人間関係のストレスが無い仕事としてウーバーイーツ配達員を選ぶ人が居る理由

ウーバーイーツ配達員をオススメしたい理由

職場の人間関係のストレス

これは昔から常に課題となっていることですし、今のあなたもそのようなことで悩まれているのではないでしょうか?

 

人間関係のストレスで心身が病んで仕事が辛くて仕方がない、でも仕事はしなければ・・・でも、人間関係がしんどいよな・・・

そんな思考のループにハマっていませんか?

 

もしそういう思考のループの中にいるのなら、ウーバーイーツの配達員のような仕事をするという選択肢を検討して見てほしいと思うのです。

 

最小限の交流しかない、人間関係のストレスが限りなくゼロに近い仕事です。
なおかつ収入は生きていくには十分なレベルですし、働く時間も自分で自由に決められます。

そういう仕事を1つ持っていることで、今の状況のまま続けるのか、新しい道を選ぶのかなどの可能性を広げることにも繋がってきます。

 

人間関係のストレスがほぼ無い仕事を求められているのなら、ウーバーイーツなどのフードデリバリーの仕事がおすすめです。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

人間関係と仕事のストレス

仕事の悩みのほとんどは人間関係だと言います。

実際に、転職を考えるときの動機の第一位は”人間関係”ですし、この職場はいい、この仕事が好きだと思う理由も”人間関係”です。

人間関係と仕事はとても密接な関係にあります。

 

だからこそ、人間関係で疲弊してストレスでつぶれてしまいそうだ・・・と感じるのなら、次のような理由からその仕事を続けることを一度検討してみてほしいのです。

潰れてしまっては意味がない

仕事は大切です。生きていくために欠かせません。
それはお金のためでもありますし、自身の尊厳としても仕事の有無はとても重要です。

 

でも、仕事のせいで自分自身がつぶれてしまっては何も意味がありません。

仕事で自分が潰されてしまうと、生活も当然ダメージを受けますし、人としての尊厳のようなものも大きく傷つき、トラウマとして今後に大きな影響を与えます。

人間関係が緩い仕事もある

人間関係はどの仕事でも大なり小なり問題はある。

これは確かにその通りなのですが、だからといっていかなる人間関係の悩みや問題にも耐え抜けというのも無理があります。

事実、人間関係が健全な仕事もたくさんあります。

 

今の仕事内容が好きなら、同じような仕事内容で他の職場はないかな・・・と探してみてもいいと思います。

繰り返しになりますが、自分自身が潰れてしまっては意味がありません。

選択肢が増えている

今は仕事を選ぶ上での選択肢や情報が非常に増えています。

その職場の条件や雰囲気などはネット検索すればすぐに見つけることができますし、人間関係に疲れたのなら、人間関係がほぼない仕事を選ぶこともできます。

単発の仕事としてという働き方もあれば、自由に仕事をするという働き方も今はあります。

 

今の仕事に固執しなければダメだという理由はありません。

その一環として、人間関係がほぼなく、自由に仕事ができるということからウーバーイーツの配達員のようなフードデリバリーの仕事を選ぶ方も増えてきています。

人間関係の”ほぼ”ない仕事としてのウーバーイーツ配達員

僕自身がそうなのですが、このフードデリバリーの仕事の魅力は、人間関係や時間などが個人の裁量にゆだねられているところにあります。

簡単に言えば、人間関係と時間が限りなく自由なのです。
この仕事を通して人間関係で悩んだことがありません。

だからこそ、人間関係がない仕事を求めているのなら、次のような理由からもウーバーイーツの配達員のようなフードデリバリーの仕事を活用してみては?とも思うのです。

必要最低限のやり取りだけでOK

人間関係がない仕事とまでは言いませんが、僕が知る限りでは極限まで人間関係のわずらわしさがない仕事と言えます。

この仕事を通して必要とされる関係性は、お店で料理を受け取る際のやり取りと、お客様に料理をお渡しするときのやり取りだけです。

簡単な丁寧語とあいさつができれば、十分成立してしまいます。

 

上司に報告したり、ノルマがどうこうで怒られたりすることもありません。
お客様の機嫌を取ったり、取引先と緊張感の漂うやり取りをする必要もありません。

凡そ仕事上の人間関係で悩むようなテーマとは無縁です。

自分自身の再起動期間にもなる

実際に、ウーバーイーツの配達員をしながら、自分自身のストレスダメージ回復に充てている方も多くいます。

人間関係に疲弊したので、普通の仕事をするということにも抵抗を感じる。
でも、何か仕事をしないと生活が破綻する・・・でも、この仕事なら人間関係に悩まずにできそう・・・

そんな理由でウーバーイーツの配達員をしている方もいますし、それもOKな仕事なのです。

人間関係のわずらわしさがない仕事でありながら十分なだけのお金を稼ぐことは可能ですから。

次の仕事を見つけるまでの繋ぎにもなる

人間関係でストレスフルな仕事から1日も早く去りたい。
そうしないと自分が持たない・・・。でも、生活の糧はどうしよう・・・。

という方がとりあえずウーバーイーツの配達員を選ぶケースもありますし、それもOKですし、むしろお勧めしたいとも思っています。

ウーバーイーツをしながら転職活動をすることで、次の職場選びを慎重に進めることができるためです。

 

人間関係はほぼありませんし、生活の糧を得ることもできるし、稼働する時間も本人の自由です。

そんな仕事ですから、人間関係のストレスから解放されますし、とりあえずは生きていけますし、転職活動に必要な情報を集めたり、面接にいく時間を自在にコントロールすることができます。

 

次の仕事を見つけなくては・・・という焦りから変な仕事を選んでしまったり、また人間関係が崩壊している職場に行くことを避けることができます。

そういう意味でも、人間関係のストレスに潰される前にウーバーイーツのような仕事をしてみることをオススメします。

自分自身を守る保険としてウーバーイーツの仕事を持つという視点

余談ではありますが・・・ウーバーイーツのような仕事を1つ確保しておくことは、ある意味での保険にもなります。

もし万が一、次の仕事もやはり人間関係が最悪だった場合、選択肢として「耐える」の他に「他の仕事をする」の二択の中から選ぶことができます。

耐えたいと思ったら耐えてもいいですし、耐える必要はないと思ったら、ウーバーイーツで仕事をしながら次を探そう・・・という決断を取りやすくなりますから、自分自身を守ることにも繋がります。

つまり・・・

人間関係のストレスがないに越したことはありませんし、多少なりともそういうものがあるのが仕事と言われればそうかもしれません。

ただ、過度なストレスであっても耐え抜かなくてはいけないのか?となると、それは違います。

自分自身を壊してまでしなくてはいけない仕事なんて、本来は存在してはいけないはずです。

 

でも、生活の糧を得るためや、次が見つかるのかわからない・・・という理由から、簡単に仕事を辞めることはできませんでした。

しかし、今は違います。

 

人間関係がほぼなく、働く時間も自分で自由に決めることができるフードデリバリーの配達員という仕事があります。十分な生活の糧を得ることができる仕事です。

自分自身が潰れてしまう前に、一時避難のつもりでこの仕事を選んでみるという選択肢を是非検討して見てほしいな・・・と思います。

 

この記事執筆時点で10万人を超える人が配達員になっています。

同じような境遇、同じような悩みでこの配達員の世界に飛び込んでいる人は山のようにいますし、次の職場を見つけて、今は楽に仕事ができているという元配達員を僕は知っています。

 

いきなり辞めて、配達員になるという事に抵抗があるのなら、副業でスタートしてみて、自分に合うかどうかを試してみてもいいんじゃないかな?と思いますよ。

本当に人間関係のストレスがない、本当にそれなりに稼げる・・・と分かれば、それでもストレスフルな職場を続けるべきなのかどうかを冷静に判断できるようにもなると思うのです。

 

とにかく、人間関係のストレスであなた自身が潰れる前に、こういう選択肢もあるということを知って頂いて、是非検討して見てほしいと思います。

ウーバーイーツの配達員というお仕事。
それってどんな仕事?の大雑把な所から、細かい部分までを、ウーバーイーツの配達員を2年以上経験している僕の経験を踏まえて説明をさせていただきます。 ウーバーイーツの配達員とは? 飲食店に入った出前の注文。 その商品を受け取り、お客様の元...
ウーバーイーツの配達パートナー

好きな時間に好きなだけ稼ぐ」を実現できるウーバーイーツ。

  • 時間に縛られない
  • 面倒な上司がいない
  • 自転車かバイクがあればできる
  • 年齢、学歴一切不問
  • 原則、週払い(日払いも可)

そんな働き方ができるウーバーイーツです。
どんな仕事?について経験も踏まえて説明をさせていただきます。

ウーバーイーツ配達員をオススメしたい理由
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:自転車(レンタルの電動自転車)
・地域:大阪市内

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
うーどら
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました