人生

人生

「道徳経」で見つけた3つの教訓が人生を変えた実体験

このスピーチでは、2年前のストレスと不安の中で「道徳経」に出会い、そこから学んだ3つの教訓が紹介されています。水の哲学に基づく謙虚さ、調和、開放性が、現代社会でのストレス解消や充実感の向上に役立つと述べています。具体的には、他人の成功を促進することで得られる満足感、環境と調和することで得られる冷静さ、自分を柔軟に適応させることで得られる変化への対応力について語られています。
人生

人生の目標を見直すときの重要なポイントとは?

人間は変化を避け、既存の計画や信念に固執しがちです。しかし、再考する力が重要です。目標やアイデンティティ、習慣を見直すことで、失敗や無駄な努力を避け、新たな成功への道が開けます。再考は、個人の成長と進化に必要なスキルであり、文化的にも価値ある態度です。
人生

永遠の命から永遠の愛へ:時を超えた発見

318歳の私は、永遠の命を追求し続けてきました。しかし、パートナーのナヴィードが私に教えてくれたのは、制約があるからこそ生命に意味があるということです。ナヴィードの死を受け入れ、彼女と共に地球に戻る決断をしましたが、触れ合いの感覚を失うことは耐え難いものでした。永遠の命を実現するために様々な試みをしましたが、最終的に理解したのは、命の終わりがあるからこそ、その間に意味が生まれるというパラドックスでした。
人生

後悔が教える人生を豊かにする4つの重要な後悔

後悔は人間に共通する感情であり、正しく扱えば決断力や問題解決能力を高めることができます。調査によれば、後悔には「基盤の後悔」「大胆さの後悔」「道徳の後悔」「関係の後悔」の4つがあり、これらを理解することで、安定や成長、正しい行動、愛といった人生の価値が見えてきます。後悔を活かして、より良い人生を築きましょう。
人生

仕事と私生活の境界を守る方法。小さな工夫で大きな効果

重要な家族イベント中に仕事のメールを返したり、休暇中に上司の電話を取ったりしたことはありませんか?行動科学者でハーバード・ビジネス・スクール教授のアシュリー・ウィランズによれば、「常時接続」の仕事文化は個人の幸福だけでなく仕事にも悪影響を及ぼします。彼女は、自由時間を有効に使うために悪い習慣と、それを防ぐための実践的な3つのステップを共有します。
人生

“忙しすぎる”から脱却!緊急モードで乗り切る3つのステップ

救急室の医師は、混乱の中でどのように冷静さを保ち、集中しているのでしょうか?ER医師のダリア・ロングは、豊富な経験に基づき、人生が「とても忙しく」なり始めたときに、コントロールを取り戻し、圧倒されることを減らすためのシンプルなフレームワークを共有します。
人生

「すべての真実はパラドックス」61歳で知った12の教訓

作家アン・ラモットは61歳の誕生日を迎える数日前に、自分が確信していることすべてを書き留めることにしました。彼女は、混乱し、美しく、感情的な世界に生きる人間の微妙なニュアンスについて掘り下げ、家族、執筆、神の意味、死などについての特徴的な人生を肯定する知恵とユーモアを提供します。
人生

レバノン出身の私が体験した女性のキャリアと家庭の両立

アラブ人女性は多くの責任をこなし、文化的な厳格さに直面しています。エンジニア兼母親のレイラ・ホテイトは、粘り強さ、競争、優先順位について、現代世界で成功するための3つの教訓を共有します。
人生

ハーバード成人発達研究75年の成果、幸せと健康の秘訣とは

精神科医ロバート・ウォルディンガーは、名声とお金が幸福をもたらすという考えを否定し、75年間の研究から得た真の幸福と満足度に関する3つの重要な教訓を講演で共有します。