アオマワ・シールズ

宇宙

23光年先のグリーゼ667Ccにおける生命存在可能性の気候モデル研究

天文学者のアオマワ・シールズは、生命の兆候を探るために遠方の系外惑星の大気を研究し、演劇やアートを通じて若い女性たちを科学に引き込んでいます。彼女は、彼女たちが将来、宇宙で私たちが一人ではないことを発見する天文学者になることを望んでいます。Astronomer Aomawa Shields studies exoplanet atmospheres for signs of life and engages young women in science through theater and art. She hopes they'll become astronomers who discover we're not alone in the universe.
スポンサーリンク