アスペン・ベイカー

健康

南カリフォルニアで育った私が中絶に悩んだ20歳の夏の出来事

中絶は非常に一般的です。 たとえば、アメリカでは、女性の3人に1人が生涯に中絶を経験することになるが、この話題によって引き起こされる強い感情と、それをめぐる高度に政治化されたレトリックによって、思慮深くオープンな議論の余地はほとんど残されていない。 この個人的で思慮深い講演の中で、アスペン・ベイカーは、「プロライフ」でも「プロ選択」でもなく、むしろ「プロボイス」であること、そして難しい議論に関して傾聴とストーリーテリングが果たせる役割について主張します。
スポンサーリンク