, damage to immune systems and also skin cancer. It’s not an exaggeration to say that a threat to the ozone layer is a threat to human safety.

And actually, ironically, it was human safety that motivated the invention of CFCs in the first place. You see, in the early days of refrigeration, refrigerators used toxic and flammable chemicals like propane and ammonia. For good reason, the refrigeration industry wanted a safe alternative, and they found that in 1928, when a scientist named Thomas Midgley synthesized the first commercially viable CFCs. And in fact, Midgley famously inhaled CFCs and blew out a candle to demonstrate, at a scientific conference, that they were safe and nonflammable.

And in fact, as a scientist, I can tell you there is no way you could get away with that kind of antic today. I mean, wow. But really, at the time, CFCs were a really remarkable invention. They allowed what we now know as modern-day refrigeration and air-conditioning and other things.

**CFC ban**

So it wasn’t actually until over 40 years later, in the 1970s, when scientists realized that CFCs would break down high in the atmosphere and damage the ozone layer. And this finding really set off a lot of public concern. It led, ultimately, to the banning of CFC usage in aerosol spray cans in the US and a few other countries in 1978.

Now, the story doesn’t end there, because CFCs were used in much more than just spray cans. In 1985, scientists discovered the Antarctic ozone hole, and this was a truly alarming discovery. Scientists did not expect this at all.

**Antarctic ozone hole**

Before the Antarctic ozone hole, scientists expected maybe a five or 10 percent reduction in ozone over a century. But what they found over the course of less than a decade was that more than a third of the ozone had simply vanished, over an area larger than the size of the US. And although we now know that CFCs are the root cause of this ozone hole, at the time, the science was far from settled. Yet despite this uncertainty, the crisis helped spur nations to act.

**Montreal Protocol**

So that quote that I started this talk with, about the Montreal Protocol, from President Reagan — that was his signing statement when he signed the Montreal Protocol after its unanimous ratification by the US Senate. And this is something that’s truly worth celebrating. In fact, yesterday was the 30th anniversary of the Montreal Protocol.

(Applause)

Because of the protocol, ozone-depleting substances are now declining in our atmosphere, and we’re starting to see the first signs of healing in the ozone layer. And furthermore, because many of those ozone-depleting substances are also very potent greenhouse gases, the Montreal Protocol has actually delayed global warming by more than a decade. That’s just wonderful.

But I think it’s worth asking the question,

**Lessons from Montreal**

as we face our current environmental crisis, global warming, what lessons can we learn from Montreal? Are there any? I think there are. First, we don’t need absolute certainty to act. When Montreal was signed, we were less certain then of the risks from CFCs than we are now of the risks from greenhouse gas emissions.

A common tactic that people who oppose climate action use is to completely ignore risk and focus only on uncertainty. But so what about uncertainty? We make decisions in the face of uncertainty all the time, literally all the time. You know, I’ll bet those of you who drove here tonight, you probably wore your seat belt. And so ask yourself, did you wear your seat belt because someone told you with a hundred percent certainty that you would get in a car crash on the way here? Probably not. So that’s the first lesson. Risk management and decision making always have uncertainty. Ignoring risk and focusing only on uncertainty is a distraction.

**It takes a village**

In other words, inaction is an action. Second, it takes a village to raise a healthy environment. The Montreal Protocol wasn’t just put together by industry and governments or environmental advocacy groups and scientists. It was put together by all of them. They all had a seat at the table, and they all played an important role in the solution.

And I think in this regard, we’re actually seeing some encouraging signs today. We see not just environmental groups concerned about climate change but also civic and religious groups, the military and businesses. So wherever you find yourself on that spectrum, we need you at the table, because if we’re going to solve global warming, it’s going to take actions at all levels, from the individual to the international and everything in between.

**Don’t let the perfect be the enemy**

Third lesson: don’t let the perfect be the enemy of the good. While Montreal has become the brake pedal for stopping ozone depletion, at its beginning, it was more just like a tap on the brakes. It was actually the later amendments to the protocol that really marked the decision to hit the brakes on ozone depletion.

So to those who despair that the Paris Climate Accord didn’t go far enough or that your limited actions on their own won’t solve global warming, I say don’t let the perfect be the enemy of the good.

**The world we’ve avoided**

And finally, I think it helps us to contemplate the world we’ve avoided. Indeed, the world we have avoided by enacting the Montreal Protocol is one of catastrophic changes to our environment and to human well-being. By the 2030s, we’ll be avoiding millions of new skin cancer cases per year with a number that would only grow. If I’m lucky, I’ll live long enough to see the end of this animation and to see the ozone hole restored to its natural state. So as we write the story for earth’s climate future for this century and beyond, we need to ask ourselves, what will our actions be so that someone can stand on this stage in 30 or 50 or a hundred years to celebrate the world that they’ve avoided.

Thank you.

(Applause)

和訳

私は気候科学者です。この部屋が私たちの住む国を代表しているなら、皆さんの約60%、そこからこちら側の人たちが、気候変動の原因についての情報に関して私をあまり信用していないということになります。

**免責事項**

さて、今夜は真実を話すことを約束しますが、そのデモグラフィックを楽しませるために、この話を嘘から始めました。

[パリ気候協定は、気候変動がグローバルな問題であるという認識の産物である…]

この声明はオバマ大統領が述べたものではありません。レーガン大統領が述べたものであり、気候変動やパリ気候協定についてではありませんでした。実際には、モントリオール議定書と成層圏のオゾン層の減少についてのものです。

この環境問題に詳しくない方も多いと思いますが、知っておくべきです。これは稀な環境成功の話だからです。そして時には、私たちが避けてきた世界を振り返り、今日の選択に対する指針を見つける必要があります。

**オゾン層とは**

では、1970年代に戻りましょう。その時代にはいくつかの疑わしい選択がなされました。まずは、ふぅ、ヘアスタイルですね。(笑)二つ目は、明らかに大量のヘアスプレー、そして三つ目はCFC、クロロフルオロカーボンです。これらはエアロゾルスプレー缶の推進剤として使われていました。そして、これらのCFCが問題だったのは、オゾン層を破壊していたからです。

皆さんはオゾン層について聞いたことがあると思いますが、なぜそれが重要なのでしょうか?簡単に言えば、オゾン層は地球のサンスクリーンであり、非常に脆弱です。オゾンの全量を集めると、それは地表で僅か二枚のペニー硬貨の厚さ、約1/8インチの薄い殻になります。しかし、この薄い殻は驚くべき量の仕事をしています。太陽からの有害なUV放射線の90%以上をフィルタリングしているのです。

皆さんが残りの10%で日焼けを楽しんでいるかもしれませんが、それは多くの問題を引き起こします。白内障、作物へのダメージ、免疫システムへのダメージ、そして皮膚癌です。オゾン層への脅威は人間の安全への脅威だと言っても過言ではありません。

そして実際には、皮肉なことに、CFCの発明は人間の安全を動機としていました。冷蔵技術の初期には、冷蔵庫はプロパンやアンモニアのような有毒で可燃性の化学物質を使用していました。冷蔵業界は安全な代替品を求めており、1928年にトーマス・ミッジリーという科学者が最初の商業的に利用可能なCFCを合成しました。ミッジリーは科学会議でCFCを吸い込み、キャンドルを吹き消して、それが安全で非可燃性であることをデモンストレーションしました。

科学者として言えるのは、今日ではそのような行為は絶対に許されないということです。驚くべきことに、当時のCFCは本当に注目すべき発明でした。それは現代の冷蔵や空調などを可能にしました。

**CFCの禁止**

しかし、40年以上経って1970年代になるまで、科学者たちはCFCが高層大気で分解し、オゾン層にダメージを与えることを理解しませんでした。この発見は多くの公的な関心を引き起こし、最終的には1978年に米国や他の数カ国でエアロゾルスプレー缶でのCFCの使用が禁止されました。

しかし、話はここで終わりません。CFCはスプレー缶以外にも多くの用途がありました。1985年、科学者たちは南極のオゾンホールを発見しました。これは本当に驚くべき発見でした。科学者たちはこれを全く予想していませんでした。

**南極のオゾンホール**

南極のオゾンホールの前、科学者たちは1世紀でオゾンが5%から10%減少するかもしれないと予想していました。しかし、10年以内に発見されたのは、オゾンの3分の1以上が、アメリカの大きさを超えるエリアで単純に消えてしまったことです。現在、CFCがこのオゾンホールの根本原因であることはわかっていますが、当時は科学的に確定していませんでした。それにもかかわらず、この危機は国々を行動に駆り立てました。

**モントリオール議定書**

最初に述べたモントリオール議定書についてのレーガン大統領の引用は、彼が議定書に署名し、米国上院が全会一致で批准した際の声明です。これは本当に祝うべきことです。実際、昨日はモントリオール議定書の30周年記念日でした。

(拍手)

この議定書のおかげで、オゾン層を破壊する物質は現在減少しており、オゾン層の回復の兆しが見え始めています。さらに、これらのオゾン層破壊物質の多くが非常に強力な温室効果ガスでもあるため、モントリオール議定書は地球温暖化を10年以上遅らせました。これは本当に素晴らしいことです。

しかし、現在の環境危機、地球温暖化に直面する私たちは、モントリオールからどのような教訓を学べるのでしょうか?いくつかあると思います。

**モントリオールからの教訓**

まず、行動するために絶対的な確実性は必要ないということです。モントリオール議定書が署名されたとき、私たちはCFCのリスクについて、現在の温室効果ガスのリスクよりも確信が持てませんでした。気候変動対策に反対する人々がよく使う手法は、リスクを完全に無視し、不確実性だけに焦点を当てることです。しかし、不確実性はどうでもいいことです。私たちは常に不確実性の中で決定を下しています。今夜ここに来るために車を運転した皆さんは、シートベルトを着けたことでしょう。それは誰かがあなたに、100%の確率で事故に遭うと言ったからではないでしょう。これが最初の教訓です。リスク管理と意思決定には常に不確実性が伴います。リスクを無視し、不確実性だけに焦点を当てるのは気を散らすことです。

**村が必要**

言い換えれば、不作為も行動です。第二の教訓は、健全な環境を育むためには村が必要だということです。モントリオール議定書は、産業界や政府だけでなく、環境保護団体や科学者によってもまとめられました。彼らは皆、交渉の席に着き、解決策に重要な役割を果たしました。

この点で、今日私たちは実際にいくつかの励みになる兆候を見ています。気候変動を懸念する環境団体だけでなく、市民や宗教団体、軍、企業も見られます。あなたがどの立場にいようとも、私たちはあなたを交渉の席に必要としています。地球温暖化を解決するためには、個人から国際的なレベルまで、あらゆるレベルでの行動が必要です。

**完璧を敵にしないで**

第三の教訓は、完璧を善の敵にしないことです。モントリオールがオゾン減少を止めるためのブレーキペダルになったのは、実際にはその始まりでは

なく、後の議定書の改正によるものです。

パリ気候協定が十分でないと絶望する人や、あなたの限られた行動だけでは地球温暖化を解決できないと考える人には、完璧を善の敵にしないでと言いたいです。

**避けた世界**

最後に、私たちが避けてきた世界を考えるのは助けになります。実際、モントリオール議定書を制定することで避けてきた世界は、環境や人間の福祉にとって壊滅的な変化をもたらすものでした。2030年代には、毎年何百万もの新しい皮膚がんの症例を避けることになります。その数はさらに増えるでしょう。もし幸運なら、このアニメーションの終わりを見て、オゾンホールが自然な状態に戻るのを見られるかもしれません。ですから、この世紀とそれ以降の地球の気候の未来の物語を書くにあたって、私たちの行動が何であるべきかを自問する必要があります。誰かが30年、50年、100年後にこのステージに立ち、避けた世界を祝うことができるようにするために。

ありがとうございました。

(拍手)

タイトルとURLをコピーしました