アッシュ・ベッカム

自己啓発

姪との絆とアイデンティティを守るための瞬間とその重要性

アッシュ・ベッカムは最近、「私は何者だ?」と自問せざるを得なくなる状況に陥った。 彼女は、叔母として、そして擁護者としてという 2 つの役割の間で板挟みになっていると感じていました。 私たち一人一人が時々この葛藤を感じると彼女は言い、都合が悪いときに道徳的誠実さを守る方法について大胆な提案をします。
スポンサーリンク