didiフード配達員とウーバーイーツ配達員を掛け持ちして思う3つの事

管理人所感(配達員向け)

ウーバーイーツ配達員だけではイマイチ稼げないかも・・・

そんな事を思う瞬間が2020年に何度かありました。

すっごくじり貧感があったので、このままじゃあかんな・・・と思っていたのですが、そう思っていた矢先に、didiフードという新しいデリバリーサービスをやってみようかな・・・と思うようになり、2020年の終わりごろに配達員として登録しました。

そして、今が2021年2月の半ばですから、約2か月が経過したのですが、始める前と今、思うことがいろいろとあります。

結論として、どちらにも登録している今の状態はすごくありがたいのですが、思っていたほどかな・・・って部分もあったりなかったり。

そんな事をつらつらと書いてみたいと思います。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

didiフード配達員とウーバーイーツ配達員を掛け持ちして分かったこと

didiフード配達員とウーバーイーツ配達員を掛け持ちして明確に分かった事は、メインはウーバーイーツ、サブとしてのdidiフードという立ち位置がベストだということです。

鳴るときはどちらも鳴るし、鳴らない時はどちらも鳴らない

始める前は「ウーバーイーツが鳴らない時には、didiフードでその隙間時間を埋めてやるぜ!ぐへへ」って思ってたんです。

それが上手くいけば時間を無駄にせずにトントンと稼げるのですから、大富豪一直線になるわけですよ。

で、実際はどうなのか。
そんな上手くはいかない!

ウーバーイーツが鳴らない時間帯や鳴らない時期は、didiフードも同じく鳴らない時間帯、鳴らない時期なのです。

ウーバーイーツのお客さんがdidiフードに流れて、didiフードのお客がウーバーイーツに流れるといった、つるべ落としのような構造になっているわけではありませんから、鳴らない時はどちらも鳴らない!

didiフードは事故リスクが高まってしまう

didiフードの配達員アプリは、合う人と合わない人が真っ二つにわかれると思うんです。

僕には合わない!
何が合わないかって、あいつら急かしおるんよ!

お店に〇分以内に着いてください、お客様の元へ〇分以内に着いてくださいって感じで、タイムリミットを設けてるんです。

それを守れなかったから報酬が貰えないってわけではありませんが、重なると、アカウント停止になると聞いたこともあります。

僕の過失で遅れたことはありませんが、それでもこういうタイムリミットを設けるやり方は好きじゃない。配達員が焦って、事故リスクが高まるだけです。

ファイナルファンタジーで敵キャラから死の宣告を受けて頭の上にカウントが出て、それがどんどん減っていくあのハラハラに似ています。

(わかる人が限られるもので例えるなよ!ってね)

それでも稼ぎはマシになる

当初、didiとウーバーの2つをオンラインにしていれば無駄な時間を削りつつ稼げるのでは?と思っていました。

で、実際はどうなのかっていうと、実際その通りです。
オーダー待ちの時間をほぼゼロに近い状態できる日もあります。

つまり、自転車を漕いでいる時間のほぼすべてがお金になっているという、大富豪モードです。
これは本当にありがたい。

というわけで・・・

ウーバーイーツをメインにしつつ、didiフードをサブとして稼働するというやり方、思っているほどではなくても、十分にやる価値はあったと思っています。

1つは、無駄な時間を減らすことができているかもしれないという点。
報酬1件当たりいくらの仕事ですが、その依頼が来なければ何にもならないので、ただぼーっと待っている時間は完全に無駄な時間です。

それが減らせることになっているのは本当にありがたいです。

もう1つは、didiフードはドロップ先が見えるというメリットがあります。
終盤の配達はdidi優先にすることで、良い感じに自宅に帰れたりします。

日中の大半はウーバーイーツ、そして最後の1件はdidiにする。

そのdidiが、自宅方面ドロップの案件をオーダーしてくれた時だけ受ける。
その配達を終わったら、そのまま帰宅する。

時間も労力も無駄にしない帰り方ができます。

それらを踏まえて、やる価値はあったなって思ってます。

もし、ウーバーイーツとdidiフード、どちらをやろうかと迷っていたり、ウーバーイーツだけではなくdidiもやろうかな・・・って思っているあなたの参考になりましたら幸いです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました