飲食店として商品価格を上げるための1つの戦略

管理人ブログ

飲食店としての客単価を上げるには・・・

思い込みを変える”というのが意外と効果的かもしれません。

 

なぜなら「今の商品単価を上げるとお客様は買わない」
そういう思い込みによって、商品価格を上げずにいるかもしれません。

もし、「単価が少々上がっても買うお客が居る」と体感できれば、その思い込みが外れ、商品単価を上げることができ、売上も利益も伸びていくことになるかもしれません。

 

その思い込みを外すに、”どこかで試してみる”というアプローチを取り入れること、その1つの選択肢としてフードデリバリーを試すというのもアリなんじゃないかな?

そんな事をよく思います。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

商品単価を上げられない理由

価格を上げなくてはいけない。
そのことはお店をされている方なら全員が心得ていると思います。

物価高、燃料高とどんどん押し寄せてますから、値上げしないなんて選択肢をとるのは至難の業です。

加えて、価格を上げて失敗した事例がないわけではありません。

価格を上げて失敗した事例がある

安売り戦略こそが商売の王道とする経営者も少なくないとお聞きしますし、事実、価格を上げて失敗したと認めている社長もいます。

ヤマザキパンの社長も、値上げ戦略を失敗と認めているので、値上げすれば良いってものじゃないというのも正しいと思います。

でも、円安や燃料高の影響で値上げをせざるを得ない背景というものもあるとは思います。

どうしても値上げせざるを得ないが、ちょっと怖いな・・・

そんな時はフードデリバリーで一度テストしてみるという選択肢を検討してみては?と思うんです。

フードデリバリーで商品単価を上げるためのテストを行うということ

「フードデリバリーでテストを行う。どういうこと?」

言葉の通り、それで売れるのかどうかをフードデリバリー上で試してみるということなのですが、なぜそれをオススメするのか。

それはこんな理由からです。

その価格で売れるのかを試せる

フードデリバリーの配達員をしていてこんな事を言うのもなんですが、フードデリバリーの商品価格は高いです。

同じ商品をお店で食べたりするより1.5倍ぐらいの価格であるという感覚です。

でも、買う人も居ます。

例えばスーパーマーケット。

最近加盟店数が増えていますが、スーパーは価格の安さがウリの1つです。
でも、フードデリバリーで買う人も居ます。

それを見るにつれ、利便性に価値を見出してくれているとは思うのですが、逆に言えば高ければ絶対に買わないというわけではないようです。

そういう事を身をもって体験してみるというのは、一番確実な方法なんじゃないかな・・・と思うのです。

簡単に手直しができる

価格の設定を変えるということは、ポップを変えたり、端末の設定を変えたり…と手間暇がかかる作業であるかと思います。

その価格変更の作業が比較的簡単にできるというのもメリットの1つです。

実店舗への影響を最小限にできる

実現ぽで商品単価をあまりコロコロ変えすぎるとお客さんが戸惑うことも想像されます。

「先日○○円だったのに…値上がりしてる」と予算オーバーでがっかりするお客もいれば、「もしかして、日を改めればもっと安くなるのでは?」と想像して買い控える人も居るかもしれません。

実店舗の価格をいじるとそういう影響があることが想像されます。

でも、フードデリバリーアプリ上の価格が変わるだけですから、実店舗に大きな影響を与えることはありません。

テスト環境としてのゴーストレストラン

フードデリバリー環境をテストに活用しよう。そういう目論見で利用されているものの1つとして、ゴーストレストランがあります。

キッチン機能だけある空間を用意し、注文に応じて料理を作り、それをフードデリバリーで配達してもらうという、出前機能に特化したキッチン空間をゴーストレストランと呼んでいます。

これを自社のテストマーケティングとして利用する企業もあります。

新しい商品をいきなりお店に出すのではなくて、出前市場で試して反応を見る。反応が良ければ、正式メニューにする。反応がイマイチなら手を加えたり、メニュー採用を取りやめたり。

そうすることでメニュのブラッシュアップを行う企業もあります。

この発想の延長で、価格テストとしてフードデリバリーを活用するという選択肢は大有りだと思いますよ。

つまり・・・

なぜフードデリバリーで試してみてほしいということを提案しているのかというと、1つは値段の上げ下げが簡単だからです。

店頭での価格を上げたり下げたりはそう簡単にはできませんが、フードデリバリーの価格は、お店ほど上げ下げが大変ではありません。

だからこそ価格テストのために導入するという発想もアリなんじゃないかな?と思うんです。

実際に、ゴーストレストランという、ネット内だけの店舗を設けて、そこで新メニューをテストするとういやり方を採用されている店もあります。

実店舗とは違う屋号でフードデリバリー内に店を構え、試したいメニュを出してみて、売上や口コミを見て、正式に採用するか否かを判断するというやり方です。

そのような発想で、価格テストの場所としてフードデリバリーを活用してみるというのも、方法としてかなりアリなんじゃないかな?

そんな風に思います。

管理人ブログ
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:原付(レンタル原付)
・地域:大阪市内メイン

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
「はじめまして」のあなたに伝えたい事

このブログを初めて見た」そんなあなたに…

  • 管理人はどういう人?
  • なんでこのブログを運営しているの?

そんなことをお伝えするページを用意しました。

これも何かの縁です。お時間はかかりません。
是非一度だけお読みになってみてください。

うーどら