アマンダ・ゴーマン

エンターテインメント

黒人作家の娘が語る自由への物語アマンダ・ゴーマンの詩

詩のワークショップで生徒に「誰の肩の上に立っているのか?何を信じているのか?」と問いかけ、個人の歴史や詩の政治的な力を探る。詩は古い芸術ではなく、すべての人にとってアクセス可能であり、重要な物語を伝える手段である。詩は個人の声を強調し、社会的変革の原動力となることができる。
スポンサーリンク