パワハラで仕事を辞めたい・・・でも辞められないを変えるための1つの提案

ウーバーイーツ配達員をオススメしたい理由

パワハラを受けている

そう感じ、確信に近いものを持っている。

そこで取るべき正解の行動は何かは多くの人は分かっていますよね?

 

”職場を辞める”、”辞めてくださいと意思表示する”、そういった事をすべきだという意見がありますし、それが正解だとも理解していると思うのです。

でも、「その決断をすることで生活の糧は?せっかくここまで耐えたのに無駄になるの?」と言ったことも脳裏をよぎり、結局現状を耐えていると思います。

 

事情はわかります。気持ちもわかります。

それでも、パワハラが続く職場にいると、あなたがダメになるかもしれませんので、やはりオススメできません。だからといって、簡単に辞めるという選択肢が取れない事情も理解できます。

そこでオススメしたいのがウーバーイーツなどのフードデリバリの仕事という選択肢を1つ持ってみるということです。

 

今の仕事を辞めて、フードデリバリの配達員をやりましょうって事ではありません。
もちろんそういう決断を否定はしませんが、まずは”収入源を増やす”ということを優先してみてほしいのです。

そうすることでパワハラを受ける状況を変えることに繋がっていきます。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

パワハラがきつくて辞めたい・・・でもな・・・の未来

パワハラがキツイ・・・仕事を辞めたい・・・。

でも、生活の糧などを考えるとそう簡単には辞められない。

 

そんな板挟みの中に今のあなたが居るということ。

漠然と、未来はきっと良くなると思っているかもしれませんし、そうかもしれませんが、現状を変えない限り未来は今の延長線上になります。

だからこそ、今の状況を耐えるという選択肢を取るということが、あなたにどのような影響をもたらすのか、そして、それは本当に耐えるに値すべきなのかを一度整理してみてほしいのです。

心が疲弊しきってすべてに対して悪影響が出る

パワハラを受け続けることで、あなたはあなた自身に「自分はそれに相当する人間なんだ」という間違った自己暗示にかけることになります。

だからこそ不当な扱いを受けているなら突っぱねることが大切です。

そうすることであなたの尊厳を守り、相手にも尊厳を持った対応を求めることができるのですが、パワハラを受け容れるということは、大切に扱わなくてもいいよというシグナルを発していることに他なりません。

あなたの心はどんどん疲弊し、病んでいくことになります。

パワーハラスメントは犯罪行為

そもそもとしてパワハラを未だに当たり前にやっている職場は、存在してはいけない職場なのです。

そういうやり方でしか社員をコントロールできない、教育できないというのは、会社の問題なのです。

会社だから暴言が許されるということはありません。
人権のある個人に対しての暴言は犯罪です。そんな犯罪が横行している場所ということです。

 

そんな職場に居続けることは、次はあなたもパワハラをする側に回らなくてはいけない可能性もあります。

人に傷つけられ、人を傷つける。
そんなことに人生の大半の時間を費やすのはバカバカしいのではないでしょうか?

生活の糧が不安だから身動きが取れない・・・

パワハラの環境でも辞めるにやめられない・・・という理由には、生活の糧が必要で、次が見つからないからという理由がそこにあるのではないでしょうか?

生活の糧が必要だからやめられないというのは立派な理由ですし、ほとんどの人が仕事を辞めない理由としてそういうものを抱えていると思います。

 

ただ、生活の糧のためにパワハラを我慢するとなると少し意味合いが変わります。

生活の糧のために、いかなる不当な扱いでも受け容れなくてはいけない!と自分自身に教えていることにもなります。

そして、生活の糧のためだから我慢しろと自分に強いた人は、そうすることが当たり前だと思っていますし、どこかで人生のコツとして捉えるはずですから、次は他人にも生活の糧のためだから我慢しろと強いることになります。

 

生活の糧という理由のために、尊厳や想いを平気で踏みにじれるようになります。

パワハラがきつくて辞めたいならウーバーイーツ配達員になろう

パワハラを耐えることで訪れること、または今起きていることを書かせていただきました。

パワハラを耐えるということに良い面は一つのありません。
短期的に見ても、長期的にみても、あなたに悪影響を与えます。

パワハラを受けるような環境からは一刻も早く去るべきですが、そうできない理由があなたにもあるはずです。

その状況を変えることができるのがウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員という仕事なのです。

人間関係はないし上下関係もない仕事

まず、人間関係というものがありません。
上司も部下もありません。

仕事上、お店の方やお客様と一瞬だけ会話をしたり、同業者と他愛もない会話をすることはありますが、基本的には事務的な会話のみです。

つまりパワハラを受けることがありません。

 

パワハラがなく、淡々と仕事をするという感覚はどういうものなのかを味わうことで、「なぜあんな事を言われなければいけないのだろうか?」と、パワハラというものを客観視できるようになります。

今の職場を離れ、次の職場までの繋ぎにもできる

パワハラのある職場を離れられない理由が生活の糧なのだとするなら、その生活の糧を得るには十分な収入が得られます。

豪勢な生活は無理ですが、人間らしい普通の生活は十分に可能です。

パワハラのある職場に居続けなくても生きていけるのです。

 

また、次の職場を探すまでの生活の糧を得る手段としても十分に活用できます。

好きな時に好きなだけ仕事ができますから、例えば、明日のXX時に面接に来てくれる?と先方が言ってきても、即座に「はい」と答えることができます。

面接の機会を逃しませんから当然次の仕事が決まるまでの期間は短くなりますし、生活の糧を得ていますから、あわてて次の仕事を選ばなくてもよくなります。

複数の収入源が選択肢を増やす

突き詰めると、収入源が1つしかないということが人生の選択肢をグンと縮めている部分があります。

今の仕事を辞めると収入がなくなる、だから辞められない。

そういった事情を多くの人は抱えていると思います。
パワハラを受け容れてしまっている人も、他に生活の糧がないためだと思うのです。

 

では、ウーバーイーツの配達員という仕事を選ぼうと思えばいつでも選べる、いつでもそちらにスフとできると分かっているなら、パワハラを受け容れるでしょうか?

受け容れないという選択肢も出てくるはずです。

尊厳を傷つけ、虐げられてまでここに居る理由はありません!と強く言えるようになるかもしれません。

 

収入源が1つしかない状態というのがあなたを弱くしています。
何かあっても何とかなる収入の道を持つことで、選択肢はグンと変わります。

つまり・・・

パワハラがひどいが辞めるに辞められない。

辞めたとしても次が見つからないかもしれないし・・・と不安に思われているかもしれませんが、今は時代が違います。

 

今の仕事を辞めても、食うに困らないだけの生活の糧を得られる仕事というものが存在しています。

ウーバーイーツなどのフードデリバリー配達員がその1つです。

自由に始めることができ、自由なタイミングで働くことができ、生活に困らないレベルで稼ぐことができます。

 

だからといって直ぐに今の仕事を辞めましょうということではありません。

直ぐに辞めることを止めはしませんが、一番大切なのは生活の糧のためにパワハラを受け容れざるを得ない”状況を捨てる”ことです。

生活の糧のためにパワハラに耐えるというのは、生活の糧のために誰かに不当に虐げられることを自分自身が許しているということです。

これを当たり前だと思ってしまうと、どんどん自分自身を大切にできなくなります。

 

それを脱するために、生活の糧を得る手段は他にある!という選択肢を増やすことをオススメしたいのです。

 

パワハラに耐えられなくてそこを辞めたいと思った時にはいつでも辞められるし、いつでも辞められるから我慢できるところは我慢しようと割り切ってもいいですし、辞めることになっても困らないからパワハラに立ち向かおう!としてもOKです。

収入源が増えることであなたの取れる行動パターンが一気に増えて、結果的にパワハラを脱するという結果を手に入れることができるはずです。

 

その選択肢を生み出すために、ウーバーイーツ配達員などのフードデリバリーの配達員という仕事を1つ持っておくということをオススメしたいのです。

先ずは副業としてスタートさせてみてください。

どんな仕事か、本当に人間関係がないのか、本当に収入を得られるのかを体感して、そこからじゃあ今の仕事をどうするのかを考えても遅くないですし、考え方もガラッと変わっているはずです。

 

収入源を増やすことが人生の安定感をもたらし、あなたの自由にしてくれます。

その手段として、ウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員という仕事をあなたの選択肢の1つにぜひ持ってみてください。

ウーバーイーツの配達員というお仕事。
それってどんな仕事?の大雑把な所から、細かい部分までを、ウーバーイーツの配達員を2年以上経験している僕の経験を踏まえて説明をさせていただきます。 ウーバーイーツの配達員とは? 飲食店に入った出前の注文。 その商品を受け取り、お客様の元...
ウーバーイーツの配達パートナー

好きな時間に好きなだけ稼ぐ」を実現できるウーバーイーツ。

  • 時間に縛られない
  • 面倒な上司がいない
  • 自転車かバイクがあればできる
  • 年齢、学歴一切不問
  • 原則、週払い(日払いも可)

そんな働き方ができるウーバーイーツです。
どんな仕事?について経験も踏まえて説明をさせていただきます。

ウーバーイーツ配達員をオススメしたい理由
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:自転車(レンタルの電動自転車)
・地域:大阪市内

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
うーどら
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました