転職を繰り返す性格の持ち主は自分のためにフードデリバリーの配達員をオススメしたい

ウーバーイーツ配達員をオススメする理由

転職を繰り返す・・・

そういう方が一定数居ます。

もっと気軽に自由に転職が許されるなら、自分もそうしているぞ!という予備軍の方も含めると、転職願望を持っている方は多いと思うのです。

 

転職をどれだけ繰り返したとしても何も罪にはなりませんし、したい仕事があるのならどんどんチャレンジしてもいいはずですし、自分自身がすり減るような職場なら辞めて、もっといい仕事につくべきです。

ただ、それを実現するには、現実的な問題として”生活をどうする?”という課題があるかと思います。

 

生きるためには仕事をしなくてはいけない。
だから仕事をそう簡単に辞められないから、転職を繰り返すにも限度がある。

そう思われるかもしれませんが、今は時代が少し変わってきています。

 

生活の糧を得るための仕事として1つの仕事を確保しておく。
その上で、したい仕事を見つけてする、働きたい職場で働く。

そういう仕事の仕方が可能になってきていて、それを可能にしてくれるのがウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員という仕事なのです。

 

転職を繰り返してしまうという方、他の仕事に気軽に移り変わりたいと本音では思っているあなたに、是非お勧めしたいのです。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

転職を繰り返してしまう主な原因

そもそもとして、なぜ転職を繰り返してしまうのか。
その理由を掘り下げていくと、次のような理由があるのではないでしょうか?

焦って仕事を決めてしまう

つい焦って仕事を決めてしまった。
そのためその仕事を好きでもなく、なんなら嫌い・・・と思いながら続けているということも少なくないと思います。

あなたはいかがでしょうか?

 

ではなぜ焦って決めてしまったのかというと・・・生活のためだったりします。

ゆっくりしている余裕なんてないから、とりあえず行ける所に行こう!と選んだ結果、職場選びを間違えてしまった・・・なんてことはよくある話ですよね。

 

つまり、どこかに就職しなければ生活の糧が得られないという現状が、焦って仕事を決めなくてはいけないという状況を生み出しています。

自己分析ができていない

シビアな所でいうと、自己分析ができていないために転職を繰り返してしまうということもあります。

自分はどういう人間で、何が得意で何が苦手なのかがわからない。
そのため、その時の気分、その時の自己評価だけを基準に転職をしてしまうということもあります。

だから自己分析をしましょうというのは1つのアドバイスになると思います。

 

僕はそれに加えて、そんな状態だからこそ、転職を繰り返しても大丈夫な状況を作ることをオススメしたいとも思っています。

焦って次を決めなくてもいい、嫌になったら辞めればいい、辞めても生活に困らない収入源はある。

そういう気持ちの余裕を持てるような状況を作っていれば、逆に、転職を繰り返さなくてもよくなるのでは?とも思うのです。

転職先の認識が甘い

転職先の調査が甘く、誤解したまま転職しているというケースもあるかと思います。
実際に働いてみて、こんな仕事なのか・・・こんな職場なのか・・・と気づくというケースです。

多かれ少なかれ、そういう認識のずれというものはあるものですが、それが大きすぎて、その仕事を続けられないのだとしたら、対処方法は次の2つに絞られると思うのです。

 

  • いきなり飛びつくのではなくて、ちゃんと調査する
  • 転職を繰り返しても大丈夫な状況を作る

 

重要なのは1つ目です。

ちゃんと調査をするという癖をつけることで認識のずれを減らすことができます。
そのための時間をちゃんと捻出することがとても大切です。

転職を繰り返す人におすすめしたいフードデリバリー配達員という選択肢

転職を繰り返す理由は人それぞれの背景があるかと思いますが、そういった方すべてにお勧めしたいのが、ひとまずウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員という仕事を確保しておくということです。

収入源を1つキープしながら、転職活動をしてみてほしいのです。

そうすることで次のような変化を手に入れることができるためです。

転職活動をジックリ取り組める

転職を繰り返す理由として、生活の糧を得るためという理由はかなり大きなウェイトを占めていると思います。ただ、それが悪循環を起こしてしまい、転職を繰り返しているということも考えられます。

  1. 生活の糧を得るために妥協して転職先を決める
  2. 生活が安定すると、妥協しているから不満が出る
  3. 不満が膨らんで続けられなくなる

これを繰り返していると思うのです。

生活の糧という現実的な問題がありますから妥協は仕方がないのですが、妥協した部分が不満となって転職するを繰り返すのなら、”生活の糧で妥協する”という発想を変えるしかありません。

 

そこで役立つのが、フードデリバリーの配達員という仕事です。

いつでもどこでも稼働して良い、人間関係はない、仕事はシンプル、でも月30万円程度の稼ぎを得ている配達員は多くいる、そんな仕事です。生活の糧を得るための仕事としては最適ではないでしょうか?

なおかつ、稼働できる時だけ稼働すればいい仕事です。
就職して本業で忙しいなら稼働しなくていいですし、本業が暇、もしくは辞めたから時間ができたのでということで稼働を再開しても何も問題はありません。

 

生活の糧に困ることが無くなりますから、生活の糧で転職先を選ぶことが無くなります。
だから、転職活動の成功度もグンと上がります。

つまり・・・

焦りからくる選択は間違いに繋がる事が多くあります。
だから焦りの要因を削ることが成功に近づくためのコツでもあります。

転職活動の場合、次を早く決めなくては…という焦りは、自分の望まない仕事を選ぶことにつながったり、思い込みだけで判断してしまったりとミスにつながりやすくなります。

 

では焦りを減らすにはどうすればいいのか?

もしそれが生活の糧を他で得ることが焦りを減らすことに繋がるのなら、その生活の糧を得るための手段の1つとして、フードデリバリーの配達員という仕事をやってみるということをオススメしたいのです。

 

いつでもどこでもいい、登録する上で学歴や年齢なども不問、でも生活に困らないだけの稼ぎを得ることができる仕事です。

生活の糧を得るだけなら、こちらでも十分に達成できます。
だから、焦って仕事を決めなくてはいけないって事はなくなります。

焦りがなくなりますから、転職の成功率はグンと上がります。
結果、転職を繰り返すことがなくなります。

 

また、転職先選びに失敗した・・・と思って辞めたいと感じたとしても、生活のために我慢しなくては・・・ということもなくなります。

生活をするためだけならフードデリバリーの配達員という仕事でも十分に達成できますから、ストレスになる仕事を辞めてもいいわけです。

 

そのような理由から、転職を繰り返す方にこそウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員という仕事を始めてみては?とも思います。

実際に転職活動を成功させたいと言う理由で配達員をしている方は多くいますし、転職が上手くいって配達員から遠のいたという方もいます。生活の糧が・・・という不安があれば、そのような方はもしかしたらしたくない仕事を文句を言いながらしていたかもしれません。

そうなる前に、ウーバーイーツなどのフードデリバリーの配達員という仕事を1つ持ってみてはどうでしょう?

そんな風に思います。

ウーバーイーツの配達パートナー

好きな時間に好きなだけ稼ぐ」を実現できるウーバーイーツ。

  • 時間に縛られない
  • 面倒な上司がいない
  • 自転車かバイクがあればできる
  • 年齢、学歴一切不問
  • 原則、週払い(日払いも可)

そんな働き方ができるウーバーイーツです。
どんな仕事?について経験も踏まえて説明をさせていただきます。

ウーバーイーツ配達員をオススメする理由
ツイッターやってます

・年齢:40代半ば
・性別:男
・乗り物:自転車(レンタルの電動自転車)
・地域:大阪市内

運動神経が特別いいわけでもなく、体力も人並みです。

ツイッターやってます
うーどら
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました