置き配での受け渡しをウーバーイーツ配達員としてオススメする理由

管理人所感(利用者向け)

置き配

今この配達方法を利用する方が非常に増えています。

そもそもはコロナ対策として設けられた配達方法でしたが、今となっては、対面せずに商品を受け取れるとあって過半数の方がこれを利用されています。

 

そんな置き配、まだ利用していないであったり、少しためらいがあるとかお考えなら是非どんどん活用してくださいってことを、配達員目線でお伝えさせていただきます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

置き配での配達をオススメする理由

置き配の利用を配達員としては激烈にオススメします。

その理由は、対面で起きるトラブルを防ぐことになるからです。

防コロナ

そもそもとしてコロナ感染対策として用意された機能です。

接触をせずに商品をお届けできるので、感染リスクを極限に減らせるということで実装されたものですので、コロナなどの病気の感染リスクを減らすために積極的に利用して頂ければと思います。

防犯

もう1つの役割が「防犯」です。

今置き配をする方のかなりの割合がこちらの意味合いで利用しているかと感じていますし、実際に、こちらの意味合いで利用することを強くオススメします。

変な配達員もいる

配達員にも色々な人が居ます。
変な人、ヤバい人も当然いますが、どの人が変な人なのか、ヤバい人なのかわかりません。

過去には報道になった事件もありますし、おそらく、報道されてない事件も起きているはずです。

そのような人から身を守るために接触を持たないというのは大正解です。

置き配のちょっとしたコツ

置き配を利用する上で、知っておくと得するかもしれないよって事をいくつか紹介させていただきます。

置き配にできないお店もあります。が・・・

お店によっては”置き配”の設定ができないことがあります。

ウーバーイーツの独自の基準で設定しているそうですが、何を基準にしてそうしているのか誰も分からず謎です。

 

ただ、システム上できないだけであって、アプリのメッセージで「置き配でお願いします」と一言送っていただければ、大抵の配達員はその通りに対応してくれます。

もし、置き配の設定ができないお店にあたってしまった場合は、お手数ですが、改めてアプリを通して「置き配でお願いします」と一言メッセージを送っていただければOKです。

 

1つだけ注意点を挙げると、日本語がいまいちわからない配達員が当たった場合は、もしかしたらメッセージの内容を理解できないかもしれませんので、その点だけはご理解ください。

敷物や台があると助かります

置き配をする時に下に紙を敷くのか否か論争が配達員界隈では定期的にあがりますが、正直正解が全くわかりません。

敷くほうが良い派は料理を直置きしたくないから敷きたいと言い、敷かない方が良い派はお客さんが希望していない場合、ゴミになり却って迷惑をかけるというものです。

どちらも一理あるな・・・という感じで何も結論がでないままで居ます。

 

そこで一つ提案として、もし直置きが嫌だな・・・と思われるときは、紙や台などを玄関横に置いといていただけるととても助かります。

僕が客として注文するときは、A4サイズぐらいのamazonの段ボールの空箱を玄関横に置き、そこに置いてもらっています。

そんなわけで

配達員としては、お客様のトラブルリスクを下げるためにも置き配での受け渡しを利用することを強くオススメします。

直接の受け渡しが嫌だということではありませんが、ウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員は簡単に誰でもなれる仕事であるからこそ、どんな人が来るのかわからないというリスクが常に付きまといます。

あなたや、あなたの家族を守るためにも、積極的に活用して見てほしいなと思います。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました