家計の予算管理が難しい理由と成功するための3つの戦略

お金

Budgeting is the best way to get your spending under control, right? Behavioral scientist Wendy De La Rosa says there are actually better ways to limit your purchases — and get more satisfaction from them. Managing your money can feel scary and complicated, but it doesn’t have to be. In this TED series, behavioral scientist Wendy De La Rosa explains why we spend too much and save too little — and shares easy steps to help us achieve a more secure financial future.

予算を立てることは支出を管理するための最良の方法ですよね?行動科学者のウェンディ・デ・ラ・ロサ氏は、実際には購入を制限し、より高い満足感を得るもっと良い方法があると述べています。

お金の管理は怖くて複雑だと感じるかもしれませんが、必ずしもそうである必要はありません。この TED シリーズでは、行動科学者のウェンディ・デ・ラ・ロサが、なぜ私たちが浪費しすぎて貯蓄が少なすぎるのかを説明し、より安全な経済的未来を達成するための簡単な手順を紹介します。

タイトル Can’t stick to a budget? Try these tweaks instead
予算を守ることができないのですか?代わりにこれらの調整を試してください
アップロード 2021年2月3日
キャスト ウェンディ・デ・ラ・ロサ
スポンサーリンク

「Can’t stick to a budget? Try these tweaks instead(予算を守ることができないのですか?代わりにこれらの調整を試してください)」の文字起こし

要約

予算管理の現実と問題点

    • 多くの人は予算を設定しても、数日や数週間で予算のことを忘れてしまい、支出の追跡をやめてしまう。
    • 予算の大部分は家賃、電話代、車のローンなどの固定費に占められており、これらは大きな人生の決断をしない限り変えることができない。

外食の支出

    • 外食は、最も後悔する支出の一つであり、満足度が低い。外食よりも満足度が低い支出は銀行手数料くらいである。
    • 金額ベースの予算(例:月に100ドル)ではなく、外食の回数を制限する「頻度予算」に焦点を当てることで、予算を守りやすくなる。
    • 外食以外の社交活動(例:友達とピクニック、ワークアウトクラスに参加)を増やすことで、社交の欲求を満たしながら、支出を抑えることができる。

デリバリーサービスの支出

    • デリバリーアプリの利用者は、店内飲食者よりも7%から91%多くお金を使っている。これは、アプリに付随する雑多な手数料が積み重なるためである。
    • デリバリーアプリをスマホから削除することが最も効果的。削除が過激すぎる場合は、少額のデビットカードにリンクさせる、購入ごとにアプリを削除するなど、購入のペースを遅らせる障害を設ける。

買い物の支出

    • 買い物を全くしないのではなく、幸福感をもたらすものに支出することを勧める。
    • 他人にお金を使うこと、体験にお金を使うこと、時間を節約するものにお金を使うことが幸福感を高めると研究で示されている。
    • 自分のためではなく、友達のために物を買ったり、寄付をしたりすることで、少額でも幸福感が増す。
    • 新しい体験に投資することや、地元の高校生に芝を刈ってもらうなど、時間を節約するための支出も価値がある。

自由裁量の支出管理

    • 外食、デリバリーサービス、買い物などの自由裁量の支出に小さな変化を加えることで、支出を減らすだけでなく、支出から得られる幸福感や満足感を増やすことができる。
    • これにより、罪悪感や後悔の少ない生活を実現することができる。

書き起こし

Let’s cut right to the chase: for most people, budgeting just doesn’t work.

[Your Money and Your Mind with Wendy De La Rosa] You maybe follow your budget for a few days or a few weeks, but soon, you forget about your budget and stop tracking the flow of your money. And there goes your budget. And that’s because of reality is, most of your budget is fixed. You can’t really do anything about it without making major life decisions. Your rent is your rent. Your phone bill is your phone bill. Your car payment is your car payment. But the focus of today is the fact that many people struggle with the little, ongoing, frequent purchases like eating out, delivery services or shopping.

So let’s tackle each one of those individually. First, let’s talk about eating out. In my research along with some colleagues, I found that eating out is one of the biggest financial regrets that people have. The only other expense that’s even less satisfying than eating out are bank fees! For eating out, instead of making a financial budget, where you tell yourself you’re only going to spend 100 dollars a month on eating out, let’s focus on what I call a “frequency budget” instead. So instead of focusing on the amount of money that’s much harder to track and sometimes even impossible to track, let’s focus on limiting the number of times that you go out to eat. You’ll have a much easier time saying no and tracking your budget.

Now, I understand that we are all social humans, and eating out is such a social activity. And if that’s what you’re craving, I have some tips to make sure you can hit two birds with one stone. Instead of eating out, go and have a picnic with friends, sign up for a workout class or do any of the hundred social activities that you can do without having to spend 50 to 70 dollars a night. If you plan it right, you can still satisfy your social craving and still save your wallet a lot of money.

Now let’s talk about delivery services. A recent investigation found that those who order through a delivery app end up spending anywhere from 7 percent to 91 percent more than those who dined in, thanks to the pile of miscellaneous charges and fees. In fact, the same item can be more expensive on the app than in the restaurant. Right now, you may be ordering out more frequently. One analysis found that with the addition of delivery apps, fast food is no longer something associated with a quick bite on the go. Given the added baggage that comes with these delivery apps, my top tip here is to delete the apps from your phone. Now, if deleting it is too permanent or too extreme, you can still change your environment by making as many speed bumps as you can, to slow down the pace of purchases. Maybe link the app to a debit card with a small preset amount of money. You can also delete the app after every purchase, so that it’s not enticing you at all hours.

Now let’s talk about shopping. Let me be clear: I’m not saying that you should never go shopping. What I am saying is that I encourage you to buy the things that bring you happiness. Research has shown that when you spend money on others, when you spend money on experiences and when you spend money on the things that save you time, these expenses make you happier. And I know retail therapy may seem great, but researchers have found that spending the same amount of money on someone else, even as little as 5 dollars can make you happier. So get that T-shirt for your friend instead of yourself. Make a donation to a place that you really love and support or buy an experience for yourself. Try something for the first time. And if you’re overwhelmed, and you’re burning the candle at both ends, know that it’s OK to invest in something that will free up your time. Hire a local high schooler to mow your lawn or get someone to clean your house. These may be a little pricey, but the time you save will be worth every penny.

By making these small changes to your discretionary spending, you can not only spend less but actually get more happiness and satisfaction from your spending. It can mean a life with fewer guilty pleasures and less regret. Now who wouldn’t want that?

和訳

ほとんどの人にとって、予算管理はうまくいきません。

[Your Money and Your Mind with Wendy De La Rosa] 数日や数週間は予算に従っても、すぐに予算のことを忘れてしまい、お金の流れを追うのをやめてしまいます。そうなると、予算は無意味になります。なぜなら、現実には予算の大部分が固定されているからです。大きな人生の決断をしない限り、変えることはできません。家賃は家賃、電話代は電話代、車のローンは車のローンです。しかし、今日の焦点は、多くの人が外食やデリバリーサービス、買い物などの小さくて頻繁な支出に苦労しているという事実です。

では、それぞれの項目を個別に対処していきましょう。まずは外食について話しましょう。私と同僚たちの研究によると、外食は人々が最も後悔する支出の一つです。外食よりも満足度が低い支出は、銀行手数料くらいです!外食については、月に100ドルだけ使うというような財政的な予算を立てるのではなく、私が「頻度予算」と呼ぶものに焦点を当てましょう。追跡が難しい、時には不可能な金額に焦点を当てるのではなく、外食の回数を制限することに集中しましょう。そうすることで、予算を守りやすくなり、管理しやすくなります。

私たちは皆社交的な人間であり、外食は非常に社交的な活動です。それが欲しいなら、同時に二つの目的を達成できる方法があります。外食の代わりに、友達とピクニックをしたり、ワークアウトクラスに参加したり、お金をあまり使わずにできる社会的な活動をたくさん行いましょう。うまく計画すれば、社交の欲求を満たしながら、お財布も守ることができます。

次にデリバリーサービスについて話しましょう。最近の調査によると、デリバリーアプリを利用する人は、店内で食事をする人よりも7%から91%多くお金を使っています。これは雑多な手数料が積み重なるためです。実際、同じ商品でもアプリで注文するとレストランより高くなることがあります。今、あなたは頻繁に注文しているかもしれません。ある分析では、デリバリーアプリの普及により、ファーストフードはもはや手軽な食事としてではなくなったと指摘しています。これらのデリバリーアプリに伴う追加費用を考えると、私の一番のアドバイスは、アプリをスマホから削除することです。削除するのが過激すぎる場合は、購入のペースを遅らせるために多くの障害を設けて環境を変えることができます。例えば、少額のデビットカードにリンクさせることや、購入ごとにアプリを削除することも効果的です。

次に買い物について話しましょう。はっきりさせておきますが、買い物を全くするなと言っているのではありません。私が言いたいのは、あなたに幸せをもたらすものを買うことを勧めているのです。研究によると、他人にお金を使うこと、体験にお金を使うこと、時間を節約するものにお金を使うことが、幸福感を高めると示されています。リテールセラピー(買い物によるストレス解消)が良いと思うかもしれませんが、研究者たちは、同じ金額を他人に使うことで、5ドルほどの少額でも自分が幸せになることを発見しました。ですから、自分のためではなく、友達のためにTシャツを買ってください。あなたが本当に愛し、支援したい場所に寄付をするか、自分のために体験を買いましょう。何か新しいことを試してみてください。もし疲れ果てているなら、時間を節約するために投資するのも良いことです。地元の高校生に芝を刈ってもらったり、家を掃除してもらったりしましょう。これらは少し高価かもしれませんが、節約できる時間はそれだけの価値があります。

このように自由裁量の支出に小さな変化を加えることで、支出を減らすだけでなく、実際に支出から得られる幸福感や満足感を増やすことができます。罪悪感の少ない生活と後悔の少ない生活を意味します。それを望まない人なんていないでしょう?

タイトルとURLをコピーしました